今日の食HOME

今日の食

長瀞 わらびもち ぎゃらりーやました

宝登山神社参りと、宝登山登山(ロープウェイで)を済ませて
参道を下っていくと、左手に阿左美冷蔵氷の幟がなびく。

ぎゃらりー喫茶 やました

yamashita001.JPG yamashita002.JPG

阿左美氷の宝登山店もこの先にあるが、他の店でもいただけるようだ。
でも、まだ少し季節が早い気もする。

 

友人がお薦めのわらびもちを食べてみる事にする。

 

「前は、こんなんじゃなかった。」と友人が言うように
この白く塗られた擁壁は、ちょっとひく。

yamashita003.JPG

店にいらしたご主人に、一瞬驚かれたけれど
営業中ではあった様子。

 

漆の品の他に、桜染めのショール、和紙あかりなどが展示販売されている落ち着いた店内。

yamashita004.JPG

yamashita005.JPG  

yamashita006.JPG

 

わらびもちと、抹茶を頼んだけれど
これなら抹茶は要らなかったかな、と思うくらい美味しく淹れられた狭山茶。
決して最高級の茶葉ではないそうだが、風味良く 旨みを出し切っている。

yamashita007.JPG  

奥様が「今から作りますので。」と言って奥に戻り暫し待つ。

 


楽しみにした、出来立てのわらび餅。蜜ときな粉で。
(※追記 2012年4月に再訪、わらび餅は少々変わっていて残念。。。)

yamashita008.JPG yamashita009.JPG

少しだけ暑い日に
うっすら甘く、ぷるぷるんの、喉越しの良いわらびもちを、本物の器でいただける。

 

 

 

 

冷たい抹茶。

yamashita010.JPG

 

最近、片岡鶴太郎氏が来ていたりする、ギャラリー。
知らないと少し入り難いかも。。。

yamashita011.JPG  

ぎゃらりー やました

埼玉県秩父郡 長瀞町長瀞 727-1
TEL 0494-66-3175

 

 

 

長瀞と言えば、この岩畳と
それによって、青く淀んだ荒川の流れ。

nagatoro001.JPG nagatoro002.JPG  

丁度、ドンブラコッコと流れてきたボート。

nagatoro003.JPG  

「ラッコー!」 と合図が掛かる。

nagatoro005.JPG

 

※注 溺れているわけではありません。

nagatoro004.JPG

空には、オオタカ?と思ったら
トンビらしい。

nagatoro006.JPG

続いて、鮎づくしをいただく。                                         pana

 

June 07,2011 06:44 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

秩父 宝登山神社はミシュラン☆ ご存知ですか?!

梅雨時に晴れると、とても気持ちのいいある日に、
秩父・長瀞へ遊びに行った。

 

関越自動車道 花園インターを下りると、このお姉さんは、どなた様?

hodo001.JPG   

車は急に止まらないので、通り過ぎる。 

hodo002.JPG

 

ほどなく
宝登山神社へ到着。

初めて来たけれど、白い鳥居と、金色に見える注連縄が清々しく立派。

hodo003.JPG    hodo005.JPG

 

ところで、
この後、ロープウエイで、宝登山に登ったら
同行の友人が、こんな新聞の記事を見つけた。

 

ミシュランに長瀞
埼玉で初、宝登山に☆

hodo006.JPG

仏、ミシュランの日本に関する旅行ガイド <ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン>
(高尾山が☆☆☆は、有名)

 

改訂第2版で、長瀞が紹介され、
埼玉県内において唯一 寳登山神社が『一つ星』の評価を得たというものだ。
仏でも、神社。。。。。

 

三つ星は、わざわざ旅行する価値がある。
二つ星は、 寄り道する価値がある。
一つ星は、興味深い。 となっている。

 

ここに登ってくるまで、知らなかったくらい皆知らないと思う。

 

後日西武線で長瀞の広告を見ると
格好良く紹介されていた。

hodo007.JPG

でも、もっと、もっと大々的に紹介するべきじゃない?
実際、興味深い神社ですし。

 

では輝く緑の中
本殿への階段を上る。

hodo008.JPG


平成21年に改修などが行われたそうで
鮮やかな色彩の彫刻が緑に映える、美しい社。

hodo009.JPG

hodo010.JPG  

ぐるっと拝観すると
マムシ草に遭遇したりする。

 

 

hodo011.JPG

 

わたしとしては、☆☆☆にしたい気分!!!

hodo012.JPG  

続いて
宝登山に登る。 ロープウェイで。

hodo013.JPG

『大昔に、遠足で乗ったことがあるような。。。』 と、思う
山麓駅の建物。

hodo014.JPG hodo015.JPG  

登って行く『もんきー号』は、途中
『ばんび号』とすれ違う。

hodo017.JPG    hodo018.JPG

約5分で到着の山頂からは、鋸歯状の両神山が見える。         ↓

hodo020.JPG  

頂上のツツジの時期は、もうおしまい。
有名な蝋梅は12月下旬~2月下旬が見頃。
これは、その実。
hodo019.JPG hodo021.JPG

山を下りて
美味しいワラビ餅の店に行く。                                      pana

 

 

寳登山神社 (ほどさんじんじゃ)

埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828

June 05,2011 06:16 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

ARK HILLS CLUB  鉄板焼き

早くも梅雨入りしたのだから、しかたがない。。。
37階からの眺め。

ark001.JPG  
アメリカ大使館宿舎↑

 

 

 

 

 

 

アーク森ビル
アークヒルズクラブへ

ark002.JPG  

 

37階に着くと、真っ白い床材が眩く、雲の上に居るようなエレベーターホール。
ル・コルビジェの絵画が飾られた、レセプションへ

 

静か。。。

ark003.JPG   ark030.JPG

 

 

ほぼ個室形式になっている鉄板焼きの広々とした一室で、ランチ。
フロアには他に日本料理、寿司、コンチネンタルダイニング。

ark004.JPG     ark027.JPG

MAX9人という部屋で

鏡のような鉄板を前に、二人というのは少しさびしいが
広い部屋、窓一杯の空を独占して、霞んでいても極上の気持ちよさ。         ↓TBS     ark010.JPG

この部屋からは、晴れていれば新宿の高層ビル群が眺められ
夕陽が沈む美しい光景も格別ということ。

 

 

メニューを開く。 ark006.JPG

わたしは
たっぷり春野菜の蒸し焼きと牛ステーキの
お手軽・贅沢ランチ
白御飯を、雲丹炒飯に替えて。

ark007.JPG  

もうひとりは
サーロインのコース。

ark008.JPG   

梅雨寒でも、ビール。
これは、ヒルズビールと言うらしい。
深い色でも、風味よく軽い一杯。

ark009.JPG  

隠れていた日本酒リストも見てみる。
東北と四国の5種。 

ark026.JPG

さて
一緒に来た人が風邪気味だというので
常備している葛根湯をバッグから出し終えたときには
接客担当の男性が水の入ったコップを手にして横に居た。 早!
背が高く、頼もしく、もちろん美男子だが、それだけではない
「聞こえてたの?」 と話したら、「聞こえてました(^_^)」 と、笑顔もHILLS級。

 

 

 

 

先ずは前菜
まろやか豆腐 
東北の食材も用いているということで、とんぶり。

ark011.JPG  

 

そして、食材が塗りの飯台に載って、
こちらも、いかにもご馳走を作りそうな笑顔の優しい調理長によって運ばれる。
東北産の牛ヒレ肉と
野菜は
青梗菜、キャベツ、椎茸、は普通。
湯葉、これも焼くそうで。
季節を先取りする沖縄の野菜で、ベビーコーン、白ゴーヤ、
そして、以前千葉のしんのみくうかんで初めて食べた、四角豆に再会。

ark012.JPG

ベビーコーンと椎茸、肉は、鉄板の向こう側の網のような場所で、じっくりと炙られる。
ゆっくり写真が撮れるかと考えていたら、結局そうでもなかった。

 

 

シェフと喋り過ぎた。。。
ark013.JPG

野菜から焼きあげられる。
野菜から食べると血糖値を上げないで済むと、ためしてガッテンでやっていた。
(わたしは糖尿病ではありませんが。)

ark014.JPG

東北地方のメニューということで
青森のげんたれ(玉ねぎとリンゴベース)
意外に甘くもなく、ピリッとしている。 
それか、藻塩で いただく。

ark015.JPG ark016.JPG

そして肉も出来あがる。
柔らかい肉の、焦げた部分の旨みも感じる。

 

 

ベビーコーン(半分食べた後の図)
甘く香ばしく、ひげもいただける。 

ark017.JPG

ご飯に選んだのは
3ヶ月ほどで変わる炒飯の中でも人気と言う
雲丹炒飯
当然と言えば当然の優秀な食材は
美しい色の北海道産の雲丹、新潟産コシヒカリ 

ark018.JPG

バターを溶かした上で炒められ
牡蠣醤油で味付けされている。

 

 

生の雲丹の香りと食感も所々に残り、
間違いなく美味しい!!!
赤出汁も、漬物も。 

ark019.JPG ark020.JPG

鉄板での最後の調理は、
風邪気味の人が、ニンニク多目でお願いのガーリックライス 
大きな鉄板で一人分のご飯は、とても小さく見える。

 

 

楽しく美味しく寛げる時間を、ごちそうさまでした。 

 

 

コーヒーは、ラウンジバーに移動していただく。

ark022.JPG  

ここからは東京タワーが見える(中央)少し。

ark025.JPG  

雨、、、
あぁ、帰ったら洗濯して乾燥までしないと。
文字通り身の丈に合わない大きなソファーで、束の間のセレブ時間を過ごす。        pana 

ark024.JPG

 

 

・・・おみやげ・・・
ナッツの入ったチョコレートケーキ

ark028.JPG ark029.JPG   

この日は残っていなかった、オレンジケーキも気になる。

May 31,2011 06:10 AM | コメント(6) | トラックバック(0)

鶴ヶ島 イタリア料理 ラ・チポッラ

 

鶴ヶ島方面、訪問の日のランチ

東武東上線 若葉駅が最寄の
イタリア料理 ラ・チポッラへ 

 

入口が緑に包まれた外観を目印に。
広い道路に面しているので、スピードを出して走ると見過ごしがち。
以前に、店と、道の斜向かいの広場にある駐車場も確認済み。

la001.JPG la002.JPG

温もりのある木が使われて落ち着いた店内は、
仄暗くて隠れ家珈琲店みたい。

la003.JPG

 

肌寒い日に
冷たくないお水が出てくるのは嬉しい。

ラ・チポッラを知ったのは、
随分前に越生の豆腐工房みやへ行った時。
店で使われている器も
越生の芦ヶ沢陶房の作品とのこと。

la004.JPG

ランチ ¥1,500のコース
前菜は旬の野菜の盛り合わせと、生ハムのサラダ。
その種類(15種以上)に驚く一皿。

la005.JPG

覚えている限りで
蕪、隠元、ラディッシュ、人参、ブロッコリー、カリフラワー、エシャロット、茄子、じゃがいも、キュウリ
さつま芋、おかひじき、トマト、そら豆、玉ねぎ、レタス・・・など、蕗も美味。
坂戸、川越、日高などの朝採り地野菜が、主役とのこと。
ボイルやグリル野菜に、塩味やドレッシング、チーズなどで変化をつけているので
ひとつひとつ味わっていくのが楽しい。

新玉ねぎのボイルは、家でやってみよう!

 

 

 

 

自家製パン
希望で追加も可。

la006.JPG

 この日のパスタは
・キャベツとアンチョビ
・フレッシュとまと
・自家製パンチェッタのクリームソース
から、パンチェッタをオーダー la007.JPG  

あっさりのクリームソース、緑はブロッコリー。

 

食後は 
越生の梅の木を材料にした、オリジナルの釉薬が使われていると言う、
暖かいカップでコーヒーをいただく。

la009.JPG

おいしい。
でも、最近事情があって胃を大きくしているので?まだ満腹にはならない。
デザートもイケそう!

坂戸産のいちごを使ったタルト。 

la010.JPG

甘いいちごと、甘さを抑えたカスタードクリーム。

料理、店、人、器 と
まるごと『ナチュラルピュア』な印象が統一されている感じのイタリアン。

 

 

 

静かなひとときを過ごして会計を済ませると
オーダーの伝票がそのままレシートとして渡される。
これは意外!

la011.JPG

 そうして交わした、奥様(かしら?)との笑顔も印象に残る。

 

 La Cipolla  ラ チポッラ

埼玉県鶴ヶ島市富士見 2-33-23
TEL 049-287-2243

日曜と第1、3月曜 休み

 

May 29,2011 09:15 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

自家焙煎珈琲ジュリアン ヤギもいるよ。

何度も前を通った事がある。
何人もの知人友人に教えてもらったことがある店に、やっと行く事ができた。

 

自家焙煎珈琲と手作りケーキの店 ジュリアン

jul001.JPG

何と言っても、
入口から建物が見えない、そこがミソ?

jul002.JPG

ジュリアンは、想像以上に周りを緑の木や、草花に囲まれた
温か味のある、素敵な一軒家だった 。

jul003.JPG

広い敷地の一角には、ヤギもいる。 メェ~~~。

jul004.JPG   jul005.JPG

おじゃまします。

 

長いカウンター席と、椅子席
窓の外には、緑とハーブと自然な花々が美しく、居心地がいい。

jul007.JPG    jul008.JPG

思った以上に男性客が多いのは
美人ショップマスターのせいかしら?
でも、
コーヒーマスターも明るい笑顔で迎えてくださるので
初めての一人おばさん客も、直ぐに寛ぐ。

珈琲は、コーヒーマスターに相談して、
自家製パンのサンドウイッチは
☆季節限定クレソンサンド、食べてみたい!と直ぐ決まったけれど
あいにく売り切れでしたので、ミックスサンドに。 (又、リベンジしなきゃだわ。。。) jul009.JPG   

jul010.JPG

マンデリンを、素敵な器で、一杯。

jul011.JPG  

しっかり作られたサラダも付いた
ミックスサンドウイッチ
自家製パンのトーストに良く合う、ハム、玉子、トマト、レタスがたっぷり。

jul013.JPG    jul014.JPG

 

 

支払いを済ませてテラスへの扉を開けると
ハーブの香りに満たされる。。。
 

は~ぁ、もの凄く気持ちいい~。

jul016.JPG    jul021.JPG jul015.JPG

 

もちろん、ヤギたちにも挨拶を。

メェ~、 メェ~、 メェ~、 と近付いてくる。

jul017.JPG jul018.JPG   

期待通りの、まなざしを向けてくれる。

マスターのお話では
山羊たちは、時には柵から出て草を食べる仕事?をしているそうだ。

 

Julian ジュリアン

埼玉県日高市田波目 779-4
TEL 042-985-7688

毎週水曜と、第3火曜休み


お腹も心も満たされたら
ちょっと緊張して高麗川にかかる名物橋を渡り、
その向こうのお客様に会いに行く。 jul019.JPG


ペンキ塗ったの?橋、直したの?

jul020.JPG

『2トンを越える車両の通行は危険です 坂戸市』
わたしの体重が1トンとして?! 車が1トンとして
多分大丈夫な筈。 (^0_0^)

 

無事通過!                                                 pana

 

May 28,2011 06:13 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages