今日の食HOME

今日の食

有楽町 いわて・三陸けせん市 

職場で顔を合わせるたびに
「焼うに食べた~い。」と、すり寄る女子の甘えに
『それ、イイかも。。。』と、気持ちが動き、一緒に出掛ける。
『いわて・三陸けせん』 希望ストリート2014

有楽町駅前広場で行われている物産展は <11月6日まで!>

iwatesanrikukesen01.JPG

11時オープンの前に
大船渡市PRキャラクター 「おおふなトン」が、ご機嫌な様子でやってくる。

iwatesanrikukesen02.JPG

椿の花になっている頭部も丁寧に披露してくれる。

iwatesanrikukesen03.JPG

お腹の模様は、大船渡港にごく稀に水揚げされるという、黄金のサンマ。
触ると小さな幸せが訪れると。

iwatesanrikukesen04.JPG

名刺も持っている。

iwatesanrikukesen05.JPG

会場には
復興への歩みを伝える写真展や三陸鉄道のグッズの販売。

そして、魚介類を中心に、自慢の品々が並んでいる。

iwatesanrikukesen06.JPG

彼女から、「少し遅れる。」とメールが来たので、「先に食べてる。」と返信して
網焼きの「恋し浜ホタテ(海味バージョン)」を食べる。

通常は出来立てを中身だけビニールパックに入れられるホタテでしたが
「写真撮るので、殻に載せてもらえますか~。」とお願いしてみる。
青年部のお兄さんは快く応じて下さり、「ひっくり返したら、ふっくらしてて綺麗だよ。」とのアドバイス。
いい一枚の後は早速いただきます。
う~ん、肝美味し。

iwatesanrikukesen07.JPG

 

やがて彼女到着。
「焼うに」は、わたしたちが勝手に想像していた
ここで焼きたて雲丹では無かったのですが、飛ぶように売れていたので急いで買う。

※店の方によると6日は販売があるかわからないとのこと。

iwatesanrikukesen09.JPG

あわびや、塩だけで茹でた煮タコや、、、。
お酒飲みたくない? 

iwatesanrikukesen13.JPG

 

酔仙酒造で
一杯いただく。

iwatesanrikukesen08.JPG

向かいの店は
陸前高田産米で作った酔仙酒造酒粕と、
陸前高田の大豆から作った八木澤商店の味噌に
三陸の鱈、鮭、鰤、烏賊を漬けこんだ粕漬「うんみゃがすと!」

iwatesanrikukesen11.JPG  

魚はあっさり目で、ごはんに美味しい。
保冷剤と保冷袋にしっかり包んでいただき、このあとも出かけるわたしは安心。

iwatesanrikukesen12.JPG

三陸産のサンマ 

iwatesanrikukesen14.JPG

白ワイン、魚醤など、無添加調味液に漬け、桜のチップで冷製燻製 された
スモークさんまは脂がのって濃厚。つまみにぴったり。

iwatesanrikukesen15.JPG

 

「おおふなトン」のお友達?の
陸前高田市「たかたのゆめちゃん」も登場。

iwatesanrikukesen10.JPG

そして
わたしたちは
乾物を眺めて、試食して、調理方法をお聞きして。。。

iwatesanrikukesen16.JPG

iwatesanrikukesen17.JPG

本日のわたしの買い物。

iwatesanrikukesen18.JPG

もう、料亭朝川のおせちも予約したし
今日の三陸のご馳走も少し、お正月用に冷凍庫の奥に仕舞う。               pana

iwatesanrikukesen19.JPG

※ この催しは、明日11月6日(木) 11:00~17:00まで、
他にも色々な産物がありましたが、完売されているものもあるかと思います。 

November 05,2014 09:27 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

川越市 林の中のシボネボルケ

住宅地の一角に
別世界の緑の林、一軒家のカフェ。 


siboneboruke13.JPG

店の名前は
『シボネボルケ』
その名も不思議さを増す。 

siboneboruke02.JPG

そろそろオープンから5年を迎えるという店は
落ち着いた雰囲気を醸している。

siboneboruke14.JPG  

少し冷えて風の強い日。
グラスには白湯が注がれていて嬉しい。

siboneboruke04.JPG

林の小さなお家(うち)へようこそ
と、書かれたメニューには
金子さんの地粉
沢田さんの野菜、と、地元の食材が使われていると書かれている。

siboneboruke03.JPG  

伺った火曜日は
トーストいろいろの日で
わたしは、
オリーブオイルとヒマラヤ岩塩のトーストと、豆乳野菜スープにする。

siboneboruke05.JPG

この自家製天然酵母のパンの甘味がよいので
スイーツも粉ものにしようと決める。

siboneboruke06.JPG
 

熱々のブレンドと、ルイボススパイスバナナケーキ。
添えられているのは、珍い木の実のクリームと豆乳のクリーム。 スプーンもかわいい。

siboneboruke11.JPG

 

粉は地元の地粉で、中力粉だそう
粉の味を引き出している、気持ちの良い食べ物でした。

siboneboruke08.JPG

 

2階の窓から、1階の窓から
風に揺れる木漏れ日がテーブルの上で踊り
きらきらと美しい。

siboneboruke28.JPG  

すてきなカフェから外に出て
もう一度振り返る。

siboneboruke26.JPG   

siboneboruke15.JPG

 

葉が色づく頃でも
足元には、もう水仙の葉がすっくと伸びている。

siboneboruke12.JPG  

 

シボネボルケ

川越市下松原鶴見野 652-25
営業日:土・日・月・火(変更もあり、店のHPでご確認を)

 

このお店を探すのはなかなか大変。
あの林がそうですよ(^_^)                                                                   pana

siboneboruke29.JPG


November 05,2014 06:37 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

夕飯、生ハム炙り焼き風

期間限定のカフェバーで食べた「生ハムあぶり焼きカルパッチョ」が美味しかったので、家でも食べてみたくて生ハムを探す。
2014010819360000.jpg
カフェバーで出たハムは、厚さ5mm位。しかし厚切りの生ハムが見つからない。
百貨店で好みの厚さにカットしてくれるというのを見つけたけれど、ハムが何か違う。赤い・・・そしてしょっぱい。
2014010818130000.jpg
カードには12ヶ月熟成とか24ヶ月熟成とか書いてある。もっと普通に見かけるピンクで柔らかいので良いんだけど・・・。
求める生ハムは薄くスライスしたものしかないので、生ハム自作するかと調べたら、衛生管理が大変そうで断念。
ハム.jpg
タイムセールでお買い得価格だったので、こちらのハムを購入。重ねて厚みを出すことにして調理しました。
焼きすぎると普通のハムになってしまうので、なんだか中途半端な仕上がり。フライパンでは無理なのかな~。バーナーも買うべきだったかも。
2014010819560000.jpg
端の焼いた部分がばらけてしまうので、食感がちょっと違う。
お店が無くなる前に、もう一度食べに行こうと思いました。

November 02,2014 05:44 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

Mercedes-Benz GLA 45 AMG 4MATIC

UPSTAIRSでランチの後は
トライアルクルーズへ~。 

mercedes20.JPG

こちらでは、シュミレーションのドライブが行われていると聞いていましたが、
それは終了していて、今はリアルベンツで、街ドライブできます。

この日は10車種ほどが用意されていて
その中から
トライアルステーションの女性と相談し、勧めていただいた

mercedes21.JPG  

こちらに決定!
GLA 45 AMG 4MATIC
カラーは、ノーザンライツブラック
深い紫のメタリック、運転している自分を俯瞰したいような気分、でも、ぶつけないのか不安も少し。

mercedes22.JPG  

友人に「写真撮っといてねっ。」とお願いして早速乗車。
トライアルクルーの方に、適切なご指導をいただき、先ずは小さい体をシートに包む快感。

benz01.JPG  

クルーの方が隣に乗車され出発!
走行中はAMGの性能や、数々の安全性を説明してくださる。
『高い安全装備に、それならぶつかる事は無いね。』と勝手に理解したら
アクセルを少し踏み込み、響くエンジン音も聞く。

benz03.JPG  

天気は快晴、運転快走。
少し開けた窓から秋の清々しい空気が入り込み、とても気持ちがいい。
いつの間にか、すっかり車を楽しんでいる。

benz02.JPG

「運転お上手ですね。」と、お決まりのセールストークに笑い和んで
無事に帰還。

 

お疲れさまのコーヒーも、なんと美味しいこと。 

mercedes23.JPG  

後日
ここのレストランを教えてくださったPatinaのオーナーに
「シュミレーションではなく、実際に運転しました。」と報告したら
「あら!いいわね~、わたしも又行こうかしら!」 (^_^)                    pana

 

Mercedes-Benz Connection

東京都港区六本木7-3-10 

November 01,2014 06:23 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

Mercedes-Benz UPSTAIRS

以前、Patinaのオーナーから「イイわよ!」と、お聞きしていた
六本木メルセデスのレストランへ出かけてみた。

 

地下鉄を出て東京ミッドタウン西交差点を過ぎて、すぐ。

mercedes01.JPG  

1階がギャラリーとショップと
DOWNSTAIRS CAFE

mercedes02.JPG  

階段を上がると

mercedes03.JPG

2階が、レストランバー
UPSTAIRS

mercedes04.JPG  


この10月
本物本格をカジュアルに楽しめるレストランバーとしてリニューアルしたという。

mercedes05.JPG  

わたしは
20種類野菜のガーデングリーンランチ1,000円に+200円のグリルチキン。 意外にリーズナブル。


温かいコーンのミニスープから。

mercedes06.JPG  

野菜はどれも新鮮で、キヌアや、グリルしたパプリカ、カボチャ、ズッキーニ、ナスも隠れている。
ビーツのソースが彩りを添える。 
チキンも柔らかヘルシーで、最後まで美味しくいただきました。

mercedes07.JPG

友人は、メルセデスバーガーランチ(1日10食限定) 1,500円 

mercedes09.JPG  
和牛100%のジューシーパテに
ピクルスも美味しいそう。

たっぷりフライドポテトは
美味しい塩と胡椒がいい気がする、好みですけど。

mercedes15.JPG  

mercedes11.JPG  

店内の
ちょうど良い賑やかさと、リーズナブルで美味しいメニュー、接客の方の穏やかな可愛らしさも心地よく
ランチにつくドリンクで寛いでいると
「女性のお客様へのサービスデザートです。」と、濃厚でこれも美味しいガトーショコラをいただく。

すると友人が
「この人、こう見えても実は男ですけど。」とわたしのことを指す。
こらこら、お嬢さんを困らせては、かわいそうですよぉ~。

mercedes12.JPG  

このあと
この車で、ちょっとクルーズさせていただきます!                          pana 

mercedes13.JPG

 

mercedes14.JPG

メルセデスベンツ コネクション
アップステアーズ

東京都港区六本木7-3-10  

October 30,2014 06:03 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages