住まいのエリア情報HOME

住まいのエリア情報

✿ 飯能 ✿

飯能美杉台の桜並木 2013年3月21日 
(友人撮影)

201303002.jpg

201303003.jpg

201303005.jpg

 

201303001.jpg  

美しい美杉台は、モミジバフウの紅葉だけではないのですね~。

March 23,2013 11:29 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

六義園のしだれ桜 ✿ 満開

 

3月20日(春分の日)
予定通り早起きすると
予報とは違って陽射しが差し込む朝。
それなら! と朝食を作り、洗濯を済ませて、2013年初桜を楽しみに出かける。
駒込 六義園(りくぎえん)、8時50分に正門到着。

 

 

 

入口には、しだれ桜開花状況
✿✿✿✿✿満開
と掲示がある。
こちらも今年は、10日以上早く開花した様子。

rikugien02.JPG  

そんな想定外でも
開園の9時前に門を開放してあり
周りの皆さんも、「気が利いているわね。」 と、話している。

rikugien01.JPG

 

内庭大門の
目の前にしだれ桜  

rikugien04.JPG

 

おみごと!!!

rikugien05.JPG

係りの方が、
「9時までは、桜に近づかずに、お待ちください。」とアナウンスするお陰で
人が見切れることなく撮影できる。
わたしも含めて、皆、遠まきにして写真を撮っていいる、早く来た人限定(^_^)


rikugien08.JPG

 

そして9時になる。

rikugien09.JPG

天気予報では☁ ?でも、
朝の澄んだ青空に、咲き誇る桜は清々しい。

rikugien07.JPG  

 

rikugien10.JPG

 

rikugien06.JPG  

存分に堪能して
園内への門をくぐる。 

rikugien30.JPG  

大泉水を臨む。

rikugien11.JPG

 

向こうに見える茶屋も気になる。。。

rikugien12.JPG


辛夷の大木も、白い花を咲かせる。

rikugien13.JPG

園路を歩き、趣の変わる景色を楽しむ。

 

rikugien14.JPG  

こちらは、しだれ桜Ⅱと名付けられた
吟花亭跡の高木。

rikugien15.JPG

rikugien16.JPG  

そして吹上茶屋にて一服。

rikugien17.JPG  

rikugien18.JPG

rikugien19.JPG

お抹茶
お菓子は本郷通りの『こうさぎ』製。→ 帰りに寄る。

rikugien20.JPG

茶屋の裏には
染井吉野が咲き始めている。こちらはこれからが見頃。

rikugien21.JPG rikugien22.JPG

つつじ茶屋 

 

rikugien24.JPG  

この辺はまだ春の気配が無いかなと思って見上げると
もみじの小さな葉が青々と芽吹いていた。
紅葉も見事だろう。

 

rikugien23.JPG

藤代峠のツツジ
咲いたら艶やかだろう小高い丘を35m登って

 

rikugien27.JPG

頂上から眺める六義園。

rikugien28.JPG

再び藤代峠を下りて
渡月橋(危険なので立ち止まってはいけません。(>_<)

 

rikugien31.JPG  

回遊式築山泉水の大名庭園を一周して入口に戻る。

 

rikugien33.JPG

ゆっくり散策して小一時間。
朝よりもっと開花したようなしだれ桜を前に
続々と笑顔の花が開いていくのだった。

rikugien34.JPG

 

六義園

東京都文京区本駒込6丁目 
2013年3月22日から予定しているライトアップは、3月20日、21日から特別先行公開とのことです。

March 21,2013 06:50 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

飯能 2013年ひな飾り展

飯能に用事で出かけた知人から『ひな飾り展』のメールが届く。

 

その催しが今年で8回目を迎える事を、初めて知る。(↓ 絹甚内のポスター) hina06.JPG

 

会期は3月3日(日)まで。
天覧山麓の市民会館駐車場に車を停め
飯能恵比寿神社の脇道を通ると、カシの林を抜けて町に出られる事も初めて知った。

hina01.JPG

hina02.JPG

ひな飾り展では
市内から吾野、名栗方面まで126ヶ所の店舗や家々のお雛様が展示されている
(スタンプラリーも開催)。

平日でも見物客で賑わっている街の景色もおり交ぜて、写真多めで行きます!

 

先ずは、大通りの飯能市指定有形文化財店蔵絹甚へ hina05.JPG

中に入ると、段飾りや、御殿、つるしと、とても華やか。

hina07.JPG

hina10.JPG

そのつるし雛は、案内役のひなガイドさん達の手作りという。

hina11.JPG

中庭を抜けると土蔵
の中にも段飾り。

hina12.JPG

hina13.JPG  

hina14.JPG

 

これは
織物でつくられた雛壇絵図、緻密で、色合いも美しい。

hina09.JPG

絹甚を後にして大通りを歩く。

うなぎ 畑屋

hina16.JPG

食堂住田屋
市内には古くからの建物が残されている。
それを見ながらのぶらりも楽しい。 

 

hina17.JPG

銀河堂前、丸屋酒店のかみしも雛 (明治時代)

hina18.JPG

hina20.JPG  

ビジネスホテルおがわ
7段飾りの前に、109体のお雛様 (数えてみたけど間違いはないかな?)

hina22.JPG

hina24.JPG

美味しい狭山茶もいただける。

hina25.JPG

 

おしゃれショップナカヤ

hina26.JPG

バービーやリカちゃんも

hina27.JPG

 

中清商店の屋根の上の社
お供えするには、はしごが必要?

hina29.JPG

 

飯高通りへ曲がり、うどんの古くや

hina30.JPG

 

そろそろお腹が空いてきたと、ランチの目当ての店をもう一件探していると、
友人が、通りすがりの街のママ二人に話しかけていた。
地元ママからお勧めの店を聞き出す友人。

hina31.JPG

教えていただいた店を目標に、銀座通りへと行き先変更。 

hina33.JPG   

地元ママに教えていただいた店は
ドラマ猿ロックで撮影されたという
吉川理容所(こちらも歴史的建造物)の左一角に
『日替わりシェフのお店』 

hina39.JPG  

だ、大盛況店で満席!!!
と、とっても楽しかった?(^_^) 詳しくは次回ブログで。

銀座通りも興味深い店舗と雛飾りがいっぱい。

伊勢屋の菱餅

hina34.JPG

 

パンの英国屋には

hina38.JPG

なんと!!!
パンのつるし雛。

hina36.JPG

おいしそう。

新井石材店、石のお雛様。

hina41.JPG  

おもたそう。

 

 

駅前の通りに出て
豆が綺麗に並ぶ、米由商店

hina42.JPG  

指先細工の小さお雛様用に、ルーペが置かれている。

hina43.JPG

飯能は路地も楽しい。 

hina47.JPG  

 

うわー! 
あるお宅の物干し場。

hina44.JPG  

レトロな窓

hina46.JPG

狭い路地 hina48.JPG

軒先の小松菜はよく育っている。

hina49.JPG  

料亭八千代(こちらも歴史的建造物)、その隣は高島屋
林業や織物業で賑わった花街の風情を残す。 hina50.JPG  

そして飯能河原に出る。

hina51.JPG  

春はもうすぐ。。。かな。

hina53.JPG

 

駐車場に戻る前に、郷土館へ

hina54.JPG

 江戸時代の愛嬌あるお雛様で和む。

hina56.JPG

こうしてランチとお茶も含めて
4時間ほどの飯能雛めぐりで、一足早い春を感じる。

hina57.JPG  

 

 

二人組ママにお聞きした店へ つづく。                                 pana

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

February 28,2013 06:51 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

東村山 ポールスタア

所沢から東村山は近い。

以前職場の男性社員(独身?)に聞いていた、ソース工場直売所へ行ってみる。

pole01.JPG

ポールスタア直売所奥には、

大きな欅に囲まれて工場が、その先にはお屋敷がある様子。

pole02.JPG

お客様
お買い場 (って変換するとお海馬と出てしまう。。。)

この工場直売所は公募により
よしくんショップ 『そーっスね!』と命名されたらしい。 「いーっスねー。」

 

こんにちは~。

pole03.JPG

でも、ソースってそう沢山は使わないかも。。。

 

と、思いながら引き戸を開けると、
お買い場には
ソース以外にも沢山の調味料が並んでいてびっくり!
奥から出てきてくださった従業員の方に説明いただきながら、棚を眺める。

pole04.JPG

あ、この使えるステーキソースは、羽村市のスーパー福島屋で、買ったことがある。
こちらの工場製だったのね。

明るく親切な従業員の方によると、他にもクイーンズ伊勢丹にも置いてあるという。

pole05.JPG

みたらし団子になるたれや、大学芋のたれなども

pole06.JPG

 

こちらの香味野菜のソースは
特にお勧めという。

pole07.JPG

pole08.JPG

 

調味料毎の、レシピも持ち帰ることが出来る。

pole09.JPG

 

気になる品を買ってみました。

pole10.JPG

その商品の嬉しいのは、
材料に、化学調味料など、添加物が使われていないコト。

pole12.JPG

 

東村山黒焼そばソースの黒色は、イカ墨使用。

pole11.JPG

温野菜ソースの色も食欲をそそる。

pole13.JPG

 

購入した調味料
さすがに全部使い始めるのは無理!

 

先ずは、
『国産原料だけを使い穀物酢と粗糖で仕上げた香味野菜が美味しいとんかつによく合うソース』
って、長い名前の一本を開ける。 

pole14.JPG

野菜沢山の風味に酸っぱ味が利いている。

休日の昼ごはん ラベルに書かれた通りに、ひき肉をたまねぎとケチャップと醤油、
国産原料だけを使い穀物酢と粗糖で仕上げた香味野菜が美味しいとんかつによく合うソースで煮ると
あ~ら不思議?! 懐かし+野菜風味が活きたミートソースが出来上がり。

 

 

 

 

実は、こんなに沢山お味見の紹介をいただき、びっくり!

pole15.JPG

こちらは
必勝祈願
とん勝ソース

pole20.JPG

受検生頑張れ!

 

 

 

ポールスタア

東京都東村山市久米川町3丁目28-2

直売所は、平日の 9:30~16:30の営業

February 04,2013 06:40 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

狭山丘陵を歩く 野山北・六道山公園

 

 

東村山に住む友人と
「紅葉散歩に行こう」とメールしてから数週間、12月初めの週末にやっと実現。

 

 

 

友人に立ててもらったプランは、
武蔵村山市の都立野山北公園赤坂駐車場を出発し、瑞穂町の六道山公園をめぐる
ゆっくり歩いて2時間ほどのコース。

noyamakita01.JPG

そろそろ黄葉も見納めかな。

 

noyamakita02.JPG  

noyamakita03.JPG  

 

お互いの近況報告など話しながら、雑木林を歩き、先ずは里山民家を目指す。

noyamakita05.JPG

 

里山の畑の先に、茅葺き屋根が見えてきた。

noyamakita06.JPG

noyamakita11.JPG

noyamakita09.JPG

 

江戸時代の民家を新築復元した里山民家
母屋の前の広場が綺麗に掃かれている。

 

noyamakita19.JPG  

少しだけ秋の名残の吾亦紅。

 

noyamakita08.JPG

何かの催しがあるようで
割烹着姿のご婦人たちが料理を作っている。

noyamakita10.JPG    

民家の中では、囲炉裏の火が暖かく、煙がいぶい。

 

noyamakita12.JPG  

床の間に供えられたのは、亥の子餅。

noyamakita13.JPG  

懐かしい遊び道具が並ぶ縁側では、お弁当持参の方々のお昼の時間。

noyamakita15.JPG noyamakita14.JPG

そういえば、わたしたちは何も食べ物を持参していない (>_<) トトロ。

noyamakita17.JPG

 

里山民家では、12月16日(日)に収穫祭が催されるそうだ。

noyamakita21.JPG noyamakita20.JPG

この田んぼで収穫された米もあるのかな。

noyamakita22.JPG

再び、六道山公園を目指すが 

道を間違え、須賀神社。

 

noyamakita24.JPG  

それでも無事に六道山公園に到着。

朝は良く晴れていたのに 、予報通りに曇り始めた。 noyamakita25.JPG

noyamakita26.JPG  

展望台に上がると

思った以上に木々の色付きが残っていて鮮やか。

晴れていれば、東京スカイツリーや、富士山も望める桜の名所でもあるようだ。

noyamakita27.JPG  

目的の場所までたどり着いたら、帰り道。

noyamakita29.JPG

明るい尾根道だけでなく、谷道の緑や黄葉も印象的。

noyamakita31.JPG

noyamakita32.JPG

 

疲れることもなく、出発地に到着。
紅葉錦の絨毯を撮って、今年の紅葉の見納め・・・
になるかどうかは、まだわからない。

noyamakita33.JPG  

noyamakita34.JPG  

 

野山北・六道山公園のコースは整備され程よい距離なので
次回は、新緑の季節に訪れてみたい。

 

都立野山北・六道山公園 里山民家

東京都武蔵村山市岸 4-3

遅いランチ予定のパスタ屋に向かうが、店が無い!!!  さあ、どうする?           pana

December 05,2012 06:56 AM | コメント(0) | トラックバック(0)