今日の食HOME

今日の食

八王子 パンとおかしの工房 グルヌイユ

福生の フレンチSAKULA で教えていただいた店に早速出かけた一軒目は
八王子の 『パンとおかしの工房 グルヌイユ』
(と言っても、友人が行ってくれたのですが。。。)

 

 

パンと画像をおみやげにいただく。  

grenouille01.JPG

 

場所は下恩方
う~ん、
一軒家民家のパン屋、玄関先で大きく育っているのはオリーブの木かな?
雰囲気あるわー。

grenouille02.JPG

全体の色のトーンに
パンの香りが漂ってくる。

 

grenouille09.JPG  

grenouille04.JPG

 

そして友人からいただいたパンたち。
几帳面なラインが描かれた、これはデュラムの香りがするので
カムットパンかな?

grenouille05.JPG

はみ出し加減がユニークな
ハードなフランスパン生地の中に餡のパン。

grenouille06.JPG grenouille07.JPG

おもしろ。

 

友人が、「お酒に合うらしいわよ。」とメールをくれた
クミンパイ。

grenouille08.JPG

あ~ホント!
甘みはないし、噛むとクミンの香りが弾けて、合うわ~。  
ビールのつまみに食べ中。。。ナウ(夜ですよ)

全粒粉入りスコーンも、ほろっと砕けて自然派な味。

 

グルヌイユは
『自家製酵母パンとおかしのお店です。
干しブドウからおこした自家製酵母に国産小麦、天日塩と水を加えてこねた生地に
有機栽培の木の実やドライフルーツを入れて素朴なパンを作りました。
噛めば噛むほど粉や素材の味が楽しめます。
お菓子には、国産小麦、平飼いの有精卵、よつ葉バターを使用しております。』  ショップカードより  

grenouille03.JPG

 

ごちそうさま
今度は、自分で行ってみたい。

 

パンとおかしの工房 グルヌイユ

東京都八王子市下恩方 215
TEL 090-2753-2018

金・土・日営業 昼頃~夕方まで。

April 24,2012 06:52 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

福生 フレンチさくら

さくら 繋がり。

いや、ホントは梅が満開の4月初めに行った (のため、わたしの記憶やや曖昧で失礼)
福生のフランス料理店 SAKULA 

sakuraf01.JPG  

sakuraf02.JPG

知人の何人かに聞いていたSAKULAは
ハレの日に訪れるべき店かなと少し緊張していたけれど
接客担当男性が、わたしたちに合わせて大いにお喋りしてくださる。
おかげでリラックスして、
食事+楽しいランチ時間を過ごすことが出来た。

sakuraf03.JPG

各テーブルに無造作に置かれたおはじきには、自然と手が延びる。
これを触る場合は年代がわかるとか。。。 (byお店)

sakuraf04.JPG

前菜、主菜、デザート、コーヒーor紅茶の、ランチAコース
数種の中から選ぶブリフィックスメニュー。

 

 

 

前菜の前の一品は
むかごのフリット。

sakuraf05.JPG

美味しい自家製パンに

sakuraf06.JPG

無塩バター
左半分にはモンゴル岩塩が振りかけてあり、お好みで。

sakuraf07.JPG

友人が選んだ前菜は
自家製スモークサーモンと、トマトのサラダ仕立て、トマトのゼリーがけ。

sakuraf08.JPG

わたしは思い切って+500円!
知人が、「この店の、ブータンノワールが好き。」と話していたのを思い出して
この日のメニューにあった
旬のうさぎとフォワグラのテリーヌ、煮汁のゼリーがけを注文。

sakuraf09.JPG

テリーヌ料理は、食材にストレスを与えないというから、少しほっとして?いただく。

 

友人の選んだ、
エゴマ豚バラ肉の煮込み
白ゴマと白味噌の軽いスープ仕立て、ザワークラフト風キャベツ添え。

sakuraf10.JPG

エゴマを食べて育った豚を、とても柔らかく煮た一品は美味。 

 

わたしは
ボリュームある氷室豚の肩ロース網焼き、マスタードソース、万願寺唐辛子添え。

sakuraf11.JPG

付け合せの3種の新じゃがいもも春の美味。

エゴマも、氷室も、この日初めて知った豚の銘柄だわー。 (平田牧場豚食歴約20年のpana)

sakuraf12.JPG

そしてデザート

友人は、紅茶のプリンとアイスクリーム

sakuraf13.JPG

わたしは、さっぱりと
柑橘類のゼリー寄せ、ヨーグルトシャーベット
バナナとデコポンのソースで

sakuraf14.JPG  

生チョコ 甘夏系の柔らかいピール ガレット の小菓子もついてくるので
ランチAコース 2、800円 (+サービス料5%)も納得。

sakuraf15.JPG

さらに
ハイビスカスと、レモングラスのハーブティーのサービス (もしかしたら、平日のみ?)

sakuraf16.JPG

色んな情報もいただいて、ごちそうさま。 

 

 

 

 

 

 

☆後日再訪
この日お薦めのsakuraという名のブルゴーニュロゼとともに
今度は、魚料理をいただく。

sakuraf17.JPG

蟹と帆立のテリーヌ かき菜ソース
トマトとグレープフルーツのカットが載ったクールな一皿。

sakuraf18.JPG  

マナガツオのラタトゥイユ
大きな帆立貝柱の上に、どんと載ったかき菜の苦味が春。

sakuraf19.JPG

この日はこってりのデザート
チョコレートのタルトとモカアイスクリームを選択。

sakuraf20.JPG

タルト超好み。    

sakuraf21.JPG

SAKU LA

東京都福生市東町 14-3
TEL 042-552-0770

水・第2、4火曜日 休み

こちらでいただいた『パン情報』で、早速次なる予定が決定。                   pana
また、
埼玉なら!と、入間のフレンチウェロニカ・ペルシカも推薦されました。 (^.^)              

April 22,2012 06:14 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

羽村の堰 カフェ茱茰でランチ

 

武蔵野桜めぐりの日

JR青梅線羽村駅方向から南へ、羽村の堰に向かって坂を下る。

gumi0401.JPG

 満開桜
玉川上水にかかる橋の袂に 

gumi0403.JPG

カフェ 茱茰 (ぐみ)

gumi0404.JPG  

月曜、火曜のみ営業
前回は11月に来ていたけれど
この時期、満開の桜の頃となれば早々に席が埋まるので
苦労して予約してくれた友人に感謝!

 

上水の桜を眺められるのは、北側の部屋ですが
掘りごたつ式のこの和室も落ち着く。

gumi0406.JPG  

奥のキッチンで揚げ物が出来ると
次々と運ばれてくる野菜たっぷりのコース 
こちらに、デザートとコーヒーが付く。 

gumi0407.JPG

 

アスパラ、独活、シシャモの胡麻揚げ。 

gumi0409.JPG

サラダほうれん草の生ハム巻き

gumi0410.JPG

京芋、たけのこ、菜の花の煮付け

gumi0411.JPG  

のらぼう菜のお浸し

gumi0412.JPG

わらび
次々と季節の食材を味わう。

gumi0413.JPG

女性が嬉しい、甘めの定番惣菜。

gumi0414.JPG

gumi0415.JPG

gumi0416.JPG

gumi0417.JPG

 

野菜と思っても、

麦入りご飯と味噌汁をいただいたら
お腹一杯。

gumi0418.JPG

 

本日のデザートは
さっぱりと、蕎麦アイス。

gumi0419.JPG

gumi0420.JPG

その都度挽いてくれる コーヒーも美味しい。
完全予約制 2、000円のコース。

 

開き始めのこの花は?

gumi0421.JPG


庭に大きく花開いているのと同じ、木蓮だそう。 
そばのハナミズキにも目をやると、早くも小さな花びらが空に向かって開き始めていた。   pana

gumi0423.JPG

Cafe 茱茰 ぐみ

東京都羽村市玉川 1-1-1
TEL 042-554-1691   予約制です。電話は繋がり難いかもしれません。

月・火の昼、営業

April 16,2012 06:48 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

川越 池辺の丸和だんご 川野屋

ときに、畑の中の家並みが続く地域だったりすると、目的地に辿り着けない事もある。

道を歩く地元の方、総勢6名様に教えていただき、
なんとかお客様のお宅に辿り着き無事に仕事を終えて
辺りをゆっくり走る。

 

使われていない線路。
ここが西武鉄道安比奈線なのね。 

 

ikebe03.JPG

ikebe04.JPG

ikebe06.JPG

ikebe05.JPG

 

さらに
池辺という地名の辺りを走ると 、ピンク色の桜が咲いている。

ikebe07.JPG

ikebe08.JPG

 

トラクター

 

ikebe01.JPG

 

火の見やぐら

 

ikebe02.JPG

この辺りは、昔からの家並みが多く、タイムスリップしたような長閑な景色。

 

交差点で左右を確認すると、その先も何やら趣がありそうな気配なので行ってみる。

ikebe09.JPG

 

小さな池

ikebe10.JPG  

その先に、おだんご屋さん? 

ikebe15.JPG

機械の音がするので
敷地の縁側にいるおばあちゃまに
「こちらで販売されているのですか?」とうかがうと
「なにかあると思うよ。」と笑顔で応えてくださる。

 

工場で注文のお餅を作っていたご主人も出てきて、色々と教えてくださる。

この池は、湧き水の弁天池で
武士が馬に水を与えたという伝説や
最近になって地元の方々による池の掃除が行われ、
綺麗になった池には、大層な数の鯉がいるという。 

ikebe11.JPG  

水面に届きそうな桜の枝には、今にも開花しそうな蕾 (きっと見頃でしょう。)

ikebe12.JPG

 

ikebe13.JPG  

鯉も沢山寄ってくる。

ikebe14.JPG

丸和だんご 川野屋は、仲町に店舗があるので
工場では販売していないそうですが
冷凍のものならばいただけるという事で、豆大福を購入

したところ・・・
「これも食べてみてください。」と、ご主人ご自慢のどら焼きを、いただいてしまう。  ごちそうさまです。

ikebe16.JPG  

 

蜂蜜までも国産という国産原料を使ったこだわりの品
厚みのある皮の美味しさと、餡の程よい甘み。 

ikebe17.JPG ikebe18.JPG

豆大福も美味。 

ikebe19.JPG

 

地域の素敵な所、発見の春 !                                     pana

 

April 09,2012 06:47 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

近為 京お漬物三昧

ぶらり門前仲町でのお昼は、
深川お不動さんの手前
友人お勧めの、京漬物 近為へ

kintame01.JPG  

kintame02.JPG  

 

京都で作られた漬物を、沢山いただけるという。

 

 

野菜というヘルシーさもあってか
若い女性たちも常連さんのよう。

まずはお重に置かれた3種から、ほうじ茶飲み飲みすすむ。
食べ終わったら次のお重をお願いするという流れ。

kintame03.JPG
大根、赤カブ、 青菜 瑞々しく上品な味のおつけもの。

 

食事は、
魚の味噌漬けと、粕漬けを注文して

 

kintame04.JPG

kintame05.JPG  

次のお重
きゅうりやかぶなど色合いは地味め。
思った以上に箸が進み、わたし史上最高の漬物大量摂取。
やっぱり日本人なんだな~。

 

kintame06.JPG

向かいに座る女性たちのお重も美味しそうに見えるので
3重目は店の方にリクエストすると、
希望通り、
菜の花、赤カブ、キャベツを盛ってきてくださる。
彩りも明るく春らしい3品。

kintame07.JPG

ゆっくりと漬物を楽しんだ後に
友人のサワラの味噌漬とご飯が運ばれる。
切干大根と、ちりめん山椒、 ごはんと味噌汁付き。 

kintame09.JPG  

kintame10.JPG

 

わたしの鮭の粕漬と、ごはん。 

kintame11.JPG  

照明の具合で
鮭の色が出ないけれど、大ぶりで脂ののった外国産鮭

kintame12.JPG

こんなに山盛りのご飯も、しっかりごちそうさま。 

 

 

 

店内には、お土産用に
ずらりと漬物類が並ぶ。

kintame13.JPG  

さきほどいただいたキャベツの浅漬けは、
ダイナミックな半割り。

kintame14.JPG

焼き魚とお惣菜。 

kintame15.JPG

なら漬の通ではないが、わたしの好物。
様々な形にそれぞれの値段が貼ってあるが、やはり太い瓜は良いお値段。

kintame16.JPG

 

 

後悔するといけないので
思い切って買う。 

kintame17.JPG

kintame18.JPG  

口にするとシャキシャキとして、じんわりと透き通った甘さが染み出る。
とても甘いが旨い。

kintame040.JPG

この日一日で、塩分はもう充分摂れたと思って帰宅したら
口が慣れたせいか、帰ってからもまた漬物をつまみはじめていた。                pana 

 

 

近為 (きんため) 深川一号店

東京都江東区富岡1-14-3 ( 深川不動尊参道 ) 
TEL 03-3641-4561 
11:00~17:00
月休み 

April 03,2012 06:55 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  | All pages