今日の食HOME

今日の食

羽村市 KOREAN KITCHEN JUN

週末、同級生と集まっての会食 飲み会
何かと、何かが起こる。

 

この夜のメンバーは、入間組が2人と、青梅線沿線組が2人、中央線沿線から1人ということで
羽村駅北口集合。
入間からは車でなら20分程でも
電車ですと、所沢ー東村山ー小川ー拝島ー羽村
または
飯能ー東飯能ー拝島ー羽村と、時間にして1時間以上かかることになる。(場所決定はわたし自身ですが。)
わたしは後者のルートで予定通り拝島駅で青梅線に乗車すると
待ち合わせた訳でもないのに車内から 「○○ちゃん!」(旧友なので「ちゃん!付け」) と呼ばれる。
一車両に4ドアあるとして、10両ならば、1/40の確率ですよね。。。と思っていると
青梅線沿線組の2人も、わたしたちを見つけたらしく同じドアに乗ってきた。 

 

話は逸れますが
社内でブログの話をしていた、I所長が
「えーーー、書いてある事って本当の事なの?!」と、言われるではないですか 
「本当ですよ!もちろん。」と、わたし。(`^´)
偶然と面白いことばかりを
拾って歩いていると言うよりも、纏わりついてくる感じでしょうか。 おかげさまで。
・・・そんな所長もブログを見て出かけているそうなので、嬉しい。

 

で、この夜の話も全部ほんとだかんね

 

羽村駅に到着   (拝島ー羽村間でも、色々あったのだけれど、長くなるのでもう書かない。)

jun0002.JPG  

ここで、中央線からの友人と合流して今夜の店に向かう。
この人Rさんは又、凄いルートで羽村に来ていて、笑える。

 

八王子駅ー(八高線)-箱根ヶ崎駅ー(ザ・モール瑞穂16行きバス)-MALLー
ー(時間が無いので一瞬MALL内入場とのこと)ごめんなさい。-MALLー(羽村駅行きバス)-羽村駅
青梅線組に、
「どうしても青梅線に乗りたく無い人の?羽村駅までの行き方ですか?」とか言われる。

 

 

 

あー、ほんと前置きが長くなりましたが、ようやく到着。
お洒落な韓国料理居酒屋
KOREAN KITCHEN JUN  コリアンキッチンジュン


jun0003.JPG   jun0005.JPG jun0004.JPG   

 

メニューを見て、アラカルトで、と思ったけれど
結局
『ちょっと面倒なのでコースにしよう。』 という事になりました。

 

 ナルム ?盛り合わせって何だろう。。。

jun0006.JPG

 

わたしは韓国ビール hite ハイト
Cleen、Crisp and Fresh 

jun0007.JPG  
コクがあって飲み易いhite 건배!← 乾杯、韓国語文字化け  jun0008.JPG    

 

白菜、胡瓜、大根のキムチ

jun0009.JPG

 

ニラチヂミ
割りと厚みがありますね。 jun0010.JPG

 

ナムル

jun0011.JPG  

 

何の話してんだろう。。。

jun0012.JPG

「○○ちゃん、忙しいねーーー。」って言ってくれるとなりのFさん。

そうなのー! 
写真を見ても解るように、店内はいい感じの暗さなので
料理を、一旦わたしの傍の照明の下に移動しては、撮影し、中央へ、
照明、撮影、中央への繰り返しが忙しい。
でも、みんなとても協力的で楽しんで手伝ってくれてありがとう。

 

キムチチヂミ

jun0013.JPG  

 

チョレギサラダ

jun0014.JPG

 

ハイボール
ウイスキーのソーダ割り
今、又、結構人気らしいので、ちょこっと味見させてもらう
久々のウイスキーもなかなか美味しいものですね。

jun0015.JPG   
これね。  角ハイボール               jun0016.JPG

 

さて、お次はJUNの看板メニュー 
サムギョプサル
肉を焼く斜めった石板の下には油を受ける小鉢
そして堰き止める為に横たわっているのはキムチ。 これを見て思うことは皆一緒、  八ッ場ダム。

jun0018.JPG  

国産の豚バラ肉にハーブ

jun0019.JPG

焼きあがったら、にんにく、コチュジャンを加えて、サンチュで包み
ごま油に塩の入ったタレで食べます。  

jun0020.JPG   

1回目は店の方が。                    2回目はTさんが働く。

jun0021.JPG   jun0038.JPG

よくよく思い返してみると
この夜のTさんの服、、、胸のワッペンが、VANだった。 この店は、JUN
図ったのか、図らずもだったのか。。。

 

マッコルリ (マッコリ)

jun0022.JPG

&黒豆マッコルリ

jun0023.JPG

こちらの方が、まろやかで美味しいかも。 後味は何故かウエハースの味。

 

サムギョプサル出来上がりました!
手の上で作ると、、、「あっちっち!」のKさん。   jun0037.JPG                        

jun0024.JPG
焼きたて脂身が美味し。

 

春雨炒め

jun0025.JPG

 

鶏から揚げ

jun0027.JPG  

これに、デザートのアイスでコースはおしまいなので
単品でレバ刺しと、麺、ご飯を注文。 

レバ刺し

jun0028.JPG

 

ビビン麺  
麺は素麺でやや辛め。

jun0029.JPG

冷麺 
麺は、小麦、蕎麦、さつま芋粉で出来ている。

jun0030.JPG

韓国のり巻き
まだ、ほんのり温かい。

jun0031.JPG

野菜が豊富で食べやすい韓国家庭料理
なんだかんだで沢山いただきました。
一人 3,972円 

jun0032.JPG

 

 

KOREAN KITCHEN JUN

羽村市神明台 1-18-1
TEL 042-578-0535

LUNCH  11:30-14:30 金・土・日 営業
DINNER  17:30-24:00   火~日 営業 jun0035.JPG


 

帰りのことは全く考えていなかった。

                       うわ! MALL行きバス (但し、回送)

jun0036.JPG


でも、ありがたい事に、入間組のご主人が迎えに来てくれると言うので、暫し待つ
も、なかなか到着しない。

 

わたしが「ここの住所、メールで伝えたよねぇ~?」と話すと
Fさんが「うん、そうなんだけど、ナビに入れると、小作駅に行っちゃうらしいの。。。」と言いながら
携帯で連絡を取っている。

 

数十分後無事に会えましたが、わたしはメールした住所が何処なのか不安になっていた。

 

翌日、PCで入力してみると
小作の『でん』という店にヒットした。 「うわー、でんでん駄目じゃん!!!」
『わたしが悪いのです。』←仲間内で流行っている言葉。 と、みんなにメールしたら
「次回も楽しみにしています。」と、優しい返事をいただいた。   

 

以上、すべて、ほんとの事でした。 お読みいただきありがとうございました。                           pana

 

October 25,2009 07:16 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

ティールーム Misugi

 

ヤハラテナハーブ園からもう少し上がった住宅街にある ティールームMisugi  みすぎ

 

バス通り側                                                住宅街側

misugi0050.JPG misugi0030.JPG

 

どこに座ろうかな~と少し迷ってから
窓際のほっこり椅子の席に決めて落ち着く。

misugi0029.JPG

 

2時過ぎになると、陽ざしも弱くなり店内にも長く差し込んで、明と暗の場所がそれぞれに綺麗。

店に着いた時にはわたし達だけでしたが、
その後続々ご来店にて、ほぼ満席になっていく。
misugi0052.JPG

 

テラス席も快適な冬前のまどろみ空間。

misugi0024.JPG

 

友人は和栗のモンブラン

misugi0027.JPG

 

わたしは、ダージリンと、紅玉りんごのタルト の組み合わせ。 
コーヒーも好きだけれど
秋も深まると、紅茶と林檎は愛しいな、 
なんだか懐かしい砂時計も、可愛らしくて、思わず手にとって上に下に。。。(まったく子供ですね。)

misugi0026.JPG misugi0028.JPG   

 

 

以前うかがったときにオーナーと、ケーキの話を沢山させていただいたことを思い出す。
紅玉りんごのタルト 和栗のモンブラン
パンプキンプリン りんご入り紅茶シフォン 柿ロール  などが秋の手作りケーキ。                   

misugi0025.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゝゝゝ 秋色が、とっても似合う美杉台と、ティールームMisugi でした ゝゝゝ            pana

 

misugi0053.JPG

 

 

 

 

Misugi

飯能市美杉台1-11-2
TEL 042-972-1747

11:00ー17:00
13:00-18:00(日曜日)
土休み

October 24,2009 08:51 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

美杉台 ヤハラテナ ベーカリー工房

 

美杉台 バス通り  misugi0001.JPG misugi0003.JPG    misugi0002.JPG

皆さま、モミジバフウの美しい紅葉がお目当てでしょうか?
平日なのに、駐車場は満車。
レストラン ヤハラテナも満席。以前の記事はここをクリックで。

 

 

朝のパンだけ買って帰りましょう。 misugi0004.JPG  

misugi0005.JPG misugi0006.JPG

 

クリームチーズ、生クリームの上にたっぷりベリーの
綺麗で美味しそうなフルーツデニッシュ 。

misugi0007.JPG

 

生クリーム、はちみつ、バニラシュガーのフレンチ液をたっぷりと沁み込ませた
定番のハニーフレンチトースト 。

misugi0008.JPG  

 

ハーブの販売もあり。

misugi0009.JPG


途中のギャラリーには、教室の作品が並んでいる。
手作り石けん応用科 作品展
おお、羊かん?
みたいに見えたりして。。。

misugi0010.JPG   

 

 レストランは、待たないと入れそうもないので
少し歩いたところのティールームMisugi に行ってみることにする。                   


 

 

買って帰ったのは
一袋に6種のプチパンが入ったセット。
柔らかいパンたちですが、よもぎパンが結構好き!

misugi0011.JPG  

 

 

ヤハラテナ

飯能市美杉台 1-1
TEL 042-972-1787
月休み

敷地内に、生活の木の店舗と、ハーブガーデン薬香草園あり。  詳細は以前の記事でどうぞ。 misugi0040.JPG

                                                        pana

October 23,2009 06:45 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

飯能 鮨 すずき

以前、飯能の珈琲よつば に伺ったときに
youkoさんからお聞きした、すぐご近所のお鮨やさんに出かけてみることにしました。

 

 

この日は水曜日なので、よつばはお休みですね。
(金・土・日 14:00~17:00営業)

susisuzuki0001.JPG

 

そして、同じ住宅街の、ほんの数メートルの所に
鮨 すずき

susisuzuki0002.JPG

 

susisuzuki0020.JPG

11月1日お寿司の日 1,580円 ⇒ 1,050円の
お知らせに、釘付け。
11月1日。。。いつだっけ。。。日曜日?  あーダメだわ先約あり。

 

 

てな事を思いながら、引き戸を開けると、もう一枚引き戸、も開けると
鮨屋の香りで、急に食欲が湧いてくる。
カウンタ席と、座敷と、
そして、今日もお洒落な友人のYさんと、今日も洒落ないわたしは、椅子席に座る。

susisuzuki0003.JPG

 

 

ご主人にメニューをお聞きすると
平日のみのランチコースに加えて、今月は、いくら丼(単品1,000円)があると言うお話。

susisuzuki0004.JPG

小鉢・海鮮茶碗蒸し・お椀・フルーツがついたセット(にぎり又はちらし)は、1,700円~
お椀のみが付いた単品は各600円引き。

 

友人は、寿セット1,700円
そして、茶碗蒸しがあると、お腹が一杯になってしまうわたしは
扇単品で1,600円を選択する。                   

 

 

寿セット 小鉢
たらことふきの煮付け

susisuzuki0006.JPG susisuzuki0005.JPG

握りのことは、友人に詳しく聞かなくて解らなかったけれど
ご主人お手製の海苔入り玉子焼きの入った8貫  
しゃりは友人の好みからすると酢が柔らかいという。

 

 

海鮮茶碗蒸しには
たこ、海老、うに、玉子焼きにも使っている海苔と、ゆずの香りがするという。
susisuzuki0007.JPG  
    水菓子は梨     susisuzuki0008.JPG

 

 

 

そして、扇のにぎり 
左側からの眺め susisuzuki0009.JPG

右側からの眺め

susisuzuki0010.JPG

めばちまぐろ、真鯛、生ばちまぐろ、きす、いくら、えび、玉子、ほたて の8貫
わたしとしては、扇であっぱれ!
あーでも、お好みで握ってもらうならきっと頼まないと思う、お子ちゃま好み?のいくら。
と思ったのは大間違い、
一粒一粒がほろほろで瑞々しい手間をかけたいくらは、お子ちゃまには勿体ないかもしれない美味しさ。
そういえば、ご主人が、始めにいくら丼のことを言っていた意味に気付く。
たとえば
10月は、いくらを手間をかけて醤油漬けにしたものを
11月は、牡蠣をバターで軽く焼いてステーキのようにしたものを
旬の丼として出しているそうだ。  
それでは、毎月来ないといけませんね。。。     (でも、無い月もあるそうです。 (>_<) )

 

 

 

お椀も、
大根、里芋、人参、ごぼう、あげ、なめこ、えのき、しめじ、みつば、
細~かく仕込んだ野菜が入っていても、汁もたっぷりの吸い物は、
わたし好みで、ごちそうさまでした。
youkoさま、お店を教えていてただきありがとうございました!

 

 

 

 

すぐそばには、
美杉台の
色付き始めたモミジバフウが美しい。 

susisuzuki0021.JPG

 

鮨 すずき

飯能市前ヶ貫 270-2
TEL 042-974-7727

木休み

October 22,2009 06:44 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ヨックモック 限定ストラップ

10月1日から限定販売されている
yoku Moku のシガールをご存知ですか?

 

ヨックモック40周年記念のプティシガールアソルティ
シガールのちっちゃいのです。

yokumoku001.JPG

わたしは、池袋に出かけたついでに、東武デパートで買いましたが
どこのヨックモックでも買えますし、値段は1,050円で気軽だし
12月頃まではあるそうなので (店の方の話)
限定と言っても安心です。        と、思っているうちに月日は過ぎるので、まあ早目が無難。

 

深く温かい赤が印象的なパッケージに
実は、、、おまけがついている。 これが目当て?!

yokumoku002.JPG  

 

全くもって、シガール 但し食べられません。

yokumoku003.JPG

色も、姿も良くできているけれど
一番憎いのは、袋に入っているところだ!
「そうそう、袋に入れないと、ボロボロ崩れるからね。」 って、本物じゃないんだから
ボロボロしないジャン!
と突っ込みたくなるくらいリアル。

 

 

箱の中身は、お馴染みのシガールと
塩を加えたカカオ生地を葉巻状に巻き、甘さ控えめなスィートチョコレートでコーティングの
プティ シガール オゥ ショコラ サレ

yokumoku004.JPG

yokumoku006.JPG  

 

 

なぜか、普通のシガールもちょうど家にあったので
もちろん、並べて撮る。 
yokumoku005.JPG

先にあった大きいのから食べてねーーー。   
味は同じなのだから。。。                                        pana

 

ヨックモック 

その社名は、スウェーデンの北部、北極圏の線上にある、
森と湖に囲まれた小さな町JOKKMOKK。
厳しい自然の中で、温かい家庭の手作りお菓子をイメージして付けられたそうです。(HPより)

October 18,2009 06:28 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages