今日の食HOME

今日の食

大正時代からの 4階建て木造建築

 

 

 

湯主 一條旅館で
朝夕の個室の食事場所となっているのが、木造4階建ての本館。

 

朝になって、
カメラ写りの具合もいいので、うろうろしながら撮ってみた。 

kamasaki0015.JPG

kamasaki0201.JPG  

 

回廊になっている、廊下。
黒光りした床や建具と、白い障子、薄い板ガラス + 外の雪景色が美しい。

kamasaki0200.JPG kamasaki0202.JPG
探検が過ぎると、何処の部屋だったか解らなくなる。。。

 

朝食 

kamasaki0203.JPG

 

仙台名産、お馴染みの笹かまぼこは
網の上で焼くようになっている。

kamasaki0214.JPG

地元、白石の白石温麺

kamasaki0204.JPG

 

この2つの名産品は、今まで結構食べさせられて?きたので
自分用のお土産で買って帰った事はない。
でも、しろいしうーめんは、素麺よりは太く短く食べやすく、カナリ上品なお味。

 

自家製の豆腐

kamasaki0205.JPG

 ヨーグルトと、コーヒー。

kamasaki0206.JPG

 

部屋に戻っても、まだチェックアウトまで充分時間がある。
一風呂、いや、二風呂浴びて宿を後にする。

 

 

元気に手を振ってくださる宿主に見送られて
晴天の白石市から、仙台市へむかう。                      お心遣いに感謝(^_^)

kamasaki0207.JPG   kamasaki0208.JPG

 

東北本線在来線

kamasaki0209.JPG  

そういえば、この辺り(大河原町~柴田町)は、
白石川の一目千本桜が有名。
昨年の春には指定席も取っていたのに、都合が悪くなり取りやめたのだった。

 

咲いてはいない。。。開花時の美しい桜

kamasaki0210.JPG

 

 

気が付くともう12時 『車内でお弁当』 が許されそうなボックス席で
さっき宿からいただいていた
おにぎりの包みを解いてみる。

kamasaki0211.JPG    kamasaki0212.JPG

 おいしそ! 一個食べてお昼。

 

 

 

 

お昼は、そのおにぎり一個だけでも
前日、いや、正月、いやいや年末からの食べすぎには、焼け石に水。
勿論この夜も、食べる予定が待っている。

 

 

 

 

 

ということで
水着持参で来ていたわたしは
親戚に教えてもらった空いてるプールで、1000m(すいませんウソです)
500m泳いでお腹を空かす。

 

 

kamasaki0213.JPG

 

しっかし、空いてるな~ ここ。
稲荷山公園のプールもこんなならイイのに~。                           pana


 

夜は、仙台市内のひでという店に行った。
hide0001.JPG

予約をして下さっていたのがテーブル席だったので
撮った写真が暗くてがっかり。

突き出しに、鹿児島産たけのこを2時間ゆっくり煮たのをいただく。
春のたけのこよりも香りと味が詰まっていて美味。12月半ばころからいただけるそうだ。

滋味深い天然なめこの汁
野菜の煮付け盛り合わせのあとに
お造りは、ハダガレイ、 ホタテ貝柱の真ん中と肝、アカイカなど、を出していただき
寒いのに東北に来た甲斐があったというもの。

アブラボウズの柚庵焼き
無添加豆腐と、その汁


相馬沖とらふぐ、あわび、白子の鍋
ふぐの煮こごり


常連のお客様が賑やかになってくると、テーブル席と大将との距離はあまりに遠いのが残念。
心に感じる事もあり、いつもは飲まないウイスキーを。
地元のニッカシングルモルト宮城峡をバカラのグラスでロック
(ストレートでないところが情けない。。。)

hide0002.JPG

 

ひとめぼれ米での雑炊
和菓子もいただく、お任せ一人1万円のコース。

 

 

宿に帰って、直ぐに眠った。
少しして目覚めて、テレビをつける。
いつもは見ないテレビも旅先ではゆっくり楽しむ。

知らない番組ばかりで、チャンネルを変えていき 

着信御礼!ケータイ大喜利というNHKの番組に行き着く、 と!

司会者の今田耕司が「秀島さ~ん!」 と言っているではないですが
え?秀島史香さん?
こんな夜更けに、HMV(もう終わったけれど)と変わらぬ笑顔の画面の秀島さんにお会いできて
相当嬉しくなった。

 

グルーブラインを聞く日常も、ふと懐かしくなる。

 

January 21,2010 09:58 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

三つのお風呂で温泉三昧

鎌先温泉湯主 一條旅館には
2つの源泉による、3つのお風呂がある。 

泉質は、ナトリウムー塩化物 硫酸塩泉
無色透明で、味(飲めない)、臭いとも殆ど無い中性
傷や、神経痛、冷え症に効くという。

 

 

 

ひとつ目の内湯へ
薬湯(女性) 源泉100%掛け流し 

kamasaki0105.JPG

山間の温泉らしく地味ですが
約600年間湧き続ける湯は、実に効き目がありそう。

kamasaki0102.JPG kamasaki0104.JPG     kamasaki0034.JPG   

 

 

ふたつ目は家族風呂 源泉100%掛け流し 

kamasaki0106.JPG

湯船に入ると、ザザーっとダイナミックに湯があふれていくのが気分いい、
家ではなかなか出来ないものね。

kamasaki0107.JPG

  

 

 

そして部屋から近かった 露天風呂付き大浴場

kamasaki0118.JPG

          

                                                        内湯 

kamasaki0111.JPG

源泉100% 湯量不足のための循環、ろ過をしているが
広いし、雪景色を楽しむ露天もあるし、行き易い 
(泊まった部屋は、バス付きでしたが入りませんねー。)

                                                      露天

kamasaki0115.JPG kamasaki0116.JPG    
雪の降り続く夜の露天風呂は、最高!      kamasaki0119.JPG

 

わたしには、露天の内湯が熱かったのですが
他は穏やかに温かい、合計10回くらいは、入ったかな。

 

 

入浴の後は食欲を満たす。
旅館の自家菜園で採れたかぼちゃを使ったというお菓子で一服。

kamasaki0120.JPG

 

 

チェックアウトは、11時、出発までゆっくり入浴できる。                      つづく 

January 20,2010 07:33 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

この寒いのに東北へ 鎌先温泉一條 

親戚の用事で仙台へ行くのは、寒くて嫌だ。
でも、『温泉付き』に釣られて、ホイホイ出かけた。

 

 

その方が早かったので。
大宮から仙台まで『はやて』で行って、

kamasaki0001.JPG

 

『MAXやまびこ』で戻って、白石蔵王(しろいしざおう)
寝ちゃったら、東京までも戻っちゃうよ!

kamasaki0002.JPG

 

誰も居ない。 

kamasaki0004.JPG

 

駅の構内に白石名産 白石温麺(しろいしうーめん)
触ったら、本物ではなくゴムみたいな物だった。
よく考えたら、当然だよ。    自分に呆れる。

kamasaki0005.JPG

 

静かな駅の温麺の向こうに、吉永小百合さんはいらした。

kamasaki0006.JPG

 

駅から、宿泊する旅館のバスに乗って山を上る。
途中の町もひっそりとしていて、寂しい。

kamasaki0032.JPG

宿の手前の駐車場でバスを降り
自家用車に分乗して旅館の玄関まで向かうという所を、歩く事にする。
自家用車は、ベンツ、レクサス、プリウス等というラインアップ(多分、選択は不可)
最近、こういう演出も流行りだと聞くけれど
『レクサスに乗れば良かったかな。。。』と少し後悔。

 

 

たった5件の宿の、鎌先温泉。
来た事のある人に薦めて貰わなければ、一生知る事は無かったかもしれない。と思いながら
雪の残る坂道を上る。

kamasaki0007.JPG

kamasaki0008.JPG  

日本秘湯を守る会の宿、最上屋旅館
kamasaki0036.JPG

 

そして、
湯主一條に泊まる。 1428年創業 600年近く湯を守っているそうだ。

 

湯治客を迎えていた頃の本館玄関

kamasaki0009.JPG

趣のある昔の建物は、現在は朝夕の個室の食事場所となっている。 (のちほど)

kamasaki0010.JPG

宿泊は、向かいの別館
kamasaki0011.JPG

 

お薄とずんだもちで迎えていただく。
kamasaki0013.JPG  

 

 

こちらの希望で、予約した部屋から変更も、直ぐに対応いただく。
木の香り漂うモダン和洋室(平日一泊2食付き ¥18,000)は、お得感がある。
                                                  
kamasaki0016.JPG

                                                 

 

 

早速温泉に入り 浴衣、羽織の上に、ポンチョも着て、装備完了。
夕食場所へ案内していただく。

kamasaki0020.JPG  
廊下は寒いけれど、障子の向こうの個室は暖か。  kamasaki0028.JPG  

 

 

夕食   暗いので上手く撮れませんでしたが。

・フルーツビネガー ざくろ
・先附 宮城県産100%豆乳から作る汲み上げ湯葉(後で豚しゃぶに)
・前菜 葉山葵絹酢和え焼き雲丹
     子持ち昆布糸がき
     春野菜(筍 独活 たらの芽 根三つ葉 人参 蕗とう)と、あおり烏賊の白子和え
     よもぎ豆腐 (芋茎 海老 黒豆)
     うるい蛤酢味噌和え
kamasaki0022.JPG

・造り 鮎魚女炙り 鮪 カルパッチョ仕立て 香味野菜いろいろ

kamasaki0023.JPG


・蓋物 慈姑ひろうす(筍 鴨ロース 海老芝煮 百合根 菜の花)
・焼物 最高級仙台牛ステーキ (または真鯛のポワレ)

kamasaki0024.JPG


・鍋物 地元白石三澤屋で飼育した宮城野ポークの豆乳しゃぶしゃぶ
    (または、出汁で金目鯛のしゃぶしゃぶ)   kamasaki0025.JPG

 豚を選ぶべし!

kamasaki0026.JPG

 


・ご飯 山菜ごはん
・留椀 秋刀魚のつみれ汁
・香物 三点盛
・水菓子 アールグレイのムースとラフランスのジェラート

kamasaki0027.JPG

 

A5ランクという仙台牛は、味わうよりとろける。
早くも春野菜と、東北のうるい、地元の豆乳豚しゃぶしゃぶが良かった。
宿泊代を考えると、納得できる内容と思う。

 

 

 

 

食後の時間を置いて
ミセスのための雑誌?1月発売のミセス2月号などで紹介されたというオイルマッサージエステを予約。

kamasaki0029.JPG

 

 

うつ伏せっている自分を、お願いして撮っていただく。

                                         撮影:ゴッドハンドの佐藤さん

kamasaki0030.JPG  

                                                 リラックスしてます。
                                                 とどと言わないで。。。

つま先から、ヘッドマッサージまで
張っているという背中は念入りに手をかけていただく。
体のことをとてもよく勉強されている彼女は
とてもきちんと心配りをされますが、明るく気さくで、体を預けるのも安心。
わたしの場合、運動後のストレッチやマッサージが不足らしく
ひざや肩甲骨の下に老廃物が溜まっているとのこと
その通り、今まで何もしていませんでした。
これからは、運動後も気をつけよう。  ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

又、雪が降ってきた 。

kamasaki0021.JPG

記事は途中ですが、宿泊した率直な印象
新幹線の駅からそう遠くは無いものの、わざわざ訪れるには遠い鎌先温泉で
古い建物と、心地良い新しい部屋とで寛ぎ
突発的なお願いにも精一杯応えてくださるサービスなどが有難かった旅館一條。
階段が多いので、不自由に思われる方は、温泉付きの部屋が良いかと。

                                                        pana

 

湯主 一條

 

宮城県白石市福岡蔵本字鎌先一番48番地
TEL 0224-26-2151

 

January 19,2010 07:30 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

2つのミルフィユ

友人から頂いていたミルフィユ
とりあえず冷蔵庫へ、
と思ってからかれこれ一週間。。。相当冷たくなっている?頃だ。

berne0001.JPG

可愛らしい包装紙
このようなミルフィユを1965年に日本で初めて創ったのがベルンという。(ミルフィーユではない)

berne0002.JPG

berne0003.JPG  

コーティングは、スイートチョコレート、へーゼルナッツチョコレート、ミルクチョコレートの3種で
色も微妙に違うのだが
中のクリームも同じでは無いと思う。(多分)
『ベルン ミルフィユ』 とググッってもホームページは出てこないので確認できず。

berne0004.JPG

Yahoo!で検索していると知恵袋で
「ベルンと横濱フランセとどちらが美味しいですか?」という質問が目に留まる 。


そういえば。。。確か、家にそっちのミルフィユもあった筈。。。 何故ある?
横濱フランセ製                             ベルン製

berne0006.JPG

 

 

 

甘さはどちらも控えめ
空気を多く含んだサクサク感は、ベルンの方がある。 berne0005.JPG

一口で食べやすいのは
フランセ。

berne0007.JPG

 

横濱フランセは、埼玉名産品を盛り込んだまるひろデパートのカタログに
狭山茶を使ったミルフィユの紹介もあった。(食べた事はない。)

berne0008.JPG カタログ写真より

 

株式会社 ベルン
目黒区鷹番3-20-6
TEL 0120-048-371

 

株式会社フランセHP

※本日の反省
ビスキュイ・フランセにも惹かれる。                                pana

 

 

January 18,2010 08:08 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

愛媛は美味しい。

友人から、愛媛のお土産を頂いていた。

benimado0001.JPG

 

しまなみ随一
愛媛大島 かまぼこの村上のじゃこ天
助宗、ぐち、ひめち、ほたるジャコが主な原料。
benimado0002.JPG

ジャコ率が高そうな色合いで、小骨も細かくすり潰して入っているので
シャリッとした食感がよく、カルシウムを補給出来てる感じ!

 

 

 

 

 

愛媛今治の母恵夢本舗のうずしおパイ
ぐるぐる渦の包装紙もかわいい。     上↑
来島海峡の渦潮をかたどったというパイもぐるぐる、 アーモンドを巻き込んでいる。

benimado0003.JPG

 

裏側
まぶしたグラニュー糖は、潮のイメージかな?

banimado0004.JPG

それほど甘くない、ザクザクッとした食感の楽しいパイ。

 

 

 

 

 

 

愛媛と言えば、、、
わが家では、年末に冷蔵庫に入れたままのみかんがあった筈。
どうなってしまったか。見るのがちょっと怖い。

 

 

 

大丈夫だった。ホッ。
紅まどんな という品種で坊ちゃんのマドンナから名づけられたようだ。

benimado0005.JPG

 

 

写真を撮るために、切って見たけれど
手で剥いて食べられるし
 内袋も薄く、そのままいただける。 benimado0006.JPG

濃厚でジューシー。
ぷるぷるしていて、果物と言うか、粒々のあるゼリーのような食感で美味。
重さもどっしりで、一個で充分満足できる。

 

 

でも、冷蔵庫の奥以外では、
今の時期はもう無いと思う。

 

11月くらいから手に入ると思いますので
あと一年くらい、お待ちください。
 

benimado0007.JPG

 

愛媛はおいし!                                                   pana

January 15,2010 07:53 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages