今日の食HOME

今日の食

谷川岳の紅葉 2011.10.09  

関越高速道路を北へ

tanigawadake001.JPG    tanigawadake002.JPG

水上インターで降りると
谷川岳、片品、尾瀬、宝川、、、
遠くに来た感じだけれど、川越インターから2時間程で到着。2011年10月9日(日)連休の中日。

春先に、「今シーズン最後に滑るのは天神平だね!」で有名な谷川岳に登り
一足早く紅葉を見る。

 

 

尾根を歩く予定だけれど、登山の掟破り!
<その1> 前日に買ったトレッキングシューズで、足慣らしをしていない。
<その2> ロープーウェイを使う。
<その3> 更にリフトも利用。
tanigawadake003.JPG  

湯檜曽公園近くのこの道は、通ると音楽が鳴るよ(驚!)
♪は~るを愛する人は~♪ のメロディーが、車の速度によって変わったりする仕掛け。

 

 

そして、谷川岳ロープーウェイ土合口駅(標高746m)に車を停め。
天神平駅(標高1,319m)まで上昇!

tanigawadake004.JPG  

これに乗るのに
この人達。。。30分待ち。
「出来るだけ楽に登ったほうがいいじゃないの。」派のわたしでも、
なんだかこの先どうなるの?感が、しないでもない。。。

tanigawadake005.JPG tanigawadake006.JPG  

バリアフリーのゴンドラ 『フニテル』

係りの方に、進行方向右手のほうが眺めがいいと伺って、そっち側に陣取る。
大人往復2,000円(片道1,200円)の眺め、この辺りはまだ殆ど紅葉していない。
結構スピードも出るので、苦手な方はず~っと目を閉じているか、足で登るかですね。。。 

tanigawadake009.JPG tanigawadake010.JPG

ロープーは見えない、コンドラの影。

10分ほどで天神平駅に到着
続いて、峠リフトに乗る。(大人片道400円、往復700円)

 

随分寒いので防寒着を重ねる。

 

tanigawadake011.JPG tanigawadake014.JPG tanigawadake012.JPG  

そして、天神平駅(標高1,502m)に到着。 
木々の色付き具合も、いい感じ。

ここまでは、登山の準備が無くても、足腰に自信が無い方でも大丈夫。

tanigawadake013.JPG tanigawadake015.JPG

力強い斜面が美しい、天神尾根。
気持ちがいいーーー

ここから、天狗のトマリ場、天神のザンゲ岩辺りまでは挑みたいと思いながら、出発!
途中、急な下りや濡れた岩場などが滑りやすく、
トレッキングシューズ以上は必要かと思う。 

tanigawadake018.JPG  

しかし、

 

混んでいる。

tanigawadake019.JPG

およそ、50分ほどで
熊穴沢避難小屋に到着。

 

実は、休憩する人で溢れている。

tanigawadake021.JPG

さっさと進もうと思い先を見ると
行列が出来て
なんと、一歩も進めない状態になっていた。

 

 

中学生時代に、すでに奥多摩の山を全制覇した連れは
「自分の山行史上一番混んでいる!これは観光地だな。」 と驚く。
わたしは、『道幅を広くしてくれればいいのに。。。』 と勝手に思う。
戻れなくなるかもしれないから、というアドバイスを素直に聞いて、先を諦める。

 

tanigawadake022.jpg 記念に、反応してくれそうな友人に『谷川岳渋滞中!』とメールした。

・・・夜になって意外な返事が来た。 それは後ほど。。。

 

 

 

断念した尾根の先を見ると・・・

 

tanigawadake023.jpg   tanigawadake024.jpg

 

わたしたちはある意味『山を甘く見た。』と反省し
来年はどうやってリベンジしようかと考えながら、木道を通って戻る事にした。

tanigawadake028.jpg

日が差しこむと、色づいた木々が鮮やかに浮かび上がる、急斜面。

tanigawadake025.jpg   tanigawadake027.jpg   

この景色も充分に美しく、満足! 

ブナの木を見上げると、ほっとした。

tanigawadake029.jpg    tanigawadake030.jpg

 

 

 

 

 

さて、夜になって、送ったメールの返信が来た。
その1 tanigawadake031jpg.JPG

その2 tanigawadake033.jpg

わたしたちと同じように、谷川岳渋滞でも登った結果、
下り最終の夕方5時をはるかに過ぎた
夜9時にロープーウェイに乗ったと!!!

山の上で暗くなるとは恐ろしいー。
(ま、ナイター設備はあるのでしょうが。) 
と、いうことで今回は諦めて良かったとしよう!

 

 

ホームページのTOPICSで、ほぼ日、山の写真が公開されています。

谷川岳ロープウエー株式会社群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽湯吹山国有林

 

だいぶ山の麓へ向けて色づいている様子。
もう一度訪れて、一ノ倉沢屏風岩のダイナミックな眺めも楽しみたいな~と思う。      pana

 

温泉へ、つづく。

October 12,2011 12:03 PM | コメント(4) | トラックバック(0)

昭和の森を見渡す ラウンジ ダコタ 

東大和でランチのあとは
西武拝島線東大和市駅近くの東京都薬用植物園へ。

syokubutu01.JPG  

温室 

syokubutu00.JPG  

白い斑の入り方が可愛らしい
親指サイズのオキナワスズメウリ。

syokubutu02.JPG  

こちらはお馴染み、オジギソウ。
みんなに触られる。

syokubutu03.JPG

温室内のバナナの木に近付き、バナナを探す。

syokubutu04.JPG syokubutu06.JPG syokubutu05.JPG

大迫力の葉。
残念ながら、バナバは生っていない。 

 

          

 

植物園を後にして
友人が思いついたカフェを探すが、あいにく定休日のようで
どこにしようかと考えながら、、昭島までやってきた。

 

 

フォレスト・イン昭和館                          建物が写真にまったく納まらない。

dakota01.JPG    dakota16.JPG

1階のロビーも美しいけれど
ティータイムのひと時は、10階のラウンジダコタで過ごす事ができる。

dakota03.JPG  

 

― 10階でございます ― 

窓の向こうには、切り取られたような景色。

dakota04.JPG  

運良く、ラウンジ窓際の席に案内される。

dakota05.JPG

 

大きなガラスカーテンウォールと、鏡の壁が
まるで、空に浮かんでいるような心地にさせてくれる。

dakota15.JPG  

この位置からは、
横田基地と、瑞穂町、狭山丘陵が見える。  その先が、入間市(見えないけど。) dakota17.JPG

窓に寄って下を眺めると、チャペル。
以前、昭島に住む友人の家族が結婚式を挙げた写真を送ってくれた。
新緑の中に、真っ白のウエディングドレス姿の新婦が、美しく映えていた。

dakota22.JPG




秋 と、素晴らしい眺め。 
こんなに紅葉するのですか? 是非一度、見てみたい。

dakota23.JPG  

この贅沢な眺めのなかで
サイフォンコーヒーのケーキセットをいただく。

 

ケーキは
ワゴンにのって、ショートケーキ、チョコレートのムースなど。。。

dakota19.JPG

目の前で、一杯ずつ丁寧に淹れられる。
出来上がる過程を見ているのも興味深い。

dakota36.JPG dakota24.JPG    dakota25.JPG dakota26.JPG   dakota27.JPG

幸せなティータイム。

dakota35.JPG

洋梨のプリン

dakota31.JPG  

チョコレートとミントのムース 。
美味しい。

dakota33.JPG

カップ2杯以上のたっぷりなコーヒーは
特に初めの一杯が爽やかで、美味しい。

dakota29.JPG

 

優雅に美味しく、眺めよく、サービスも良く、
それでもかしこまった感じで来られている方は少なく、楽しい会話も弾んでいる様子。 

 

 

このまま夕暮れまで、外を眺めていたくなる
初秋の森と空は広い。                        ― 武蔵野散歩 おわり pana                                             

dakota34.JPG  

フォレスト・イン 昭和館
10F ラウンジダコタ

東京都昭島市昭和の森 
TEL 042-542-8787

Tea Time 平日     13:00~17:00
        土・日・祝日11:00~17:00
Bar Time        17:00~23:30

October 10,2011 06:24 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

東大和 スイス料理専門店 ルシャレー

友人が提案の、本日のランチ。

「ずいぶん涼しくなってきたし、そろそろ温かいチーズフォンデュなんて、いかが?」

「とても、いいですねー。」 と、その思いつきに感心する。

 

そして、スイス料理のルシャレーへ。(上仲原公園の隣)

 

東大和の 。

lechalet01.JPG  

スイス。

lechalet02.JPG

差し込む日差しは、早くも冬のような感じさえする
趣のある店内。

lechalet03.JPG    lechalet17.JPG

ヨーデルが流れる
♪ ヨーロレイヒー ♪ 
 

ランチのワインはボトルのみということで、それは一人では無理なので
スイスビールをいただきながら
料理を待つ、その間に、

lechalet05.JPG

大胆にも、カウベルを持ち上げる友人。 意外に重くないらしい。
「カァ~~~ン~~。」と柔らかく響く、美しい音色。

lechalet08.JPG

わたしの頭上にも、 カウベルベル。

lechalet07.JPG


フォンデュセットの始まりは
前菜サラダ。

lechalet09.JPG

パンが運ばれる。

lechalet10.JPG

そして、
ぐつぐつと煮えた鍋から、チーズの独特の香りが漂ってくる。

lechalet11.JPG    lechalet13.JPG   

ご存知のように
パンを、チーズとワインなどを煮溶かしたものに絡める。
。。。ま~ったりしたひと時。。。

ふーふーして、いただきます!

lechalet12.JPG

この日のメイン
肉料理は、ポークハムチーズ入りカツレツ。

lechalet14.JPG

魚料理は、マトウ鯛のグリル、きのこソース。

lechalet15.JPG

カロリーは高そうでも、カツレツの方が好み。

 

lechalet16.JPG  

少し影が長くなってきた、午後。
再び、上仲原公園を歩く。

kaminakahara50.JPG

東屋では
午前中の子供達にかわって
大人達が、お酒を楽しんでいる。 

kaminakahara51.JPG    

 

ぶらんこを大きく漕いで見たのは、何十年ぶりだろう。。。

kaminakahara52.JPG  

すこし酔いそう、ヨ~ロレイヒ ~♪

 

Le Chalet

東京都東大和市向原 1-2-15
TEL 042-565-8225 月定休

lechalet06.JPG   

October 08,2011 06:44 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

初秋の武蔵野風景 

ここはどこでしょう?

tamako01.JPG  

右の白い屋根が
西武ドーム

tamako02.JPG   tamako03.JPG  

海のように見える水面
左の先に、西武園の観覧車。

狭山湖?
多摩湖?  どっち?

tamako04.JPG

 

正解は多摩湖(村山貯水池)
そういうわたしこそ、幾つになっても覚えられていないかも。。。                     pana

 

本日は友人のプランで
初秋の武蔵野をめぐる。

狭山湖多摩湖の周囲は、春の桜、秋の紅葉も美しい。
けれど、わたしにとっては、
高校時代のマラソン大会のコース、、、大昔の息苦しさが今も蘇る。。。ハァハァ。

 

 

東大和にある店でランチ、の前に
家にパンはあるけど、パンを買う。

パン工房ラザレ 東大和店

lazalee01.JPG  

パンの種類多し。
次々と客がやって来ても、パンはどんどん焼き上げるようだし
レジもささっと済んで、、、と、活気のある街のパン屋。

lazalee02.JPG  

色々気になるおやつパンやデニッシュ類を見ながらも
このあと、高カロリー摂取予定なので
ガマンして食事パンだけを買う。

 

バジルの香りのスティックパン。

白くふわふわのいなかのパンはほんのり甘く。  塩パンは程よい塩加減。

lazalee03JPG.JPG

オーナッツ。
イチジクとクランベリー。

 

lazalee04JPG.JPG

固いパン好きのわたし
でも、この柔らかい仕上がりのパンも皆、美味しかった。(*^_^*)

 

lazalei

東京都東大和市新堀 3-19-6
TEL 042-566-2628  定休日はない様子。

 

 

昼までに時間があるので
上仲原公園をぶらり。

 

kaminakahara01.JPG  

欅の大木に包まれる。

kaminakahara03.JPG kaminakahara04.JPG   kaminakahara07.JPG

 

木々の向こうに
ランチの予約をしたレストランがある。

kaminakahara05.JPG  

 

スイス料理の店 Le Chalet へ

kaminakahara06.JPG

                                                         つづく。

October 06,2011 06:55 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

所沢 西武デパ地下ぶらり

 

 

所沢西武百貨店の地下食料品売り場
主に行くのは、生鮮食料品とおさけ売り場。

食料品は買って帰るけれど
おさけ売り場は眺めるだけで買ったことがなかった。

でも、ある日またふ~らふ~らと棚を眺めると

『あれ?・・・クマじゃん!』 

 

ここで初めて見たよ。
ボトルの形が少し変わったようだけれど
確かに、CUMAワイン
しかも、円高還元なのか、
以前別の店で買ったときよりも一割強廉い、税込ジャスト1,000円!

 

買うしかないでしょう。(赤) 

cuma101.JPG cuma102.JPG    cuma103.JPG cuma104.JPG

飲んでみた家族に聞いてみた
「いくらだと思う?」
「・・・3,000円」
「流石!? 解ってないね。」
それはあまりにも見積もり高すぎ、美味しくて廉ければ一番いい。

 

 

生鮮品売り場では
わたしが夏から嵌っている、漬物がある。

赤城高原農場
農家が造った 夏野菜の ピクルス。 ワインに合うと言うよりはこれだけでボリボリ。
pic01.JPG    pic02.JPG

程よい甘さ、酸味旨み加減が絶妙、そして鮮やか色合いが好き。

pic03.JPG

夏野菜?
夏は終わったか。。。もう売っていなかったらごめんなさい。  
冬野菜 というのもあるらしい。                                    pana

October 04,2011 06:51 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages