今日の食HOME

今日の食

小川ドライブ 和紙の里

「明日なのですが。。。」 と、知人から急なお誘いをいただき
深夜まで雑事を片付け
歯科の予約を変更して 

 

勿論、参りますとも!

 

出かけるところは、小川町方面と言う。
プランを組んでくださる方も、運転してくださる方も、
お任せ、楽ちんで楽しみ。
 

実は、前の週にも仕事で訪れている小川町の
先ずは、道の駅「おがわまち」と、名産和紙を扱う「埼玉伝統工芸会館」へ ogawa2001.JPG

 

 

こ、この、お姉さんは。。。

 

ogawa2002.JPG

 


正倉院の文書にも記録が残されているという素朴で強靭な小川和紙

早速、「お買い物、お買い物、」 と物産館に向かったら
同行の知人に
「こらこら、先にお勉強をするのよ。」 と、伝統工芸会館へ案内される。

はい、承知いたしました。 

 

ogawa2003.JPG

 

 

ogawa2004.JPG

 

最盛期には750件もの漉き家があったという。
現在も、職人の手によって一枚一枚丹念に漉かれている。

 

ogawa2005.JPG

 

一緒に来ている埼玉県出身の方が
小学校の遠足で、小川町での紙漉き体験をしたことがあるという。

 

この会館でも体験できるようだ。

 

ogawa2006.JPG

 

わたしたちは、名人の技を拝見。

 

さあ、紙漉き開始。
材料が力強く撹拌される。

 

ogawa2007.JPG ogawa2008.JPG

 

簀桁(すげた)に均一に出来上がる熟練の技。
黒い粒々は、ヒイラギ。

 

ogawa2009.JPG

ogawa2010.JPG

 紙床に重ね水を切る。

ogawa2011.JPG

 

金属板に貼られ、剥がされ、一枚20gの和紙が出来上がる。

敷地内にある「工芸の里物産館」で買い物をすると
この和紙で包装してもらえる。

ogawa2012.JPG

 

 

 

 

 

その工芸の里物産館に併設された
「麺工房 かたくり」 
地元産の粉を使った手打ちうどんがお勧めのよう。
こじんまりした「農産物直売所」もある。

ogawa2013.JPG

 

NHK プロフェッショナル仕事の流儀で紹介された
霜里農場の野菜や
ogawa2014.JPG

 アド街ック天国で紹介された
駅前、清水屋のおからドーナツも並んでいる。

ogawa2015.JPG

 

 

そして、埼玉県の名産品や
和紙を扱う「物産館」

ogawa2016.JPG  

葉書や、便箋、封筒、ぽち袋など沢山!

ogawa2018.JPG  
ogawa2019.JPG  
ogawa2020.JPG

 

カラフルな、折り紙全紙(60cm×90cm) 一本80円

ogawa2021.JPG

 

習字用紙や、写経用紙も沢山並んでいる。
小川和紙は
ときがわ町の慈光寺で写経用に重宝されていたという歴史もあるそうだ。

ogawa2022.JPG  

織りと色合いが美しい
秩父銘仙織元 新啓(あらけい)織物の商品 も。

ogawa2028.JPG

 

 

夏向きの手染め解(ほぐ)し織りのティッシュケースをお土産に(結構お廉い)
物産館は、ディスプレイが古い感じですが、手ごろでお洒落な品を探すのは楽しい。

店の方も親切ですし
先ほど漉かれていた小川和紙の包装紙 ↓  に包んでくれるのも嬉しい。

ogawa2033.JPG

このぽち袋の柄も綺麗な桃色、 まとめて購入。

ogawa1111.JPG

注:中身は入っていないよ。

 

 

 

お菓子にも目が行く。
小川名物 大勝堂の大まんじゅう
こういうおまんじゅう、昔、親戚やご近所さんから頂いたな。 
思えば、子供の頃は、無理だった。

ogawa2027.JPG

 

 

小川町夏の畑の名産品、のらぼう菜(なばなのような葉物)を使った
まんじゅう と どら焼

ogawa2032.JPG

ogawa2025.JPG  

 
買ってきた すかし入懐紙 (開けてみたら可愛い鈴の柄) に
皮にのらぼう菜を混ぜた村田製菓店のおまんじゅう。 
 

ogawa2030.JPG

 

 

 

白あんにのらぼう菜を練りこんだ緑色の餡と
皮の焦げ感が香ばしい、和菓子司 おお野のどらやき。

ogawa2031.JPG  

石ちゃんも食べたどら焼きは、まいう~。 
 

  

こちらは、張子の どら とら 。

ogawa2026.JPG

続いては、一滴も飲まない方が酒造に連れて行ってくださるという。              pana

 

 

埼玉伝統工芸会館
工芸の里 物産館

道の駅 おがわまち

埼玉県比企郡小川町大字小川1220
TEL 0493-72-1220

月休み

January 26,2010 07:30 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

福袋

友人から自家製の品々が入っっているという
赤い紙袋をいただいた。
わたしにとっては、福袋のようで、ワクワク。

fuku0001.JPG

 

先ずは、
農家から渋柿を買って自宅で干したという干柿。
この時期、硬いほうの干柿は、欠かさないほど大好物だし、いい色で甘さも程よい。 流石!

fuku0003.JPG

 

 

次に
こちらも、自家製のルバーブをジャムにしたそうだ。

fuku0002.JPG

 

 

そして
庭の木に2つだけ生ったという、貴重なレモン 
普段わたしが買っている国産レモンとは、種類が違うのか
色が鮮やかで、ぷっくり太っている。

fuku0004.JPG

 

 

切って、絞って、飲んでみた。
酸っぱい中にも甘さがあって、ストレートでもイケル美味しさ! 凄い!

 

fuku0005.JPG

友人宅の埼玉産レモン                             購入した国産レモン

 

 

 

忙しい方なのに、生活を楽しんでいらっしゃるところは
今年見習いたい気持ちでいる。

 

 

 

※本日のひとこと
友人達からのいただき物が続きました、ご馳走さま。
有難いことに?体重も戻らないまま。                                         pana

January 25,2010 07:03 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

飯能カフェ フィオレット

いちご狩りの帰り道
どこかでお茶しようと考える。。。。。

 

 

「飯能のフィオレットどう?ケーキもあるし。」 とたどり着くと
店内はほぼ満席で、熱気で溢れている。 (写真で見るとヒッソリしているけれど、中は凄いんだ!)

fio0002.JPG

 

天覧山や、能仁寺に近いフィオレットは
ハイキングや、ドライブ帰りの一息に、手づくりケーキも嬉しい。

 

以前うかがった時の夏頃のケーキはこちら

fio0003.JPG

fio0004.JPG

いちごでお腹一杯のわたしたちは
食事は無理そうなので
テラス席でお茶にする。 

 

 

因みに、今日のおすすめランチは
ホットパイ
パスタ
サラダ
プチヨーグルト
ドリンクで 1,000円

fio0007.JPG

 

ケーキを決めて 

好みのカップを選んで 

お替り自由のコーヒーは
只今ちょっと抽出中。

fio0005.JPG

 

 

わたしはケーキも入りそうになかったので
友人だけ、木の実のタルトをたのんで。

fio0006.JPG

 

ひと口
ごちそう様
ナッツたっぷり、上は柔らかいキャラメルで覆われ、美味しい、380円はお廉い。

 

fio0008.JPG  

 

 

春のような暖かいこの日
スタッフの女性も明るく優しく、気持ちまで緩んで心地よかった。                         

FIORETTO  フィオレット                fio0001.JPG

 

飯能市山手町 16-9
TEL 042-974-1565

火休み

January 24,2010 07:34 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

いちご狩り

今年になって初めて会う友人の妙案で
いちご狩りに行く事になった。

 

 

運転してもらって、着いたところは横瀬町
秩父駅のすぐ手前で、結構遠くておつかれさま。

 

 

武甲山といちごのビニールハウス 

 

yokoze0001.JPG

 

 

あしがくぼ辺りからいちごの看板を目にするが
友人が以前にも来たことがあるという 上の原農園で 摘み取り。

yokoze0002.JPG

 

食べ放題 1,500円
平日だったためか、時間制限は無いという。
もっとも、何時間も食べ続ける事は全く無理です。

yokoze0003.JPG

ふむふむ

yokoze0004.JPG

なるほど

では、畑へ。

yokoze0005.JPG

 

品種は、紅ほっぺ

yokoze0006.JPG   yokoze0007.JPG   yokoze0008.JPG

大~きな一粒
水分が多く、フレッシュ!!!(当然ですね。)
甘さはほどほど。

 

 

 

お持ち帰りは
これくらいで(1kg) 1,000円 

yokoze0009.JPG

 

このプランター一鉢も、1,000円

yokoze0010.JPG

 

一月の間は、平日、土日とも営業とのこと。(不定休)

yokoze0011.JPG

へたを数えたら、たった40個だった。                                                   
                                 ほんと、食べ放題に向いてないな。    pana

 

 

 

上の原農園

秩父郡横瀬町横瀬3303
TEL 0494-23-8975

January 23,2010 07:56 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

わざわざ行きたい アルフィオーレ

今回、宮城県に行くと決まってからあまり時間が無かったけれど

書店で
地方にあっても全国区『わざわざ行きたい美味しい店』の表題に惹かれて雑誌をめくると
仙台市内の店も紹介されていた。
その中から、イタリアンのアルフィオーレに行ってみようと思った。

自遊人 1月号(隔月)
表紙には、『お願い、買ってね(ハートマーク)』とも書いてある。  「買ったよ!」

al0050.JPG

 

記事をよく読まないままに、直ぐ予約の電話を入れると
女性のスタッフの方が、料理の希望などを丁寧に聞いてくださる。
コースメニューはあるが、基本的にはその日の食材の中から客自身が選択し、
調理法などを伝えて作るという。
難しい事がわからないといけないのかと思うと
『こんな感じのお料理。』というのでも大丈夫だそうだ。

 

随分長くお話を伺ったうえに
「今、シェフが不在ですので、のちほどこちらから、おかけ致します。」と仰る。
そこまで、ご丁寧に。。。と恐縮し
急いで、記事をしっかり読み返す。

 

そして、東北の優しい話し方が印象的なシェフのイタリアンを楽しみにした。


al0000.JPG

 

広瀬川沿いの高台
窓の外に吊るされているのは、ベーコンや生ハムの塊パンチェッタ、サラミ、コッパ。
その無添加ハム類を熟成する小屋や、無農薬、不耕起、無施肥栽培の野菜を作る畑
その土地の食材を料理するために、ご自身で作られるとのこと。
詳しくは雑誌等で。

al0002.JPG

 

A3版二つ折りの紙に本日の食材が書かれていて
その中から、指定していく。
al0004.JPG

 

山形県タケダワイナリーサン・スフルを
グラスに注いだ時の発泡から、味の変化を楽しみ飲むのが良いと言う。

al0005.JPG

白神酵母を使った
ドライフルーツ入りの自家製パン

al0006.JPG

パン遠景
いい色気!

al0007.JPG

注文した料理に合わせて
パスタ打ちも始まる。

台の下は、ジビエたちが、ひっそりとお休みするところ。

al0008.JPG

 

前菜盛り合わせ
生ハム   大浦太ごぼうの中に隠元豆を詰め自家製リコッタチーズ添え  自家製のしっかり水菜
甘いリキュールの香りの鴨フォアグラ   宮城丸森の小猪のパテ  大浦太ごぼうのドルチェ
(いちじく煮だったかな?)
黄色いビーツ

al0009.JPG
綺麗で美味

 

イイダコとコウイカラグーソースポロネーゼ+ちりめんキャベツを
トマトソースでの パスタ。

al0010.JPG

絶品!

 

 

紅芯大根、ちぢみ雪菜ソースのパスタ
石臼挽きのパスタがよく見えますか?

al0011.JPG

 

いつの間にか目の前に置かれていたベーコン

al0012.JPG

後で、意味がわかる。

 

al0013.JPG

真摯で果敢

という言葉がふさわしい目黒シェフ。

 

そのシェフが、食材の説明をしてくださった岩手の龍泉洞黒豚は
完全放牧で時間をかけて特別に大きく飼育したものという。

豚の臭みが無く、脂も軽い。 熟成2ヶ月のロース肉 ビンコットソース
黄色いビーツ、雪菜とドライトマトを入れた自家製ジャガイモのマッシュ
夏に収穫されるトマトを軽くドライにしてオイルに漬けたものを一年間で使っていくという。

 

夏は畑で、冬はハム作りで大忙しとのこと。 

 

al0014.JPG

 

 

デザートにねず(杜松)の実と焼いたりんごのジェラートは特徴がある。
al0015.JPG

もう一つ、バニラのジェラートはシンプルですがミルクがとても美味しかった。

 

『食後のエスプレッソは是非お砂糖を入れて!!』 と書かれたメニューから

アメリカーノをミントクッキーと
エスプレッソ用にローストされた豆と本格マシーンで抽出される様は
カウンター越しに眺めているのも楽しい。

al0016.JPG

 

幸せなお昼もそろそろおしまい。
じつは、「無理でなければ。」と、お土産をお願いしていた。
コンロの隅でじっくり煮込まれていたそれは
イカとタコのわた入り白ワイン煮込みトマトソースのリゾットと、ベーコン↑
帰宅して、雑誌を見ながらお土産とお土産話で又楽しむ。             ごちそうさまでした。

al0001.JPG  

 

わざわざ行きたいアルフィオーレ
夏の野菜いっぱいの時にも出かけて見たい。

 

 

AL FIORE

 

宮城県仙台市太白区向山 2-2-1
エスパシオ向山1F

TEL 022-263-7835

昼・夜ともに完全予約制 水休み  

 

 

 

 

January 22,2010 10:10 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages