今日の食HOME

今日の食

秋田のごはん

 

初めての秋田の膳を楽しみに
宿の夕食へ。

tbh01.JPG     

水無月の献立

tbh02.JPG   

角館の地ビール
『枝垂桜』  tbh03.JPG

瓶を回して裏のラベルを見ると
角館枝垂桜の由来が書かれている。 
今回の旅のプランは人任せだったので、この機会に枝垂桜を知る。

 

1664年に京都の公家三条西家・実号(さねな)の娘が、角館佐竹家二代目に嫁いできました。
その際、嫁入り道具の中に枝垂桜の苗木三本が入っていたと言われています。
角館の枝垂桜は、時を越えて『京』 をしのぶ女の物語を語り継いでいます。  とのこと。  

爽やかなお味どす。

 

 

地元の食材を取り入れた創作和食

一 旬菜盛り
鯛子ゼリー寄せ・芋がら利休、豚角煮
姫竹旨煮、つくね文銭巻・鰰(はたはた)南蛮漬、蕨烏賊山椒掛け 

tbh04.JPG

一 吸い物
鯛茶巾 竹の子豆腐

tbh05.JPG  

一 刺身
雲丹 鯛 鮭 鰤 ホワイトアスパラ豆腐 蕨が添えられる。

tbh06.JPG

一 家喜物
鱒粕漬焼き・鳥レバーのけんちん焼・蕗ばっけ味噌・とうふかまぼこ
そして生じゅんさい土佐酢

tbh08.JPG   

一 中皿
和牛ステーキ

tbh09.JPG  

 一 蒸し物
鰈蕪蒸し塩魚汁あん 

tbh10.JPG   

一 ご飯 筍ご飯(お替りOK)
一 雅香(がっこ)、人参のあぶりがっこ
一 汁 とうふ汁

tbh11.JPG  

一 甘味 大豆くりぃむのアイス、ようかん

tbh12.JPG   

tbh07.JPG

雲丹、和牛ステーキ、魚汁、人参のいぶりがっこが印象に残る美味しさ。
宿オリジナル珈琲 憩 でごちそうさま。

tbh13.JPG  

 

朝食
フレッシュりんごジュースで身体を目覚めさせる。  

tbh15.JPG     

和食の膳 

tbh16.JPG   

 

部屋数も多くなく(そこが好み)落ち着いた宿
田町武家屋敷ホテル

秋田県仙北市角館町下丁23
TEL 0187-52-1700

秋田を北上して青森へ向かう 

July 12,2012 06:48 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

秋田角館 安藤醸造元本店

 

角館散歩は
宿のそばにある、嘉永六年創業 安藤醸造元本店から。

 

買い物と、建物の見学が楽しみ。 

kakunodate17.JPG  

kakunodate01.JPG  

 

明治時代に建てられたというレンガ造り蔵座敷の外観と
本物を大切に輝かせて保存されている内部を写真に収めたら、
実物そのままに綺麗に撮れていて嬉しい。 

kakunodate02.JPG

通りと呼ばれる土間の続く
左手に商品が並び、右手が座敷。

kakunodate03.JPG  

 

重厚な蔵座敷への扉の前
昔、帳場だったという場所に
味噌、醤油、漬物などの伝統的な品々と、当世的な、白だし、糀などが並ぶ。
わたしは、実生ゆずとモンゴル岩塩を使った『しおぽんず』 が、香りよくさっぱりとして好かった!

kakunodate04.JPG

それぞれの商品は、試食用に丁寧な配慮がされているので、自然と手が伸びる。

あぁ、これが『いぶりがっこ』というものですね? ボリボリ・・・・・。

kakunodate05.JPG

kakunodate06.JPG  

秋田の言葉で
漬物の事を『がっこ』と言うのは聞いた事があったけれども

 

『いぶりがっこ』 をこのようにして作るとは知らなかった。
吊るされ燻される大根は、蠢いているように見える迫力!
(県内の別の場所に掲示してあったポスターより)

kakunodate07.JPG  

安藤醸造元本店では、店内の蔵座敷、文庫蔵も拝見できるが 
普段生活されているという、こちらの美しい座敷に見惚れて見学を忘れた。。。

 

「葦戸を出しました。
ちょっと歪んでいても、ちょちょっと辺を叩いてあげると、すんなりと敷居に入るんですよ、どうそ。」

と、話す女将に促されて座敷に上がらせていただく。

 

kakunodate08.JPG  

囲炉裏の灰も整えられていて、感動もの。

kakunodate09.JPG  

 

 

kakunodate10.JPG  

kakunodate11.JPG  

kakunodate13.JPG  

涼やかに生けられた花を眺めていると、「池坊です。」 と。

 

 

入口のこの花を拝見して『そうかな?』 と思いました。
普段職場で教えていただいている岩崎先生のおかげです。 

kakunodate14.JPG  

角の部屋から庭を眺める。

 

大きな枝垂れ桜の緑の葉が、
鏡のような座卓に移り込み鮮やか。 春には桜が、、、と、想像する。

kakunodate15.JPG  

kakunodate16.JPG

味見しながら購入した商品の宅配手続きが終えた頃
同行者がやってきた。

「送れば良いのに。」というので
「そうね~。。。」と言いながら、『もう、たっぷり送りましたよ。』と、心の中で思いながら店を出る。

 

安藤醸造

秋田県仙北市角館町下新町27
TEL 0187-53-2008

 

 

 

 

 

 

まだまだ陽が高いので
390年余り前の街並みが残る、黒板塀の武家屋敷通りへ。

 

 

一般開放されている家々は、16:30頃までなので、本日は時間切れ。
そのかわり、この緑の中を静かに歩くことができた。

kakunodate20.JPG  

kakunodate25.JPG  

kakunodate21.JPG  

みちのくの小京都、旅人は、わたしたちだけ。

kakunodate30.JPG  

kakunodate32.JPG  

外町に戻る。

開いている時に寄って見たかった
石造りの イオヤ 伊保商店。

kakunodate34.JPG

kakunodate24.JPG

 秋田の日本酒

kakunodate37.JPG

スナックは純子で 

kakunodate36.JPG  

犬は、秋田犬?

kakunodate33.JPG

 

最後に、
対岸は見事な桜並木という桧木内川(ひのきないがわ)。  kakunodate35.JPG

漸く暮れてきたので、宿へ帰る。                                     pana

July 10,2012 06:56 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

青梅 ベリーコテージ

多摩ネタ

今年は
機会を逃すかもしれないと諦めかけていた場所へ、友人が連れて行ってくれた。
ありがとう(^.^)

 

 

スモールフルーツランド
ベリーコテージ

berry002.JPG  

我が家のブルーベリーはまだ緑色ですが、
期間限定カフェで、※詳しくは店に問合せ要!
ブルーベリーケーキなどが味わえる。

 

 

 

この日は、わたしの都合で特別に外のベンチでカフェさせていただく。 
店の方々のご配慮に、深く感謝。

berry001.JPG

午前10時前から
数組の客が訪れ、開店を待っている。

ベンチに座ったら、早速、1日10杯限定の、ラズベリーフレッシュジュースとケーキを注文!

berry010.JPG  

真っ赤なラズベリージュース

berry011.JPG

アップ!

berry005.JPG

ブルーベリーショートケーキと、日替わりケーキのベリーベリー。

berry006.JPG

ここ数年間いただいている
大粒で甘いブルーベリーと、手作り感のあるスポンジのケーキ。

berry007.JPG

そして今回初めていただく
ラズベリーとブルーベリーのベーリーベリーケーキ。  

berry008.JPG

こちらは、スポンジの肌理が細かく、甘さもやや控えめで
ファンになる。

 

どちらがお好みかな?

berry009.JPG  

ケーキに載っていた、
ブルークロップという種類の大粒ブルーベリーを買って帰る。写真撮り忘れ。                pana

ベリーコテージ

東京都青梅市新町 2-11-5
TEL 0428-31-3810
※ カフェのオープン時期及び
  ケーキーやベリーは、時期によって内容が変わりますので、店にお問い合わせください。

ベリーコテージ 2011年 

ベリーコテージ 2009年

July 08,2012 06:40 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

秋田新幹線こまち 単線でGO!

平日は、ほぼ一時間間隔で発車している
秋田新幹線こまちに乗るために
急いでレンタル自転車を返却して
盛岡駅へ到着。 komachi01.JPG

 

席を予約しようと駅員さんに伺ったところ
既に満席というので
約50分間、立ち席の人になる。

komachi02.JPG   

そうすると、結構いい景色も眺められる。

雫石付近

田植えを終えたばかりの、あきたこまち?

komachi04.JPG  

なんだかお腹が空いて

盛岡正道普及会で買った
広げただけで香ばしいごまフランスを、ちょっとカジル。 旨。

komachi05.JPG

秋田杉?

komachi07.JPG

komachi08.JPG  

やがて

角館駅に到着。
秋田県初めまして(^.^)


komachi09.JPG

これはきっと有名な枝垂れ桜。

komachi10.JPG  

思った以上にがらんとしているのは

ここから、有名な武家屋敷までは、20分ほど歩き、
宿泊する田町へも15分ほどの道のり。
それ故に、390年余り前の、みちのくの小京都角館が美しく守られていると言えるかもしれない。

 

途中の八百屋の店先には地元の野菜が、瑞々しい。

にんにく、
山菜のミズ。

 

komachi11.JPG

ゆでわらび、根曲がり竹 

komachi12.JPG

カブカンラン?
う~ん、ブロッコリーの茎が丸くなったように見えるが
これは味わった事が無いかも知れない。可愛らしい名前を覚えておこう。

komachi13.JPG

 

田町武家屋敷通り
春にはこれが全て桜桜桜。。。あるいは人人人。。。という感じを想像しながら
緑のカーテンの下を歩く。

komachi14.JPG  

途中の家々も
美しく保たれている。

komachi15.JPG

 

黒板塀に枝垂れ桜の趣ある構えが、本日の宿 『田町武家屋敷ホテル』 
フロントの若く明るい女性達の笑顔に迎えられてチェックイン。

komachi16.JPG

komachi17.JPG

案内された客室は
民芸風な洋室に、藍のベッドカバー

komachi18.JPG

ゆったりしたバスルームもあるが
少し歩いた所にある「かくのだて温泉」に行く時のためにと、
藤バッグが用意されている。

komachi19.JPG   

秋田名物もろこしが置かれた菓子皿は曲げわっぱ、お盆は樺細工と、
特産品でまとめられているところも素敵。

komachi20.JPG

たっぷりの美濃焼湯呑のほうでコーヒーと残りのごまフランスパンを食べ切り
まだ陽が高い屋敷町へ出かけてみる。

komachi21.JPG

田町武家屋敷ホテル

秋田県仙北市角館町下丁23
TEL 0187-52-1700

July 06,2012 06:54 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

肉の米内で冷麺

 

盛岡正食普及会の近く
上の橋方向へ少し戻って

米内(よない)肉店に併設のレストランで、ランチ。 

 

 

yonai01.JPG  

yonai02.JPG  

yonai03.JPG

 

地元の人達のランチは
各種焼肉定食が定番?のようで
い~い匂いが漂ってくる。  ここは、肉屋だもの !

yonai04.JPG  

 

サーロインステーキ(前沢牛 黒毛和牛)
ヒレステーキ    (     〃      )
食べたいけれど、宿の夕食も楽しみなのでガマンする。 yonai07.JPG

冷麺のできるまで、暫し待つ。

yonai05.JPG

出来ました。 

 

自家製、手練り、手作り麺と、スープもあっさり。
味付け肉旨し!

 

yonai06.JPG  

通は、キムチは別添えで頼むのかな?    

yonai08.JPG  

米内

岩手県盛岡市紺屋町 5-16
TEL 019-624-2967                             

 

 

 

この旅では、比内地鶏も、和牛のどれも美味しかった。                       

 

 

 

 

昼食と買い物もして約3時間の盛岡市内散策も、駅近くまで戻ってきた。

 

ゆったりと流れる北上川
左手にうっすらと見えるのは、岩手山

morioka38.JPG  

ほんとうに素敵な街morioka                                      pana

 

 

July 04,2012 06:53 AM | コメント(2) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages