今日の食HOME

今日の食

入間市フレンチ ウェロニカ・ペルシカ 冬メニュー

野田のフランス料理店
ウェロニカ・ペルシカ でランチ  真夏以来。

 

 

花梨の実も終わったのねー。と思って入っていくと
料理の中で大活躍していた。(のちほど。。。)

vero0001.JPG

 

暖かい陽ざしが差し込む窓際の席。
奥の個室では、
親子とおばあちゃまで、朗らかに何かのお祝いをされている様子。
平日の昼とは又違う落ち着いた雰囲気。

vero0005.JPG   
ランチのコースは
¥2,000 
¥3,300
¥4,000
¥5,500 
アラカルトもあり。

 

 

 

 

いつものように、一人で料理を仕上げる厨房のシェフ。

vero0003.JPG

 

 

わたしたちは、
ワインで、ご馳走を待つ。 vero0010.JPG  

 

 

今迄も出されていた定番のフランスパンをいただいた後に、
次のパンが出てくる。

 

 

 

vero0028.JPG

 

「自家製カンパーニュです。」
! ご無沙汰しているうちに、いよいよ自家製パンが登場するようになったのですね ! <嬉しい>

vero0011.JPG  

デキャンタでお願いした、赤 シャトー・ブースカッセは
ボリューム感のあるワインとの事でしたが、飲みやすく
この素朴な味わいのカンパーニュと一緒に、食欲も会話も弾む。

 

 

 

料理が運ばれる。
充実しているランチ ¥2,000 のコース
前菜 + メイン料理 + デザート + コーヒーまたは紅茶 

 

 

前菜は、大きなタイル状のプレートに
凄く熱々の、オニオングラタンスープ スイス産・グリュイエールチーズ
作った傍からいただける、 あぁ贅沢。

vero0014.JPG  

 

あまりに可愛らしいので、アップで。
タピオカ粉で作ったタマネギのピザ。

vero0015.JPG

 

 

あまりに彩りがいいので、アップで。
アボガドと、ラディッシュと、自家栽培のブラックラディッシュ。

vero0018.JPG

 

 

メインは
北海道産・真鱈のパピヨット(紙包み) 白ワインとエピス(スパイス)の香り
自家栽培のジャガイモと赤キャベツのフラマンド。

vero0019.JPG

紙包みを開く

vero0020.JPG   

赤キャベツ、ジャガイモの他にも、サツマイモや白菜など、野菜も豊富のフランドル地方風。
いや、いるま風かな?
かな?。。。と言うのは実はわたしは別のものをオーダーのため、詳細はわからない。
魚の旨みが野菜にしみた味には、「お好みで。」と、モンサンミッシェルの塩も用意される。  

 

 

 

 

 

デザート
レモン風味のヨーグルトのムース
庭の花梨で作ったジャムと洋梨添え。 

vero0023.JPG

カリン登場!

 


さて、わたしは
前菜盛り合わせ + スープ + メイン + デザート + コーヒー  のコース。

 

石版を彩る前菜は

vero0012.JPG   
左上から

洋梨と生ハム                          ブラックオリーブとスクランブルエッグ
田舎風パテに柚子蜜、水菜、キャロットラペ       タマネギのキッシュに豚ホホの生ハム

豚、鶏、フォアグラなどを使ったというパテ、好み。

 

加えて、
春菊、山東菜(中国白菜)、サニーレタスのサラダ、バルサミコ酢で。

vero0013.JPG こちらも、自家栽培野菜

「どこで、こんなに作っているのかしら?」 と驚き!                   
思わず庭を見渡して見たけれど、庭ではない様子。

 

スープとなるのは
上記の前菜と同じ一皿。                                             

vero0014.JPG

メインは
北海道産蝦夷シカもも肉、ポアブラードソースを選択。(またまた鹿)
他に、フランス産山うずら、鴨肉、オーストラリア産牛フィレ、本日入荷の魚がある。

vero0021.JPG   

脂肪分を感じない鹿もも肉
シビエ料理に合わせた少し酸味のあるソースも、あっさり味なので、
肉の味自体がじんわり伝わってくる。

お好みで、庭の花梨のソースで甘くいただく。
vero0022.JPG   花梨+鹿=美味。                                             

 

 

 

 

 

デザート 

フランス産・クーベルチュールの熱々フォンダンショコラ
季節の果物とバニラアイス添え

vero0025.JPG

キャンバスの絵のように色とりどりの一皿を
エスプレッソ(写真忘れ)でいただく。  以上は、¥4,000+¥600(鹿)の一人勝手に奮発コース。

 


ごちそうさまでした。

 

 

店の入り口には
花梨の黄色い実に代わり
黄色い蝋梅の花が甘い香りを放っていた。  季節はもう春に向かっている。           pana

vero0027.JPG

 

Veronicapersica   ウェロニカペルシカ

入間市野田653
TEL 04-2932-6006

水休み

January 09,2010 07:36 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

SO-SO 見つけた!

昨年秋、友人と出かけようと思っていた入間市東町ジョンソンタウンの
MUSIC CAFE SO-SO
ホームページを見たら、どこかへ引っ越しをするという。以前の記事はこちら

 

 

いったい、何処へ行ってしまうのかな?と思いながら過ごしていると
12月になって、職場から、鶴ヶ島方面に向かう道沿いに、発見!
変わらない、ピンクの家を見たら思わず笑顔になる。

 

 

今のところ、夜のみの営業なので
『もう寝ようかな。。。』という時間に、こっそり出かけてみる。 
24時まではOPENしているよ。

soso0001.JPG

soso0002.JPG

入ったときには、ビートルズ
その後
忌野清志郎、奥田民生、、、 と、オーナーのオトンがレコードを廻している。
それにあわせて、歌う人、ドラムを叩く人、笑う人、喋る人、それぞれのテンポで楽しんでいる。 soso0011.JPG

 

 

わたしは黒いソファの隅っこに座り
温かいチャイをいただく。            soso0003.JPG
                                      Please enjoy slow time!
                                                                                       

茶葉を熱く煮出して、シナモンで蓋われた
ほんのり甘いチャイは、夜更かしにぴったり。 soso0013.JPG

 

ちょっと、覗かせてもらった
おでんはとてもいい色で、味が凍みていたようす。 soso0016.JPG

 

 

オープンから相当忙しい毎日だったという。
「やっと落ち着いてきました。」と話すオカンと、初めてお喋りさせてもらう。
遠く全国から、お客様が来られるそうだ。

soso0004.JPG  

soso0012.JPG

前のSO-SOの写真で、思い出一杯のアルバムを拝見する。
プロが撮影したという写真には、SO-SOらしさが一杯
それは新しい店へもしっかり繋がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

2月7日(日)18:00くらいから
三宅伸治ライブがあるという。
これは、
桜井和寿 北川悠仁、甲本ヒロト、仲井戸麗一、忌野清志郎 などの参加によるアルバム
『つづく』

 

 

soso0017.JPG  

詳しくは、SO-SOのHPでも案内される予定。 

 

 

 

 

soso0010.JPG

お嬢さん達が帰ると、今度は50歳代くらいの、6、7人の団体さんがやってくる。
オトンと、オカンの人柄で、客層は幅広い。

もう少しゆっくりしていって。というオカンに
今夜はこれで、 「またね!」 と、さよならする。

 

 

 

吉祥寺に居るような気がするけれど
隣の家に来ているような気もする。
外は寒いけれど、心が温まる、やっぱりSO-SO!

 

 

 

新年は、8日から
探してみてね!     入間 SO-SO                             pana

January 07,2010 06:57 AM | コメント(6) | トラックバック(0)

明太子と餅を80’sで調理する。

年末に、知人からいただいていた明太子(大量)

 

普段、自分で購入する事もあまり無いので
どうしたものかと考える。。。

pizza0001.JPG

そうだ! どこかで食べた事がある明太ピザはどうだろう。

 

 

あり合わせの材料
エリンギ、玉ねぎ、ピーマン、餅、チーズに、明太子。

pizza0002.JPG

 

 

のっける。
色的に綺麗。

pizza0003.JPG  

 

 

オーブンで焼き、出来上がり!

pizza0005.JPG

この餅のふくらみ感が          ↑ イイ。  
辛み、とろみ、もっちり感が混じり合った風味が、わたしにとっては珍しい美味しさ。

 

こういった料理に詳しい方も多いかと思いますが
こんな作りかたで間違いないのでしょうか?   「海苔が無い!」とか、ご意見がございますか?

 

 

 

 


そして今日も、当たり前のように、働いてくれたのが
うちの自慢のオーブン。 

 

 

National M600

pizza0006.JPG

改めて横に貼ってあるラベルを見ると、83年製
ってことは、今年27歳ですよ。 いいお年頃になった。じゃなくて、よく働き続けている。
会社勤めなら、ドーンと永年勤続休暇がもらえる頃だ。

その頃、結構イケテルデザインだったと思う、オーブン電子レンジ。
調べてみたら“THIS ISオーブンレンジ”という大ヒット商品だったらしい。

 

シンプルな操作のお陰なのか
今まで一度修理をしただけで、特別大切に扱っている訳ではなく
毎日酷使し続けている。

 

 

 

 

贔屓目ではなく、本当に素晴らしい逸品といえる 80’s   
まだまだ、休暇はあげられないな。                           by Panasonic

January 06,2010 06:42 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

丹波山温泉 のめこい湯

元日の朝に初日の出を拝み
おせち料理をいただき、年賀状を読み、初詣に出かけると、
昼を過ぎて中途半端な時間になる。

夕方までには帰って来れそうな青梅街道の先
丹波山村の温泉 のめこい湯へ出かけることにする。
元日から営業湯。

 

 

奥多摩湖
湖面の輝きが美しい 。

nome0001.JPG

ここから、山梨県丹波山(たばやま)村

nome0003.JPG

軽食堂と、道の駅たばやま
その下の対岸に温泉施設がある。

nome0004.JPG

 

先ず、道の駅に寄ってみる。

nome0005.JPG  

                                                     信玄餅  ↑
や、ワインなど、山梨らしい産物がならんでいる。(そうでないものもある)

 

地元産新鮮野菜

nome0006.JPG

朝早くは、色々と並んでいるそうですが
午後では遅すぎかな。  ぐるっと見てそば粉を購入して、外に出る。

 

 

 

鹿
鹿が獲れるの?
頭の上に乗っている黄色いのは、 タバスキー (丹波好き)というキャラクターらしい。

nome0007.JPG  

 

風が冷たすぎるーーー 寒~い!!!外気温3℃

早く温泉に行こう!

nome0008.JPG

  

 

丹波川にかかる吊橋をわたり
左手(駐車場から湯までの連絡バスもあるようです。)
nome0010.JPG

nome0011.JPG  

 

ふわっ~  暖かい館内は、床暖房
靴を脱いで入るとホッと緩む。
左の赤い方は、フロントのお姉さんに「完全装備で来たよ!」と話している。 
それくらい寒い日には温泉で暖まるのが一番。
入浴料金600円(3時間)

nome0012.JPG

 

 

午後2時過ぎになっているので
先ずは昼ごはん昼ごはん。

nome0013.JPG   nome0016.JPG nome0014.JPG

普通の食堂メニューの他に
『超レアな新メニュー』 と書かれた
鹿メニューがある。 nome0015.JPG

決めた!

 

以前は、美味しい地ビールも置いてあったらしいが、今は無し。
でも、サッポロ生ビール黒ラベル ってのは、ちょっとイイ。

nome0017.JPG

そして、鹿肉カツ定食 1,380円

nome0019.JPG

 

癖の無い鹿肉に下味の付けたカツ
薄いけれど、食べやすい。

nome0020.JPG

甘いかと思ったら、意外に辛い人参の煮付け。

nome0021.JPG  

大根と
色の濃いほうは、ヤーコンの漬物だそうだ。シャキシャキしている。

nome0022.JPG

 

ご飯に胡麻をかけて
可愛い麩の浮いたみそ汁で温まる。

nome0024.JPG    nome0029.JPG nome0023.JPG

花豆がデザート。

 

他に、蕎麦とヤマメの塩焼き
蕎麦は、数量限定で手打ちもいただける。(この日は、既に売り切れ)

nome0026.JPG    nome0027.JPG

 

お腹もホッとしたし、さあ、温泉に入ろう。
nome0025.JPG

和風浴場とローマ浴場があり
この日の女性用は、和風浴場。

 

もちろん、山々を見渡す露天風呂も。
日高市から来たと言うお母さんと、「お湯がトロッとしてるね。」などどお喋りしながら浸かる。
のめこい温泉の 『のめこい』とは
丹波山村の方言で、のめっこい→ツルツル、スベスベという意味。

nome0040.JPG

 

檜風呂の和風浴場には
ぬるめの湯と、熱めの湯、2つの湯船がある。 

nome0031.JPG

                                     ※ 湯気の先には誰も写っていません。

nome0032.JPG nome0033.JPG

最後に、熱めのほうに入って、あがる。

nome0034.JPG nome0035.JPG

保温室や、サウナもあり。 誰もいない。

 

nome0050.JPG

身支度を済ませたら
汗がひくまでお休み処で休憩。

 

さすがに皆さん、の~んびりしていますが 

nome0036.JPG

                        館内を清潔に保つスタッフは、まめに働いている。 ↓
                        おつかれさまです。

nome0037.JPG

 

 

 

日暮れが近くなってきた。
 

nome0038.JPG

思い立ったら直ぐ行ける、山間の温泉でひととき温まった  元日。                              pana

 

 

のめこい湯

 

山梨県北都留郡丹波山村 778-2
TEL 0428-88-0026

 

1月7日(木)には、門松送りのお祭り
「お松曳き」が行われるそうです。

nome0030.JPG

 

January 03,2010 07:55 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

忘年会 その2

先輩事務所にて
一年ぶりに再会の忘年会。

enkai0100.JPG

 

この会は、全員の集合を待たずに始まってOKのようなので
先ずは、持参したCOEDOビールを開け
先輩自家製の塩辛でいただく。

enkai0101.JPG

それと、この卵焼きは、褒めるように(事前告知あり。)
「美味しいし、黄色が鮮やかで、築地で売ってるのみたいですね。」

enkai0102.JPG

 

昼前から用意していると言う今日の料理
メインは
北海道のエゾシカだという。  

enkai0104.JPG

何でも、北海道の農家では、増えすぎた鹿や、熊を狩猟すると
手当てが支給されると言う。 
危険率が高いからか、価格は鹿より熊のほうが高いらしい。

 

まさにジビエ、その産物を頂いたと言う。                           お布施その1
(実は先輩はお坊さん、でもある)

 

到着した参加者から
「それなら、 馬の肉と、鹿の肉をミンチにして、馬鹿ハンバーグなんてどうよ。」 
うわっ、来たばかりなのに冴えている! (流石K成卒! は、関係ないか。)

 

 

オリーブオイルでニンニクの香りをしっかりと出してと、

enkai0105.JPG enkai0106.JPG    enkai0107.JPG

 

柔らかく癖のない赤身の部位、
焼き加減、胡椒と塩加減もバッチリな野趣溢れる肉は、とても美味しい。

enkai0108.JPG

エーゾシカ!

 

 

ワインは、山梨 東晨洋酒の 万葉の森                         お布施その2
あっさりですが、ぶどうの香りが奥深い白。

enkai0103.JPG

 

 

 

すき焼き用の近江牛                                     お布施その3

enkai0109.JPG

塩に見える白い粉は、やっぱり塩だったので、 enkai0110.JPG

フライパン一旦退場ー!
enkai0111.JPG  

今度は、大丈夫、砂糖
enkai0112.JPG

 意外にも、「白い砂糖使うんですね?」とお聞きすると、
「これも、頂いたの。。。」とのこと。                             お布施 その4

 

 

すき焼きに使うお酒は金粉入りで、そのまま飲んでも美味しかった。       もちろん お布施 
                                                       その5

enkai0113.JPG

 

こちらは、豊島区の酒店にて購入という
奈良県五條市石井物産の干し柿、柿日和がイケル。
吉野産富有柿を使用。 

enkai0114.JPG

袋には
全国推奨観光土産審査会 努力賞 (惜しい)
奈良県産業共励会 会長賞 (流石)  の金のシールが貼ってある。

 

 

 

川越の豆腐屋の青豆寄せ豆腐は、豆の味が濃い。

enkai0115.JPG

建築の会話に、住宅メーカー代表?として加わりイジメラレルけど負けないぞ!
デザイン、納まり、重要事項説明書、外壁タイル工法、防水、
飲んでいるだけではなく色々と勉強になる忘年会は良い。

 

 

 

最後は、目白からエーグル・ドゥースのケーキ 
週末の店には、だいぶ行列が出来ていたらしい。

enkai0117.JPG

甘~い香りが漂う。
全部違う種類を選んでくるところは、立派!

enkai0116.JPG

この場だけは譲らずに、先に好きなものを選ぶが

enkai0118.JPG

やや、選択ミス、メレンゲの溶け感が心地よかったけれど、甘かった。
買いに行きたくなるな~。

 

 

 

気付くと夜中。
最終電車には間に合うと思っておいとましたら
駅で、「JR電車との接続を待って・・・遅れます。」とアナウンスしている。西武線なのに。
新宿?池袋? どこのJR?
後が無い最終電車は親切に延々待つようなので、タクシーで帰ることにした。

 

お布施にあずかり、ありがとうございました。 いい年を迎えられそう。 
                                              美味シカった。 pana 

December 30,2009 07:46 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages