スタッフの一言HOME

スタッフの一言

夜の植物園

P8271800.JPG

夏休み中はイベントが多い。
行きたい物も多いのだけれど、なかなか時間が合わずに行けなかった物もかなりあります。
夢の島熱帯植物館の夜間開館、これも夏休み中のイベントでした。
201607081447143.jpg
気になりつつも行けていなかったので、今年こそは絶対見ると決めて仕事帰りに大急ぎで向かいました。
公園に着くと、競技場で「情熱大陸」の15周年イベントが行われていました。当日券の販売もされていて見たくなりましたが、植物園も今回を逃すと今年はもう見られないので、漏れ聞こえてくる音だけ楽しみながら植物館へ急ぎます。
植物館は、なぜか「本日無料」
2016082719550000.jpg
係の人に聞いてみると、なんと!情熱大陸イベントの方で公園全体を貸し切っていて、植物館もそちらからお金が払われているので、私達はお金を払わなくて良いとのことでした。
えー!そんなことあるの!?
イベントは屋外でやっているので、チケット代を払わなくても音は聴き放題で楽しめてしまうのに、園内施設費用まで出してくれるなんて太っ腹ですね。こんな漫画の世界みたいな事があるんだなーと驚きました。有難くお世話になります。

館内では妖精探しとビンゴのゲームが用意されていました。
201608276.jpg
夜咲く花を見せるために、ドーム内は照明が消されているので、懐中電灯をお借りします。
201608275.jpg
暗い植物園内で捜し物なんて無理ではないかと思いましたが、こんな感じに木の間に見つけやすく隠された妖精を見つける、ほっこりしたゲームでした。
2016.08.272.jpg
この妖精のデザインも、職員さんが考えたのでしょうか。かわいらしいです。
ドーム内では職員さんが植物の説明をしてくれました。 懐中電灯片手に歩くのが秘密めいていて楽しい。暗いので普通の展示はほとんど見えないのですが、妖精探しと夜行性植物の展示だけでも充分楽しいです。
これはこの植物館の目玉だという「サガリバナ」。 P8271808.JPG
前を行くご夫婦が「あっ!咲いてる咲いてる!!」と、熱心に写真を撮り始めました。 この花を見るために毎年来ているんだそうです。先週は咲いていなかったというので、今日咲いているところが見られたのは、運がよかったのかな。
夜用展示の植物は、夜に花咲くものの他、夜になると香りが強くなるというものも。 2016082718570000.jpg
確かに、離れていてもかなり香るものもありました。
途中の休憩所からは、夢の島マリーナとスカイツリーの景色。 201608271.jpg
とても綺麗な景色なのに、デジカメ電池切れで携帯カメラにて撮影。
競技場からは微かにイベントの音楽が聞こえてきます。
妖精探しには、隠し方に法則があるみたい。親子連れやカップルが、楽しそうに探しているのを見ていると、暖かく幸せな気持ちになりました。
2016082719090000.jpg
最後は巨大な木々のライトアップで終了。
夜の植物園は、何とも神秘的でした。
DSC_0216.jpg

出口でかき氷の無料サービスを受け、ビンゴ大会に参加。 先程ドームを案内して下さった職員さんが、今度は玉を読み上げます。
2016082719370000.jpg  
文化祭みたいで楽しいです。テーブルの上には沖縄の島別黒糖8種が置いてあり、食べ比べが出来ました。 
植物館の方々は、皆さんソフトで優しい印象。多くの方とお話しできて、知らなかったことを沢山教えて頂き嬉しかったです。

植物館を出て駅へ向かうと、音楽イベントのお客さんの退場にかち合ってしまいました。 来る時に当日券を売っていた受付では、今日の出演アーティストの今後のコンサートチケット販売が行われていました。ふと気になって寄ってみると、「キャンセルが出まして」と売り出されていた席は、何と1階のど真ん中!10列目前後に連番で10数席の空き。 一体どんな関係からのキャンセルなんでしょうか。
チケットの販売方法って、謎です。  

2016082719550001.jpg
 
外から見たドーム。館内で見上げた木はこんなに大きかったんですね。
来年もまた来ようと思いました。
September 05,2016 12:21 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

駅の天井

朝、出勤時の所沢駅構内。
天井に何やら気配を感じて見上げてみると・・・
201601231.jpg
何か居る
201601232.jpg
ギュイイイーン
201601233.jpg
急ぎ足で行き交う人間達を見下ろし(?)くつろぐハト。
鳥は暗くなると休むはずですが、駅のハトは夜でもホームをてくてく歩いています。
駅構内は夜でも明るいので、ハトもかなりの夜型になっているのでしょうか。
玉川上水の階段の天井にもハト。
201601234.jpg
窮屈そうに見えますが、休むにはいい場所なんだろうか

August 08,2016 06:13 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

七夕さま

恵比寿駅で友人と待ち合わせ中、ふと見ると改札前の花屋さんの入り口に短冊の掛かった笹が飾られていました。笹の脇のテーブルにはペンと短冊が置いてあり、道行く人が願い事を書いて笹に飾っていきます。
私も一枚書いてみました。
もう何年も短冊を飾ったことなど無かったので、こういう機会を設けてもらえるのはとても嬉しいです。
百貨店のホールにも笹と短冊とペンがありましたが、なぜかこちらは子供の字が多い。
夢のあるものから現実的なものまで、様々な願い事が書いてありました。
沢山の願い事が掛かった笹を見ると、なんだかほんわかとした気持ちになります。

七夕当日、仕事帰りに神社に寄ってみました。
P7071583.JPG
東京大神宮
P7071580.JPG
この日は七夕祈願祭が行われていました。
ご祈祷の申し込み時間は終わっていたので、お参りをして帰ります。
境内は人であふれ、お参りするのにも長い列が出来ていました。さすが縁結びにご利益があるというだけあって、そのほとんどが若い女性。
見渡してみると、女性、女性、女性、時々カップルという感じ。
P7071564.JPG
参道の笹には七夕飾りが施され、風が吹くとさわさわ揺れ照明できらきら光って綺麗です。
2016070702.jpg
休憩場所からは、チリンチリンと風鈴のかわいらしい音が聞こえてきます。
2016070703.jpg
拝殿の両側には沢山の短冊が掛かった笹が置かれ、大変華やかでした。
今年の七夕は雨に降られなくて良かったです。
P7071559.JPG
 
 
  

July 08,2016 12:30 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

チンアナゴVSヤドカリ

年明けに水族館に行ったら、新しいハゼの部屋が出来ていました。

展示されていたのはイエローヘッドジョーフィッシュ。

奥の1匹がしきりに動いているので見てみると、巣穴を作っているところでした。

せっせと石を運び出しています。

2016010608.jpg




206010609.jpg




2016010610.jpg
 

どれくらいの深さまで掘るのか、何度も繰り返し石を運んでいます。







いつものようにチンアナゴ水槽を眺めていると、ガラスの壁沿いにヤドカリが移動しています。

2016010607.jpg
ヤドカリ・・・チンアナゴを避けようとしません。

201601061.jpg




2016010602.jpg
  

 

2016010603.jpg




2016010604.jpg




2016010605.jpg


体当たりした上よじ登りチンアナゴを砂地に引っ込めて直進していきます。

2016010606.jpg


水槽をじっと眺めていると面白いです。

DSC_0101.jpg


巨大なイセエビがカッコイイ。



階段の踊場はステージとして利用するのですね。この日はイベントがあったみたいです。
201602277.jpg
June 30,2016 01:15 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

海の生物の擬態



からっと晴れた5月の定休日、気分転換に久し振りに海に出掛けました。

休憩に寄ったパーキングからは、富士山が間近に見られました。

201605240.jpg


少し雲はありますが、よいお天気。

西伊豆の海は、遠くを行く船がまるで鏡の上を滑っているように見える程、ベッタベタに凪いでいました。

砂地に着いてふと足元を見ると、お魚が食事中。   おわああぁぁぁ~
201605241.jpg


獲物をぐいぐい飲み込んで行きます。・・・口・・・大きいですね・・・・・・。

海の中は様々な生き物が居ますが、なかなか見つけにくいものも多いです。

201605242.jpg


この中に蟹がいますが、どれでしょう。

2016052413.jpg


コノハガニというかにです。

葉っぱみたいでわかりにくいです。

この写真には何が居るでしょうか。

201605245.jpg


コウベダルマカレイ。
2016052410.jpg


じっとしていると分からないのに、ピューっと泳いで行くのでばれてしまいます。

ここには何が居るでしょうか。

201605246.jpg
 

201605249.jpg


ビシャモンエビ。

周りとそっくりで分かりづらいです。



コウイカは体色を変えられるので海のカメレオンと呼ばれているそう。

砂地のコウイカベビー。

2016052411.jpg


遠くに去って行くコウイカベビーは、こんな色になっていました。

2016052412.jpg


イカの色が変わる様は本当に綺麗なのですが、イカ的には身の危険を感じているのかと思うと気の毒です。追いかけないで見送ります。

それにしても、逃げる魚も襲う魚も、身を隠すのが上手です。



ふと横の岩の上を見たら、ヒラメと目が合ってしまいました。

201605247.jpg


ヒラメさん、大きすぎて、隠れきれてません。

この日の水温は19℃。

気温が高かったので、気持ちよかったです。







 


May 27,2016 12:43 PM | コメント(0) | トラックバック(0)