今日の食HOME

今日の食

PALETAS

ある日
西武所沢店の地下食料品売り場 諸国銘菓ブースをぶらり。

すると!

なんと!!

これが売っているではありませんか!!!

PALETASのフローズンフルーツバーです。 

paletes01.JPG  

 

雑誌やテレビでその姿を見たことはあり、世間的にはもう充分認知されている事と思いますが
店舗は、鎌倉、代官山、吉祥寺などで
なかなか行く機会がありません。

paletes02.JPG  

 

それが、所沢に来ていたなんて
モバイル会員であるわたしのアンテナもまだまだです。
とりあえず、遭遇できただけでもラッキー!
しかし、、、
これは、無事に家まで持ち帰れるのだろうか。。。

店の親切に対応して下さる方と話しながら意を決する。

「あのう、店のあっちの階段のベンチのところで食べても構わないでしょうか?」

「それは大丈夫ですよ。」とご了解いただき一本
シトラスミックスを購入。

目的の為に手段を選ばないわたしは、予定通りベンチでいただきます。
隣に休憩中のおじさんがいます。

paletes03.JPG  

みかんオレンジグレープフルーツレモン果汁で固められた氷の中には、
オレンジやグレープフルーツそのものの皮つきスライス果実が入っています。
香料や着色料は添加されていないので
氷の後に果物のストレートな美味しさが味わえます。

 

想像以上に美味しい!!!

 

今年はまだ天然かき氷に行けていないのですが
このPALETASで結構満足しています。

paletes04.JPG  

 

翌日でしたか、冷凍準備を万端に整え車で出かけ
ミックスイーストとクリームチーズミックスも購入しました。  写真撮ったつもりが全く撮っていませんでした(^^;)
この3種の中では
やはり、シトラスミックスが好みでした。
(パレタスの販売は終了しています。)

 

所沢西武百貨店B1F 諸国銘菓
次回は何かしら。。。 

August 22,2016 07:42 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

ピエールエルメのお菓子

真夏でもいただきたいケーキ。
西武池袋店地下の売り場をぐるっと眺めて
やはりこちらに決めました。
PIERRE HERME
保冷材に頑張ってもらって、家まで帰りました。 

ph20160801.JPG  

 

ショップでは、
2016年世界の最優秀パティシエ賞と、
8月23日までのシトロンフェアの案内がありました。 

ph20160802.JPG

『アンフィニマン シトロン』
黄色の鮮やかなケーキに釘付けです。 (池袋西武でのフレッシュケーキ販売は、金、土、日だそうです。)

ph20160803.JPG  

どれにしようかな~。
普通だったらタルトを選ぶところでしたが
相当迷っているわたしに、店の方が

「一番のお薦めは、ミルフィーユです。」との一声で決定です。
ミルフィーユの常、食べ難そうです、値段も凄いわ。そこはよく見ないことにして
夏休みに遠出もしない自分にお土産。
左のローズとクミンのタルト、、、というのも気になる~。

 

無事持ち帰ることができました。 

ph20160804.JPG  

 

芸術的な7層? 構造 + PHだけに屋上にはレモンスライス

カラメリゼしたパイ
レモン風味シャンティクリーム
レモンママレード
レモン入りサブレ
レモンママレード
レモン風味シャンティクリーム
パイ
ph20160805.JPG  

やはりパイとクリームは一緒にはカットできませんでした。
パイを食べてはクリームを味わい。クリームクリームパイクリーム。。。

幸せ。

 

ミルフィーユが終わったら少しずつ食べようと
箱入り娘も買いました。

ケーク アンフィニマン シトロン 

ph20160806.JPG


こちらは結構甘いですがスポンジの中もレモンの酸味がたっぷりです。

 

ph20160807.JPG    


シトロン繋がりの最後は
サブレアンフィ二マンシトロン

蓋を開けると、バターたっぷりの香りがイイです~。

ph20160830.JPG

口に含むと先ずサクッとサブレが溶け
その後に表面のレモンの砂糖コーティングの味わいが、たっぷりと残り
フィニッシュは爽やかです。
原材料には、レモンの皮、砂糖漬け、果汁と、レモンの丸ごとが表示されていました。
日持ちもしますし、これは好いです。 

 

夏が終わったら、次は栗とか、、、おいしさは止まりません。 

PIERRE HERME  

August 19,2016 08:57 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

蟠桃

7月の終わり
「明日、桃 送りますから~」 と、和歌山の果樹園さんから突然の電話。
想えば1年ぶりの連絡でした。

 

昨年は不作にて「残念ながらお届けできません。」のお知らせがありました。
予約してから2年の月日が過ぎていますので
これこそ
果報は寝て待てですね。

 

待った甲斐あって
見た目からして、だだのももじゃああ~りませんよ!

 


このアンパンのような形が先ず珍しいです。
蟠桃(ばんとう)という種類で、中国漢の武帝も不老長寿を願って食したと言われ、
蟠桃園は孫悟空が管理していたと言われているそうです。
孫悟空も色々手広くやっていたのですね。。。


勿論、わたしも初めてお目にかかりました。

 

bantou04.JPG  

 

箱の中では、おしりを上にして
並んで届きますので
一瞬 「?」 と思うのですが
樹上完熟している証です。

 

bantou01.JPG  

蟠桃を知るための
詳しい解説が有難いです。 

bantou02.JPG  

bantou03.JPG  

 

それでは、いよいよナイフ入刀です。

 

bantou05.JPG  

 

さあ
うぶ毛の皮の下には
水分を果肉に満たし、もちっと食感は濃く、味に深みがあります。
もちろんとろりと柔らかく食べ頃です。

 

bantou06.JPG  

 

一般的な水蜜桃のように、果汁が滴るような感じとは少し異なりますが
みっちりジューシーです。

 

bantou07.JPG  

 

クール便で届いた状態は大変良く
果樹園で、もいだ桃をその場でいただいているような幸せ感でした。
ご興味のある方は、農園のサイトで予約できます。
届くのは、来年か再来年か、、、それもまた楽しみです。

 

小澤農場

和歌山県有田郡有田川町市場 78

August 11,2016 06:50 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

草加市 平塚製菓工場直売

草加市にある
美味しいチョコレート会社のお得な工場直売店へ行きました。

平塚製菓さん。

hiratuka01.JPG

  

普段は、生活クラブ生協を通じて
チョコレートウエハース、オレンジピールチョコなどの安心で美味しいチョコレート菓子が、
わたしのチョコ好きを満たしてくれますが
以前、日経新聞で
「小笠原カカオでチョコ」という興味深い記事がでていました。
東京都産のチョコレートを販売するために、小笠原村でカカオ豆から生産しているそうで
試作品は既にあり、2018年の商品化を目指しているそうです。
記事によりますと、そのチョコレートは爽やかな香りと優しい苦みだそうで、とても楽しみです~。

hiratuka02.JPG  

 

昔は予想もしなかった、
マンゴー、レモン、グレープフルーツなども、国産がある時代。
どれもフレッシュでナチュラルな風味が美味しいと思います。

 

さて
その平塚製菓さんの工場直売所には、雨にも関わらず多くのご家族が訪れていました。

 

hiratuka03.JPG  

 

カカオの前を左折。

hiratuka04.JPG  

 

内部は撮影できませんので、外から。

 

クランチチョコ、フィンガーチョコ、ウエハース、マドレーヌと
沢山のお菓子が、とってもお得価格で並んでいます。

hiratuka05.JPG  

 

チョコレートは勿論ですが
ミニコーヒーマドレーヌがこれまた、美味しかったです!

hiratuka06.JPG  

 

職場の人達といただくと、「フィンガーチョコレートが懐かしい!」と言われましたが
実は平塚製菓さんからは、もっともっと懐かしいチョコが、発売されているのです。

 

それがこれです。
  

hiratuka08.jpg   ご存じですか?

 

カラフルな包みの中は、スイートチョコ、の中は白い甘いクリームの入ったその名は
『クリームチョコレート』
外側のチョコレート層は薄く、主役は中の白い物ですね、クリームと言うか、甘い物です(^^;)
こちらも平塚製菓さんの商品で勿論今でも販売されているそうです。
昔、家には良くありました。赤い銀紙のは違う味なのかな~と、期待しながら食べたものです。
(同じです。)
昭和のお菓子とても懐かしいです。

 

「ち、ちょっと待ってください!!! 」
HP拝見しましたら、2016年をもって終売とあるではありませんか!
昭和の味を記憶に留めるためにも、
買います!
しかし・・・Amazonで売り切れています。。。

 

平塚製菓

埼玉県草加市八幡町 628
工場直売所  営業時間 9:30~16;30  日・月・祝休み

 

May 07,2016 06:24 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

東京三大豆大福 

 大福です。 どこの店のでしょうか? 

mizu08.JPG  

 

先日、豆大福の話が出て、
「東京には三大豆大福というものがあり、」と聞くと行ってみたくなるものです。
えんどうさんからは、群林堂と松島屋の画像いただきました。

お馴染みの行列は、護国寺の群林堂です。 

gun02.jpg   gun01.jpg  

出来立てで温かいお餅の香りが漂ってくるようです。

gun03.jpg gun04.jpg

郡林堂

東京都文京区音羽 2-1-2
日曜定休

 

 

泉岳寺の松島屋


matu02.JPG  

matu01.JPG matu03.JPG

わたしは、こちらの逸品はまだ食したことはありませんが、粒餡のようですね。
先客はお一人だったそうです。

松島屋

東京都港区高輪 1-5-25
日曜・月2回月曜不定休

 

そしてわたしは
原宿の瑞穂に出かけてみました。
大通りから入った静かな場所に、和菓子屋さんらしい佇まいです。 

mizu05.JPG    

平日の10時半頃
わたしの後には、お洒落なスイーツ男子が豆大福一つ買って、
アパレル関係の仕事場に向かうところでした。( ← ここは想像) 

 

mizu06.JPG  

一個から購入できます。
豆大福は当日、最中は2、3日の日持ちです。
 

mizu09.JPG

触れたくなる
惚れ惚れする豆大福姿ですね~。   

mizu02.JPG  

いただきます。 

 

固めの豆と塩加減が!
なめらかな漉し餡の色も味も!
美味しい!

 

mizu03.JPG

 

最中は粒あんでした。

mizu04.JPG

 

瑞穂の美味しさを忘れないうちに、群林堂も松島屋も行っておきたいところですがもーなかなか。。。pana

 

瑞穂

東京都渋谷区神宮前 6-8-7
日曜定休

 
July 05,2015 06:12 AM | コメント(0) | トラックバック(0)