今日の食HOME

今日の食

西東京市 武蔵野茶房

久々の西東京市
考えてみると、小さいころから大きくなってまで、意外に縁がある街、田無。
所用の帰りにカフェする。

 

 

遠くからも見える
酷暑に揺れる『氷』に誘われ
musashino0008.JPG

先ずは、
オープンから20年以上になるという
武蔵野茶房本店へ

musashino0001.JPG

 

昼少し過ぎたころ暖簾をくぐる。
ランチにはカレーなどのメニューがあるせいか
香り立つコーヒーの匂い、、、とは違うけれど
ま、一息つきましょう。

 

 

 

『氷』 を食べるぞ!
のつもりでメニューを眺めるも、体調もいまひとつで
完食の自信が無い。。。

musashino0002.JPG

コーヒー、紅茶、のバリエーション、和スイーツの種類も豊富で、とても迷う。 

 

 

 

結局
「寒天がさらに美味しくなりました。」 の 『みつまめ』で決まり。
わたしとしては相当渋い。

musashino0003.JPG

 

テーブルの季節の一輪が可憐。

musashino0004.JPG  

 

みつまめ登場

絵のよう。

musashino0005.JPG

 

黒蜜でいただく。 (白もあり)

musashino0006.JPG  

すっきりと涼やか寒天
塩梅よく炊けた赤えんどうに
出来立て白玉の柔らかさで心地いい満腹感。
いつも、これ位で抑えておけばいいのにね。

 

 

 

さ、これでまた暑い外を、少しだけ歩けそう。   musashino0007.JPG                                                         

 

 

 

武蔵野茶房 田無本店            

東京都西東京市田無町4-3-12
TEL 042-468-2200

August 23,2010 06:37 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

入間市フランス料理 ウェロニカ・ペルシカ

7ヶ月ぶり。
そんなぶりなのに、昨日も訪れていたような気持ちにさせる、ウエロニカペルシカ
来て見ると、更なる進化と美味しさが盛り沢山になっていた。

veronica0001.JPG

・先ず、アプローチに、ゲートと、ボードが出来ている。
ローズマリーも茂る。

 

 

この日は、夜からは店の夏休みというタイミング、
満席でランチをいただく。 (通常営業中ナウ)

veronica0002.JPG

 

 

席について、早速ランチメニューを眺める
「去年も桃のスープを召し上がっていただきましたので、ガスパチョもご用意できますが 。」

 

そうそう、去年も8月の終わりに、、、って!どーして覚えてるのですか!

veronica0003.JPG

酷暑の中、
直ぐに飲み物と自家製パンが出されるのはとても嬉しい。
ドリンク類も種類が増えている。
このワインも美味しい シャトーミランボーパパン2004(仏ボルドー)

 

飲まない方には
・温かい枇杷茶ですっきり(お酒を召しあがっても、のちほどいただる。)
庭のびわの葉をコトコト煮出したそうだ。疲労回復、夏バテになどに薬効多し。

veronica0004.JPG

 

一つ目の
自家製パンを、たっぷりバターでいただく。

veronica0006.JPG  

桃の冷製スープ。

veronica0007.JPG

下層のジュレには
ズワイガニ

 

 

ガスパチョ。

veronica0008.JPG

 一口目は、シャッキっとする酸味、その後心地いい味に変わっていく。
目にも喉にも沁みる美味しさ。

 

一緒に添えられる自家製パンは、天然酵母にローズマリー(自家製)入り
ひとつは、青トマト(ご近所の畑産)のカナッペ
veronica0010.JPG  

もう一つには赤トマトが載っているので二人でシェアする。

シェフが最近嵌っているというブラジルの
テンペロバイヤーノというスパイスを添えて。
色の感じはターメリック辛みは無く香ばしい。

veronica0011.JPG

 

久しぶりにうかがって一番嬉しかったのは
自家栽培の野菜やハーブ、ご近所さんの野菜と
沢山の地場野菜が料理を彩っていることだった。

veronica0019.JPG

veronica0020.JPG

 

そんな野菜がちりばめられた
静岡産メダイ自家栽培ハーブのパン粉焼き
埼玉県吉川産玉締め胡麻油とバルサミコのソース
右奥は、あしたばの素揚げ

 

 

 

veronica0012.JPG  

ふんわりと仕上がったメダイに野菜を沢山食べましょう。

 

 

 

そして、このコースのデザートは
自家製マーマレードとアーモンドのセミフレッド
カンパリオレンジのジュレ添え

 

veronica0015.JPG

真夏のデザート
イタリアンな半分凍ったアイスは、仄かなマーマレードの苦味が美味しい。 

 

 

休日のランチは、大きなお子さんからおじいちゃままで 
家族連れでゆたりと楽しんでる方々が多く、好きな雰囲気。
庭には、白い百日紅が涼やかだ。

 

 

veronica0017.JPG

 

 

 

 

 

実はコースのデザートの前に、追加でデザートを頼んだ。

隣のテーブルで見てしまったのは
すいか、スイカ、西瓜、すいかのデザート
この時期になると、思う存分食べておきたくなるし、毎年そうして夏を過ごしてきた。
だから後悔の無いように、すいかのデザートをついかした。

 

 

単品で

veronica0013.JPG

?! いや、これは、原材料でしょ !?

わざわざテーブルに運んでくださった黒皮タヒチ西瓜。
なんと、ご近所さんの畑産という。
埼玉は、いつからタヒチになったのか?

 

わたしとしては、このままでも、完食できますが。。。

 

 

 

こちらが、タヒチ西瓜のジュレとフルーツ

veronica0014.JPG

我を忘れて、凄い勢いで食す。 
来年になったら、きっと「昨年はタヒチ西瓜を召し上がられたので。」と言われる事でしょう。

 

 

シェフの作ったビスコッティにコーヒーで〆る。

 

 

 

 

veronica0016.JPG

この日、お客様は多分17名くらいいらしたと思う。
滞ることなく進む料理には、いつもながら感心させられる。 
帰りがけに厨房のシェフに
「誰か隠れていませんか?」と話しかけてみたら、おどけて振り返っていた。
実は居るのかも?!

 

毎日焼かれるパンは、テイクアウトできる。

 

 

veronica0018.JPG

店のブログ

料理だけでなく絵も旨い(あえて旨いと書きたい)。微妙に似ている、、、 お二人。

veronica0021.JPG

メニューの経木は持ち帰れます。

 

 

 

 

Veronica persica  ウェロニカ・ペルシカ

埼玉県入間市野田 653
TEL 04-2932-6006

11:30-14:00
17:30-21:00
水休み(月一回連休あり) 

August 21,2010 06:25 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

リュベロンのアラカルトなディナー

Le Mas des Herbes Blanches  ル・マ・デ・ゼルブ・ブランシュ
2泊目のディナーは、アラカルトで。

の前に
部屋でこっそりビールを飲む。

lemas0030.JPG

くーーー久しぶり。

lemas0031.JPG

何事も無かったかのように、テラス席に座る。                  ↓ 彼女は活発で美しい!

lemas0032.JPG

Mは、全てをレコメンドしてもらうと言う。
わたしはそれでは面白くないので
メニューに集中し、その文字から料理を想像する。(結構真剣)

ギャルソンに、前菜からデザートまでを告げたところで
「good selection 」と言われる。(お世辞でしょうけど) 

料理を比べてみよう!

 

 

前菜


うわ。
フォワグラのテリーヌ 。

lemas0033.JPG
杏、桃、蜂蜜のチャツネ、ブリオッシュトースト添え

 

 

 

わたし
車えびのガスパチョ
素敵!

lemas0034.JPG  

Combawaという柑橘類の香り、野菜の春巻き添え。

 

 


メイン
うわ、うわ。
シャロレ牛ター菜のソテー添え。

lemas0036.JPG

 

 

 

わたし
更に素敵!!

赤いボラ、プロバンス風ラタトゥユ、ほのかに甘いガーリックソースで。

lemas0037.JPG

 

 

勝ったかも。

lemas0039.JPG

 

デザートは、どちらも美味しそう。

チョコレートスフレとパッションフルーツソルベ。

 

lemas0044.JPG

 

 

 

ライトレモンカードの上にフランボワーズのケーキ
ソルベを添えて 。

lemas0045.JPG  

 

Chef Yvon

 

lemas0046.JPG

 

まだまだ素敵なプロバンスへつづく。。。

August 18,2010 07:45 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

フランスのコンフィチュール 日本のジャム

フランスで友人お手製のコンフィチュールをいただいて
あまりの美味しさに、直ぐに食べ終える。

 

代々継がれている銅製の鍋で
一年を通して季節のジャムを作るという友人の 

庭の杏のジャム &   Citreという見た目はスイカそっくりで中身は黄色、種が赤という果実
                と、オレンジと庭のレモンを使った黄色いジャム。
                フランスでは、数種のフルーツを組み合わせたジャムも多いようだ。       

jam0001.JPG

  

透明な輝き
Citre シートルのナタデココみたいな食感と、とろける美味しさ。
黒い粒々は、バニラ(棒)

jam0002.JPG  

忘れられない味

 

 

 

 

 

さて、8月のある日
家に桃が集まる。。。

山形産 紅国見     長野産 あかつき   長野産大きい桃  の3種

jam0004.JPG

生が一番! だけれど
これほど大量では。。。

 

10個はジャムにしようと
重い腰を上げる。

jam0005.JPG

角切りにした桃に、レモン汁をかけ

jam0006.JPG  

砂糖をかけ
脇の、袋の中は、色付け用の桃の皮。

jam0007.JPG  

煮る。

jam0008.JPG

規定量の半分の砂糖でも甘い仕上がり。 

jam0009.JPG

味は普通だけれど、透明感は無いな~。

 

友人は、全くジャム作り名人だわ!

August 16,2010 06:51 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

羽村 きまぐれやでディナー

 

 

フランスから帰省中の友人を交えて
イタリア料理を食べる 文月。 

 

羽村に詳しい友人の案内で
駅から南へ、街を解説してもらいながら多摩川方面に歩く。

 

鬱蒼とした森が涼を呼ぶ坂道
神聖な空気がするのもその筈。 

kimagure0050.JPG  

右手に
稲荷神社 と 馬の水飲み場

kimagure0051.JPG kimagure0053.JPG

左に
福音ルーテル教団羽村教会 

kimagure0052.JPG

 

更に下ると
Kの妻Sの兄が眠るという
禅林寺
kimagure0054.JPG

このハケの坂は、お寺坂と呼ばれているそうですが
神仏混合三位一体の坂とも言えるでしょうか。。。

 

「で、これは?」

「地域の自治会館です、はい。」
窓にはステンドグラスが見えるし、障子も見える、和洋折衷。

kimagure0055.JPG

 

相当時間をかけて、やっと多摩川に出る。

 

kimagure0057.JPG

お喋り している後ろで写真を撮りながら歩くわたし。
玉川水神社を通り過ぎようとしたら 

 

 

「ここは撮らないでいいのん?」と言われるので撮ります。
東京水道の守護神とのこと。

kimagure0058.JPG

 

そして到着。
わたしは、5月のランチ以来の『きまぐれや』 

kimagure0059.JPG kimagure0060.JPG

毎日多忙なシェフの合間に入れていただいた。

 

ワインと、
グレープフルーツに見えるのは自家製神社エール???ジンジャーエール
トマトに見えるのは、ブラッドオレンジジュース。  
久しぶりの方も、この前会ったばかりの方も、乾杯!
フランス話に花が咲く。

 

 

 

kimagure0061.JPG

 

予約時に、もう一組お客様が来られると聞いてた。
『訳ありのカップル。。。』ですと、申し訳ないなと思ったのですが
やはり和やかな友人同士のようでしたので、それは良かった。

 

 

お任せの3,500円のコース
とても珍しいものをいただきました!

 

とまとの雫のスープ

 

kimagure0062.JPG

ほんとう、トマトの味、見た目も美しいジェル。

 

 

これが初めて! 生のイベリコ豚
溶ける脂を塩味で。

kimagure0063.JPG

脂も気にならず、肉には噛み応えもある。
いやー、どこで手に入れるのかしら?! 

 

本日、生のトマトが苦手な一名が参加。
そのためシェフは、一人分だけのトマトに火を通して仕上げる手間をかけてくださる。
本人大感激!!!

 

 

入梅いわしのオイルサーディン

kimagure0064.JPG  

艶もいいし、オクラもいい。 

 

 

若鮎のコンフィ

kimagure0065.JPG

吉野の鮎は、頭から尻尾まですべていただく
麦のリゾットのほのかな生姜味、さっと振られたチーズとも、とても好み。 美味しい。

 

 

またまた初めて
岩手北上四元豚
そんなの居るんですね?!
三元豚はいただきますが、更にグレードアップしたプラチナ豚だそうだ。
知らなかった。

kimagure0066.JPG  

なるほど、優等生のお味。 

 

デザートは
季節の桃
ブラッドオレンジのソルベ
バニラヨーグルトを
桃のネクターで。

kimagure0067.JPG

 

前日も、翌日も出張というなかで、
一皿、一皿を楽しませていただき、ごちそうさまでした。

 

kimagure0071.JPG kimagure0068.JPG

きまぐれや

羽村市羽中 4-8-21

 

 

夜は更ける 。

kimagure0069.JPG  

 

 

さて、わたしともう一人の西武池袋線組は、
ここから帰ると、家に着くのは夜中12時近くなる。
まだ電車はあるのか?

「そういえば、前回は中央線で偶然、親戚の叔父さんに会ったよね。」
「そうそう、そうでした。まさか今夜は会わないよねー。」 

 

大丈夫だったが、近所のおじさんには会った。

August 15,2010 06:44 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages