今日の食HOME

今日の食

川越 池辺の丸和だんご 川野屋

ときに、畑の中の家並みが続く地域だったりすると、目的地に辿り着けない事もある。

道を歩く地元の方、総勢6名様に教えていただき、
なんとかお客様のお宅に辿り着き無事に仕事を終えて
辺りをゆっくり走る。

 

使われていない線路。
ここが西武鉄道安比奈線なのね。 

 

ikebe03.JPG

ikebe04.JPG

ikebe06.JPG

ikebe05.JPG

 

さらに
池辺という地名の辺りを走ると 、ピンク色の桜が咲いている。

ikebe07.JPG

ikebe08.JPG

 

トラクター

 

ikebe01.JPG

 

火の見やぐら

 

ikebe02.JPG

この辺りは、昔からの家並みが多く、タイムスリップしたような長閑な景色。

 

交差点で左右を確認すると、その先も何やら趣がありそうな気配なので行ってみる。

ikebe09.JPG

 

小さな池

ikebe10.JPG  

その先に、おだんご屋さん? 

ikebe15.JPG

機械の音がするので
敷地の縁側にいるおばあちゃまに
「こちらで販売されているのですか?」とうかがうと
「なにかあると思うよ。」と笑顔で応えてくださる。

 

工場で注文のお餅を作っていたご主人も出てきて、色々と教えてくださる。

この池は、湧き水の弁天池で
武士が馬に水を与えたという伝説や
最近になって地元の方々による池の掃除が行われ、
綺麗になった池には、大層な数の鯉がいるという。 

ikebe11.JPG  

水面に届きそうな桜の枝には、今にも開花しそうな蕾 (きっと見頃でしょう。)

ikebe12.JPG

 

ikebe13.JPG  

鯉も沢山寄ってくる。

ikebe14.JPG

丸和だんご 川野屋は、仲町に店舗があるので
工場では販売していないそうですが
冷凍のものならばいただけるという事で、豆大福を購入

したところ・・・
「これも食べてみてください。」と、ご主人ご自慢のどら焼きを、いただいてしまう。  ごちそうさまです。

ikebe16.JPG  

 

蜂蜜までも国産という国産原料を使ったこだわりの品
厚みのある皮の美味しさと、餡の程よい甘み。 

ikebe17.JPG ikebe18.JPG

豆大福も美味。 

ikebe19.JPG

 

地域の素敵な所、発見の春 !                                     pana

 

April 09,2012 06:47 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

近為 京お漬物三昧

ぶらり門前仲町でのお昼は、
深川お不動さんの手前
友人お勧めの、京漬物 近為へ

kintame01.JPG  

kintame02.JPG  

 

京都で作られた漬物を、沢山いただけるという。

 

 

野菜というヘルシーさもあってか
若い女性たちも常連さんのよう。

まずはお重に置かれた3種から、ほうじ茶飲み飲みすすむ。
食べ終わったら次のお重をお願いするという流れ。

kintame03.JPG
大根、赤カブ、 青菜 瑞々しく上品な味のおつけもの。

 

食事は、
魚の味噌漬けと、粕漬けを注文して

 

kintame04.JPG

kintame05.JPG  

次のお重
きゅうりやかぶなど色合いは地味め。
思った以上に箸が進み、わたし史上最高の漬物大量摂取。
やっぱり日本人なんだな~。

 

kintame06.JPG

向かいに座る女性たちのお重も美味しそうに見えるので
3重目は店の方にリクエストすると、
希望通り、
菜の花、赤カブ、キャベツを盛ってきてくださる。
彩りも明るく春らしい3品。

kintame07.JPG

ゆっくりと漬物を楽しんだ後に
友人のサワラの味噌漬とご飯が運ばれる。
切干大根と、ちりめん山椒、 ごはんと味噌汁付き。 

kintame09.JPG  

kintame10.JPG

 

わたしの鮭の粕漬と、ごはん。 

kintame11.JPG  

照明の具合で
鮭の色が出ないけれど、大ぶりで脂ののった外国産鮭

kintame12.JPG

こんなに山盛りのご飯も、しっかりごちそうさま。 

 

 

 

店内には、お土産用に
ずらりと漬物類が並ぶ。

kintame13.JPG  

さきほどいただいたキャベツの浅漬けは、
ダイナミックな半割り。

kintame14.JPG

焼き魚とお惣菜。 

kintame15.JPG

なら漬の通ではないが、わたしの好物。
様々な形にそれぞれの値段が貼ってあるが、やはり太い瓜は良いお値段。

kintame16.JPG

 

 

後悔するといけないので
思い切って買う。 

kintame17.JPG

kintame18.JPG  

口にするとシャキシャキとして、じんわりと透き通った甘さが染み出る。
とても甘いが旨い。

kintame040.JPG

この日一日で、塩分はもう充分摂れたと思って帰宅したら
口が慣れたせいか、帰ってからもまた漬物をつまみはじめていた。                pana 

 

 

近為 (きんため) 深川一号店

東京都江東区富岡1-14-3 ( 深川不動尊参道 ) 
TEL 03-3641-4561 
11:00~17:00
月休み 

April 03,2012 06:55 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ぶらり門前仲町

「門前仲町へ行ってみない?」

と話す友人と一緒に出かけた日は、
門前仲町 -浜離宮庭園- 羽田 のコース。

初めて降りたかもしれない、門前仲町駅
monnaka030.JPG  

地下鉄1番出口直ぐが、
深川不動堂の、まさに門前。

monnaka032.JPG  

 

下町らしい店が並ぶ参道を抜けると
広い空と、本堂。   

monnaka040.JPG    

monnaka05.JPG

左手には、昨年完成したという新本堂。
不動明王御真言24文字の繰り返しが建物を包んでいるのは圧巻。

monnaka06.JPG

monnaka07.JPG

 

内佛殿は観覧自由なので
4階まで上がると、春めいた下町の景色が眺められた。

monnaka08.JPG

 

続いて、そばの富岡八幡宮へも。 

monnaka034.JPG  

 

日本一の大神輿には
ルビーやダイヤモンドが使われているというが、このガラスもとても磨き込まれている。

monnaka02.JPG

monnaka041.JPG

深川不動尊門前に戻って
買いもの。

 

高級 
水産佃煮の筑定(ちくさだ) 大正7年創業。
建物にも趣がある。

monnaka09.JPG

 

昆布、あさり、まぐろ、ちりめん、かつぶし、うなぎ(美味しそうだけど100g=1、680円=無理!)など
つやつやの佃煮が並ぶ。

monnaka11.JPG

monnaka12.JPG

monnaka13.JPG

monnaka14.JPG

名物 五輪煮
浅利、昆布、人参、椎茸、竹の子、ごぼう、生姜の7品入り。 
100g 735円は、ほんの少しの量だけれど、白いご飯でそれぞれの食感を味わえる。

筑定 深川不動店
東京都江東区富岡1-13-10
TEL 03-3642-1123 

 

 

 

 

続いて、赤い門のそば、伊勢屋でおやつを購入。

monnaka18.JPG

monnaka19.JPG

monnaka21.JPG

友人はよもぎ、わたしは塩大福をごちそうになる。
春の日差しに、やんわらか大福が合うこと、合うこと。(@浜離宮庭園) 

 

深川 伊勢屋
東京都江東区富岡1-8-12
TEL 03-3641-0695

 

 

 

実は買い物中に
前を歩く女性二人組が
「それじゃ、パン買ってくるから、店の2階で待ってるね。」と話して二手に分かれて行った。

monnaka22.JPG

 

わたしたちは、パンには興味深々なので、
失礼ながら
二手に分かれて尾行しようと決める。

 

わたしが追った?女性は、路地へと曲がり大通りに出ると

monnaka23.JPG

銀行の中へ、
なかなか出て来られないので、中に入ってみると居なかった。
ま・か・れ・た ?

monnaka24.JPG

その時ちょうど友人からメールが届き
友人が尾行した女性の方が、普通のチェーン店のパン屋に入って行ったと知らされた。

 

「了解」
では、戻って昼にしましょう。                                      pana  

April 01,2012 07:08 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

浜離宮庭園菜の花畑 と 新橋小川軒

3月27日
門前仲町 → 汐留 → 羽田と
江戸散歩に出かけた。

hamarikyu032701.JPG  

大江戸線汐留駅から、浜離宮庭園へ。
徳川将軍家の御庭は、今、菜の花が見頃なので
先ずは季節物からアップにて候。 

地味な『中の御門』から入園、 一般参百円也。

hamarikyu032703.JPG

 

hamarikyu032704.JPG  

園内北側
高層ビルの下

 

3000㎡の広さに30万本が咲き誇る、黄色の絨毯が見えてくる。

hamarikyu032705.JPG

 

ようやく訪れた春らしい暖かさに、カメラを手にした人達の笑顔も咲いている。

    

hamarikyu032707.JPG   

hamarikyu032709.JPG

 

hamarikyu032708.JPG

 

hamarikyu032711.JPG    

 

hamarikyu032712.JPG  

咲き終わりを迎えた梅のシルエットも美しい。 >青梅梅の公園は見頃になったかしら。。。

hamarikyu032713.JPG  

 

大手門近くの『三百年の黒松』

hamarikyu032714.JPG

横に廻ると、力強く低く張り出している雄姿が良く解る !

hamarikyu032715.JPG

大手門を出て新橋駅へと歩く。
歩いているうちに、あぁ美味しい勘が働いてしまう。

hamarikyu032717.JPG

新橋駅前ビル 巴裡 小川軒
お取り寄せできない事もあって
新橋と目黒の店舗へは
今まで何度も出かけたことがある。

ogawaken01.JPG

 

ogawaken03.JPG  

 

ogawaken02.JPG

 

ガラスケースには
フレッシュケーキや、焼き菓子が並んで、どれも美味しそう。 

しかしやはり
10個入り、1、050円という価格も変わらない
元祖 レイズンウイッチ を購入。

ogawaken04.JPG

 

ogawaken06.JPG


クッキーのサクサク感が、フレッシュで
やっぱり美味しい。

一度に3個は軽いっ !!!

クッキーの小袋は、後日のお楽しみ。。。   ogawaken07.JPG

 

小川軒

新橋店  東京都港区新橋2-20-15
TEL 03-3571-7500

日・祝 休み

March 30,2012 06:15 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

入間市 創作イタリアン カメマン

 

創作イタリわ料理 カメマンへ
昨年の6月以来。

 

 

イタリアンにちょっと和のテイストなので
イタリわ料理。 

 

kameman301.JPG   

kameman319.JPG   

既に午後一時近かったが、数組の方がいらしたので、予約が安心。
 

この日、入間に用事があった母と待ち合わせてのランチ。
迷わずランチコース 1、500円とする。

kameman303.JPG   

スパゲッティーを選ぶ。
イタリアンなパスタに加えて
和風なパスタも美味しいので、どれにしようか迷うなぁ。

kameman304.JPG

 

前菜の一皿目
蛸のカルパッチョ

kameman306.JPG  

2皿目
人参のスープ

kameman307.JPG

3皿目
新玉ねぎのキッシュ

kameman308.JPG   

と、
一皿づつ運ばれる前菜は嬉しくて、
ルバイヤートの白をいただく。 
よーく冷やされたワインはすっきりと軽く飲みやすい。 

kameman318.JPG

kameman309.JPG  

たっぷりのサラダは、カメマン特製オニオンドレッシングで。

kameman310.JPG

女性シェフらしい
人参はさくらの形に。

 

 

パスタ
明太子とえのき茸のクリーム仕立ては、母の好みで喜んでいる。 kameman311.JPG  

わたしは、
小海老とほうれん草、フレッシュトマトの塩ぺペロンチーノ

kameman312.JPG

 

 

エビとパスタと辛み加減も好み。 もちろん色合いも。

 

そしてデザートは、清見オレンジのケーキ。
置かれた皿との色合いに、しばし 『うっとり』 kameman314.JPG

シェフにうかがうと
ドイツのアンティークの皿とのこと。 BAVARIA PMR 素敵。

kameman317.JPG

 

美味しいコーヒーでごちそうさま。  

kameman302.JPG

 

カメマン

埼玉県入間市豊岡 1-12-2
TEL 04-2935-7515
日・月・祝 休み  駐車は近くのコインパーキングなどへ。

・カメマン 2011年 夏 ランチ

・カメマン 2012年 夏 ランチ

 

 

 

 

 

「だからー、明日は詩吟のコンクール、明後日は大阪に旅行って、メールしたでしょ!」という母に
一曲うなられても困るので、早々にバイバイして
まるひろデパートの地下食品売り場をぶらぶら。

 

 

マコンのワインか~。
買ってみよっと (ストック中。)

m01.JPG  

気ままな一人になったので
霞川に下りてみる。

逆光の写真はヨーロッパの村のようだ。

 

kasumi01.JPG

すると、一匹の被写体発見! 
小鴨を追いかける。 

kasumi02.JPG

群れていないけど大丈夫?

kasumi03.JPG

おっと、堰になっている
さあー、どうする?どうする?  

行く先を探してうろうろしている姿も、愛らしい。

kasumi04.JPG

と、思った途端に、勢い良く飛んだ! kasumi05.JPG
「あれ?飛ぶんだ。。。」 考えてみたら鳥だから当然だった。。。 
カメラで追えなかったと思ったが
家で見返すと、辛うじて写っていた。 戦闘機のように勇ましいじゃん。 

 

kasumi07.JPG kasumi08.JPG

梅の開花に気を取られているうちに 
桜の蕾も、着々と膨らんでいるのだった。                              pana

March 28,2012 06:56 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages