スタッフの一言HOME

スタッフの一言

リトアニア料理

駅に置いてあったフリーペーパー。「外国人が教える家庭料理教室tadaku」という記事があり、面白そうだったので行ってみました。

参加したコースの先生は、リトアニアの方。リトアニアで良く食べられているというお料理を教えて下さいます。

201708301.jpg


ピンクのスープは「冷たいビーツスープ」酸味があってきゅうりの食感も楽しい、夏のスープです。

201708302.jpg


ひき肉のポテトパンケーキは、マッシュルームソースをかけて暖かいうちにいただきます。

201708303.jpg


ひき肉炒めをマッシュポテトで包んでいます。お腹にたまる一品。

海外のお料理だと、食材が手に入らなかったり高かったりする心配がありますが、先生は手に入るスーパーや代わりの食材も教えてくれました。

デザートはチョコレートケーキとハーブティー。

201708305.jpg


ご実家が農家で、お婆様が料理家だという先生。ハーブティーは、実家の森で摘んだものだそう。バルコニーのプランターでも様々なハーブを育てていらっしゃいます。

3時間のコースでしたが、英語だけの空間にいると慣れるものですね。他の参加者と日本語が話せるところも気楽で良いです。

食事の間には、リトアニアの事を色々と教えて下さいました。

リトアニアは山が無く、森と湖の国だそうで、写真集には霧がかかる森の写真が沢山載っていました。世界遺産の町並みや、お城や教会等の建物もとても綺麗で、いつか現地に行ってみたい気持ちになりました。

先生の母国のお話も聞けるお料理教室はとても興味深く、また参加してみたいと思いました。

全国多くのエリアで受けられます。(2)

  

  

  


"料理を通して異文化を楽しむ、一日ホームステイの様な料理教室"
Tadaku
August 30,2017 06:41 PM | コメント(1) | トラックバック(0)

ぼうず’n coffee

ずっと気になっていたお寺のカフェ。
営業は不定期なので、SNSで確認。ちょうど定休日にあたったので出掛けてきました。
201708231.jpg
場所は池袋の祥雲寺さん。
201708233.jpg
立派なお寺です!
201708232.jpg
池袋といえば、やはりふくろうですね。
お寺のどこでやっているのかと少々不安に思いながら行きましたが、時間になるとお坊さんが案内の立て札を立ててくださいました。
201708234.jpg
下足入れに靴を入れて上がると、お坊さんが2組ずつ注文を聞いてお会計をしていきます。 201708235.jpg
順番待ちの間、廊下に置かれた椅子に腰掛けて呼ばれるのを待つのですが、イグサの良い香りがしてとても気持ちいい。
2017082326.jpg
私の隣に座った近所の奥様の話では、こちらでカフェを始めたのは今年の4月から。お寺は江戸時代から続く由緒あるお寺で、石ノ森章太郎さんのお墓もあるそうです。
2017082317.jpg
お坊さんの所作が大変に丁寧なので、それを見ているだけでも心が穏やかになります。
201708237.jpg
お会計を済ませると、席のある別邸の書院へ移動。
201708238.jpg
お寺の雰囲気に影響されて、心持ち動作も静かになっている気がします。
201708239.jpg
しずしずと廊下を進みます。
2017082311.jpg
書院はこんな感じ。
2017082319.jpg
広い。広いです。
2017082312.jpg
すっきりと整えられた和室は、本当に居心地が良いです。
2017082314.jpg
お庭の緑もとても綺麗。 
2017082315.jpg
席は自由なので、テーブルでも縁側でも好きな所に腰掛けていると、お坊さんがお茶を運んできて下さいます。
2017082320.jpg
ゆらぎのある硝子越しの景色も美しい。とても静かで心安らぐ空間です。
2017082321.jpg
私は暖かなお抹茶と季節のほうじ茶ゼリーを頼んでみました。


「ぼうず’n coffee」
東京都豊島区池袋3-1-6 祥雲寺内  
2017082322.jpg
営業日は「ぼうず'n coffee」のFacebookに案内が出ます




帰りがけの池袋公園隣の建物で、先日深夜寄席に出ていた落語家さんの落語会があったので聞きに行ってみました。
江古田在住の若手落語家さん達で、毎月二回開催しているそうです。
2017082323.jpg
この日は落語の後に懇親会があり、私にもお声を掛けて下さいました。先週落語を聞き始めたばかりな上に手ぶらで図々しいかとも思いましたが、落語家さん達とお話をしてみたくて参加させて頂きました。
美味しい食事をいただきながら、興味深いお話が沢山聞けて楽しかったです。
お客さんの中にはなんと、島根から遊びに来ている方がいました。
2017082324.jpg
島根銘菓「ひょっとこ」いただきました。
 



幸い雨にも降られず、充実の池袋散歩でした。
2017082316.jpg
(2)
August 23,2017 07:04 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

深夜寄席



長くお付き合いさせて頂いているお客様。寄席がお好きだそうで、お話を伺って興味が湧いたので行ってみました。

201708191.jpg


新宿の末廣亭では土曜日21時から深夜寄席をやっていて、仕事帰りの遅い時間でも落語を楽しめます。

落語の世界は階級制で、高座に上がるのは「前座」→「二ツ目」→「真打」の方だそう。この日の深夜寄席は「二ツ目」4名が出演していました。

窓口で深夜寄席のチケットの販売は21時以降と聞いたので、21時少し過ぎに末廣亭に向かうと、新宿通り側の3階建ビルの脇に列が作られていました。

201708194.jpg


末廣亭の周りは飲食店で、着いた時間は雨が降っていましたがどこも混んでいました。入り口の前には列を作れないので離れたところに並ぶのでしょうか。

201708195.jpg


末廣亭への移動中、行列を目にした飲食店のお客さんやすれ違う人達から「何の列?」「あぁ、落語だね。」「すごい人だね。」等と会話するのが聞こえてきます。

初めて寄席で聞いた落語。とても面白くて、涙が出るほどに大笑いしました。

深夜寄席は21:30~23:00で1000円。こんなに楽しめて1000円とは。

昼の席・夜の席でも3500円、途中休憩(中入り)後では1500円の割引料金。チケット購入も当日で、毎日やっているので、いつでも気軽に楽しめるのも良いですね。

終演後、外で演者さん達が見送って下さいました。

201708192.jpg


また聞きに来ます!

201708196.jpg


楽しいお噺を、ありがとうございました。(2)



 


August 20,2017 12:38 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

都庁プロジェクションマッピング

仕事帰り、プロジェクションマッピングを見に都庁に寄りました。
 かなり豪華だというので、楽しみです。
201707271.jpg
久し振りの新宿西口高層ビル群は、こんなに密集して建っていたかなという印象。
201707272.jpg
都庁まで高層ビルが続きます。
201707273.jpg   
広場には謎の待機列があり、ベストな鑑賞場所でもあるのかと思いましたが、違いました。
2017072714.jpg        
プロジェクションマッピングは2部構成で、最初は東京の街の魅力が映し出されます。
2017072713.jpg
漫画「AKIRA」の映像もありました。
2017072716.jpg
その後はオリンピックの映像。
2017072736.jpg     
前回の東京オリンピックから、2020年東京オリンピックまで、開催都市と選手達の映像が流れます。
2017072719.jpg
映像監督は、GINZA SIXのPR動画を担当した児玉裕一さん、音楽監督はコーネリアスの小山田圭吾さんだそうです。
2017072724.jpg
映像が流れるのは、19:30・19:50・20:10・20:30・20:50の5回。
2017072727.jpg
間の時間には観客参加のゲームが行われます。
2017072728.jpg
最初に見た待機列は、そのゲームのプレイ待ちの列でした。
2017072730.jpg  
ゲームを見て楽しんでいる人が結構多かったです。
201707279.jpg
良いプレイが出ると、歓声や拍手が沸いていました。
2017072731.jpg
平和な風景で、幸せな気持ちになりました。
地下通路を通るのも数年ぶり。
2017072732.jpg
真っ白になっていて驚きました。
2017072733.jpg
都庁のプロジェクションマッピングは29日まで。
2017072729.jpg
ゲームは19:40~20:50です。(2)  

July 28,2017 08:38 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

エコ・クッキング

東京ガスのお料理教室が面白かったので、今度は近場のキッチンランドの教室に行ってきました。
2017072013060000.jpg
教室のコースは様々なものがあり、男性向けやキッズ向けのコースも多いです。
今回受けたのは「エコ・クッキング」
複数のメニューの調理に、同じフライパンを使いまわしたり同時グリル調理をしたりして、洗い物に使う水の量や調理に使うガスの量を少なくする工夫がされています。
その他にポイントとして
1.鍋底の水滴を拭く(水を蒸発させるために余計なエネルギーが使われてしまうため)
2.鍋から炎がはみ出さないようにする(はみ出した分は全て無駄になる)
3.鍋蓋を利用する(使いまわしのお湯の保温等)
水栓には計測メーターが付けられていて、最後に使用量の発表があるというので、洗い物の順序にも気を使います。素材の下ごしらえにも工夫があって、少量の油で早く火が通るようにと茄子にはあらかじめ切れ込みを入れたりしています。
コンロの温度設定や調理時間設定を利用して、熱ロスが無い様に調理していきます。
しかし・・・操作盤には表示が出るのですが、ガスの炎が全く見えず。
自分の目がおかしいのかと思いましたが、同じグループの人達皆炎が見えていない。実際はきちんと炎が出ていて、光の加減で見えていないんだそうですが、バーナーが綺麗だからでしょうか。ガスコンロで炎が見えない状態で調理するというのが、何とも妙な感覚でした。
夏バテ知らずのスタミナメニュー完成です。
2017072012440000.jpg
最後にグループごとのガス・水の使用量の発表がありました。
A班4名・B班3名・C班3名
2017072013060001.jpg
私達C班は途中ミスした割にはまあまあな結果で、「意外だわね~」と声を合わせてしまいました。
今回のグループは、50代の主婦・40代の私・20代の妊婦さん。
一緒に作った料理を同じテーブルでいただくので、会話が弾みます。妊婦さんは初めての妊娠で不安も多いらしく、50代の主婦の方が相談を聞いたりアドバイスをしたりしていました。初対面なのに楽しく過ごせて今回も参加して良かったです。またいつか、教室で会えると良いなと思いました。
お天気が良かったので、帰り道も気持ちよかったです。
P7200624.JPG
途中、壊れた御守を納めに神社に寄りました。
P7200626.JPG
神社では、夏祭り用の舞台の設営が始まっていました。
P7200627.JPG
梅雨も開けて、いよいよ夏祭りの季節ですね。(2)




  

July 20,2017 07:36 PM | コメント(0) | トラックバック(0)