今日の食HOME

今日の食

所沢市 イタリア料理 ナチュール

西武球場へ向かう高橋の交差点。
ある日通りかかったときに、
以前あったインド料理の店が、イタリア料理店に変わっている事に気付いた。

nature01.JPG

後日早速友人と出かけてみる。

NATURE

地元野菜や、生産者さんと、直接契約したこだわりの食材を使用したお料理が自慢、
前菜からデザートまで心をこめてご提供します。
(店のパンフレットより) 

nature23.JPG

開店11:00に入り、席に着き、パンフレットを読み進めると

東松山にある ベルドゥーラの2号店であることを知り、ビックリ!
何しろ、いつもランチ待ちの人が相当いる人気店だもの。 以前ひとりランチしたときのブログ記事

nature03.JPG

インド料理店だった時には来た事がないけれど
清潔で落ち着いた店内には、ワインセラーも完備 。

 

 

ということで
カリフォルニアのシャルドネ
甘くないほうでとお願いした白は、深みもあってじっくりいただける。

nature04.JPG

 

ナチュールは、ベルドゥーラの2号店ということですが、
本店の料理人が入れ替わり所沢の厨房に立つそうなので
東松山と同じ味がいただけるということ。
又、同じく定休日は無い。(年末年始や研修などで、お休みの日はあり)

 

 

 

わたしたちは
前菜、パスタ又はピッツァ、ドリンク、焼きたてパンの『プリマベーラランチ1350円』をオーダーするも、
そんなこんなで、やっぱりデザートもイケるでしょうと確信して、『ベルドゥーラランチ1750円』に変更
ランチのどのコースも、ディナーもリーズナブル。

nature18.JPG  

それぞれの選択は
前菜なら8種以上、ピッツァが10種以上、パスタが13種以上と、品数が多い!
気になる一皿を挙げてみると
・北海タコのカルパッチョとイイダコのトマト煮(種付のオリーブが入っています)
・バジルペーストとモッツアレラの野菜たっぷりピッツァ(+100円)
・サーモンとほうれん草のクリームソースタリアテッレ                   などなど。

 

 

 

 

友人の前菜
そば粉のクレープ (+100円 )

nature10.JPG

 

わたしは
地元野菜をなるべく使ったミックスサラダ

オリジナル香味ドレッシングは、人参も入った優しい味。 おみやげ用に購入可だそう。
nature11.JPG  

黒板のメニューから
万願寺とうがらしとミニトマトナスのアンチョビトマトソースピッツァ

nature12.JPG  

アンチョビの塩梅よく。生地も好み。

nature13.JPG

 

あぁ   外は連日の猛暑

nature14.JPG   

テーブルにはボトルの水もたっぷりと用意されていたが
新たに冷たい水の入ったグラスや、お手拭をタイミングよく持ってきてくださるのは嬉しい。 nature17.JPG

あらまあ、
自家製パンをいただくのを忘れていました。
お替りも可。 レジ前でも販売している。

nature16.JPG

パスタ
お2人で取り分けるのであれば(^.^) ということで
2皿になって登場の
ナスとモッツアレラのトマトソース。

nature15.JPG

アルデンテな麺に絡むトマトとモッツアレラがた~っぷり!

友人のドルチェ
濃厚なガトーショコラ

nature19.JPG

いちじくのコンポート
こういうの好み。             → 現在、「どっぷりシロップに浸かったサバラン食べたい」病

nature20.JPG

 

コーヒーで、 ごちそうさま。
東松山まで行かなくても済むのは、おいしい(^.^)                         pana

nature25.JPG

 

nature24.JPG

交差点付近のため
店の前に停めにくい場合は
裏手に停めやすい駐車場あり。  P →

nature02.JPG

 

NATURE

埼玉県所沢市上山口 104-4
TEL 04-2939-2339

無休(年末年始や研修などで、お休みの日はあり)

 

洗面台に マウスウオッシュ、ハンドクリーム、めんぼう、、、の配慮も嬉しい。

nature22.JPG

August 01,2012 06:05 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

青森県 十和田蔦の森

青森県八甲田のブナ原生林に
蔦の七沼といわれるところがある。
その中の六つの沼めぐりができる蔦野鳥の森の、整備された小路を歩く。

 

 

 

スタートは蔦(つた)温泉から
ここは秘湯と思っていたが意外に観光客も多い、ま、雪の季節は間違いなく秘湯。

tuta08.JPG

tuta09.JPG  

散策路に入るなり
小さな植物の息遣いが聞こえる。

 

 

苔のふかふかマットの上で発芽した双葉 

tuta33.JPG

そして直ぐに、うっそうとした森となる。

tuta11.JPG  

tuta12.JPG

360度に開いたシダは、「ドキッ!」 と印象的。

 

 

木々の影から
神秘的な色をした 湖面、池面イケメン、沼面?が、現れる。  

tuta14.JPG  

 

主にブナの原生林が続く深い森は、湿っていても蒸してはいない。

そこに
「ジーーーーー」「ジーーーーー」「ジーーーーー」

tuta17.JPG

tuta18.JPG  

tuta19.JPG

セミ?

6月なのにセミ?

と思っていると、『エゾハルゼミ』 という種類の蝉の鳴き声だそうで
相当数の「ジーーーーー」という合唱は、賑やか。

tuta30.JPG  

 

やがて、散策路の中では珍しく視界が開ける
蔦沼

tutanuma01.JPG  

森にもどると
小さな流れや、鏡沼、月沼などが続く。

 

 

 

tuta31.JPG

tuta07.JPG  

 

 

 

木々の向こうにエメラルドグリーン が鮮やかな

長沼

naganuma01.JPG

 

正面に立つと 

naganuma02.JPG  

naganuma03.JPG

 

見事な水鏡となって、山々を映し込む。

naganuma04.JPG

森には
ニホンカモシカやテンなどのほ乳類、キビタケやアカゲラなどの鳥類をはじめ
多くの野生動物が生息しているという。

 

さあ、ここで問題です! <森のカエルはどこにいるでしょう?>

tuta02.JPG

 

拡大 1

tuta01.JPG

拡大 2

tuta03.JPG  

拡大 3  もう、わかりましたね!

tuta04.JPG

これは へび ジャ 

tuta32.JPG

 

この蔦野鳥の森 沼めぐりの小路(2.9km)は、ゆっくり歩いて1時間30分ほどのところを
2時間以上もかけて、ランブリング。
ゆっくりぶらぶら楽しんだのでした。 

蔦の森 
青森県十和田市大字奥瀬字蔦 

 

 

 

 

さて
この森に来る前に、「森の神」 として崇められてきたという
日本一のブナの巨木を見に行こうと出かけた。
下記のJR東日本の雑誌、
周囲は森ばかりなのに、地図に目印は無い。 
ずかずかと踏み入れてはいけないのかもしれないと思いながら行くも

tuta21.JPG

 

 

 

案の定、付近に来てもその場所がわからない。
山菜採りのお母さんに聞いてもわからない。 

 

 

たまたま寄った 渓流の駅おいらせ インフォメーションセンターに巨樹の資料があり
やはり、近くまでは行っていた。
奥入瀬バイパスの登坂車線辺りからアプローチするのだった。

tuta22.JPG

ああ、
案内クマにも会えずに残念。
しかし、巨木が静かに森を見守ってくれている姿を想像するだけで心穏やかになるようだ。   pana

 

 

July 30,2012 06:52 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

青森県奥入瀬 森のホテル

 

奥入瀬での宿泊  

mori01.JPG  

以前は、かんぽの宿だったという建物が全面リニューアルし、
2011年秋にオープンしたという『森のホテル』。
広々として落着いた空間は新しく、そしてリーズナブル。

mori02.JPG

客室の窓からは、緑の山々が見渡せる。

mori03.JPG  

mori04.JPG

 この部屋に浴室は無いが (それはわたし的には全く問題ありません(^.^)

mori06.JPG 手提げ籠を持って地階の温泉(猿倉温泉源泉)へ行ける。

 

1階のレストランで夕食 (浴衣は不可です。)では
『奥入瀬キュイジューヌ』と題した地元産の食材をお箸でいただくコースが用意されている。

 

 

鉄板好きの同行者は、一日3組限定の鉄板ディナーコースプランを予約していた。
スタンダードな宿泊料金+ちょっと、だそう。

mori07.JPG  

倉石牛をメインに
コース仕立てになっているので、 色々と味わえそう。

 

ニューカレドニア産の
天使の海老が捌かれる。              ↓ あたま           ↓ にんにく

mori08.JPG

天使の海老のシャルロット仕立て

mori09.JPG

倉石牛
フィレと
サーロインを選択。

mori10.JPG

陸奥湾帆立のパートフィロ包み
紅芯大根や、紫人参などの季節のサラダを、アンチョビソースで。

mori11.JPG

調味料はバターだけという
十和田産黒にんにくと青森産林檎(ふじ)のホイル焼き。

mori12.JPG  

シェアしている
先ずはフィレの半量。 

mori13.JPG  

サーロイン

mori15.JPG

の半量
柚子胡椒 山葵 にんにく醤油で。

mori16.JPG

おせんべいになった天使の海老ちゃんが

 

mori17.JPG

ガーリックライスに載る。
オニオンコンソメスープは、あっさりで〆。

mori18.JPG

デザート
ホテル内にはスイーツ工房があり、女性パティシエが熱心に作業する姿も。

mori19.JPG

ここで同席になったご夫妻は地元の方でしたが、意外にも共通な話題で盛り上がる。

近くにあったらいいね! 森のホテル 

 

 

翌朝、
前夜の場所の写真を撮る。
なるほど、席は6席だけだったのね。

mori20.JPG

女性スタッフの弾ける笑顔がいいので
明るい気持ちで朝のスタート。  

 

 

洋食メニュー 
和洋ともバイキングではないので、ゆっくりと外の緑を眺めながらのひととき。
サラダ、チーズ、ヨーグルトにひじき?
食べてみると違和感はなし!

mori21.JPG

薄味の野菜の炊き合わせ?
とても嬉しい!

スープや、りんごジュースもたっぷりいただく。

 

mori23.JPG  

横長の白い器には、バター、ジャム、蜂蜜と、並んでいる。
左から2番目が、酒の肴のような? と、意外な和食が載ってくるのもご愛嬌。

mori24.JPG

帰ってから検索してみたら、口コミ評価が高いのもとても納得の宿!

mori25.JPG

奥入瀬 森のホテル

青森県十和田市大字法量字焼山 36-20
TEL 0176-70-5000

July 28,2012 07:42 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

入間市 天然酵母のパン工房 ジジ

入間市鍵山の
天然酵母のパン工房 ジジ

jiji01.JPG  

朝、この道を通りかかったときには
ジジさんが、丁寧に店のガラス窓を拭いている姿を見かけた。

jiji02.JPG  

その午後に寄ってみる。

 

 

すべてのパンは
自家製のぶどう天然酵母パン
素材は、国産小麦、沖縄の島マース塩、創健社のベニ花油、よつ葉バター、生活クラブの卵、
有機木の実ドライフルーツなどと、こだわりがある。 

 

食パンや、お菓子パン、お惣菜パンが並ぶ、

jiji03.JPG

木の実やドライフルーツがたっぷり入った 『ジジ』 や、伝説のシュトーレン。

jiji04.JPG  

店内にはコーヒーをいただけるスペースもあり、
埼玉での、天然酵母パンの草分けなジジのお話を伺うのもいいかも。

 

jiji05.JPG

家にはパンの在庫があったため 、田舎パンだけを購入。

jiji07.JPG  

 

外側はもっちりと水分があるタイプ
秩父の地粉を石臼挽きにした
その色が、いかにも身体に良さそう。

jiji08.JPG

 

jiji06.JPG

天然酵母のパン工房 ジジ

埼玉県入間市鍵山 2-12-41
TEL 04-2907-7148
11:00~18:00 
日・月休み

 

July 26,2012 06:08 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

青森県 十和田・奥入瀬

神秘の湖

十和田湖

oirase01.JPG

oirase02.JPG  

青森県。。。 「遠くまで来だな~」と実感。

oirase03.JPG  

oirase04.JPG

十和田湖を水源に、原生林の中を流れる奥入瀬渓流
きっと誰もが何かで見たことがある景色が、約14km続く。
(全行程を歩くと5時間ほどかかるそうで、、、途中疲れたらバス利用可)

 

 

 

 

日没は近い
もう大方の人は宿でゆっくりしている時間となれば
車も人も少なく、好きなところで停車しては眺め、歩き、撮り、
そんな事で、写真の冴えはいまひとつですが
涼をお届け。

oirase08.JPG

新緑の木々の下を優雅に流れる川面から、清々しい空気が押し寄せてきて、
「あ~」 まるで川に入っているような心地よさ。  <す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>

oirase05.JPG


川沿いに歩きやすい遊歩道が整備されているので
絶景ポイントが間近に楽しめる。

oirase16.JPG  

 

7mの落差があるという
銚子大滝。  

oirase09.JPG  

<す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>

oirase10.JPG  

う~ん、コンデジカメラが残念。。。

 

 

川の流れの大小も変化に富む。

oirase12.JPG  

    

oirase14.JPG    

  

oirase17.JPG  

白布の滝

oirase18.JPG  

 

雲井の滝  

oirase33.JPG  

oirase19.JPG

<す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>

                                          レンタカー 

oirase20.JPG     

oirase23.JPG  

  

oirase26.JPG

渓流のなかで、最も美しいとされる景勝地
阿修羅の流れ

oirase27.JPG  

カレンダーのようには撮れない。 

oirase24.JPG

<す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>
清々しい空気が、細胞の隅々まで行き渡ったという感覚が大げさでないかもしれない。

出口では、深い緑のトンネルが奥入瀬渓流をしめくくる。

oirase28.JPG   

十和田橋から眺める、夕暮れの奥入瀬川。

oirase29.JPG

この日の宿は。。。 

 

付近の有名なホテルを一旦は予約したものの
同行者の希望で変更したのがこちら 

 

 

『森のホテル』

oirase31.JPG  

 

ここが、とてもいい宿でした。                                       pana

July 24,2012 12:06 PM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages