今日の食HOME

今日の食

青森県 弘前市 旅の終わりに。。。 

 

雨模様の八甲田から弘前に向かうと
陽射しが出てきた。

 

弘前城の桜や、洋館の残るモダンな街並みが知られているが
ここは、禅林街入口 黒門

hirosaki01.JPG  

hirosaki06.JPG

なだらかな起伏が美しい杉並木の先、長勝寺までの道の左右には
33もの曹洞宗寺院(禅寺)が、建ち並んでいるという。

hirosaki04.JPG  

 そして長勝寺

hirosaki02.JPG

来た道を振り返る。 hirosaki03.JPG

ガイドブックには、確かここは、パワースポットと書かれていたというのに。。。

この後

アクシデント発生!!! 

 

何かの祟りか、いや、
パワーをいただいたと思いたい。。。

 

 

全くめげずに旅程を進める。                                   痛で。 (>_<)

hirosaki07.JPG  

弘前公園近くの藤田記念公園

 

囲碁や将棋の名人戦も行われるという、書院造の和館
ここのレベルより13m下がったところには、池泉回遊式庭園や茶室もある
総面積約6,600坪の大規模な庭園。
 

 

 

hirosaki08.JPG

室内外とも、大変美しく維持されている。
岩木山も借景に眺める事ができるとは、極上の趣がある。

hirosaki09.JPG

庭園内の洋館

 

hirosaki11.JPG  

室内には、有料で利用できるホールや会議室があり
大正時代の洋館が、現在も一般向けに活用されているところが素晴らしい。

hirosaki12.JPG

hirosaki13.JPG

庭に面したカフェ
大正浪漫喫茶室にて

医果同源りんごジュース 

弘前市や青森市にある自家農園を中心に、
農薬を使わずに育てたリンゴ未熟果実(成熟果実の5~10倍のポリフェノールが含まれている)25%と、
青森産リンゴを75%含んだリンゴジュース。(説明文より)


hirosaki14.JPG

ネルドリップコーヒー

hirosaki15.JPG  

とても印象に残るまろやかな美味しさが、アクシデント後の身体に沁みる。
又飲んでみたいと思い、ドリップパックを買って帰る。

 

 

じつはこちらの店では
弘前市内数店舗のアップルパイもいただける。

hirosaki16.JPG

hirosaki17.JPG

藤田記念庭園 大正浪漫喫茶室

青森県弘前市上白銀町 8
TEL 0172-37-5690

 

 

ところで
社団法人弘前観光コンベンション協会のガイドマップ各種は、大変充実している。
そのひとつ
弘前アップルパイガイドマップは、『もし弘前に行く事になったら』用に
旅に出る前にチェックしておいた。

 

hirosaki25.JPG    

開くと、なんと45店舗のアップルパイがずら~り
それぞれ
・甘味・酸味・食感・シナモン・の度合いが、5段階のリンゴマークで表示されていて
味の特徴がわかる。もちろん店舗の地図付き。

hirosaki26.JPG   

ガイドマップと同じものがネット上にPDFでも公開されている、
見るだけでも楽しい、いや、やっぱり食べたい。

 

45店舗の中から
アップルパイ断面のビジュアルに惹かれて選んだ 洋菓子工房ノエル                   

 

hirosaki18.JPG

hirosaki19.JPG

            ↑ りんごたっぷりパイ

弘前アップルパイガイドマップによると
・甘味   2.5アップル
・酸味   2アップル
・食感   1.5アップル
・シナモン 3アップル    というデーターが出ている。

hirosaki20.JPG  

買ったバイ。

  

東北自動車道に乗り、青森インターへ
新青森駅でレンタカーを返却し hirosaki23.JPG

真新しい新青森駅に到着。

 

aomori01.JPG

 

念願のE5系に乗る。
『はやぶさ』に見えてもこれは『はやて』
2012年3月のダイヤ改正後から、ぞくぞく投入されて、いまや11編成もあるらしい。

aomori02.JPG

それでもこの日わたしたちが乗った18:00台の東京行きも、その前も、その前も、、、
普通車、グリーン車、グランクラスとも全て満席!

 

 

15mのロングノーズは、やっぱり撮りたいし、乗りたいでしょう (^.^) 

  

折角の乗車なのに
グランクラス案は却下され
がっかりグリーン車

aomori04.JPG  

しかも、新青森駅の駅弁は売り切れ続出で夕食は、3切れだけ?            痛で。 (>_<)
酢〆、梅しそ、炙りの八戸前沖鯖押し寿司は美味しい。                         

aomori03.JPG  

hirosaki24.JPG  

家に着いて、荷物を片付けたら
1時半になっていた。                                       痛い。 (>_<) 

 

青森からお持ち帰り
りんごが主役の、ノエルのアップルパイ。

 

hirosaki21.JPG  

hirosaki22.JPG  

ジャムに見える照りと、林檎の隙間を埋めているのは実はゼリー。 
そこは想像と違ったけれど、シャキシャキ林檎は〇!

洋菓子工房 ノエル
青森県弘前市品川町 2-2
TEL 0172-35-7699

 

弘前は、
りんごの旬の時期にリベンジしたい (^.^) ながらく旅のお付き合いありがとうございました。 pana               

 

 

 

 

August 05,2012 06:47 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

青森県 日本三秘湯 谷地温泉

 

八甲田山中
一際美しく、すらりと立並ぶブナ林を疾走。

 

yaci01.JPG

八甲田ブナ 二次林というそうだ。


昭和の初め頃、付近一帯のブナは放牧のため伐採されたという。
その中で残された木の種から芽生えた木が70年余り経ち再びブナ林となったもの
これらのブナも成長を続け、やがては巨木となっていく。とある。

yaci06.JPG

yaci02.JPG  

そして
予定には無かったが、渋~い温泉の看板に惹かれて、
谷地温泉に立ち寄る。

 

yaci03.JPG  

谷地湿原のむこうに
黒森山 

yaci04.JPG

 

開湯400年 
日本三秘湯(他の二秘湯は、ちょっとわからない。。。)

実に渋い建物。  日帰り入浴の方も次々に訪れる湯治場。

yaci05.JPG

 

入口左手が食堂

yaci07.JPG  

右手が売店と、奥が浴場。

yaci08.JPG

では、『テルマエ・ヤチ』で、ひとっ風呂 (※ これは、宿のポスターです。)

 

 

yaci09.JPG

 

『テルマエ・ロマエ』 観ましたよ!
阿部寛 北村一樹 宍戸開 市村正親と、
濃い顔集結パワフル映画は面白く、観終わると何故か入浴後の爽快感があった。
あべちゃん身体逞しく創ってますね~。

 

 

弱っちいわたしは、通常、日帰り入浴しないので
谷地温泉の名水(ん?めいすい?)で
奥入瀬で買った青森産のさくらんぼを洗い、いただく。

yaci10.JPG

 

yaci11.JPG

 

紅さやか(6月)という品種だそうで、甘くて美味しい。(今は8月もうねぶた始まってますう。)

 

 

『おでん』 のポスターにお腹が空いてくる。
お客様の声にお答えしまして復活致しました。
あつあつおでん7種の具が入ってなんと!!380円

yaci12.JPG

 

いい温泉だったと話す同行者と
ここで、昼食をとることに決める。 

 

味がしみている。 

yaci13.JPG

とろろそば 

yaci14.JPG

岩魚の塩焼き 

yaci15.JPG

と、食事も渋い!        箸袋には書かれている ↑ 人生は旅  深い!  
 

 

 

冬場には、テンが現れるという。
その雪景色を見てみたい。

 

yaci16.JPG

谷地温泉

青森県十和田市大字法量字谷地 1
TEL 0176-74-1181

あいにくの天気で、八甲田山散策はやめて
旅の最後に、弘前に向かう。                                        pana

yaci17.JPG

August 03,2012 06:48 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

青森県 十和田蔦の森

青森県八甲田のブナ原生林に
蔦の七沼といわれるところがある。
その中の六つの沼めぐりができる蔦野鳥の森の、整備された小路を歩く。

 

 

 

スタートは蔦(つた)温泉から
ここは秘湯と思っていたが意外に観光客も多い、ま、雪の季節は間違いなく秘湯。

tuta08.JPG

tuta09.JPG  

散策路に入るなり
小さな植物の息遣いが聞こえる。

 

 

苔のふかふかマットの上で発芽した双葉 

tuta33.JPG

そして直ぐに、うっそうとした森となる。

tuta11.JPG  

tuta12.JPG

360度に開いたシダは、「ドキッ!」 と印象的。

 

 

木々の影から
神秘的な色をした 湖面、池面イケメン、沼面?が、現れる。  

tuta14.JPG  

 

主にブナの原生林が続く深い森は、湿っていても蒸してはいない。

そこに
「ジーーーーー」「ジーーーーー」「ジーーーーー」

tuta17.JPG

tuta18.JPG  

tuta19.JPG

セミ?

6月なのにセミ?

と思っていると、『エゾハルゼミ』 という種類の蝉の鳴き声だそうで
相当数の「ジーーーーー」という合唱は、賑やか。

tuta30.JPG  

 

やがて、散策路の中では珍しく視界が開ける
蔦沼

tutanuma01.JPG  

森にもどると
小さな流れや、鏡沼、月沼などが続く。

 

 

 

tuta31.JPG

tuta07.JPG  

 

 

 

木々の向こうにエメラルドグリーン が鮮やかな

長沼

naganuma01.JPG

 

正面に立つと 

naganuma02.JPG  

naganuma03.JPG

 

見事な水鏡となって、山々を映し込む。

naganuma04.JPG

森には
ニホンカモシカやテンなどのほ乳類、キビタケやアカゲラなどの鳥類をはじめ
多くの野生動物が生息しているという。

 

さあ、ここで問題です! <森のカエルはどこにいるでしょう?>

tuta02.JPG

 

拡大 1

tuta01.JPG

拡大 2

tuta03.JPG  

拡大 3  もう、わかりましたね!

tuta04.JPG

これは へび ジャ 

tuta32.JPG

 

この蔦野鳥の森 沼めぐりの小路(2.9km)は、ゆっくり歩いて1時間30分ほどのところを
2時間以上もかけて、ランブリング。
ゆっくりぶらぶら楽しんだのでした。 

蔦の森 
青森県十和田市大字奥瀬字蔦 

 

 

 

 

さて
この森に来る前に、「森の神」 として崇められてきたという
日本一のブナの巨木を見に行こうと出かけた。
下記のJR東日本の雑誌、
周囲は森ばかりなのに、地図に目印は無い。 
ずかずかと踏み入れてはいけないのかもしれないと思いながら行くも

tuta21.JPG

 

 

 

案の定、付近に来てもその場所がわからない。
山菜採りのお母さんに聞いてもわからない。 

 

 

たまたま寄った 渓流の駅おいらせ インフォメーションセンターに巨樹の資料があり
やはり、近くまでは行っていた。
奥入瀬バイパスの登坂車線辺りからアプローチするのだった。

tuta22.JPG

ああ、
案内クマにも会えずに残念。
しかし、巨木が静かに森を見守ってくれている姿を想像するだけで心穏やかになるようだ。   pana

 

 

July 30,2012 06:52 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

青森県奥入瀬 森のホテル

 

奥入瀬での宿泊  

mori01.JPG  

以前は、かんぽの宿だったという建物が全面リニューアルし、
2011年秋にオープンしたという『森のホテル』。
広々として落着いた空間は新しく、そしてリーズナブル。

mori02.JPG

客室の窓からは、緑の山々が見渡せる。

mori03.JPG  

mori04.JPG

 この部屋に浴室は無いが (それはわたし的には全く問題ありません(^.^)

mori06.JPG 手提げ籠を持って地階の温泉(猿倉温泉源泉)へ行ける。

 

1階のレストランで夕食 (浴衣は不可です。)では
『奥入瀬キュイジューヌ』と題した地元産の食材をお箸でいただくコースが用意されている。

 

 

鉄板好きの同行者は、一日3組限定の鉄板ディナーコースプランを予約していた。
スタンダードな宿泊料金+ちょっと、だそう。

mori07.JPG  

倉石牛をメインに
コース仕立てになっているので、 色々と味わえそう。

 

ニューカレドニア産の
天使の海老が捌かれる。              ↓ あたま           ↓ にんにく

mori08.JPG

天使の海老のシャルロット仕立て

mori09.JPG

倉石牛
フィレと
サーロインを選択。

mori10.JPG

陸奥湾帆立のパートフィロ包み
紅芯大根や、紫人参などの季節のサラダを、アンチョビソースで。

mori11.JPG

調味料はバターだけという
十和田産黒にんにくと青森産林檎(ふじ)のホイル焼き。

mori12.JPG  

シェアしている
先ずはフィレの半量。 

mori13.JPG  

サーロイン

mori15.JPG

の半量
柚子胡椒 山葵 にんにく醤油で。

mori16.JPG

おせんべいになった天使の海老ちゃんが

 

mori17.JPG

ガーリックライスに載る。
オニオンコンソメスープは、あっさりで〆。

mori18.JPG

デザート
ホテル内にはスイーツ工房があり、女性パティシエが熱心に作業する姿も。

mori19.JPG

ここで同席になったご夫妻は地元の方でしたが、意外にも共通な話題で盛り上がる。

近くにあったらいいね! 森のホテル 

 

 

翌朝、
前夜の場所の写真を撮る。
なるほど、席は6席だけだったのね。

mori20.JPG

女性スタッフの弾ける笑顔がいいので
明るい気持ちで朝のスタート。  

 

 

洋食メニュー 
和洋ともバイキングではないので、ゆっくりと外の緑を眺めながらのひととき。
サラダ、チーズ、ヨーグルトにひじき?
食べてみると違和感はなし!

mori21.JPG

薄味の野菜の炊き合わせ?
とても嬉しい!

スープや、りんごジュースもたっぷりいただく。

 

mori23.JPG  

横長の白い器には、バター、ジャム、蜂蜜と、並んでいる。
左から2番目が、酒の肴のような? と、意外な和食が載ってくるのもご愛嬌。

mori24.JPG

帰ってから検索してみたら、口コミ評価が高いのもとても納得の宿!

mori25.JPG

奥入瀬 森のホテル

青森県十和田市大字法量字焼山 36-20
TEL 0176-70-5000

July 28,2012 07:42 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

青森県 十和田・奥入瀬

神秘の湖

十和田湖

oirase01.JPG

oirase02.JPG  

青森県。。。 「遠くまで来だな~」と実感。

oirase03.JPG  

oirase04.JPG

十和田湖を水源に、原生林の中を流れる奥入瀬渓流
きっと誰もが何かで見たことがある景色が、約14km続く。
(全行程を歩くと5時間ほどかかるそうで、、、途中疲れたらバス利用可)

 

 

 

 

日没は近い
もう大方の人は宿でゆっくりしている時間となれば
車も人も少なく、好きなところで停車しては眺め、歩き、撮り、
そんな事で、写真の冴えはいまひとつですが
涼をお届け。

oirase08.JPG

新緑の木々の下を優雅に流れる川面から、清々しい空気が押し寄せてきて、
「あ~」 まるで川に入っているような心地よさ。  <す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>

oirase05.JPG


川沿いに歩きやすい遊歩道が整備されているので
絶景ポイントが間近に楽しめる。

oirase16.JPG  

 

7mの落差があるという
銚子大滝。  

oirase09.JPG  

<す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>

oirase10.JPG  

う~ん、コンデジカメラが残念。。。

 

 

川の流れの大小も変化に富む。

oirase12.JPG  

    

oirase14.JPG    

  

oirase17.JPG  

白布の滝

oirase18.JPG  

 

雲井の滝  

oirase33.JPG  

oirase19.JPG

<す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>

                                          レンタカー 

oirase20.JPG     

oirase23.JPG  

  

oirase26.JPG

渓流のなかで、最も美しいとされる景勝地
阿修羅の流れ

oirase27.JPG  

カレンダーのようには撮れない。 

oirase24.JPG

<す~~~ はーーーー 深呼吸ばする。>
清々しい空気が、細胞の隅々まで行き渡ったという感覚が大げさでないかもしれない。

出口では、深い緑のトンネルが奥入瀬渓流をしめくくる。

oirase28.JPG   

十和田橋から眺める、夕暮れの奥入瀬川。

oirase29.JPG

この日の宿は。。。 

 

付近の有名なホテルを一旦は予約したものの
同行者の希望で変更したのがこちら 

 

 

『森のホテル』

oirase31.JPG  

 

ここが、とてもいい宿でした。                                       pana

July 24,2012 12:06 PM | コメント(0) | トラックバック(0)