今日の食HOME

今日の食

深大寺 カフェ 曼珠苑

お蕎麦の後に
暫く深大寺散歩をすると
「お茶して帰ろうかな。」 という事になる。

 

道路沿いの 曼珠苑というカフェ

おしるこ、コーヒーの旗が
風にそよいで、ふ~ら、ふ~ら。

jindai0060.JPG

jindai0061.JPG  

 

店内は、満席でしたので
テラス席を案内される。

jindai0063.JPG

jindai0064.JPG  

 

ちっちゃい椅子の座り心地はいいし
そう寒くない庭は気持ちがいいなと思ったら
直ぐに中の席が空いてそちらに移動。

jindai0081.JPG

 

 お餅はよもぎの、いそべ

jindai0068.JPG

 

こちらもよもぎ餅のお汁粉

jindai0069.JPG

 

わたしは
この後帰りに、一人甘味するつもりなので
コーヒーだけにしておく。

jindai0070.JPG  

どれも美味しかった。

 

一日良く歩き
武蔵野の美しい紅葉を楽しむ事が出来て満足。
わたしは、三鷹
他のみんなは、調布行きの、バスで帰る。                              pana

jindai0071.JPG  

 

 

曼珠苑 まんじゅや

調布市深大寺元町 3-30-3

TEL 042-487-7043

December 02,2009 10:27 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

深大寺 そば湧水

深大寺門前には、本当に沢山のお蕎麦屋さんが並んでいるので迷う。
どこの店も、手打ちは当然という感じで
多分美味しいことでしょう。

 

わたしは、蕎麦羊羹というのが食べてみたくて
湧水 ゆうすい を提案。
jindai0040.JPG jindai0041.JPG

 

窓の外に色付いた紅葉を眺める2階の座敷。

jindai0042.JPG  

 

 一日限定50食という湧水そば(茨城産そば粉の二八)は、売り切れということで
天ざる(北海道産の三七)にする。

jindai0043.JPG

 

 

そばが出来る間に
友人からお土産をいただく

 

世田谷 ヴォアラのクッキー

jindai0048.JPG

日本橋屋 長兵衛の豆菓子(キャラメル味)

jindai0049.JPG

ありがとう。 

 

 

深大寺の名水仕込み
深大寺ビール(ピルゼンタイプ)を4人で分ける。
瓶がHoppyなの?と思ったら、ホッピービバレッジ製造。

jindai0044.JPG

うっすら緑色のそばは
比較的柔らかい仕上がり。

jindai0045.JPG  

そして
湧水特製 オリジナルそばようかん

jindai0046.JPG  

甘味がほんの少しで
そばの後に気持ちよく収まる。

 

 

左側はきな粉、中央が餡で、右側がそば粉
そば湯を使って固めているそうだ。

jindai0047.JPG

 

足は痺れたけれど
和室でゆっくり、ごちそうさまでした。                                                                    pana

 

 

 

 

湧水 

調布市深大寺元町 5-9-1

TEL 042-498-1323

木休み

 

 

December 01,2009 06:53 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

調布市 深大寺の紅葉

友人と4人で、神代植物公園前で待ち合わせて
紅葉(又紅葉)散歩に出かける。  今回は渋い。

 

 

調布駅で、どのバスに乗ったらいいの?
バス会社の方が大きな声でアナウンスしているので
深大寺行きの列に並ぶ。      ???

jindai0001.JPG

 

いや、違うわ!
待ち合わせたのは、神代植物公園。
こっちのバスだわ。(二つの場所はお隣同士ですけどね。)

jindai0002.JPG

バスに乗ると第28回そばまつり深大寺そば感謝祭
各店舗の割引きや催しの案内

と、25年ぶりの厄除元三大師(やくよけがんざんだいし)ご開帳が
行われているようだ(12月3日(木)まで)
それは知らずに来ました。

jindai0003.JPG

昔から思ってましたが、都会のバスは、結構スピード出るよ。
都バスでなくても、飛ばす。

 

 

神代植物公園正門に到着。
バラが有名なこの公園に、今どき花はあるのだろうか。。。

jindai0004.JPG

実は、友人の一人のHさんが
数日前に、深大寺あたりを実踏(下見)してくれていたのだ、
チェックの入った地図も人数分用意されている
感心!

jindai0057.JPG

 

話し合いの結果、深大寺へ向かうことにする。

jindai0005.JPG  

jindai0006.JPG

 

jindai0007.JPG
福徳尊の
大黒天 と 恵比須尊、かわいらしいお顔。

jindai0008.JPG

 

jindai0000.JPG

 深大寺は、神代植物園からのなだらかな斜面の森に、
寺と、有名な深大寺蕎麦などの門前の店が並ぶ。
幾つも歩道があり、散歩に最適。

jindai0009.JPG

本堂までの道で、お参り前に引っかかる。
甘味あめや
jindai0010.JPG

jindai0011.JPG

揚げ蕎麦のおだんごと、

jindai0012.JPG

蕎麦ぱんが有名みたい。

jindai0013.JPG

きなこ、いそべ、そばまんじゅう  いただきます!

jindai0014.JPG

旨旨旨 ! (特にいそべ)

 

本堂山門前に到着。

jindai0017.JPG jindai0016.JPG

jindai0015.JPG   

詳しくは、深大寺の公式HPを ←クリック。
境内には、ご開帳見学に並ぶ沢山の方々。

jindai0018.JPG

黄葉が美しいこの大きな木は
ムクロジ(無患子)、実は追羽根の黒い玉に使われるそうだ。

jindai0021.JPG    jindai0023.JPG

境内の無患子の実で作られた念珠も、販売されている。

 

 

jindai0020.JPG

ん ?

 

jindai0022.JPG    

                                           素敵なお坊さんなのでした。

 鯉と紅葉

jindai0024.JPG   jindai0026.JPG jindai0030.JPG   

さて、お蕎麦をいただきに参りましょう。                                                                  pana

 

 

深大寺

調布市深大寺元町 5-15-1

November 30,2009 06:57 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

青梅 村の喫茶店 ゆば

帰りのバスの時間まで暫くあるので
儘多屋の向かいにある
金・土・日 OPENの喫茶店 ゆば で、コーヒーをいただこう。

yuba0001.JPG  

中は、薪ストーブの温かさが満ちているけれど
湯上りのわたしには少し暑いので
外のテラス席で、庭園と山の紅葉を見ながら過ごすことにする。 yuba0006.JPG

yuba0005.JPG

コーヒーが入るまで
儘多屋菜園を拝見。
虫が好みそうな白菜は、無農薬ということがよく解る。

yuba0007.JPG   

池側から見た、ゆばの建物

yuba0008.JPG

ゆばのブログに、「カフェ」というより「村の喫茶店」と書かれていますが
本当に、村の空気を感じる長閑さです。

 

儘多屋の若女将さんお手製の
ふんわり軽いバナナケーキ。 

yuba0009.JPG yuba0010.JPG

ノブユキさんが、焙煎しているというコーヒー。
苦味とほんの少しの酸味のバランスで、後味の切れもよい。

 

 

一日ゆっくりと青梅の紅葉を楽しんで
飯能駅行きのバスに乗り込む。                                                                          pana

yuba0011.JPG

 

ゆば

青梅市小曽木 5-3142
TEL 0428-74-4405

金・土・日 営業

November 29,2009 07:05 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

青梅 儘多屋 温泉のちお食事

お風呂の後は
儘多屋2階のお部屋で、お昼ご飯。

予約時に女将さんから、
「浴室にも近いので、1階の方が良いと仰るお客様がいらっしゃるのですが
2階の方が眺めが良いのでお勧めですが」 と、丁寧にお話をいただいていた。

 

昔のおじいちゃん家にあったような階段を登る。

iwakura0020.JPG

充分な広さの和室。
窓の外には、緑の木々が伸び、
下には、黒沢川の流れを眺めることができる。

iwakura0021.JPG

 

iwakura0022.JPG

 

地元の食材や
儘多屋の自家菜園で収穫された野菜を使った料理も並ぶ。

iwakura0023.JPG  

iwakura0024.JPG

 

天ぷら盛り合わせの中に
薄緑色をした、水気の多い野菜があった。
どうしても解らないので、仲居さんにうかがうと
「はやと瓜です。」とのこと。
なるほど! そう言われれば。。。   瑞々しさが充分、天ぷらの材料に意外、でも大変結構。

iwakura0025.JPG

 

山女

 

iwakura0026.JPG

iwakura0027.JPG  

 

鍋には、
豆腐、きのこ、春菊、豚三枚肉が入って、味噌で煮るようになっている。
この味噌も、季節によって隠し味に加える材料を工夫されているそうで
柔らかく甘辛い味に、野菜と肉の旨みが出た汁も最後まで美味。

iwakura0029.JPG

漬物にも、はやと瓜。

iwakura0030.JPG    

 

 

わたしの、あまり得意でない茶碗蒸しが
最後に残ってしまいましたが
具沢山のうえ、とても滑らかな蒸し加減で、するっといただけました。

iwakura0028.JPG

甘く熟したキウイとりんごで、ごちそうさまでした。

iwakura0031.JPG  

 

それでは、ゆっくりと寛いでから
もう一度温泉に入って来ましょう。                                                                       pana

iwakura0050.JPG

                                     はやと瓜 

 

 

儘多屋 ままだや

 

青梅市小曽木 5-3140
TEL 0428-74-4221

若女将のブログ ←クリック ご飯、美味しそう!

November 29,2009 06:43 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages