スタッフの一言HOME

スタッフの一言

手をとりあって。

これは、3人の女性の手です。

 

あー。
手に歳が出るとは言うけれど、わたしの手だけ
特別年季が入って男らしい手をしている。


2015041201.JPG

仕方がないか。。。

 

歳と言えば
昼間母からメールが来ていた。
母は80歳を過ぎた年寄りです。

 

2015041202.JPG

 

おばあちゃんの原宿に行くのね?

 

絵まで入ったしっかりした母のメールに比べて
返信したわたしの文章の方には、変換ミスがある。  「等ぞ」って何なんだ?!

 

「巣鴨?」そういえば朝から山手線が不通になっていると
ニュースで言っていたけれど、、、

今頃がっかりして帰ってきたのではないだろうかと思いメールする。

 

2015041203.JPG  

 

母のこととはいえ
恐れ入りました。pana

 

April 12,2015 07:23 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

桜♪ 桜♪ 桜♪

その日は仕事を終えてから
府中の森芸術劇場で行われたマッキーのコンサートに初めて行きました。
18時30分開演に間に合うのだろうかと
駆ける×駆ける
事前に地図で調べてみると、
最寄り駅の京王線東府中駅まで行くには乗り換えが多く、相当時間がかりそうなので、
武蔵野線の北府中駅で下車し、階段を駆けおり
府中街道に一台だけ停車していたタクシーに飛び乗り目的地を告げてしまえば、ミッションほぼ成功!
この運転手さんが又、わたしの予想とは全く違う裏道を走りまくり
裏手から劇場の車寄せに着いたのは18:10。
てっきり遅れるのだろうとホールで待っていた友人の「なんで、居るの?」的なまなざしが印象的でした。

 

fucyuu01.JPG

楽しく優しいコンサートの後は
雨の降る公園の、とても見事な桜並木を歩き夜桜を愛でる。 

fucyuu02.JPG

もう
散っている花びらも。。。
急がなきゃ!
 

fucyuu05.JPG

翌日は会社の定休日で
運よくよく晴れました。

 


JR八高線の金子駅も桜が美しい名所です。

20150402.JPG  

3月に完成した駅舎
そのガラス張りの待合室からも桜を眺められるように作られていました。

20150403.JPG

素敵な駅です。

20150401.JPG

 

 

さて
乗り継いでここは、町田ふれあい桜館、尾根緑道。
この小山台一帯、日大三高、市民プール辺りは、桜並木が多いです。
今週末、4月4日、5日が桜まつりだそうです。

20150404.JPG  

桜美林教会 20150405.JPG  

その前からの眺めることができる桜並木も、美しかったです。

20150406.JPG


桜を見上げたり写真を撮ったりしている方々の、嬉しそうな笑顔を拝見すると
とても幸せな気持ちになります。

20150407.JPG

pana

 
April 03,2015 06:09 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

土曜の夜の街景色



夕方、神田明神方面に用事があって、淡路町から外堀通りを北へ歩く途中に巨大な建物に遭遇。

「ワテラス」というらしい。エスカレーターの左手の植え込みは和風な低木で、洒落た雰囲気。

DSC_0078.jpg
エントランスのオブジェを照らす照明の色が、4色に順繰りに変化するので雰囲気が変わります。

土曜日の夜で人通りも少なく、藪蕎麦の通りには人っ子一人居ない。

 

帰り際に藪蕎麦からワテラス方向を見ると、ちょっとSFっぽい景色

201502141.jpg


目を細めてみると、宇宙ステーションに向かって伸びる透明な通路のようでした。

201502143.jpg
 


March 27,2015 07:00 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

ミニバス

秋葉原からスカイツリーに行くには、総武線→浅草線とか日比谷線→浅草線とか色々あるけれど、乗り換えしたくなかったので循環バスに乗ってみました。
中央改札口ロータリーから一時間に約1本(土曜休日は約2本)。秋葉原-東京スカイツリー-浅草雷門と停まり、秋葉原に戻ってきます。
DSC_0080.jpg
バスは予想よりずっと小さくて、座席数14・5。
すし詰めにならないか心配でしたが、祝日の午後、乗客は13人でした。
秋葉原からスカイツリーまでは20分位。乗客の殆どがここで下車。
私はそこから隣駅の本所吾妻橋まで歩く。
今日の目的地は「小さな硝子の本の博物館」です。浅草通りから墨田区役所へ向かう途中左手のピンクの建物。
松徳硝子株式会社の運営施設で、入場無料です。
DSC_0081.jpg
飛び込みで「ガラス彫りリューター体験」が出来るそうなのですが、この日は予約で満員でした。お店ではガラス製品の販売もされています。
店内をぐるりと囲む本棚には、ガラスの専門書がいっぱい。端の方には何やら非常に内部の物っぽいファイルも・・・。自由に閲覧できるというので、今度は平日に来てゆっくり見てみたい。
ガラス好きな私には、とても居心地の良い空間でした。


小さな硝子の本の博物館
東京都墨田区吾妻橋1-19-8
営業時間:10:00~19:00(月・火休)

March 25,2015 07:00 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

おでかけ 湯河原梅林

東海道線の車窓から見た、朝の相模灘。

makuyama01.JPG

 

この日、友人と湯河原駅に9時45分待ち合わせ予定。
それを早々に
8時15分には駅に着く。

抜け駆けして朝の梅園に行こう!
幕山公園行きの一番バスに乗って

  

makuyama02.JPG

一番乗りで湯河原梅林に到着。
駅に戻るまでの制限時間は15分で、散策スタート。

makuyama03.JPG

 

バスの終点から100mほど歩くと、
幕山のすそ野に、約4000本の見頃の梅が美しい。


散策路に入り梅の中を歩くと、ほんのりといい香りが漂う。

 

makuyama05.JPG

makuyama04.JPG  

 

可愛らしい梅の花々が、長い冬のあいだ忘れていた春の訪れを教えてくれる。

 

makuyama06.JPG

おっと、
制限時間となりました。
駅行きのバスに乗って友人と合流しよう。

makuyama08.JPG  

その後
ブレッド&サーカスでパン購入。

さらに友人たちと合流し

湯河原のエルルカンビスでランチ

そして、もう一度
みんなで湯河原梅林へ行く。 

makuyama10.JPG

朝来た時には、梅園の左方向を回ったが
実は、右方向に登ると、梅園を見下ろす最高地点があるという。

makuyama11.JPG  

makuyama12.JPG

結構急な散策路
しっとり雨も降りだしたので、足元に気を付けて登る。

 

いつもこの山に登るという素敵な紳士に
「もう少し先ですよ。晴れている時よりも今日みたいに雨の時が一番綺麗です。」と教えていただく。

頑張る!

makuyama13.JPG  

 

すると、ほどなくして
見事な景色が拡がる。

makuyama14.JPG

makuyama19.JPG

梅林最高地点を少し過ぎると
ここが、一番の景色。
梅の絨毯を眼下に、思い切り深呼吸して春の空気を吸い込み、リフレーーーッシュ。

makuyama16.JPG

あぁ、花粉症でなくてよかった。

  

楊貴妃を愛でながら
下山。
  

makuyama20.JPG

 

makuyama22.JPG

湯河原梅林は、3月15日(日)まで梅の宴中。
まだ見頃のようです。

<開花情報ホームページ>← クリック

 

この日
実は始発電車に乗って来た。

makuyama30.JPG

春の一日は、有効に使いたい。                                     pana

March 14,2015 06:48 AM | コメント(2) | トラックバック(0)