今日の食HOME

今日の食

日帰り戸隠 おみやげ

長野駅で、出発までの30分ほどの間
ぐるっと見渡すと、あちこちに、アルクマが居る。

nagano0100.JPG  

旬のりんごを積み上げたこの箱の近くは
甘いい~い香りがする。

nagano0101.JPG

 

手を伸ばして、上から取って(無理無理) 
撮ってみる。

nagano0102.JPG

りんごが美味しい季節になった。

 

観光案内所も覗いてみる。

 

「これは、なんだ。」と言っている?アルクマ
それは、「別所温泉 安楽寺の 国宝 八角三重塔」だよん。 
わたしも、最近、先輩に教えていただいたばかりなんだ。

nagano0103.JPG

更に、You Tube で見つけた。
ドアをくぐるアルクマ動画 クリック

 

 

だいぶ宣伝しましたが、JR東の関係者ではありません。 pana

 

 

 

 

よくある、駅のおみやげ物屋にも入ってみる。   nagano0104.JPG


入って正面に 、大きなポスターと小さな箱。

 

新発売 長野千曲市産あんず使用 
あんずショコラ

 

この一つ残りは気になる。 

 

nagano0105.JPG

同行者によると
「これ、テレビでやってた!」というので、手が伸びる。
おみやげ物屋のおみやげにしては高級感があって高い1,260円。
店員さんによると、評判で生産が間に合わないとの事。 

 

そうこうしているうちに、いい時間になった。
アルクマちゃん、バイバイ!

nagano0106.JPG

そしてスケジュールの最後はコレ!
 

新幹線に乗り込むと
アテンダントのお姉さんが席まで届けてくれた。ブツ
これで、今回の日帰り旅行は、完璧に締めくくられた。  と思う。

nagano0107.JPG

車中、そばの実で買った
そば饅頭を食べて、家路へ向かう。

nagano0123.JPG

 

さて、あんずショコラ

nagano0108.JPG  

長野県産のあんず、製造者は千葉県だった。

nagano0109.JPG

nagano0110.JPG

これが、6個入りで、1,260円は高いが
中のあんずは、 ゼリーと思うくらい柔らかい、長時間煮込まれた丸ごとあんず一粒。
甘み、酸味、ビターチョコレートのバランスが美味しい。

nagano0111.JPG  

注※ 写真は、実物の 4倍 くらいの大きさです。

 

 

 

 

そして、アテンダントのお姉さんが運んでくださったのが
この2つのお弁当。
事前に、長野の日本レストランエンタプライズ TEL 026-225-1720
に電話で予約したところ
「日帰りでは忙しいでしょうから、車内の座席までお届けしますよ。」というサービスぶり。
お弁当も一緒に乗車して来たかどうかが大いに気がかりでしたが
無事に受け取って持ち帰る。

 

 

信州サーモンと、福味鶏の
吟醸炭火焼き弁当 1,200円

nagano0115.JPG

全18点の
信州職材フレンチおつまみ  2,000円

 

nagano0112.JPG

原材料名がびっしりと
そこには、保存料や化学調味料の表記は無い、長野産の素材を生かした駅弁 。
フランス料理店エスポワールと駅弁吉美のコラボ弁当とのこと。

nagano0122.JPG

 

長野県信濃町の松尾の酒粕漬信州サーモンと信州産福味鶏
長野県須坂市の伝統野菜村山早生ごぼうが香る、洋風味付け飯。
半熟燻製玉子と、野菜のピクルス
どれも、素材の香りが楽しめる美味しさ。

nagano0116.JPG

 

フレンチおつまみは
9種×2段で、18種。
パッケージなどが、駅弁仕様で残念なのですが、
駅弁で、こんなに凝ったフレンチとは。
コンセプトは信州の食材を使った 「フランス料理やジビエで駅弁」
中身は地元の安心素材と調味料、どれも興味深く味わえる。

信州産福味鶏の洋風肉巻き  セロリと信州産鹿のシチュー  信州産鹿のテリーヌ
信州産野菜のオムレツ   信州アルプス牛の肉詰パプリカ   信州アルプス牛煮込みイカ墨の香り
黒姫放牧豚の胡桃パン粉焼き   信州産野菜の洋風煮浸し  信州野菜のピクルス
nagano0113.JPG

東御市産白土馬鈴薯のニョッキグラタン 信州産長芋のキッシュ 黒姫放牧豚の香辛料漬けグリル
信州産福味鶏赤ワインビネガー煮込 信州サーモン吟醸炭火焼 信州産茄子コンフィ冷製燻製野菜
半熟玉子味付き燻製 古代米、そば粉、キノコのライスサラダ 茅野市産完熟トマトのコンフィ寄せ nagano0114.JPG

タイピングもたいへん。

nagano0121.JPG

そして
そばの実から平らにして持ち帰った、生そば。

nagano0119.JPG  

 

「汁と薬味を用意しておいてね!」と頼んだ家族は、まだ帰っていなかった。
やっぱりな。

想定外というか、ある意味想定どおり。

 

こうして、てんこ盛りの一日を満喫して終了。
友人たちは、目を丸くして驚いたけれど
日帰りでも結構イケル (^.^)                                     pana



 

November 03,2010 06:54 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

日帰り戸隠 戸隠神社中社

そばの実で、お蕎麦を食べて、
戸隠神社中社(ちゅうしゃ)まで下りてくると
すっかり霧が降りていた。

nagano0071.JPG

幻想的というか、よく見えない。

 

しかし、こういうのは見逃さない。

nagano0072.JPG

一切 入れません
(抱えても入れません)説得力あり。 

 

奥では、狛犬が社を守る。

 

 

大鳥居を囲む
樹齢800年を越す、三本の杉がそびえる。

nagano0075.JPG

三本杉のうち
石段の上にある、いの杉、高さ約37mの御神木
nagano0073.JPG  

 

 

nagano0070.JPG  

多少、パワーが弱まっているかもしれませんが
パソコンのディスプレイにふれては如何?

 

 

中社社殿へ

nagano0076.JPG

天照大神が天の岩屋に隠れたときに、神楽を創案し
岩戸を大きく開くきっかけをつくったという
天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)が祀られている。

nagano0077.JPG  

nagano0078.JPG

 

右側奥には、滝が流れている。

ここもパワースポットなのかな?

nagano0083.JPG  

nagano0079.JPG     nagano0088.JPG  

 

 

 

こうしてそろそろ戸隠を後にする。
美しい一日をありがとう(^.^)

nagano0089.JPG  

 

山を下りて、
速攻で、善光寺も拝む。 又ゆっくり来ますから。

nagano0086.JPG

nagano0084.JPG  

 

そして15時過ぎに、長野駅に無事到着。

nagano0085.JPG

さて、今度は、中途半端に30分ほど時間が余ったので
駅構内で、面白いものを探す事にする。                    いるいるアルクマ。  pana                   

October 31,2010 06:46 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

日帰り戸隠 そばの実

昼は、やっぱり戸隠そば でしょう。

30件あまりの蕎麦屋があるという戸隠
ネット情報では、甲乙つけ難いと、又、鏡池でお会いした地元美女三人組も
美味しいところはあちこちという感じで、迷うところ。


そこで、歩いてきた奥社、鏡池近くの『そばの実』に行くことにした。
中社の辺りに並ぶ蕎麦屋とは違って
鏡池入り口のところに、一軒だけ建っている想像していたよりも、大きな店 


朝、奥社へ行く途中に寄ると
店の男性数人が、きりっと清潔な身なりで力強くそばを打っていた。
12時頃うかがう旨を伝えて
その場でノートに記名出来たので、安心して昼まで過ごせた。(予約は不可)

nagano0050.JPG

紅葉が見える、座敷のほうがいいかな~。

nagano0051.JPG  

奥社、鏡池と歩いて、昼に来て見ると、
すっかり観光地的に混雑していた。
nagano0054.JPG

けれども、運良く、紅葉が眺められる座敷が空き、案内される。

nagano0053.JPG

湯気が温かい、えんめい茶
くまざさ茶ですね。この辺りの名産なのかな?

 

さて、どの蕎麦をいただこうか。。。

 

nagano0055.JPG

始めに
店でも販売している漬物が出される。

野沢菜しそ醤油  戸隠産大根味噌漬け
どちらも、余計な添加物は入っていないようで、おにぎりの中に入れたら美味しそう。

nagano0056.JPG

 

 

みそ包み揚げ

地元の具材を信州味噌でやや甘く和え、そば粉生地でで包んで揚げたもの。
「はあ、こういうのなのねー。」 一本しか頼まなかったので、ちっと寂しい姿ですが味はよい。 

味が濃いので、蕎麦前には合うか?
お酒が欲しいところ。

 

nagano0057.JPG

 

ざるそば

戸隠の清らかな水、独自の地下水を使って作るという。
まだこの時は、100%新そばにはなっていない時期。
新そば献納祭は、11月5日とのこと。

 

5つの馬蹄形に盛られた『ボッチ盛り』、元々神に奉納するときの盛り方だったそうですが
箸で取りやすい。

 

nagano0058.JPG

 

そして霧下のそば切り   

粗挽き 一日限定15食(何故かまだあった。)
そばの生育の頃、畑が霧に覆われていることが多いことからそうよばれているそうだ。

nagano0059.JPG

緑ががかった蕎麦は
きりっと香る。9割蕎麦。
汁は少し甘め。

 

nagano0060.JPG  

天ぷら盛り合わせ
もう一つ載っていた茄子は、食べちゃいました。 サクサク

nagano0061.JPG

 

串に刺さったそば団子というのも、惹かれる。。。

 

他の店も行列を見かけたので、記名してから観光がお薦め。

nagano0064.JPG

そばの実

長野県長野市戸隠3510-25 

TEL 026-254-2102

11:00~16:00 木、第3金休み 

October 30,2010 07:41 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

日帰り戸隠 鏡池

奥社に続いて、随神門から森林植物園の遊歩道を通り
鏡池へ向かう、約30分 。
このコースは、川中島バス会社に問い合わせたときに教えていただいた。
何でも、地元の方に聞くのが一番だ。

 

紅葉の樹木の中を歩く。
夏には、水芭蕉が咲く水辺。

nagano0020.JPG

木道が組まれていて、最後を除きほぼ平坦。

nagano0021.JPG

 

山の天気は変わりやすい
ガスってきた。 

nagano0023.JPG

 

見えない 、鏡池に到着。

nagano0024.JPG

 

次第に少しずつ霧が晴れる。

nagano0025.JPG nagano0026.JPG   

予報では雨だったので、少しでも紅葉が見られたのは嬉しい。
折角来たので
時間が許す限り、ゆっくりと霧が晴れるのを待つ。

nagano0027.JPG

 

また、霧が降りてくる。
晴れていれば、この紅葉の山の奥に戸隠連峰が見え
鏡のような水面に写る。

nagano0029.JPG  

nagano0030.JPG  

 

でも、霧の中の景色もなかなか幻想的。。。

 

nagano0035.JPG

 

写真撮影をお願いされた美女三人組と話しをする。
日帰りで来たと言うと、「車に乗せてあげるわよ。」と言ってくださる。
わたしたちが車を停めている場所までは、別ルートで車を使えば時間短縮になるけれど
今のところ順調なので、やっぱり来た道を歩いて戻る事にする。

ありがたい。あたたかい。 

 

お腹がすいた!
お昼は、朝のうちに名前を書いておいた店で戸隠そば。                       pana

October 28,2010 06:50 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

日帰り戸隠 戸隠神社奥社

先日、お客様から、
青森だって日帰りできる!とうかがい
またどこかへ行きたくなっていた。

 

この日は、夕方までには帰ってきたかったので
もう少し近くで、日帰り出来て、いつもと違う景色の場所は無いものかとネットで探していると
『鏡池』 『紅葉』 『見頃』 が浮かび上がってきた。
鏡池?どこなのか調べると、信州 長野県戸隠だった。
そばに、戸隠神社もあるし、そばもある。。。

nagano0001.JPG

どうやら、電車とバスで日帰り可能。
早速えきねっとで列車を予約する。
けれども天気予報が芳しく無いようなので、バスをレンタカーに変えて決行。

当日は、最寄り駅の西武線始発に乗っていく。
帰りは自宅に18時頃帰宅予定の、てんこ盛りな一日。さあ、抜かりなく行きますかどうか???

nagano0002.JPG

長野新幹線 あさま

車内での朝食は、
駅構内で買ったベックスのハーブチキンサンドと
車内販売のコーヒー  今月のプレミアムブレンドコーヒーはグアテマラ 結構濃い。

nagano0019.JPG  

用意した戸隠の資料に目を通していると

あっという間に、軽井沢を過ぎて、上田を過ぎて
長野駅に到着。

nagano0003.JPG

ここでレンタカーを借りる。

ところで、このこは 『アルクマ』 
年齢、性別不明の、信州デスティネーションキャンペーンキャラクター。

普段は 『りんご』 のかぶりものが、 
栗、柿は普通、 レタス、蕎麦、ワイン(ボトルごと)とグレードアップ↑
更には日本アルプスをかぶる  \(◎o◎)/ 驚くほどに変化する!

その画像は、JR東日本のHPを ここをクリック う、ウケル。

レンタカー営業所の方が
戸隠までの、ドライブルートは
わたしが予定していた戸隠バードライン(ナビでも教えるそうだ)よりも、浅川ループラインのほうが
運転しやすいと教えて下さるので、その通りに出発! 

nagano0004.JPG  

沿道で、実っているりんごは愛らしい。

nagano0005JPG.JPG

そして全く問題なく  戸隠神社奥社入り口に到着したのは、
予定より少し早い、9時15分頃、   順調順調。
ここからアルクマ。

nagano0006.JPG   nagano0007.JPG

真直ぐに続く参道、脇には小川が流れている。
ほんとうに、朝の空気がおいしい。
nagano0008.JPG  

地元の方によると、紅葉の時期の週末は、東京の原宿並に混むという。
この日は平日でしたが、帰りには結構混んで来たので、やはり朝早いのが一番!

 

 

紅葉した樹木のその先は
一転して、杉大木の並木になる。

 

参道入り口から徒歩約20分の

随神門
茅葺、朱塗りの門の先に、天然記念物樹齢400年を超える杉の幹が見えて神秘的。
杉の香りが漂う。

nagano0010.JPG  

戸隠神社は、近頃流行のパワースポットとしても人気という。
この先の奥社は、日本神話にある天照大神が天の岩屋に隠れた時、天の岩戸を開け
戸隠へと投げた天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)が祀られている。
パワーあり。

nagano0012.JPG     

そしてこの景色は、JR東日本大人の休日倶楽部
吉永小百合さんのCMで、流れているそうだ。
テレビで見たことは無いけれど
写真では伝わりにくい杉並木の迫力はHPの動画でも見られる ここをクリック

nagano0013.JPG

nagano0014.JPG

 

 更に、随神門から奥社へは約20分
人によっては大変な石段を上る。

nagano0015.JPG

奥社
晴れていると、背後に戸隠山が見えるという。

nagano0011.JPG nagano0016.JPG   

 

厳かな気持ちで手を合わせ
来た道を戻る。

奥社方向から、随神門を見ると、結構人が増えてきた。

nagano0017.JPG  

ここから、今度は
植物園内を通って、鏡池へ約30分歩く。

nagano0018.JPG

 

所要時間は、普通に歩いた場合で
日帰りのわたしたちは、早足で進む。空気がきれいなので、はあはあしても気持ちイイ 
近々トレイルランレースもあるようだ。                                  pana

 

October 27,2010 06:37 AM | コメント(2) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages