今日の食HOME

今日の食

プロバンス セナンク修道院

          Abbaye de Senanque           ←            →   Gordes

senanque0001.JPG

左へ
深い谷の下に、有名なセナンク修道院

senanque0002.JPG

 

スモークツリーが目を引くアプローチの先に、建物が見える。

senanque0003.JPG  

senanque0004.JPG

手前のラベンダーが、紫になった写真が有名ですが
まだ、少し早い。 (6月)

 

入場料を払って、解説付きのコースは、1時間ほどかかるとのことなので
それでは、先にトイレに寄って、と思ったら
ここからは行くことが出来ないという。

『ま、いいわ。』と思っていると
Mから、
「行って来いよ。」と言われる。
「いいよ、大丈夫だから。」とか喋っていると
遠くの方から

「しーーーーー!」という声がこちらに向けられる。。。

ガイドの方の説明が始まっていたので、怒られた & 皆さんの視線。
「しー。」とか言われるの小学生以来かも、 

 

凹む。

senanque0005.JPG  

フランス語の解説じゃ解らないけれど、(英語でも無理か。)
写真撮影は自由なので、集団から外れる旅行者になる。

 

 

 

そんなわたしを不憫に思ってか
マダムが近づいて来て、小声の英語で説明してくれる。
「この床の小さな一つの区切りが、一人分の居室よ。」

senanque0006.JPG

救う神あり。

senanque0007.JPG

senanque0008.JPG  

マダムとムッスィユーは、ナチュラルカラーがお似合いのおふたり。
わたしと同年代の感じがした。

 

回廊 の光と影

senanque0009.JPG  

senanque0011.JPG

senanque0010.JPG  

  senanque0017.JPG senanque0012.JPG

禁欲を旨とするシトー派の修道院は
窓の装飾やステンドグラスも、大変簡素な美しさ。

senanque0016.JPG

修道院の四季がスライドショーで見られる セナンクのHP

 

更に東の、 Abbaye de Thoronet ル・トロネ修道院にも行きたかったけれど、遠くて断念。

 

怒られ侍ホテルに戻り
およそ禁欲的でないディナーをいただく。

July 30,2010 06:54 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

所沢 カフェラ ペルレイ

 

 

ある日の夕方

美容院の予約時間まで少しあるので
龍の子のトマトラーメンにするか
カフェでコーヒーか、迷う。

 

う~ん、 カフェ!

 

 

所沢プロぺ通り
少し入って、路地を右に、
知らないと行けそうもないところが、いい感じの、カフェラペルレイ

per0002.JPG

 

白い階段をのぼり、2階へ

 

per0001.JPG

長いカウンター
丸いテーブル、四角いテーブル、奥のコーナーと
様々な居場所を選べる。

 

今日は、カウンターの中央に座り
店に置かれた雑誌を見ながら過ごそう。

喫煙可のようですが
隣の人とは気にならない距離がある。
per0005.JPG

ホットケーキか、このデザートにするか。。。 

per0004.JPG

それに合わせるコーヒーは
苦めのブレンドで per0006.JPG

花柄など色々なカップが用意されているけれど
わたしには、いつもこれが出てくる。

 

 

見た目、の印象にあわせているのだろうか? 別に深い意味はないのか? 

 

そして
パンナゼリー

 

 

  per0007.JPG  

すっぱいレモンゼリーと、まろやかなパンナコッタ
少々お高めですが、見た目も涼やかで綺麗。
一緒に小さく含んで舌の上で転がすと、美味しさがより楽しめる。 

 

 

 

夜にも行きたいと思うのだけれど
終わりの時間は早い。

  per0003.JPG

1938年から、営業しているの?! 
そんなこと無いですよね~
今度お聞きしてみよう。 

 

 

カフェ・ラ・ペルレイ

埼玉県所沢市日吉町3-6

TEL 04-2924-6688

July 28,2010 06:33 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

南仏プロバンスへ

LABORDE AU CHATEAU

 

 

ラボルド・オ・シャトーの町を離れ、
レンタカーの取次ぎをしているガソリンスタンドで車を返却して、ボーヌ駅へ 
スタンドのお姉ちゃんマドゥモワゼルが、タクシー会社に電話して呼んでくれるという。   ところが。

bou0100.JPG

天気が悪いせいか、なかなかつかまらないようだ。

このスタンドは、ガソリンを入れるのはセルフだけど
料金を店内で支払いする形式だし、
朝なので食料品やパンを買うお客さんも次々に訪れて、とても忙しいお姉ちゃんマドゥモワゼル。
肩に受話器を挟んで、何度も何度も電話を掛け続ける。
ニコリ(^.^) ともしない(忙しくてそれどころでない)けれど、お客さんへの応対は完璧で感心する。
勿論、英語もできる。

TGVの時間も気になりつつ、15分ほど経っただろうか。。。しかたないバスを探すか。。。

と、、、呼ばれる。
お姉ちゃんマドゥモワゼルの、知り合いなのかそうでないのかは解らないが
店に来たお客さんのマダムに、わたしたちを駅まで乗せていってくれるよう頼んだと言うのだ!
凄いでしょ。 マドゥモワゼル

 

全く驚きながらも、お礼を言って
早々にマダムのプジョーに乗り込む。
この方が又、座席の荷物なんて瞬く間に車内に投げ飛ばして
大、小のトランクと東洋人2人分のスペースを作ってくれる。

pro0002.JPG

多分出勤途中の、お忙しそうなマダムに
軽快な運転で送っていただき、無事列車に間に合う。
幾つか用意しておいた日本の土産は、とっさのときに役に立った。
もちろん車代も忍ばせて。

 

数十分の出来事が嘘のように
降る雨にしっとり落ち着いている GARE DE BEAUNE ボーヌ駅

pro0003.JPG  

pro0004.JPG

予定通りのTGVで、久しぶりの鉄分補給!
AVIGNONまで行く。

pro0005.JPG

日本でネット予約した席は、一応一等車両でしたが
頑張ってフランス語サイトまで入り込んで購入すると一番廉い!
プロバンスの友人もそれで買っていると言っていたので、正解だ。


一旦 GARE DE CHALON SUR SAONE  シャロン・シュル・ソーヌ駅で乗り換え
何だかホッとしたので、ちょっと甘いものでも食べたくなる。

pro0006.JPG pro0007.JPG

ドーナッツか、マフィンか迷って pro0008.JPG

マフィン、 アマイ、  けどウレシイ。

pro0010.JPG  

乗り換えも済んで
いよいよ南仏へ。

ふと、車窓を見ると
今までの雨があがり、遠くには青空も見える。

pro0011.JPG

更に列車のスピードに合わせるように
刻々と雲が切れ、雄大な景色が流れてきた。

pro0012.JPG

それまで豪雨だったというプロバンスも、晴天に恵まれる旅となる。

 

AVIGNON TGV
アヴィニョンTGV駅 に到着。

pro0013.JPG    

2001年に完成したという駅と、周りの施設は近代的に美しい。
レンタカー、Hertz と Avis も駅隣接の駐車場内にあり、近い。

 

岩山の狭い道の町を巡るため
またまた小さい車を借りる。(一応メルセデスとかも、勧められます。)

pro0014.JPG  

                                                      空も青い

pro0015.JPG

いっくぞーーーーー!   pro0016.JPG
                                                

 

その天気の中
目に飛び込んできた町 Gordes ゴルド

pro0019.JPG

どう頑張っても、写真より実物が素晴らしい。

pro0020.JPG

家々が岩山の斜面に渦巻状に連なっているのもわかる。

pro0021.JPG  

 

その造りは
この地方に、石器時代から伝わるという石積みの家
ボリーと呼ばれる。

pro0022.JPG

  

pro0024.JPG

pro0025.JPG  

 

下の道から
ゴルドを見たところ。

pro0027.JPG

pro0026.JPG

こちら側からも、美しい。
『絵になる』 というのは本当にこう言う事だと思う。

 

 

そして今夜の宿へ

pro0028.JPG  

 

Le mas des herbes blanches

ル・マ・デ・ゼルブ・ブランシュ

pro0029.JPG  

 

何と言っても素晴らしかったのは
リュベロンの山並みを一望できる、このロケーション。 

pro0031.JPG

pro0032.JPG

だから、テラスでのウエルカムドリンクも
最高でしょう。

 

 

ホテルのHPも爽やか~。

July 26,2010 06:49 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

ブランシオンの小さな教会

天気が残念なこの日は
車で走り、小さな村を巡り続けた。

bou0133.JPG

Chapaize シャペーズ

bou0134.JPG

人は居ない、日本人になんてもちろん会わない。

高い鐘楼が美しいサン・マーティン教会。

bou0135.JPG  

右側通行だけれど、日本、北海道と言えなくもない風景。

bou0137.JPG

Brancion ブランシオン へ

bou0138.JPG

bou0139.JPG

しかし、目的の教会はここでは無かった。

 

 

次!

  bou0140.JPG  

 

Brancion
ここに間違いない。

 

bou0141.JPG

車を停めて
霧の中の村へむかう。

bou0142.JPG

 

bou0143.JPG

 

bou0145.JPG  

 

Eglise Saint Pierre  サン・ピエール教会 bou0144.JPG

しずか

     

奥の壁には
フレスコ画

bou0161.JPG  

 

 

怖いくらい暗い教会の中から
外の世界を臨む。

bou0146.JPG

bou0147.JPG  

晴れていたらその先には、いったい何が見えたのだろうか。

 

 

起伏に富んだ緑の牧草地
白いシャルレ牛
オレンジ色の屋根

bou0159.JPG

 Google Map  拝見。

bou0160.JPG

 

 

この天気のお陰で
少し落ち着いた時間を過ごし、又高速に乗って、ジットへ帰る。

 

次はいよいよプロバンスへ

July 25,2010 06:52 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

所沢西武百貨店 とらや

おつかいものの、おかいもので
会社帰りに所沢西武百貨店へ。
地下の売り場へはエスカレーターを利用することが多いけれど
たまたまエレベーターで降りたら、そこに

 『 と ら や 』      toraya0001.JPG

 

期間限定の店舗で、今回は、8月16日(月)までとのこと。
羊羹、水羊羹、夏羹などが並んでいる。

丁度良かった。池袋まで行かなくてもいいわ。

でも、おつかいものだけでは寂しいので、自宅用にも小さいのを購入。
我が家では、羊羹のほうが水羊羹より好かれてるよかん。
toraya0002.JPG

 

パッケージは綺麗な、日本の色

toraya0004.JPG

 

   小倉の夜の梅         はちみつ入りはちみつ      抹茶入り新緑

toraya0007.JPG  

甘さしっかり                  甘さしっかりねっとり         ほんのり茶の味

 

             

               黒砂糖入りおもかげ          白小豆入り空の旅

toraya0006.JPG

                  黒砂糖のこく            鮮やかな色甘みあっさり

 

わざわざ、水でじっくりお茶を淹れ
猛暑日をしのぐ。

 

OGGIもあると良いのに。。。

 

あっ、それは東武か!

July 24,2010 07:59 AM | コメント(2) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages