今日の食HOME

今日の食

港区 国際文化会館ティーラウンジ

青家で昼ごはんの後は、中目黒駅から日比谷線で六本木へ移動
鳥居坂下方面へ坂をずんずん下ります。 

下ったら今度は上る、鳥居坂。

ihouse01.JPG

ほぼ上りきった左手に
国際文化会館があります。

 

ihouse02.JPG

 

旧岩崎邸の池泉回遊式日本庭園と、
そこに調和した建物が美しい景観を作りだしているという楽しみなところです。

ihouse06.JPG

 

アプローチを行くと目の前に六本木ヒルズが、、、
この景色もかなり印象的です。   

 

ihouse08.JPG

 

2階エントランスからロビーに入ると、
窓一杯に、冬の芝生が拡がっています。
その窓ガラスは一点の曇りも無く磨きあげられていて感動的です。 

  

ihouse09.JPG  

平日の午後

ロビーやティーラウンジにはスーツ姿で打ち合わせの方や
英文の資料を手に和やかに話すご年配の方々と
居らっしゃる皆さま語学がご堪能と感じます。 

International House of Japan
I-House とも言われています。

 

ちょうど紅梅がほころんでいる庭を見下ろすテラスにも出られますし
階下の庭にも出られます。 

ihouse24.JPG

東京タワー
↓ 

ihouse23.JPG

 

建物は1955年(昭和30年)に、日本建築界の巨匠、前川國男、坂倉準三、吉村順三の三氏の
共同設計により現在の旧館部分が完成し、1976年(昭和51年)には前川國男氏の設計により
旧館の改修と新館の増築が竣工しました。 国際文化会館のHPより抜粋

 

階下を繋ぐシースルー階段も美しいです。 

ihouse22.JPG    

 

ihouse13.JPG  

2階ロビーからは見えないところに白梅も開き始めていました。 

ihouse14.JPG

この日も
庭師の方が丁寧に植樹の手入をされたり、池に入って落ち葉をすくっていたりと
手入れは入念です。

庭園には桜の木もありますし
芝が緑になったら又鮮やな事でしょう。 

ihouse21.JPG

 


庭との調和を図って建築されたという建物全景です。
会館には、レストランの他に、宿泊施設もあり
桜の季節には、お花見ランチや夜桜フレンチ会席なども予定されているそうです。
訪れてみたいですね。 

ihouse16.JPG

 

ihouse18.JPG

 

鳥居坂が見える場所もあります。 

ihouse19.JPG

立派な石段です。
大きさの組み合わせも、美しいです。 

ihouse20.JPG

名園散歩を堪能した後は、2階のティーラウンジで
お茶します。

ihouse25.JPG

 

ihouse28.JPG

 

ihouse27.JPG  

友人はコーヒー
わたしはダージリンと
ホワイトチョコムースとリンゴゼリーの、可愛らしいポミエと言うケーキを選びました。

週替わりや、各種のランチセットも用意されています。 

ihouse31.JPG  


大人な落ち着きのある国際文化会館で
冬の庭と、建築と、お茶を、ゆったりと楽しみました。

 

寒暖の差がある毎日ですが、
すでに、お出かけには良い季節になってきました(^_^)


ihouse32.JPG

国際文化会館

東京都港区六本木 5-11-16 

 

ローヤルパークホテルのパンが販売されています。ピロシキをお土産にしました。 pana 

ihouse33.JPG

February 21,2016 06:43 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

中目黒 青家

友人のお薦めの中で

行ってみたいと思っていた店のひとつ
青葉台の青家へ出かけました。

 

店は中目黒駅で下車し徒歩5分ほど
目黒川の桜
もちろん 「まだ固い蕾」 を愛でながら
歩きます。

 

aoya02.JPG  

 

aoya

aoya18.JPG

 

11時15分
路地を入っていくと、既にお二人の待ち人あり。 

 

aoya17.JPG

暗く見えますが、昼間です。
古民家の玄関の上には厄除け粽が飾られ、
床には盛り塩が置かれ、
少し厳かな気持ちになります。

aoya01.JPG  


レシピ本なども出版されている
有名な料理研究家 青山有紀さんのお店では
京おばんさい薬膳料理や韓国鍋がいただけます。

 

aoya03.JPG  

 

1階は暗い座席
2階は窓からの日が差し込む明るい席です。

aoya04.JPG

わたしは青家辛鍋セット 

aoya05.JPG

 

赤くグツグツ煮えた鍋
酸味あるドレッシングのサラダと五穀米(玄米かどちらか)。


aoya10.JPG

鍋の中身は
豆腐、浅利、エノキ、ニラ、半熟卵など
国産大豆とコラーゲンたっぷりスープは、とろりとしていて旨みたっぷりです。


aoya09.JPG

友人は自家製カレーセット
平日はコーヒーかコーン茶がサービスです。 

aoya06.JPG

暗すぎました。。。
こちらのサラダのドレッシングはクリーミーのようです。 

aoya08.JPG

コーヒー

aoya13.JPG

青家の抹茶パフェと一緒に。
和の素材のてんこ盛り、アイスも自家製小豆。
八つ橋は、懐かしいですね~。 

aoya12.JPG

わたしは
コーン茶と手づくりわらびもち
とてもとてもゆるく
作りたての美味しさを味わえ、おいしいです!
HASAMIのカップがイイいですね。 

aoya14.JPG

 

辛鍋もわらびもちも
また、ふといただきたくなる予感がします。

aoya16.JPG

青家のとなり
ではスイーツがお持ち帰りできます。 

aoya19.JPG  

 

青家

東京都目黒区青葉台 1-15-9

続いて日比谷線に乗って、行きたかったティールームへ。。。                 pana

February 19,2016 06:59 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

フォレスト・イン 昭和館

立川市のゼルコバさんでパンを買ったあとは
フォレスト・イン昭和館へ
直線距離にしたら1.5kmほど、南下して昭島市です。

 

centro01.JPG

 

オークラホテルズ & リゾーツのこちらは
広大な昭和の森の中に佇み、その庭を眺めゆっくりと寛げる雰囲気があります。

centro02.JPG

冬の景色は、あったかいお部屋から眺めるのが一番ですね。 

centro04.JPG  

本日は1階レストラン・セントロの
マルシェバイキング
「北海道フェア」(2/29まで)で、たっぷりいただきます。

centro05.JPG  

 

入り口近くのケーキが美味しそうですが
そこは通り過ぎます。

centro06.JPG  

外の景色を眺めながらと思っても
バイキングでは食べるのが中心!
平日一番乗りでしたが、その後もほど良い混み具合で
もちろん、お料理は次々に補充されます。

centro07.JPG   

centro20.JPG


先ずは一通り廻って、目で楽しんでみます。 

centro08.JPG  

centro09.JPG

 

centro10.JPG

北海道の食材が多く使われているようです。
しばれ生ハムとオニオンのサラダや北海道産カボチャのカッテージチーズ
ハーブ&ペッパードレッシングが美味しいです。

 

centro11.JPG  

友人とわたしの一巡目です。

centro12.JPG

パンとバターを取ったら
お腹一杯になりそうですが、食べたいので仕方ありませんね。
北海道名物スープカレーとコーンクリームスープ

どちらも良いです。 

centro13.JPG

 

行者ニンニクソーセージのピッザと、農家のベーコン入りジャーマンポテト 

centro14.JPG

タイムサービスで
北海道産ポークのロースト ローズマリー風味をカットしてくださいます。
ジューシーで美味しかったです。 

centro15.JPG

鮭いくら丼と、帆立貝柱のお刺身
和風で〆ます。
centro16.JPG


他に蟹チャーハンや、味噌ラーメンなどなどありまして
全制覇は無理でした。


しかしながら
デザートは全て制覇します!

パンナコッタ、クランベリーゼリー
レモンプリン、栗のババロア。

centro17.JPG

苺のショートケーキ、フランボワーズケーキ
ホワイトチョコレートケーキ、生チョコ



centro18.JPG

お腹一杯です。

 

ロビーには福寿草にふきのとう
華はもうすぐ?

centro19.JPG

 

フォレスト・イン 昭和館 レストラン・セントロ

東京都昭島市昭和の森
土日祝は料金が変わって、ずわい蟹食べ放題もあるようです。

February 17,2016 06:58 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

立川市 冬のセルコバ

天然酵母窯焼きパン屋さんゼルコバの
営業日が運良くわたしのお休みでしたら
出かけてしまいます。 
無農薬野菜とパンを買いに → → →
いつものワンちゃんは今日も立派にお客様のお出迎えをしています。

20160201.JPG

鈴木農園さんの無農薬冬野菜
大根、赤カブ 

20160202.JPG  

ルッコラ、レタス 

20160203.JPG

ロマネスコ、白菜 

20160204.JPG  

そして
敷地内奥のゼルコバへ。

20160207.JPG  

20160206.JPG  

 

20160208.JPG  

 

今の時間はパンを買うお客さんだけですが
パンの香りの漂う中、お茶するのもホッとします。

20160209.JPG  

ホームページで確認した季節のパンは、
念のため前日に予約の電話をしてみました。

20160210.JPG  

 

大好物のふすまパン。

20160211.JPG  

そして
季節のおすすめ。 

津軽はせがわさんのリンゴを焼いたりんごパン。

20160212.JPG

金時豆のシャンピニオンは
中のバタークリームも美味しいです。

20160213.JPG

レモンとチョコチップとくるみのリュスティック
レモンの香りが爽やかです。 

20160214.JPG  

20160215.JPG

はかり売りのライ麦パンと 

20160216.JPG

 

焼きたてカンパーニュは、扇風機の前で冷やされます。
こちらも切っていただいて、はかり売りです。

20160218.JPG


20160219.JPG

冬もお似合いのゼルコバです。  

20160222.JPG

 

ワンちゃんは
今度は大~きく伸びをして、気持ちよさそうです。
バイバイ

20160220.JPG

パン工房 ゼルコバ
東京都立川市西砂町 5-6-2

 

鮮やか色のオレンジのあや小町と紫の乾燥芋
食べても美味しく、冬の陽ざしをため込んだパワーいただきました。                pana

20160221.JPG

 


 

February 14,2016 06:38 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

清瀬市 中国料理 同心居

友人から
美味しいと聞いていた

清瀬市の中国料理店 同心居 へ
「とんしんじゅ」と読むそうです。

tonjinjyu01.JPG  

 

この日は週末、開店前からお待ちのお客さんも多くいらっしゃいます。
待っている間に、わたしの隣の常連マダムさんに
店のお薦めなどをお聞きして食欲を上げます。

 

席に着くと、ご家族でお越しの大多数の皆さまが、
紹興酒、ワイン、と、思い思いのお酒を召し上がっていました。 

わたしは、残念です。 

tonjinjyu02.JPG


直ぐに満席になりましたが
ガラス越しに見えるキッチンでは結構大人数のコックさんが手際よく料理を仕上げていくので
それほど待ちません。

 

客席も清潔で接客の方も笑顔で気を配ってくださいます。

 

tonjinjyu11.JPG
店内の写真:パンフレットより。

  

マダムご夫妻はわたしの隣に座られたので
又色々教えていただきます。

食べきれないものは、持ち帰り出来るとの事でしたので
一品料理をひとりで頼んでも安心です。

 

始めに、空芯菜の炒め物をいただきます。
これでも結構な量です。
お持ち帰り可との事なので、半分くらい消化します。

tonjinjyu04.JPG

 

続いて
お薦めと伺った
海鮮たっぷり春巻き
長さは20cmほどあります。

tonjinjyu05.JPG

 

箸でもいいですが、ペーパーナプキンを使って持って食べてもいいそうです。
中には具がびっしりで、皮はパリッと
美味しいです。

 

tonjinjyu06.JPG

マダムご夫妻は、海老と野菜の太春巻きを召し上がっていらっしゃいます。
それも美味しそうですが、6本でしたので今回は諦めました。

 

 

そしてそして
メインを、炒飯と迷って
季節料理のこちらにしました。 

 

tonjinjyu03.JPG

たらば蟹の香味唐辛子炒め
色と香りが、ものすごく美味しそうです!

tonjinjyu07.JPG

蟹、ピーナッツ、ニラ、そして大量の太い赤唐辛子
これが意外と辛くなく、塩味が絡まって美味しい!
醤油も使われているそうですが家では全く出せない風味でしょう。
今年が始まってまだ1ケ月ですが
もしかしたら今年の私的ベスト3入りしそうな予感。。。ホット!


tonjinjyu08.JPG

最後にお茶をいただきました。


次回はランチのメニューのある日に、お酒が飲める体制で伺いたいものです。

tonjinjyu12.JPG


お持ち帰り用に、それぞれきっちり包んでいただきました。


tonjinjyu10.JPG

 

お隣のケーキ店 NOi も人気店のようです。

tonjinjyu20.JPG

 

店の向かい側にふたつの店舗の駐車場が用意されています。
車通り、人通りも多いのでお気をつけて。

 

同心居

清瀬店
東京都清瀬市元町 1-1-20

花小金井店
東京都小平市花小金井南町 2-17-21

February 04,2016 06:19 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages