今日の食HOME

今日の食

パリのその先へ フォントネー修道院

 

TGVで、Montbard モンパール駅へ
パリから約一時間で田舎の静かな駅に降り立つと、空気が冷たい。

fontenay0001.JPG   fontenay0002.JPG

 

この駅からレンタカーを借りるのだけれど
事前の調べ通り、営業所は駅前に無く、なかなか不便。
ということで、タクシーで移動。
fontenay0003.JPG

今回の旅で一番綺麗だったタクシーで賞
のフロントには、『箱根関』という番傘のアクセサリーが揺れる。
日本人のプレゼントかな?

fontenay0004.JPG

 

 

レンタカーを借りて、先ずは慣らしで傍のフォントネー修道院に到着。

 

 

Hertzで借りているせいか、アメリカ車。
最近は、日本語ナビ搭載のレンタカーもあるけれど、
これは、ごくごく普通のマニュアル車、でも問題なし。
fontenay0005.JPG

Abbaye de Fontenay

フォントネー修道院

現存する、シトー派最古の修道院のひとつ。
清貧、質素を厳格に守る修道士たちが生活していた修道院は
人里派離れた所に、ひっそりと建ち
装飾や、光を取り入れる窓も、ぎりぎりまで排除されている。
純粋に信仰にむかう空間。

 

ロマネスクの至宝と言われるフォントネー修道院で
シトー派を感じる。

 

 

fontenay0006.JPG  

 

 

この日は雨模様でしたが、
自転車や、車のアンテナにリボンを結んで何台かで来られた
元気なご年配の方々もいらっしゃる。
バカンス少し前の時期に
優雅に過ごされているようだった。 fontenay0008.JPG

 

 

 

 

手入れされた庭と
名残のバラでも、建物としっくりと溶け合っている。

fontenay0010.JPG

 

順路を廻る

Dovecote
ハト小屋

主に食用、他、伝書鳩用という立派な鳩舎。

fontenay0011.JPG

 

fontenay0012.JPG

 

 

 

Church
教会

fontenay0013.JPG  

fontenay0014.JPG

fontenay0016.JPG

 

Cloister
回廊

中庭の明るさには、気持ちもほぐれる。

 

fontenay0023.JPG

 

Dormitory
共同寝室

 

fontenay0019.JPG

 

fontenay0020.JPG

 

 

fontenay0024.JPG

 

明暗

 

fontenay0017.JPG    fontenay0027.JPG

 

 

パリの教会と比べると
色を抑えた質素な作りのステンドグラスも美しい。

fontenay0025.JPG

fontenay0021.JPG

fontenay0022.JPG  

fontenay0026.JPG

 

 

 

Monks room
修道士たちの部屋 ?

 

fontenay0028.JPG

 

Garden

庭園建築家 ピーターホームズ氏による
緑と、花の美しい庭園

fontenay0029.JPG  

fontenay0030.JPG fontenay0031.JPG  

 

 

Infirmary 
診療所

fontenay0034.JPG  

 

 

Refectory
食堂
fontenay0035.JPG  

 

The Lodging for the Abbots
左の建物が、大修道院長の宿泊施設

fontenay0009.JPG

 

 

この植え込みは?
fontenay0036.JPG

 

立派な蕾を付けている。

fontenay0039.JPG

 

HYDRANGEA ?

fontenay0040.JPG

帰ってから調べてみると
アジサイの事だった。          今頃は咲いているかな。。。

 

 

 

静かな道を、小さな村を、東洋人の乱暴な運転の車が走る。

 

                そんな事には関係なく、広がる緑の丘には、点々と白い牛の姿が見える
                                                        穏やか。

 

fontenay0038.JPG

 

次の町
セミュール・アン・オーソワで、お昼にしよう。

July 04,2010 10:40 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

修復中でも美しい パリ サント・シャペル教会

 

モンパルナスタワーから、パリを眺め

 

parism0010.JPG parism0011.JPG

 

シテ島にある、サント・シャペル教会へ

pariss0010.JPG

 

入館のチェックが厳しいせいか、行列ができている。

 

待ちくたびれたかな?
赤い、よそゆき服がかわいらしいお嬢さんは
ちょっとご機嫌ナナメ。

pariss0011.JPG

 

入り口がわかりにくいまま
人が行くほうについて行くと、裏手、西のバラ窓の下に入り口

pariss0033.JPG  

 

小さな螺旋階段を登り2階に行くと、上層礼拝堂。
垂直に伸びたステンドグラスの輝きが、降るように覆う。

pariss0039.JPG

 

pariss0038.JPG  

pariss0014.JPG   

西のバラ窓

pariss0015.JPG

pariss0016.JPG   

こんなに美しい15枚の窓も
現在、キリスト受難方向は修復中。
完成は2013年と書かれている。

pariss0024.JPG

平面図の、赤い部分は完了している窓のようだ。

pariss0044.JPG

 

椅子に座り、
「光の移る様を眺めるのも幸せな事。」と、プロバンスの友人が教えてくれた。
全て完成したらそういう一日を過ごしてもみたい。 pariss0013.JPG

 

外から見ると、暗いのですけれどね。
pariss0012.JPG

 

 

隣は、最高裁判所

pariss0050.JPG

 

LIBERTE  EGALITE FRATERNITE

自由 平等 そして友愛。

古い建造物にフランス国旗、中央はユーロの旗。
町にも多く掲げられているのは、やっぱりカッコイイ。

 

 

ボーイスカウトの子供たちが活動する中を抜けて

pariss0020.JPG  

 

ノートルダム寺院は、凄い行列だったので
外観だけ。

pariss0021.JPG

pariss0053.JPG  

 

 

翌日からは、一旦パリを離れ
煌びやかなゴシック教会とは異なる、簡素なロマネスク教会をまわる。

pariss0054.JPG

 

 

 

車で。

 

July 03,2010 06:37 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

パリ レンヌのビオマルシェ

歩いてメトロ12号線 Rennes レンヌ駅へ
ここでは、日曜日にビオ(有機作物)マルシェが行われているというから
わたしとしては、外せない。

parisr0001.JPG  

parisr0003.JPG    

 

野菜  美しい!!!

parisr0004.JPG   parisr0005.JPG parisr0006.JPG

食べる欲全快!
暮らしていないのに、ああ、片っ端から買いたい気分。

 

イチジク なつめやしの実
『いらっしゃいませ こちらはオリヴィエのお店です。』

 あら、日本人も多く訪れるのですね (^_^)
parisr0007.JPG

 

 

ムッシューのマルシェかごは、年季が入っている

parisr0010.JPG

果物

parisr0008.JPG

さくらんぼは今が、盛り~終わりの時期で
桃に移っているらしい。

 

熟れているメロン一個購入
店の美しいマダムが、メロンに鼻をあてクンクンと熟れ具合を確認してくれるてからレジを打つ。 parisr0009.JPG

Cavaillon カヴァイヨンメロンと思って買ったコレですが、
後日プロバンスに住む友人に聞くと、「カヴァイヨンメロンは、未だじゃないかな?」と言われる。
スペイン産か、ハウス物のようだが、癖のない甘さで1個なんて軽く食べ終わる。
さくらんぼと、メロンは、新鮮で美味しく、出かける度に買った。
& 畑の枝から落ちたさくらんぼも少しいただいた。

 

 

肉の色も自然。

parisr0011.JPG  

フロマージュ

parisr0012.JPG

 

ピンクがお似合いのお嬢さんが見つめる魚は、サーモン。

parisr0013.JPG

そして、パン

・・・買 い た い 。。。 parisr0014.JPG parisr0017.JPG parisr0015.JPG  

みなさん、いい顔して買い物している。

 

 

なんだなんだ一層混んでいるぞ!と思ったら
お嬢さんがマルシェ中。

parisr0019.JPG

ふふ、かわいらしい。

 

 

 

そして、ワインも一本。

parisr0018.JPG  

そのロゼが美味しいのかな? 8 €

 

 

その後昼は、
モンパルナスで美味しいと言われている店で、クレープを食べた。
残念ながら好みではなかったけれど、
マット・デイモン似の一所懸命なお兄さんに 30 € で

 

 

翌日のディナーは、覚悟が要ると思われたので
この夜は、マルシェでの食材で軽く済ませることにした。


パンの店で買った
ズッキーニのキッシュ (温めてもらうことも出来る)

parish0028.JPG

緑のABマークは、フランス農務省の認定マークで
ABとは、Agriculture Biologique
農薬、殺虫剤、化学肥料などを使用していない農業で生産された食品に記されると言う。

ABマーク商品は、このマルシェだけでなく、スーパーや百貨店にも置かれていた。

 

ABな夕食に満足。

parish0030.JPG

 

そうそう、サント・シャペルもちゃんと載せなくちゃ。         つづく。。。

July 02,2010 09:16 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

パリ サン・ジェルマン・デ・プレ教会朝の礼拝

地下鉄で、サン・ジェルマン・デ・プレへ。

駅の自動販売機で10枚の回数券(carnet カルネ)を購入し、路線図をたどる。

parism0001.JPG   parism0002.JPG

下車駅で回数券は回収されないので
そのまま持っていると、使用前か使用済か解りにくい。
地下鉄を降りて表に出ると大概ゴミ箱(袋)があるので、直ぐに捨てるとすっきりすると思う。

 

 

 

サン・ジェルマン・デ・プレ教会
St-Germain des Pres

パリ最古の教会のひとつ。
ロマネスク様式と、ゴシック様式を見ることができる。
鐘楼もフランス最古のもののひとつと言われる。
pariss0001.JPG  

 

室内に入ると
高く伸びた力強い列柱と、交差リブ・ヴォールト天井
その高さと、人間とのスケール感が美しく感動的。
高い窓から入る光と、照明のせいか、意外に明るい。
pariss0002.JPG

 

ちょうど、日曜礼拝の準備が行われていて
聖歌隊の練習が続いていた。
予定していた訳ではなかったので一層嬉しくて、その歌声に感動しながら
ゆっくりと時間を費やす。

pariss0004.JPG    pariss0005.JPG

 

今回は、いつものカメラに加え、暗い所の撮影に強いカメラも持参した。
これから先、沢山のロマネスク教会を見て回ったが
フラッシュ無しで良く撮影できていたのには満足。

pariss0003.JPG

pariss0006.JPG

 

礼拝が始まる。

pariss0007.JPG   

 

心が満たされる朝だった。

 

 

 

日本の教会では、室内の撮影が許されない所もあるが
フランスでは、全て大丈夫だった。

写真を見て思い出に浸るのも、旅の楽しみかと思う。

pariss0008.JPG

 

さて、お次は朝のマルシェへ、歩く。                                   pana

 

June 30,2010 08:01 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

パリ到着後、街へ

17:30頃

 

トリコロールなシャルル・ド・ゴール空港に到着。

paris0010.JPG

時間帯が良かったのか、
パリに着いてからも、日本に帰ってからも、時差ボケ無しで、スコブル元気!
気になった体重もさほど増えなかったし、何故か体脂肪率は10%台に落ちていた。
飛行すると脂肪が燃えるのだろうか?

 

ホテルに荷物を置いて
チケットの確認などのため、南へ向かうTGV駅 Paris Gare de Lyonへ向かう。 parish0004.JPG

paris0012.JPG

 

8時 = 20時を指す時計。

paris0015.JPG

22時頃までは明るいので、まだまだ歩ける!
時間が有効に使えてとても良いし、日差しがあってもカラッとしているので
体も疲れない。
バーゲンは未だのようだけれど。。。

 

次に、知り合いの紹介で
Place des Vosges ボージュ広場にある、Harraca アラカというアクセサリー店に向かう。

paris0013.JPG

翌日に行くつもりだったので、場所の確認だけと思ったらまだ店が空いていた。
急いで買い物をしたら、店の写真を撮り忘れたので箱だけ撮ってみた。 
paris0014.JPG

Harracaアラカ
13,place des  Vosges  75004 Paris

 

旅行中もペンダントを付けていたら、
宿泊先のホテルのご主人と、パリのマダムに
綺麗☆と褒められた。 もちろん、ペンダントの輝きが☆ですけど。
比較的お廉いのも嬉しい。

東京広尾にも店舗あり。
 

 

 

さて今回行った地域は下記のとおりで、が、宿泊した所。
適当な地図が無かったので、手書きで失礼。

paris0011.JPG  

 

家族Mとの二人旅。
出発前に、旅行本、Web検索と口コミなどの情報を参考に
色々なグレードの宿泊場所を予約。
それは結構面白いけれど、時間の掛かる作業なので、人によってはこれが何より大変とも。。。

 

宿泊は、
朝早い出発に備えてParis Gare de Lyon方面の(歩いては遠い)
小じんまりとしたパリっぽいホテル

GRAND HOTEL FRANCAIS
223 Boulevard Voltaire - 75011 Paris

 

地下鉄9号線のRue des Boulets駅、又は
地下鉄1、2、6、9号線、 RERのA線のNation駅く。

parish0002.JPG  

緩やかに下る道幅の広い ヴォルテール通りは清潔感があり静か(曜日によっては違うかも)。

 

室内は、改装を終えたばかりらしくすっきりと綺麗。

parish0003.JPG

2方向に開いたバルコニーからは
緑の実を付けたプラタナスの並木が見渡せる。

parish0001.JPG  

典型的なパリのホテルという感じでしょうか?

 

フランス風朝食
parish0020.JPG

 

すこし苦手なチーズも
フルーツポンチに合わせると好物。

parish0022.JPG  


食堂は清潔ですが、窓の無い地階にあるので
朝早くから開いている傍の肉屋  モダンな肉屋?(^_^.) や

parish0021.JPG

parish0023.JPG  

parish0024.JPG

paris0025.JPG   

 

パティスリーで
焼きたてのバゲットを調達して parish0026.JPG

 

眺めのいい部屋でいただくのもいい。

parish0027.JPG   

 

到着後先ずは、こんな感じ。
翌日は、サン・ジェルマン・デ・プレ教会~マルシェ~サント・シャペル教会~などを巡る。    pana

June 29,2010 09:02 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages