今日の食HOME

今日の食

河津ぶらり 桜のたより 

伊豆急行線
下田の手前の河津駅で下車。

kawadu01.JPG  

電車を降りると、知った場所のように歩く連れが
ここに着いて初めて
「線路沿いの桜は咲いているらしいよ。」と言う。

「ほんとうに?」
情報は公式サイトらしいから確実か。

 

駅を出て、下田寄りの高架橋下。
遠目にも、うっすらピンク色なような。。。

kawadu02.JPG  

 

 

河津桜咲く。

kawadu03.JPG   kawadu04.JPG

春の柔らかな空とは違い
冬の冷たい空気の青空をバックにした可憐な花に、ほっと癒され 

kawadu05.JPG     kawadu07.JPG

もう少しすれば、暖かい春がやってくるのは確かなことだと気付かされる。

 

 

でも、この日も寒かったのだわーーー。
今、暖かい部屋で写真を見ていると、こんなに綺麗だったのね~と改めて見とれる自画自賛。
いや実際、斜面での接写が大変で。。。

 

 

 

 

?! 実は、、、なお話しですが
そばで桜まつりの準備をしている方によると
ここの3本だけ人工的な手当てで花を咲かせているとのこと。
わたし達のように早めに来た観光客にも楽しんでもらうためとのことで
おかげ様で、この画像で1ヶ月は過ごせそう。

 

 

 

では、河津川沿いの自然開花待ちの桜はどうかしら?     
気持ちの良いお花見ウオーキングコースを歩きながら見上げると
一つ二つ花を咲かせている枝もある(2月初旬)。

 満開まだまだ先、開花情報は 河津桜まつり公式サイト 

kawadu10.JPG kawadu11.JPG   

 

 

♪ この枝にぃ~ 満開桜の 絵を妄想~ ♪ (撮り鉄) 

kawadu08.JPG

河津桜
例年2月上旬から3月上旬まで約1ヶ月間以上にわたって咲きます。花が大きくピンク色なのが特徴
寒緋桜と早咲き大島桜の自然交配と考えられます。(パンフレットより)
桜並木は河津川沿いに約3km続く。

荒倉橋から海側を臨む。 kawadu09.JPG

 

次は
駅から1kmほどの場所にある
来宮神社へ

kawadu12.JPG

清々しく整えられた静寂の境内に
印象的なソテツや、みかんが、南の社らしい。

kawadu13.JPG   kawadu19.JPG

この神社には
樹齢1000年以上と推定される大クスノ木(国指定天然記念物)がある。
最初は、社殿の隣のこの木かな?と思う。

kawadu14.JPG  

お参りを済ませて、少し左に歩くとその奥に。。。

 

ギャー!大きい これだわ!

kawadu17.JPG  

大木は根が大事。
御神木の周りは、木を守るため柵で広く囲われている。   

柵のそばまで近付いてじっくりと幹を眺める。
空を向いて、緑の葉を仰ぐ。

kawadu16.JPG

kawadu18.JPG  

この神社では他にも
「鳥精進 酒精進」が有名で
氏子の方々が、毎年12月18日から23日まで、禁酒、鶏肉、卵を食べないという行事が行われ
河津町の安全を守り伝えていると言う。

 

すごいパワーを二人占めして先を急ぐ。
桜も良いけど、ここもお薦め (^.^)

 

 

 

 

河津来宮神社  
静岡県賀茂郡河津町田中

 

 

 

 

February 16,2012 06:50 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

自宅で料理!

420253_250771108334901_100002060417405_575125_123936504_n.jpg

 久々昼間にゆっくり休みー♪
パエリアつくったー☆
うんめー(^O^)      yanagi facebook

February 15,2012 02:09 PM | コメント(1) | トラックバック(0)

銀座 GUCCI CAFE

有楽町で映画を観て
又、地下通路に潜る。

 

B2出口のエレベーターを使い地上に向かうと

gucci01.JPG

晴海通り。
グッチビルと、隣のビルの間に出る。

gucci02.JPG

gucci03.JPG  

友人は、高いガラスのドアの前で
神社にお参りするみたいに一礼している (^.^)。

 

 

 

行った人の話では
特にグッチのバッグを持っていなくても大丈夫ということなので、(当然ですが。。。)
安心して右奥のエレベーターを目指す。

gucci04.JPG  

エレベーター内のふかふかベンチ gucci05.JPG

に、座る間もなく。

4F GUCCI CAFE 
ひっそりとしているかと思ったら、沢山の楽しげな声が聞こえる。

gucci06.JPG gucci07.JPG

カフェは喫煙可

禁煙席が空くまで暫し待つ間に、ショーケースのチョコレートを眺める。
もの凄くスタイルが良く溌剌と明るい女性店員さんから
人気のチョコであるとうかがう。

gucci08.JPG

程なく、席に案内される。
午後3時から6時までは、セットデザート¥2、000が用意されている。
10種類ほどあるデザートは、すでに売り切れているものもあったが
こういう場所では、とびきり華やかなスイーツをいただきたいもの。

アルコール類もあり。

gucci10.JPG

 

広々とした空間を眺めると
実に様々な客層の方々が、幸せな午後を過ごしている。

 

窓際に、女性お一人。
落ち着いたご夫婦らしきお二人。
右隣に、男性のビジネスマンお二人。
左隣に、お互いのデザートをスプーンで口に運んであげる若いカップル。
その先に、モデル風の女性二人。
中央付近に、マダムのグループ。 など

 

共通していたのは、全員が日本人という事かな。

gucci11.JPG

 

アールグレイ

食器はローゼンタールで、ここにはGマークは無さそう。

gucci12.JPG

 

スイーツ

友人は ティラミスを

gucci13.JPG

 

 

わたしは
”バレンタイン/ホワイトデー”スペシャルデザート 
チョコレートムース ブラッドオレンジのムースと共に。

 

華やかで美味しそう!
でも
「一人で食べるのは、ちょっと恥ずかしいわね~。」 と言ったら、接客担当の男性にウケる。
是非お二人で

gucci14.JPG

真っ白なフローズンクリームケーキの上に
赤いハートのラズベリーソース。

gucci15.JPG

 

そして
GGパターンのチョコレートと
その下の艶やかなチョココーティングの中には
チョコ、ホワイトチョコ、ブラッドオレンジのムースとコンポートの角切り。

gucci16.JPG

「チョコの方は甘いので、2つを交互に召し上がると良いかと思います。」という説明でしたが
それはわたしにとっては勿体無いこと。。。 
チョコとオレンジのムースを堪能し
皿に残ったソースでハートを描いてお返しする。

   

ゆ~ったりと過ごしたあと
チョコレートを一箱お土産にして(7箱購入する人あり。)
今度は階段で下りて行く。

gucci20.JPG

ガラスの眩い照明と
白藤の花のようなごく薄い紫色のふかふかカーペットが続く。

gucci21.JPG

そして
すっかり雨もあがった、銀座の町に出る。 

gucci22.JPG

 

おみやげ
雨よけに掛けられたビニールまで、GUCCIの名入り。。 。

gucci17.JPG

2012年グッチのバレンタインチョコレート 8個入り¥3、150
驚いた事に、ネット上のあるサイトでは2倍、3倍の価格で流通していた。 

gucci18.JPG

gucci19.JPG

裏面を見たら
意外にも、今まで何度も美味しくいただいたことのあるチョコレートメーカー(それほど市販されていない)
が、製造していた。
でもこれは + G のお味かな?

バレンタインデーが楽しみ♥♥自分用                                                            pana

 

 

GUCCI CAFE

東京都中央区銀座 4-4-10
TEL 03-3562-8112

February 10,2012 08:55 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

ポワン・エ・リーニュでパンランチ ~ パンのシネマ

お休みの雨の日に
パン好きの友人と、パンな一日を過ごす。

point01.JPG

丸の内線の銀座駅で下車し、雨に濡れないように、地下道を使って
イトシア プラザ 4Fへ。

point02.JPG

  

ヒューマントラストシネマ有楽町

point04.JPG

スクリーンは、ふたつの小さな映画館でも
落ち着いた造り、
シャンデリアが綺麗!

point05.JPG  

午後からのチケットを買ってから
地下鉄で東京へ戻り
新丸の内ビルディング B1F

point07.JPG

この階だけでも買いたいもの沢山! まったく目の毒だわ~。
寄らないようにして通り過ぎ

友人が選んでくれたパン屋
POINT ET LIGNE へ

う~ん読めない。

ポワン・エ・リーニュ  『店と線』を表し
東京の起点から世界という線へ、MADE IN TOKYOパンのおいしさを発信したいという願いがこめられている。 (テイクアウトしたパンに入っていたリーフレットより。)

淺野正己プロデュース
吉祥寺のダンディゾンよりも、楽しそう!

 

point08.JPG    point11.JPG

                       気になるな~このパン、、、 
で、翌朝の食卓に、
胚芽パン ルパ(小)
焼かずにいただくと、もっちり。  point24.JPG

一番人気は、細長いあんぱんアンビザー という。

point22.JPG   point23.JPG

ランチは
STORY 2月号でも紹介されていた
奥のバールへ

 

 

point09.JPG   point10.JPG  

平日
12時過ぎには待っている方も。

point18.JPG

わたしは、スペシャルランチセットを選ぶ。
まず運ばれた、6種類のディップ。

point13.JPG    point12.JPG

パンに合うタプナード。
中央の美味しい!』と思ったジャムは
鎌倉ロミ・ユニフランボワーズとキッシュのコンフィチュール。

ふわっと軽めのパン盛り合わせは、おかわりOK。
グラスワインもオーダー。

point14.JPG  

鶏肉とエシャロットのトマトスープも美味しい。

point15.JPG

田舎風パテ スモークサーモン 塩豚とピペラドソース  サラダ の盛り合わせ。
塩豚とほのかに甘いパプリカのソースでワインを。

point16.JPG

友人は、選べるランチのセットから
カスレとサラダのプレート。
上のベーコンと、スープに沈んだ豆が美味しそう~。
こちらも、パンとディップとドリンク(平日のみ)付き。

point17.JPG

カフェラテ(平日のみのソフトドリンクから)で、ごちそうさま。

point19.JPG

お隣に座る、セレブ腕時計のOLさんも
「前に来たときは温かかったけれど、、、」と話すように
パンは温かくワインは冷たいと、もっと嬉しい。

point20.JPG

ところで、
ここでの会計に、例の札を出す。
若い男性店員が、すぐに気付き、大層なリアクションをし続けたので
「実は、この1000円札はね・・・・・。」と喋り始めるわたし。
ひとしきり盛り上がった後、嬉しそうに
「大切にします!」と言っていた。 (実際はその日の売上を〆るときにちょっと面倒だった事でしょう。)
何気なく使った夏目漱石の1000円札で、楽しい話が拡がるなんて
少し意味あいは違うけれど、やはり 『おカネは天下の回り物』 なんだなと感じた。

 

POINT ET LIGNE  ポワン・エ・リーニュ

 

東京都千代田区丸の内1-5-1
新丸ビル B1

TEL 03-5222-7005

 

 

そしてわたしたちは、
『しあわせのパン』を観る。

point30.JPG

 

 

 

スクリーンから
焼きたてパンの香りがしてくるよう~。                                   pana 
 

February 09,2012 06:55 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

お饅頭大好き 上板橋石田屋

上板橋に行く用事に恵まれたので
ほぼ2ヶ月ぶりに、ひと本 石田屋へも寄る。

  

ishida01.jpg

週末の昼近くでしたので、
まだ食べた事の無い
抹茶まんじゅうが並んでいる (早い時間には出ていないと思う。)
買うぞー!

ishida02.JPG

長いショーケースの手前は和菓子
奥に洋菓子が並ぶ。

包装をしていただく間に
まんじゅう大好き仲間をウオッチング。

ishida03.jpg    

ママと一緒に来た子供が
「あたし、ロールケーキがイイー。」と言っている。

味と価格に納得の、老若男女に愛される石田屋。

ishida04.jpg  

そして又、沢山買ってしまった か ? 

ishida05.JPG

最中

ishida10.JPG

もちろん栗饅頭 
形の可愛らしさも好印象のまんじゅうたち。

ishida06.JPG ishida07.JPG

 

バターまんじゅう
個人的には
栗より好きなバターかも。

ishida08.JPG ishida09.JPG  

そして
初めて購入
抹茶饅頭
上にかかった緑の餡がいい色。

ishida11.JPG

半分にしてみると、中も凝っていた。
抹茶の香り良い緑の餡は甘さも控えめで、ぎゅうひもぴったり。
隠し味に洋酒も使っているようだ。 

ishida12.JPG

おいしい。 

 

最近、
そんなに食べて大丈夫なの? という声も聞こえて来るような。。。

大丈夫です! 多分                                                                  pana 

 

 

ひと本 石田屋

東京都板橋区上板橋 2-32-16
TEL 03-3933-3305

9:00~営業
火休み                                                                        

                                      
February 05,2012 06:55 AM | コメント(2) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages