今日の食HOME

今日の食

青山学院 ~ ウエスト青山ガーデン

表参道から、青山通りへ

猫寝る小春日和。 

 

aoyama01.JPG  

 

青山通りを歩き
銀杏輝く青山学院キャンパスへ

aoyama02.JPG

ツリーはただいま点灯中。

 

 

ガウチャー・メモリアルホール 

aoyama03.JPG

aoyama04.JPG

ベリー・ホール
aoyama05.JPG

火曜日開館  

aoyama08.JPG

aoyama06.JPG

aoyama07.JPG

しっとりと落ち着く秋色散歩を楽しんだ後は、お菓子で〆。

 

一駅だけ地下鉄にのり
乃木坂
ウエスト青山ガーデンへ
 

aoyama09.JPG

 

この日は
テラス席でも
コートを脱ぐ暖かさでほっこり。 


aoyama10.JPG

 

昼はスイーツ、おやつもスイーツの
偏食Tuesday。
苺、スポンジ、クリームとすべてにこだわった定番と書かれた
ショートケーキを選ぶ。


aoyama11.JPG

 

綺麗なケーキに、甘い苺
珈琲お替り秋深し。。。冬かな~?


aoyama12.JPG

ウエスト青山ガーデン

東京都港区南青山1-22-10


December 08,2013 03:05 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

喫茶店ぽえむ

お昼時間に小平の駅を利用したので、懐かしの喫茶店を探してみた。
学生時代に好きで利用した喫茶店。
ありました!
ぽえ4.jpg
駅前の西友から続きのビルにある「ぽえむ」
ぽえ2.jpg
ウインナコーヒーと自家製コーンスープが好きで、そればかり注文していた10代の頃。
ぽえ1.jpg
コーンスープはもうずっと前に無くなっていたけれど、お店の感じは変わってないみたい。
店内は年齢層高めで落ち着いた雰囲気。
好きだったお店が、何十年経っても営業してくれているのは、嬉しいものですね。

駅のホームから看板が見えたのでパチリ。
ぽえ3.jpg
December 07,2013 06:17 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

根津美術館の紅葉

原宿から表参道を楽しみ、目的地の根津美術館に到着。
電池切れが点滅しているカメラをだましだまし撮る。

 

館内から庭を見ると
もみじが鮮やか。
庭へ下りてみる。 

nedu01.JPG  

 

ここは、カフェ
昼前でも、窓際の席は一杯の様子。
ぐるっと庭を見てからランチにしよう。

nedu10.JPG  

 

庭園は、
起伏に富んだ土地に
池や茶室が配され、四季折々に自然を楽しめる散策路となっている。

 

鮮やか!

 

nedu02.JPG

逆さもみじ

 

nedu03.JPG

 

吸込まれそうな
池に写る青空と、落ち葉。

nedu04.JPG

 

nedu05.JPG  

 

ひっそりと咲く紫式部も趣がある。

 

nedu06.JPG  


 

nedu08.JPG  

 

高みに出ると
まるでどこかの山頂からの景色のよう。 2013年11月下旬。

 

nedu09.JPG  

 

さて、

戻ってきたら
NEZU CAFEは、やはり満席。

nedu11.JPG  

 

暫く待って
友人は、ミートパイダブル&サラダ

 

nedu13.JPG  

わたしは
特別展 井戸茶碗に因んだメニューという
ホットバームクーヘン 年輪? 轆轤目?と紅茶。 

nedu14.JPG

 

展示も景色もいいけれど
この日、わたしの好物リストから10年以上も忘れ去られていた『ミートパイ』という食べ物が蘇る。
ミートパイって、店によって特徴があって、美味しい。  

nedu12.JPG  

思わぬ収穫に喜ぶ。

続いて青山通りへpana

 

根津美術館
東京都港区南青山6-5-1

 

December 06,2013 06:41 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年紅葉・行列?情報 表参道あたり♪

一週間ほど前のお出かけ。


都内の紅葉を見に、JR原宿駅から表参道を歩く。
この日も快晴!

omotesandou01.JPG  

 

と、
行列! 

 

omotesandou02.JPG

 

Garrett 
ポップコーンを求める人たち。

 

ペンシルビルのファサードに突き出た缶の中から
飛び出すポップコーンの映像がカワイイ。
夏はかき氷、冬はポップコーン?と、行列しても、、、の気持ちはよくわかる。

omotesandou03.JPG

今日の始めの目的地は、根津美術館の紅葉。
そこまでの道すがら
クリスマスの飾りつけも見るのも楽しみ。

omotesandou04.JPG

と、
又、又、行列発見!! 

omotesandou05.JPG  

その先には

Eggs’n Things

ク、クリームが凄そうなパンケーキ を待つ人たち。  

 

平日10時半頃。
パンケーキを食べるのに時間は関係ない様子。 omotesandou06.JPG

 

再び、街を歩く。

 

omotesandou07.JPG  

omotesandou09.JPG  

 

と、
表参道ヒルズを過ぎるところに
又、又、又、行列!!!

omotesandou10.JPG  

 

同潤会アパートの
KuKuRuZAポップコーン(開店前)の行列。

omotesandou11.JPG

いやいや
わたしがこの行列の店、店、店の品を、いただく機会は来るのだろうか。。。

 

そんな列を過ぎると
ファサードが、ちょうど今の街路樹の葉色に塗り分けられたような壁面。
 

omotesandou13.JPG

 

そこに
影を作っているのも、綺麗。

 

omotesandou14.JPG

更に
青山通りを渡り。

omotesandou15.JPG

 

ヨックモック 
yOKu MOKu
ヨクヨク 見ると、大文字なんだか小文字なんだか。。。

 

omotesandou17.JPG

多分30年以上経っている建物の
ブルーは今年のトレンドカラー
褪せないな~。


omotesandou16.JPG

 

表参道を楽しんで
到着した根津美術館設計、隈研吾氏

 

本当は、ここから一歩入ったアプローチが、抜群に美しいのに
カメラの電池点滅で焦りまくる。


omotesandou18.JPG

 

つづくpana

December 04,2013 06:26 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

銀座の料亭 朝川<後篇>

銀座の料亭 朝川での
和食マナー教室の後編です。

 

さあどうする 車海老芝煮

 

asakawa20.JPG

爽やかな淡い色のお召し物が
誠によくお似合いの、若女将のお手本。

 

左手で持った海老の頭の部分を右手で上に引き上げる。 

asakawa18.JPG  

 

するとあ~ら不思議
このように頭が外れる。

中華でも応用できる技。

asakawa19.JPG  

 

頭と殻は皿の端にまとめ

わたしは、みそも好物なので
こんな形に脱皮させる。

脚の部分も美味しくいただける好食感。 

asakawa21.JPG  

 

ここで手を清める。
おしぼりは、こまめに替えられること3枚。

 

続いて料理長お得意の椀物
海老芋含め、合鴨、紅葉麩、菊菜のみぞれ餡
蓋を取ると柚子の香り。
煮物の器は少し大きめなので、蓋を取り皿にしてもOKとのこと。 

asakawa22.JPG  

春菊の香り
やわらかい合鴨と、今が一番いい大きさという海老芋のなんとおいしいこと。

 


 

酢物
蟹、胡瓜の菊花和え。

これは器ごとは無理なので
懐紙を使っていただく。手盆はNG。

それぞれの料亭の味があるという土佐酢は、まろやかな酸味。 

asakawa23.JPG  

 

食事 

asakawa24.JPG  

それぞれ露切りの所作を行い、蓋を置く。

魚沼産こしひかり(ご飯少な目でお願い)
香の物の茶色い佃煮は、こかぶの葉
醤油と味醂で出来るそうなのでぜひ試してみたい。
白味噌の味噌汁は豆腐となめこ、出汁に何か貝の旨みがする止椀で味わい尽くす。

asakawa25.JPG  

 

水菓子
これは吟味していないわけはない
極めて甘い名残の富有柿

asakawa36.JPG
  

 

マナー教室後の一枚。

asakawa27.JPG

 

店は隠れ家的な雰囲気でしっとり。
そして、料理人の技の美味、女将の笑顔と気遣いと、しゃきしゃきしたお姉さんの振る舞いと
初対面の方々との会話も楽しく
期待以上のひと時を過ごすことが出来た。

 

銀座 朝川

東京都中央区銀座 7-16-17

 

 

若女将から、帰りに買える美味しいお菓子を聞き出そう!
三越デパートの菓遊庵にある京都の阿闍梨餅を教えていただいた。
焼いていただくと、また美味しいとお聞きしたが、この日は残念ながら見当たらなかった。

 

うろうろして、同じ京都の出町ふたばの名代豆餅は売り切れで
隣に置かれた栗餅を購入。  

asakawa28.JPG

asakawa30.JPG

 

丹波栗の出っ張り姿も可愛らしい大福の

asakawa31.JPG

 

餡は相当美味。

asakawa32.JPG  

 

MIKIMOTOビルでは、人だかり
この後、クリスマスツリーの点灯式が行われると言う。

asakawa35.JPG

 

そして、師走を迎えるのである。                                        pana

 

November 30,2013 06:14 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages