今日の食HOME

今日の食

小川町 晴雲酒造の料理処 玉井屋

 久しぶりに、小川町まで出かける。

冬枯れの景色も、ほっと癒される山里。

ogawa20.JPG  

昼は、晴雲酒造の食事処
玉井屋へ。

tamaiya02.JPG  

tamaiya03.JPG

有機無農薬農法で有名な地元、霜里農場の採れたて野菜などと、井戸から湧き出る仕込み水、
この二つの自慢の素材を使った料理が人気。   

tamaiya01.JPG  

 

百年の歴史ある佇まいの空間も、大切に使い込まれ整っているのでとても落ち着く。

tamaiya31.JPG

 

tamaiya05.JPG

平日の昼でしたが
座敷の団体様も含めて、ほぼ満席。
運良く、たった一つ空いていたテーブルに通していただき   。。。

「お車ですか?」と聞かれる。

 

tamaiya04.JPG

 

車でなければ、食前酒が出されるという。
残念ながら、、、仕込み水をいただく。

tamaiya08.JPG  

窓の縦格子から差し込む陽が陰影を作って綺麗。

 

料理は
花御膳 1、000円
月御膳 1、500円
雪御膳 2、000円

それぞれ、季節の野菜を使った前菜バイキング3品がつく (のは知らなかった)。

tamaiya07.JPG

月御膳に決めて
本日の主菜で、豚か鮭か、すこし、いや、とても迷って
豚ロースの晴雲漬けとする。

 

tamaiya06.JPG  

 

カウンターには、大皿に季節の野菜料理が三品。

tamaiya09.JPG  

 

小川町の冬の冷たい風で、
しっかりと濃い味に育った小松菜の煮浸し。

tamaiya10.JPG

 

ねっとりとして美味しい、里芋のサラダ。 

tamaiya11.JPG

 

切干し大根の煮物

tamaiya12.JPG

 

自然な彩りも美しい3品を控え目にいただく。 お替りは自由。

tamaiya15.JPG

 

そして熱々の玉井屋特製
飛竜頭が運ばれる。 

 

tamaiya13.JPG  

頃合いよく
メインの御膳と とろろ(または炊き込みご飯)も、
粕のい~い香りとともにやってくる。 tamaiya16.JPG  

 


無菌豚ロースを、蔵の「酒粕」と「てまえ味噌」を合わせ漬けたという
豚ロースの晴雲漬け。

tamaiya17.JPG

tamaiya19.JPG

粕と味噌の絡みもよくて、ジューシー。
脂身もしっかりいただき、ボリュームあり!

 

晴雲粕入り味噌汁 
具の野菜とわかめとも合うのね~。 家でもやってみよう。

tamaiya18.JPG

 

とても甘い山芋たっぷりを ご飯に載せ
白菜の粕漬けもので〆る。

tamaiya20.JPG  

月コースには、デザートも付く。
本日は、酒粕のブラマンジェ。

ふんわりとやさしい甘さ。

tamaiya22.JPG

 

ランチは、+200円で、仕込水のコーヒーをいただき温まる。

tamaiya23.JPG  

 

表通りに回ってから、帰ることにしよう。   

 

tamaiya29.JPG   

tamaiya30.JPG  

 

タイムスリップしたような。。。

 

tamaiya28.JPG   

tamaiya00.JPG   

 

自然処 玉井屋 (晴雲酒造内)

埼玉県比企郡小川町大塚 178-2
TEL 0493-71-1450

水休み 

ogawa21.JPG

  

February 27,2012 06:01 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

下田のおいしいもの

下田には、美味しいものが沢山ありそうですが
今回は、ほんの少しの時間で見つけた、ひとつふたつ。。。
 

街の店頭には、
伊豆のみかんが一袋100円くらいで並んでいる。

見かけも味も昔ながらのみかんで、土産用と言うよりは旅行中のビタミン補給に美味しい。 shimoda40.JPG  

商店街を歩いていると
強い風にはためく 『金目コロッケ』 食べらっせぇ~ ?! の幟 
『福正 本店』 へ寄ってみよう!

shimoda41.JPG

1個150円と書かれたその下のケースに
金目コロッケは無い。。。
もう終わりなのかと思ったら、直ぐに揚げてくださるとのこと。 shimoda43.JPG  

待っている間に
ウロウロ、キョロキョロ。

下調べ無く寄った店は、有名人も多く訪れていた。
多くの主婦がそのレシピを献立に役立てる栗原はるみさんは、下田出身と聞いている。

shimoda44.JPG

自社所有船。 shimoda47.JPG

 

冷蔵ケースには、
金目鯛の頭、味噌漬、西京漬、粕漬や、干物など

shimoda45.JPG shimoda46.JPG shimoda49.JPG

 これは、ストラップ。

 

 

そして、5分ほどすると
魚の形の金目コロッケが出来上がる。 shimoda50.JPG shimoda51.JPG

店主が、味噌漬けを作る時に身の部分を無駄にしたくないと考えたという
赤いキンメの皮も入ったリッチコロッケ
熱々でおいしい!

 

金目鯛の粕漬も少し買ってみたら

 

 

 

shimoda52.JPG   shimoda53.JPG

これがまた、脂がノリノリで美味!
原材料は、地元産金目鯛に、砂糖、塩、酒粕で、もちろん無添加。
クール宅急便で届けてもらおうかな。

福正 (ふくしょう)本店
静岡県下田市1丁目21番23号
TEL 0120-572940

 

 

 

更に下田駅の方へ歩く。

幟に目が留まる。

『平井製菓』 
『下田あんぱん』 『牛乳あんぱん』 
列車の発車時刻が迫っていたので、急いで買って駅に向かう。
(桜色のきんめ鯛もなかもあるらしい。)

shimoda54.JPG

平井製菓 駅前店
静岡県下田市1丁目3-12
TEL 0558-22-1345

 

スーパービュー踊り子 8号
東京行きに乗り込み。

shimoda65.JPG   

 先ずは、旅の終わりに エビスビール

shimoda59.JPG   

飲んだ後は、甘いもの。

shimoda55.JPG  

海を見つめる
ハリスさんの牛乳あんパン。 
キノコのような可愛らしい形のパンは、ふっわふわ。

shimoda56.JPG  

いつもは買わない
あん・バター の禁断の組み合わせも、旅行だとOKな気がする。。。 だけ。

shimoda57.JPG

shimoda58.JPG  

上品な餡の甘さと、あっさりクリームで、意外に軽い。

 

それなら、階下のサロンでもう少し。

shimoda60.JPG

1、000円分のチケットも使いきるため
とても凍っている抹茶アイスとむき栗 shimoda63.JPG shimoda61.JPG

 抹茶の渋味がおいしい。

 

と、
プレミアム赤ワイン(やや薄い)を 

shimoda62.JPG

 

急いで飲み終えた頃
夕暮れの東京駅に到着。

桜も歴史も金目も、もっと楽しみたい下田。

shimoda64.JPG


河津桜は
2月24日現在、開花~1分咲きとのことで、まだまだこれから楽しめますね(^.^)       pana 

 

February 25,2012 07:01 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

伊豆下田ぶらり散歩

伊豆急行下田駅から
歩ける範囲でぶらりする。

 

 

みんなが写真を撮っているので
わたしも撮鉄
以前の型の列車で、本日は団体さま専用一両の運転とのこと。レトロだわ~。 

shimoda00.JPG

そして、開国の歴史に溢れた下田の街も趣がある。

 

駅を出ると
カラフルでお洒落なリーフレットが目に留まる。

shimoda01.JPG  

 

ジャンル別に、なんと30種類!
目的地は決めていないし、時間も無いので、これを見てどこへ行くかを決めよう。

 

例えば、
レトロ・昭和の風景・港町 『まちなかレトロ散歩』
カメラ女子・カメラ男子・下岡蓮杖 『極上の景色を持ち帰る』
下田マニア・地元祭り 『ディープな下田』
金目鯛・水揚げ量日本一・B級グルメ 『日本一の金目鯛を食べたい』 
こんなガイドが気にかかる。。。  
ネット上でダウンロード可→ 下田30 COLORS PROJECT ←白地図まで用意されている 凄っ! shimoda02.JPG

まちなか史跡・開国の歴史 『2時間でまちなか史跡巡り』
よし!
列車の発車時刻までの3時間
景色、レトロ、ディープ、キンメを早歩きでこなそう。

 

まずは駅そば、下田ロープウェイへ
市内から見ると、女性が仰向けに横たわっているように見えるという色っぽい寝姿山
う~ん、近すぎるせいか、、、普通の山にしか見えない。

shimoda04.JPG

 眼下には伊豆の山々と、市内と、稲生沢川

shimoda05.JPG    shimoda06.JPG

山頂駅に到着し
展望台から須崎半島とその先の伊豆七島を眺める。 

shimoda08.JPG    shimoda09.JPG shimoda10.JPG

黒船見張り所に置かれた大砲は、当時米国船に搭載されていたものとのこと。

遊歩道や花壇も整備されて、春の花が咲いていた。

shimoda11.JPG  

続いては、開国の歴史を感じる ペリーロードへ
ペリー艦隊が下田に上陸し行進した平滑川沿いの通り。

shimoda13.JPG  

柳の並木、石造りの蔵、なまこ壁の民家など、レトロな景色。

shimoda12.JPG  

右手の建物は
大正時代の自転車屋で、現在はギャラリー喫茶の草画房

shimoda15.JPG

 

なまこ壁の建物は、旧澤村邸
現在は、4月20日一般公開に向けての耐震改修工事中とのこと。

shimoda38.JPG  

大正初期に建てられたという、風格のある建物。

shimoda16.JPG shimoda39.JPG

重厚!

 

 

次に、港に出てから
干物通りへ。 shimoda18.JPG

干してる干してる。
あじ、さんま寒風干し(美味しいらしい)、いか、 いかの口も。

shimoda191.JPG shimoda193.JPG shimoda192.JPG   

そんな横丁で
一番レトロそうな?建物
築120年超えの、石亀水産も見てみたい。

 

おぉーーー、
1階部分は伊豆石、2階部分の波板鉄板は海風ですっかり錆びて、干物化している。

shimoda20.JPG

おじゃまします~。
天井裏の小屋組みに、雛のつるし飾り。

shimoda22.JPG    shimoda21.JPG

金目のひものを土産にする。 

shimoda23.JPG

建物側面も、いい色に仕上がっている。

shimoda25.JPG  

前には
かざぐるまのキンメ。

shimoda26.JPG

水揚げ量日本一だから
街にはキンメが沢山! shimoda34.JPG shimoda35.JPG

 

これは、キンギョ。

shimoda36.JPG

 

下田の街を歩くと、かざぐるまとともに多く見かけるのが、
ハンギングバスケット 
住民の皆様で、美しい街づくりを目指している。

こちらのお宅は、特に印象的!

shimoda27.JPG   shimoda28.JPG    shimoda29.JPG

もう、春ですね。 

 

大急ぎでまわって汗をかいた。
そんな数時間でも美味しいものも見つける! つづく。。。                      pana

February 23,2012 06:48 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

河津ぶらり もうひとつの桜~大噴湯

河津駅前桜が咲いていてビックリ!
川沿いの桜は蕾でヤッパリ
来宮神社の大クスノキにドッキリ と歩いた後

神社裏手の畑道をぶらり、峰温泉大噴湯公園を目指す。と
小路の曲がり角に
濃いピンク色の花が、艶やかにほころんでいるではありませんか、桜?梅?

kawadu21.JPG

立て札を見ると
河津正月桜
12月下旬~2月下旬が開花時期と書かれている。

kawadu22.JPG

kawadu23.JPG    kawadu24.JPG  

河津正月桜                      と                     来宮神社大楠

kawadu25.JPG  

歩くがままにして導いてくださるとは?! 大クスパワーは即効性あり。

 

そして再び、河津川沿いへ
ウォーキングしている地元のお母さんは、 kawadu26.JPG  

途中、無料の足湯に入ったりして
このコースは羨ましい~。

kawadu27.JPG  

更に川沿いを歩いたら
徒歩3分で大噴湯へ

kawadu29.JPG   


峰温泉大噴湯公園に到着。
東洋一を誇る大噴湯は、大正15年11月22日正午に、爆音と共に地上50mの上空を突き刺し
誕生し、以来ひと時も絶えることなく噴き上げ続けているという。

噴き上げ時間は
火曜金曜を除く
9:30
10:30
11:30
12:30
13:30
14:30
15:30 それぞれ一回の噴き上げ時間は1分間ほど。
毎分600ℓ100℃の温泉が高さ約30mまで吹き上がる自噴湯。

 

大噴湯1秒前

kawadu31.JPG  

わたしだけこっち側
「そちらに居ると濡れますよーーー。」の声が聞こえるが
もう噴湯が始まって動けないので
この場で霧からカメラを守りながら奮闘する(言うと思ったでしょう?)

kawadu32.JPG   kawadu33.JPG     kawadu34.JPG

やがて、虹が見えてくる。

後で聞くと
こちら側からしか見えないそうだ。 ラッキー!

 

公園内には、足湯、温泉を利用したホットベンチや囲炉裏風保温卓、など温まる仕掛けが面白い。
売店では
大噴湯たまご、地場産みかんや、無農薬ライム、噴湯まんじゅう、わさび肉まん、など。

 

 

イメージキャラクター
フントー君
ちょっぴり上がった足が可愛らしい像~。
頭の上は、大噴湯です。

kawadu35.JPG kawadu36.JPG   

フントー君は、奮闘する皆さまの味方です。
 

 

峰温泉大噴湯公園

静岡県賀茂郡河津町峰 446-1  
入場無料
火、金休み

 

 

 

 

公園の販売所にあった噴湯まんじゅうを作っているという
そばの和菓子洋菓子 港月堂へ寄る。 (実は、公園限定で、ここでは販売していなかった。)
店の前には、丸くて赤いポストに、公衆電話。

 

kawadu41.JPG

和菓子と、洋菓子と、お煎餅などあり。
親切な店の方が、ゆっくりと応対してくださるのが都会には無いひととき。

 

 

 

でも、実際は河津桜まつり用の桜まんじゅう作りで忙しそう。
作業場では、桜色の出来立てまんじゅうが綺麗に並んでいる。 kawadu47.JPG

kawadu43.JPG

    

色合い良く、小ぶりで可愛らしい温泉饅頭をそれぞれ買った。
桜葉の塩漬けが練りこまれて香りが良い桜と、紫芋、胡麻、うぐいす、黒糖色の温泉まんじゅう、
1個60円~で、どれも素朴な味。

kawadu44.JPG

でも
帰ってからネットで、チーズどら焼きが美味と紹介されているのを知った。
ありゃ、、、外したか。

 

                                                                     下田ぶらりへ つづく pana 

 

 

港月堂

静岡県賀茂郡河津町峰495
TEL 0558-32-0932

February 18,2012 06:55 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

河津ぶらり 桜のたより 

伊豆急行線
下田の手前の河津駅で下車。

kawadu01.JPG  

電車を降りると、知った場所のように歩く連れが
ここに着いて初めて
「線路沿いの桜は咲いているらしいよ。」と言う。

「ほんとうに?」
情報は公式サイトらしいから確実か。

 

駅を出て、下田寄りの高架橋下。
遠目にも、うっすらピンク色なような。。。

kawadu02.JPG  

 

 

河津桜咲く。

kawadu03.JPG   kawadu04.JPG

春の柔らかな空とは違い
冬の冷たい空気の青空をバックにした可憐な花に、ほっと癒され 

kawadu05.JPG     kawadu07.JPG

もう少しすれば、暖かい春がやってくるのは確かなことだと気付かされる。

 

 

でも、この日も寒かったのだわーーー。
今、暖かい部屋で写真を見ていると、こんなに綺麗だったのね~と改めて見とれる自画自賛。
いや実際、斜面での接写が大変で。。。

 

 

 

 

?! 実は、、、なお話しですが
そばで桜まつりの準備をしている方によると
ここの3本だけ人工的な手当てで花を咲かせているとのこと。
わたし達のように早めに来た観光客にも楽しんでもらうためとのことで
おかげ様で、この画像で1ヶ月は過ごせそう。

 

 

 

では、河津川沿いの自然開花待ちの桜はどうかしら?     
気持ちの良いお花見ウオーキングコースを歩きながら見上げると
一つ二つ花を咲かせている枝もある(2月初旬)。

 満開まだまだ先、開花情報は 河津桜まつり公式サイト 

kawadu10.JPG kawadu11.JPG   

 

 

♪ この枝にぃ~ 満開桜の 絵を妄想~ ♪ (撮り鉄) 

kawadu08.JPG

河津桜
例年2月上旬から3月上旬まで約1ヶ月間以上にわたって咲きます。花が大きくピンク色なのが特徴
寒緋桜と早咲き大島桜の自然交配と考えられます。(パンフレットより)
桜並木は河津川沿いに約3km続く。

荒倉橋から海側を臨む。 kawadu09.JPG

 

次は
駅から1kmほどの場所にある
来宮神社へ

kawadu12.JPG

清々しく整えられた静寂の境内に
印象的なソテツや、みかんが、南の社らしい。

kawadu13.JPG   kawadu19.JPG

この神社には
樹齢1000年以上と推定される大クスノ木(国指定天然記念物)がある。
最初は、社殿の隣のこの木かな?と思う。

kawadu14.JPG  

お参りを済ませて、少し左に歩くとその奥に。。。

 

ギャー!大きい これだわ!

kawadu17.JPG  

大木は根が大事。
御神木の周りは、木を守るため柵で広く囲われている。   

柵のそばまで近付いてじっくりと幹を眺める。
空を向いて、緑の葉を仰ぐ。

kawadu16.JPG

kawadu18.JPG  

この神社では他にも
「鳥精進 酒精進」が有名で
氏子の方々が、毎年12月18日から23日まで、禁酒、鶏肉、卵を食べないという行事が行われ
河津町の安全を守り伝えていると言う。

 

すごいパワーを二人占めして先を急ぐ。
桜も良いけど、ここもお薦め (^.^)

 

 

 

 

河津来宮神社  
静岡県賀茂郡河津町田中

 

 

 

 

February 16,2012 06:50 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages