スタッフの一言HOME

スタッフの一言

真夏の京都 味

真夏の京都 味編

 

写真を見て、テッキリ京都と思ったこれは
東京駅大丸の 茶寮 都路里 ですと。  

京都旅行へのテンション上げるため?

kyoto01.JPG  

kyoto02.JPG

kyoto03.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして京都 ♪

 

麺屋 高倉二条

豚骨魚介の汁、叉焼、とても旨い !  とのこと。

kyoto04.JPG

全粒粉麺

kyoto05.JPG  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

鴨川

kyoto09.JPG  

三条大橋 スターバックス   

kyoto08JPG.JPG

川床が好い ! とのこと。 

kyoto89.JPG  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ぎおん 鍵善良房

kyoto10.JPG  

kyoto80.JPG

kyoto82.JPG

 

はんなりと、大文字。

kyoto81.JPG

kyoto83.JPG

 

乙女にお似合い。

kyoto11.JPG

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

四条先斗町 おめん

kyoto84.JPG  

kyoto85.JPG

うどんのやくみ

kyoto86.JPG

kyoto87.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

あらら~?

kyoto18JPG.JPG

学生 「これ、使えると思って撮ってきた。」

  

母 「水曜定休と言ったでしょ。。。」

kyoto19JPG.JPG

 

下鴨 宝泉

 

しかしながら、
このように格調高い 「本日 定休日」 の貼紙を 、わざわざ見に行く機会もなかなか無いかも。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

& 土産

kyoto88.JPG  

松栄堂
渦巻型(直径58mm)の白川 白檀の香は、ほんまに落ち着く。

 

真夏の京都 清水はんへ

August 26,2012 12:57 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

真夏の京都 修学院離宮

真夏の京都

家の学生が持って行ったわたしのカメラが帰ってきたので、画像で楽しむ。

先ずは、修学旅行コース?

京都御苑

kyoto20.JPG  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こちらも、ご存知!      

kyoto23.JPG

銀閣寺

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして

 

大人(18歳未満不可)の修学旅行
修学院離宮
kyoto26.JPG  

kyoto27.JPG  

kyoto28.JPG  

カメラや腕の良し悪しでなく、被写体の美しさが別格!

kyoto29.JPG  

kyoto30.JPG  

kyoto31.JPG

kyoto32.JPG

kyoto33.JPG

kyoto34.JPG

kyoto35.JPG

kyoto36.JPG

 

kyoto37.JPG

緑の修学院も素晴らしい !

 

出かける前、申し込みの煩雑さに手を焼き
(現在ネット予約は可能も、枠あり。一度の申し込み人数は4人まで。土日祝日は休み。など
以前とあまり変わらない。)
結局、到着後宮内庁京都事務所窓口に出向き、運よく翌日に予約出来たのだという。

「人、写ってないね~。」と聞くと
「人なんか撮ってる場合じゃないよ!」と

苦労も吹き飛ぶ、感動ぶりが伝わってくる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

伏見稲荷大社

kyoto40.JPG  

kyoto41.JPG  

kyoto42.JPG  

  

kyoto44.JPG  

kyoto45.JPG  

kyoto46.JPG

 

いいな~ 京都。                                               pana

味編 へ つづく。

August 24,2012 08:30 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

いつものカメラはおでかけ中

スイカばかりが夏の果物ではない。

 

友人からプラムが届く。
友人の友人が山梨のご実家で大切に育てた逸品とのこと。

今年は少し時期が遅いそうだが、樹上完熟なので芳しい香りがひろがる。

たまたま同じ山梨産プラム(市販品)もあったので
一緒に味わう事にする。(こちらは香りはしてこない。)

市販品 ↓                        友人の友人の実家産 ↓

plum01.JPG

この日、
いつものカメラが、『清水寺の夏の夜間特別拝観』のためお出かけ中だったので
家にあった慣れないコンデジで撮る。

ややピンボケ

市販品 ↓                        友人の友人の実家産 ↓

plum02.JPG  

 

ピントも色もいまひとつ。
でもほら、右のプラムが熟れていて瑞々しい!

市販品 ↓                        友人の友人の実家産 ↓

plum03.JPG  

果物は、『熟れていないほうが好き』と仰る方もいらっしゃいますね。
好みは人それぞれ。

 

こちらは、わたしの好きなソルダム

う~ん、どこにピントが合っているのか~ 滴るような真っ赤がよくわからないけど、
夏の陽差しをいっぱいに浴びて甘さを蓄えた果実は、とろける美味!

plum04.JPG  

たいへんごちそうさまでした。

 

 

& 家のブルーベリーは、今年2度目の収穫
豊作です!

bb01.JPG  

わたしのカメラ、 いい写真撮って帰ってきてね~(^.^)                     pana

August 20,2012 06:17 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

カカクヤススイカ

夏はスイカだ!

色々な果物が一年中食べられる時代とはいえ、すいかはやっぱり夏でしょう
毎日毎日食べずにいられない<西瓜病>
熊本辺りから始まった産地が、現在は長野とか山形に移っているのも季節の移ろいを感じて良いもの。

所沢でバイト中の家族に
「帰りに買ってきて、小玉でいいから。」と頼む、(大玉とは言わない母の愛♥)
遅い時間に開いているのは西友 

少し前は新潟産で500円 ←さすが、カカクヤスク近所のスーパーより3割は廉い。

そして数日後
「いよいよ397円にナッタヨ。」と提げてきたのがこちら

よくみて! ヨセミテ

yosemitesuika01.JPG

アジアの国に行くと、露天でカット販売しているのは美味しいが

外国産のスイカを丸のまま買ったのは初めて。
yosemitesuika02.JPG

このアメリカ産スイカは種無しという事ですが、白っぽいタネはあるLess。
なんとなく食べてしまうのは憚られるが
柔らかく、口の中から出すのはそれはそれで結構面倒で、結局食べてしまう事になる。
甘味は糖度11度くらい?のさっぱり系
食感は、日本のものよりサクッサクッ
カット面がシャープで、滴りが少ない感じ。
多分、スーパーでカットして販売しているのがこれなのかしら

 

 

ところで先日家に寄った銀行のお姉さんに
カットしたすいか(国産)をお出ししたら
「わ~すいか大好きです!今年初めてです!」と喜ぶ、

『えぇ~ 8月なのに、初めてぇ~???』
「本当は好きじゃないんじゃないの?」と、意地悪おばさんは聞く。

「いえ、冷蔵庫の中に入っているんですけれど、いつの間にか食べるの忘れちゃって。」

『だ・か・ら~、それ、好きじゃないんじゃないのぉ~。』

もちろん、きちんと召し上がってくださいました。
営業って大変。                                             

 

※ 今日も近所のスーパーで三浦産の小玉すいかを購入 598円
まだまだすいかの夏は終わらない。                                pana

August 18,2012 06:08 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

morioka 緑の町に舞い降りて

秋田角館と青森奥入瀬に泊まる予定で 
東北にでかけた。

 

 

同行者の山男が
たまたま仕事で遅れるというので、それはとても良いこと!と
先に出かけて盛岡で途中下車。

 

6月30日まで、JRのいわてデスティネーションキャンペーンが行われていたので
先ずは改札口でわんこがお出迎え、軽く触ってみたが、まあ何も起こらないわんこ。

morioka01.JPG

 

 

わんこきょうだいを、紹介しておこう。

大きいお母さん?が、そばっち
左から、うにっち、おもっち、とふっち、こくっち   個人的にはうにっちが好き。

morioka02.JPG

初めて訪れる街は
冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばが有名。
それに加えてわたしの大好物、パンの名店も多いという。

morioka03.JPG  

駅前で、市内循環の『でんでんむし』バスに乗ろうか迷う。。。
でもやっぱり
緑の風を感じたいから、
開運橋の手前にある佐々木自転車商会でレンタサイクル(大学ノートに個人情報記載。)
morioka04.JPG

先ずは
盛岡城跡公園付近で

もの凄い緑っぷりに暫し立ち止まり、感動の深呼吸。 

morioka06.JPG  

向かい側には
見事な柳っぷりの枝が風にそよぐ。

morioka05.JPG

さすが、緑の街だわー。

さらに、中津川にかかる中の橋をわたり
岩手銀行中ノ橋支店へ

morioka07.JPG

明治44年に盛岡銀行本店として建てられた赤レンガの洋館は
東京駅の設計者でもある辰野金吾と、岩手県出身の葛西万司、両氏の設計。(棒読み)  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

東京駅東京駅っと、、、カードを探る。
あったわ!最近の東京駅  tokyo001.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戻る。

 

 

morioka08.JPG  

もちろん、現役の銀行として営業されている室内はどんな風になっているのかしら。

morioka09.JPG

迎えてくださった行員の方に
ご説明いただきながら、重厚な空気に浸る。  

morioka11.JPG


彫刻が美しい。

morioka15.JPG  

吹き抜けの高い天井も美しい営業室。
花が咲いたように並ぶ風船が似合う。

morioka12.JPG

  

建物に関するリーフレットも用意されていて、親切。

morioka17.JPG  

morioka18.JPG

morioka16.JPG  

外に出ると、先ほどの行員の方から
「写真をお撮りしましょうか?」と声を掛けられる。

「え?わたし?」
・・・この貴重な重要文化財に何か起こるといけないので、丁重にお断りいたしました。

 

再び、
鮭も遡上するという中津川沿いをサイクリング
右側には、風情あるござ九・森九商店の土塀。

morioka19.JPG  

慶長期の擬宝珠が、現在も欄干に多く取り付けられてるのは全国的にも稀だという
上の橋に到着
&わたしのレンタサイクル。 morioka20.JPG

ぎぼし、あの日本武道館の屋根に載っている大きな金の玉ねぎも 擬宝珠。

 

擬宝珠の先に、
ムック状の葉がわっさわっさしているあの木は何だろう?

morioka21.JPG  

通りがかりの紳士に伺うと

盛岡市の木でもある枝垂れ桂だという
見事な桂っぷり

morioka23.JPG

morioka24.JPG

morioka25.JPG  

上の橋付近で、目的の昼食と買い物を済ませて(後述)
枝垂れ桂を後にして、駅方面へと
今度は対岸を走る。

 

与ノ字橋
赤い小屋根の望楼が見える。紺屋町番屋。
盛岡市の第五分団として使われていたという。

morioka27.JPG

あっちまで行かないので、カメラで寄る。 

morioka28.JPG  

ござ九の白壁を、今度は対岸から
ガイドブックにある一枚と同じように撮る。

morioka32.JPG

中の橋の、岩手銀行の建物も見えてきた。   

morioka35.JPG

 

 

午後になって陽が差してきて
城跡公園の緑も一層鮮やか。  

morioka36.JPG   

morioka37.JPG  

冬の寒さは格別というが 
初夏の緑の盛岡散策は、なんと心地良いこと。                            pana

結構つづく。。。

 

 

 

TOKYOFMを聞いていたら、今年、Yumingはデビュー40周年という事を知った。
写真を見ていると
『緑の町に舞い降りて』の歌詞とMORIOKAの緑が繰り返し蘇ってくる。 

同時に、昔、地元八王子で行われたコンサートの華やかさも思い出した。
すると、、、、、と、続々いろいろなことが呼び戻され、全く意外な人が夢に出てきたりしたので
手紙なんかをしたためてみる。 何が起こるかわからない。。。

June 30,2012 06:28 AM | コメント(0) | トラックバック(0)