住まいのエリア情報HOME

住まいのエリア情報

青梅市 薬王寺

5月5日 午後
青梅市薬王寺

yakuouji0501.JPG  

ツツジはどうかな?と思って来てみたけれど
見頃は少し過ぎている様子。
午後は逆光だし、、、やはり朝に来るべきでした、反省。
それでも拝観者でとても賑わっている。

yakuouji0502.JPG  

yakuouji0503.JPG

手入れされた庭の芝生も青々。 

yakuouji0516.JPG  

それも美しい。

yakuouji0505.JPG  

yakuouji0506.JPG

yakuouji0504.JPG  

yakuouji0507.JPG

yakuouji0508.JPG  

 

 

yakuouji0515.JPG

 

6月になれば、紫陽花も綺麗な薬王寺です。                            pana

東京都青梅市今井1-2520  

 

 

May 05,2013 06:02 PM | コメント(2) | トラックバック(0)

新緑とつつじの六義園 

巣鴨駅前の高木家デザート工房でスイーツ補給を完了して
つつじが見頃の六義園へ

 

この新緑!
画像処理はしていません(^.^)

rikugien0401.JPG   

そして、
つつじが見頃。 

rikugien0402.JPG

3月に撮影した、このしだれ桜   rikugien0403.JPG   

今は緑の葉が枝垂っている。

rikugien0404.JPG  

 

 

今回はちょうど11時から、
園内をガイドしてくださる庭園ボランティアガイドの方に色々と教えていただきながら、
和歌の庭を散策するとこにする。

よろしくお願いします。

rikugien0405.JPG  

長い黒髪の彼女は
わたしレベルに合わせた説明を心がけて下さり、終始楽しい散策となる。
そんなわたしに、「花の名をよくご存知ですね~!」と言われると、結構うれしい(^_^)。

 

 

緑が茂り
3月下旬に来た時よりも狭く感じる出汐湊の先に、藤代峠のつつじが鮮やかに見える。

rikugien0406.JPG  

吹上茶屋付近も色とりどり。

rikugien0407.JPG

その吹あげの松まで到着。
「この赤松は樹齢300年以上、このお庭のことを一番知っているのですよ。」
『なるほど、とてもいい表現だわ~。』

rikugien0408.JPG  

真っ赤な
八重霧島

rikugien0409.JPG

染井吉野の大木を改めてよく見る。

rikugien0410.JPG

rikugien0411.JPG

 

吹上茶屋を過ぎて


3月撮影のつつじ茶屋      rikugien0301.JPG

 

そして今の季節のつつじ茶屋。
この時期の一ヶ月は、こんなにも変化。 

rikugien0412.JPG  

 

しかし、これだけもみじの木があるのに、なぜつつじ茶屋と言うのかが不思議だった。

その理由を、ボランティアガイドの方にうかがい知る。
明治年間建てられた茶屋の
内側の柱が、つつじの木で作られているため、その名が付けられているという。
似ているように見える外側の柱は百日紅の木だそう。

rikugien0413.JPG  

現在、震災の影響でこれ以上は立ち入れない。 

その先、
一人で回ったのでは見過ごしそうな案内板で
今日一番印象深い歌に会う。
『蛛の道』
古くはクモのことを蛛(ささがに)と呼んだそうで、
この小道が蜘蛛の糸のように細いことから名付けられたそうだ。
そして、この印象的な和歌。

rikugien0414.JPG  

わがせこが
来べきよひなりささがにの
蜘蛛のふるまいかねてしるしも <衣通姫>

衣通姫(そとおりひめ)
絶世の美女で、日本書紀の中では、美しさがその着物を通して輝く姫と描かれているという。

rikugien0415.JPG

 

『今夜、愛しい帝が、来てくださる気がする。
ほら、クモがわたしの着物について、そう教えてくれている。』 
と、ボランティアガイドさんから教えていただき、
しっとりと美しい衣通姫の姿と心のときめきを想うのだった。 

 

続いて
標高35mの藤代峠に登る。 

 

 

 

rikugien0416.JPG

これも、3月撮影の藤代峠   rikugien0330.JPG   

今は、ツツジが彩っている。

rikugien0417.JPG

rikugien0418.JPG  

rikugien0419.JPG

rikugien0420.JPG  

そして
ここも、初めて来てみた芦辺茶屋跡
そこから渡月橋を見る景色もいい。

rikugien0421.JPG

 

月宿湾(つきやどるわだ)        rikugien0422.JPG

水面に月を映してその姿を愛でたといわれる
風情のある場所。

 

大泉水を眺める。
出汐湊辺りに咲く鮮やかなピンク色のサツキの時期は、もう少し先のよう。 

rikugien0423.JPG

 

そろそろ出口に近づいた頃
ガイドさんが興奮した様子で
「藤が咲いている!」と叫ぶ。

rikugien0424.JPG  

この山藤
近年開花したことはなく
なんと、10年ぶり位と言う。
それなら、その驚きにも納得。 本当にいい日に来たものだ。

rikugien0425.JPG  

柔らかな色合いは品があり美しい。

 

rikugien0426.JPG

 

最後に庭園ボランティアガイドさんに
「今日はお二人にお会いできて良かったです。」と言っていただき
いつか再会することを楽しみに、六義園を後にする。
ながせさん、こちらこそありがとうございました。とても楽しかったです。                 pana

 

特別名勝 六義園

文京区本駒込 6-16-3
休園日 年末年始

May 02,2013 12:00 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

巣鴨 高木家デザート工房

よく晴れたGWの一日に
駒込の六義園へ向かう。

 

この日は、巣鴨駅で下車し
先ずは、駅傍のケーキ店で腹ごしらえ。

takagiya20.JPG

 

高木家デザート工房

takagiya01.JPG  

イートインスペースもある店内で、

takagiya02.JPG  

ガラスケースからケーキを選び、お茶する。

takagiya03.JPG  

フルーツ系のケーキが多いのは
以前ご主人がフルーツ店にいらしたからとのこと。

takagiya04.JPG  

ストロベリーシフォン
プリントライフル
モンブラン が特に人気のよう。
旬のとちおとめトライフルにも惹かれる

takagiya05.JPG  

メニューを開くと、

takagiya07.JPG

パフェも。 

takagiya06.JPG  

けれども、しっかりランチを予約しているわたしは
ここは泣く泣く我慢して、
『すがも美人』という名も美しい、杏仁豆腐にする。
さっぱりと美味しい。

takagiya09.JPG

友人は、チョコシフォン。  羨ましい。。。

takagiya08.JPG  

 

takagiya10.JPG  

店の方も明るく親切で、なんだかいつも寄っているようなひと時を過ごことができた。

ちっちゃいケーキとコーヒーが可愛らしいトレイで精算を済ませ

takagiya11.JPG

緑いっぱいの街へ。

takagiya21.JPG takagiya22.JPG

高木家デザート工房

 

豊島区巣鴨1-17-8 野崎ビル1F
定休日は無いそうです。 

April 30,2013 05:55 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

富士見町 菓子工房 キャトルセゾン

アジアートでランチの後は
ほど近い所にあると思う、ケーキ店を目指す。

目立たないけれど、ここかな? 

quatre01.JPG  

可愛らしいエントランス。

quatre02.JPG  

店のスタッフによると
北海道で生まれたケーキ店が、ここ八ヶ岳の麓にオープンして6年という。
『北海道?』
『もしかして?』と、打ち合わ中のオーナーに声をかけると
その方は、高森観音堂で、わたしたちを車で送ると言ってくださった女性だった。
先ほどはありがとうございました(^_^)
「てっきり上り電車に乗られるとばかり思いました。富士見駅に来られるのでしたら、
やはり乗っていただけばよかったですね。」と話す。

quatre03.JPG

厨房で製作中のケーキを待ちながら店内を眺める。
パンに焼き菓子、生ケーキ
イートインコーナーもあり。 

quatre04.JPG

quatre05.JPG

荷物を増やして?
緩い上り坂を駅まで歩く。 quatre12.JPG

 

今回もまた時間切れ!
西面も素敵なこの教会には、いつか訪れたい。 

quatre06.JPG  

富士見駅にも停車するあずさに乗って
帰路につく。

quatre08.JPG  

トーストすると美味しい大きな薪窯食パンと、 

quatre09.JPG  

八ヶ岳産いちごのタルトが、
美味しいお土産(^_^) 

quatre10.JPG

  

今回のプチ旅のキッカケになった
富士見町産業課発行のPoan(郵送してくださいます)には
夏限定ケーキ
フルーツトマトと塩カスタードのタルトも紹介されている。 

quatre11.JPG

Les Quatre Saisons

長野県諏訪郡富士見町富士見 3679-18

日、第一月休み。

April 26,2013 06:48 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

富士見町 オステリア アジアート

信濃境でさくら散歩の後は
JR中央本線 富士見駅で下車してランチ。 agiato01.JPG

静かな町の、素敵な教会(後で寄ろう。)を過ぎて

 

agiato03.JPG

更に歩くと、
osteria agiato

agiato04.JPG  

 

 

駅方向から見ると
昭和な建物にドキッとするけれど
改装している南側に回るとお洒落。

agiato07.JPG

 

こんにちは!


agiato25.JPG

明るいガラス窓からは、町の景色が見渡せ落ち着いた素敵な空間。

 

agiato08.JPG

 

友人は富士見の地ビール 古代米ビール。

わたしは、、、 agiato15.JPG

彼女が居れば、もしかして空けられるかもと、ボトルで。
先週行ったので興味深い山梨県北杜市白州産の
北杜ブランにする。
agiato16.JPG  

たっぷり歩いた後の一杯は格別。

地元の食材を使っているという
コース 2、000円をいただく。

agiato12.JPG

前菜は

地元野菜のサラダ
ほうれん草の卵焼き
ジャガイモのフリッターと、白インゲン豆のトマト煮込。

agiato14.JPG

 

自家製フォカッチャ

agiato18.JPG

パスタは
旬の菜の花と飯山産ちびしめじのガーリックパスタ

agiato19.JPG

 

地元ネギと春キャベツのクリームパスタ

agiato20.JPG    

 

agiato11.JPG  

メインは、ふくみ鶏のロースト
皮パリッの美味鶏は長野産。
agiato21.JPG  

隠れた野菜
描かれたオイルも綺麗なひと皿。
agiato22.JPG  

agiato09.JPG  

 

 

デザートは
自家製ジェラート、八ヶ岳いちごとブラッドオレンジのソース

agiato23.JPG

 

メイン料理と、
ひと口以上のデザートに満足なランチ、ごちそうさま。

agiato24.JPG

  

6月~8月富士見町では『高原野菜グルメサミット』が行われるという。
地元野菜がいっぱいの夏にも訪れてみたい。

agiato30.JPG   

アジアート

長野県諏訪郡富士見町落合 9942-1

日休み

April 24,2013 07:05 AM | コメント(2) | トラックバック(0)