今日の食HOME

今日の食

わざわざ行きたい アルフィオーレ

今回、宮城県に行くと決まってからあまり時間が無かったけれど

書店で
地方にあっても全国区『わざわざ行きたい美味しい店』の表題に惹かれて雑誌をめくると
仙台市内の店も紹介されていた。
その中から、イタリアンのアルフィオーレに行ってみようと思った。

自遊人 1月号(隔月)
表紙には、『お願い、買ってね(ハートマーク)』とも書いてある。  「買ったよ!」

al0050.JPG

 

記事をよく読まないままに、直ぐ予約の電話を入れると
女性のスタッフの方が、料理の希望などを丁寧に聞いてくださる。
コースメニューはあるが、基本的にはその日の食材の中から客自身が選択し、
調理法などを伝えて作るという。
難しい事がわからないといけないのかと思うと
『こんな感じのお料理。』というのでも大丈夫だそうだ。

 

随分長くお話を伺ったうえに
「今、シェフが不在ですので、のちほどこちらから、おかけ致します。」と仰る。
そこまで、ご丁寧に。。。と恐縮し
急いで、記事をしっかり読み返す。

 

そして、東北の優しい話し方が印象的なシェフのイタリアンを楽しみにした。


al0000.JPG

 

広瀬川沿いの高台
窓の外に吊るされているのは、ベーコンや生ハムの塊パンチェッタ、サラミ、コッパ。
その無添加ハム類を熟成する小屋や、無農薬、不耕起、無施肥栽培の野菜を作る畑
その土地の食材を料理するために、ご自身で作られるとのこと。
詳しくは雑誌等で。

al0002.JPG

 

A3版二つ折りの紙に本日の食材が書かれていて
その中から、指定していく。
al0004.JPG

 

山形県タケダワイナリーサン・スフルを
グラスに注いだ時の発泡から、味の変化を楽しみ飲むのが良いと言う。

al0005.JPG

白神酵母を使った
ドライフルーツ入りの自家製パン

al0006.JPG

パン遠景
いい色気!

al0007.JPG

注文した料理に合わせて
パスタ打ちも始まる。

台の下は、ジビエたちが、ひっそりとお休みするところ。

al0008.JPG

 

前菜盛り合わせ
生ハム   大浦太ごぼうの中に隠元豆を詰め自家製リコッタチーズ添え  自家製のしっかり水菜
甘いリキュールの香りの鴨フォアグラ   宮城丸森の小猪のパテ  大浦太ごぼうのドルチェ
(いちじく煮だったかな?)
黄色いビーツ

al0009.JPG
綺麗で美味

 

イイダコとコウイカラグーソースポロネーゼ+ちりめんキャベツを
トマトソースでの パスタ。

al0010.JPG

絶品!

 

 

紅芯大根、ちぢみ雪菜ソースのパスタ
石臼挽きのパスタがよく見えますか?

al0011.JPG

 

いつの間にか目の前に置かれていたベーコン

al0012.JPG

後で、意味がわかる。

 

al0013.JPG

真摯で果敢

という言葉がふさわしい目黒シェフ。

 

そのシェフが、食材の説明をしてくださった岩手の龍泉洞黒豚は
完全放牧で時間をかけて特別に大きく飼育したものという。

豚の臭みが無く、脂も軽い。 熟成2ヶ月のロース肉 ビンコットソース
黄色いビーツ、雪菜とドライトマトを入れた自家製ジャガイモのマッシュ
夏に収穫されるトマトを軽くドライにしてオイルに漬けたものを一年間で使っていくという。

 

夏は畑で、冬はハム作りで大忙しとのこと。 

 

al0014.JPG

 

 

デザートにねず(杜松)の実と焼いたりんごのジェラートは特徴がある。
al0015.JPG

もう一つ、バニラのジェラートはシンプルですがミルクがとても美味しかった。

 

『食後のエスプレッソは是非お砂糖を入れて!!』 と書かれたメニューから

アメリカーノをミントクッキーと
エスプレッソ用にローストされた豆と本格マシーンで抽出される様は
カウンター越しに眺めているのも楽しい。

al0016.JPG

 

幸せなお昼もそろそろおしまい。
じつは、「無理でなければ。」と、お土産をお願いしていた。
コンロの隅でじっくり煮込まれていたそれは
イカとタコのわた入り白ワイン煮込みトマトソースのリゾットと、ベーコン↑
帰宅して、雑誌を見ながらお土産とお土産話で又楽しむ。             ごちそうさまでした。

al0001.JPG  

 

わざわざ行きたいアルフィオーレ
夏の野菜いっぱいの時にも出かけて見たい。

 

 

AL FIORE

 

宮城県仙台市太白区向山 2-2-1
エスパシオ向山1F

TEL 022-263-7835

昼・夜ともに完全予約制 水休み  

 

 

 

 

January 22,2010 10:10 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

大正時代からの 4階建て木造建築

 

 

 

湯主 一條旅館で
朝夕の個室の食事場所となっているのが、木造4階建ての本館。

 

朝になって、
カメラ写りの具合もいいので、うろうろしながら撮ってみた。 

kamasaki0015.JPG

kamasaki0201.JPG  

 

回廊になっている、廊下。
黒光りした床や建具と、白い障子、薄い板ガラス + 外の雪景色が美しい。

kamasaki0200.JPG kamasaki0202.JPG
探検が過ぎると、何処の部屋だったか解らなくなる。。。

 

朝食 

kamasaki0203.JPG

 

仙台名産、お馴染みの笹かまぼこは
網の上で焼くようになっている。

kamasaki0214.JPG

地元、白石の白石温麺

kamasaki0204.JPG

 

この2つの名産品は、今まで結構食べさせられて?きたので
自分用のお土産で買って帰った事はない。
でも、しろいしうーめんは、素麺よりは太く短く食べやすく、カナリ上品なお味。

 

自家製の豆腐

kamasaki0205.JPG

 ヨーグルトと、コーヒー。

kamasaki0206.JPG

 

部屋に戻っても、まだチェックアウトまで充分時間がある。
一風呂、いや、二風呂浴びて宿を後にする。

 

 

元気に手を振ってくださる宿主に見送られて
晴天の白石市から、仙台市へむかう。                      お心遣いに感謝(^_^)

kamasaki0207.JPG   kamasaki0208.JPG

 

東北本線在来線

kamasaki0209.JPG  

そういえば、この辺り(大河原町~柴田町)は、
白石川の一目千本桜が有名。
昨年の春には指定席も取っていたのに、都合が悪くなり取りやめたのだった。

 

咲いてはいない。。。開花時の美しい桜

kamasaki0210.JPG

 

 

気が付くともう12時 『車内でお弁当』 が許されそうなボックス席で
さっき宿からいただいていた
おにぎりの包みを解いてみる。

kamasaki0211.JPG    kamasaki0212.JPG

 おいしそ! 一個食べてお昼。

 

 

 

 

お昼は、そのおにぎり一個だけでも
前日、いや、正月、いやいや年末からの食べすぎには、焼け石に水。
勿論この夜も、食べる予定が待っている。

 

 

 

 

 

ということで
水着持参で来ていたわたしは
親戚に教えてもらった空いてるプールで、1000m(すいませんウソです)
500m泳いでお腹を空かす。

 

 

kamasaki0213.JPG

 

しっかし、空いてるな~ ここ。
稲荷山公園のプールもこんなならイイのに~。                           pana


 

夜は、仙台市内のひでという店に行った。
hide0001.JPG

予約をして下さっていたのがテーブル席だったので
撮った写真が暗くてがっかり。

突き出しに、鹿児島産たけのこを2時間ゆっくり煮たのをいただく。
春のたけのこよりも香りと味が詰まっていて美味。12月半ばころからいただけるそうだ。

滋味深い天然なめこの汁
野菜の煮付け盛り合わせのあとに
お造りは、ハダガレイ、 ホタテ貝柱の真ん中と肝、アカイカなど、を出していただき
寒いのに東北に来た甲斐があったというもの。

アブラボウズの柚庵焼き
無添加豆腐と、その汁


相馬沖とらふぐ、あわび、白子の鍋
ふぐの煮こごり


常連のお客様が賑やかになってくると、テーブル席と大将との距離はあまりに遠いのが残念。
心に感じる事もあり、いつもは飲まないウイスキーを。
地元のニッカシングルモルト宮城峡をバカラのグラスでロック
(ストレートでないところが情けない。。。)

hide0002.JPG

 

ひとめぼれ米での雑炊
和菓子もいただく、お任せ一人1万円のコース。

 

 

宿に帰って、直ぐに眠った。
少しして目覚めて、テレビをつける。
いつもは見ないテレビも旅先ではゆっくり楽しむ。

知らない番組ばかりで、チャンネルを変えていき 

着信御礼!ケータイ大喜利というNHKの番組に行き着く、 と!

司会者の今田耕司が「秀島さ~ん!」 と言っているではないですが
え?秀島史香さん?
こんな夜更けに、HMV(もう終わったけれど)と変わらぬ笑顔の画面の秀島さんにお会いできて
相当嬉しくなった。

 

グルーブラインを聞く日常も、ふと懐かしくなる。

 

January 21,2010 09:58 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

三つのお風呂で温泉三昧

鎌先温泉湯主 一條旅館には
2つの源泉による、3つのお風呂がある。 

泉質は、ナトリウムー塩化物 硫酸塩泉
無色透明で、味(飲めない)、臭いとも殆ど無い中性
傷や、神経痛、冷え症に効くという。

 

 

 

ひとつ目の内湯へ
薬湯(女性) 源泉100%掛け流し 

kamasaki0105.JPG

山間の温泉らしく地味ですが
約600年間湧き続ける湯は、実に効き目がありそう。

kamasaki0102.JPG kamasaki0104.JPG     kamasaki0034.JPG   

 

 

ふたつ目は家族風呂 源泉100%掛け流し 

kamasaki0106.JPG

湯船に入ると、ザザーっとダイナミックに湯があふれていくのが気分いい、
家ではなかなか出来ないものね。

kamasaki0107.JPG

  

 

 

そして部屋から近かった 露天風呂付き大浴場

kamasaki0118.JPG

          

                                                        内湯 

kamasaki0111.JPG

源泉100% 湯量不足のための循環、ろ過をしているが
広いし、雪景色を楽しむ露天もあるし、行き易い 
(泊まった部屋は、バス付きでしたが入りませんねー。)

                                                      露天

kamasaki0115.JPG kamasaki0116.JPG    
雪の降り続く夜の露天風呂は、最高!      kamasaki0119.JPG

 

わたしには、露天の内湯が熱かったのですが
他は穏やかに温かい、合計10回くらいは、入ったかな。

 

 

入浴の後は食欲を満たす。
旅館の自家菜園で採れたかぼちゃを使ったというお菓子で一服。

kamasaki0120.JPG

 

 

チェックアウトは、11時、出発までゆっくり入浴できる。                      つづく 

January 20,2010 07:33 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

この寒いのに東北へ 鎌先温泉一條 

親戚の用事で仙台へ行くのは、寒くて嫌だ。
でも、『温泉付き』に釣られて、ホイホイ出かけた。

 

 

その方が早かったので。
大宮から仙台まで『はやて』で行って、

kamasaki0001.JPG

 

『MAXやまびこ』で戻って、白石蔵王(しろいしざおう)
寝ちゃったら、東京までも戻っちゃうよ!

kamasaki0002.JPG

 

誰も居ない。 

kamasaki0004.JPG

 

駅の構内に白石名産 白石温麺(しろいしうーめん)
触ったら、本物ではなくゴムみたいな物だった。
よく考えたら、当然だよ。    自分に呆れる。

kamasaki0005.JPG

 

静かな駅の温麺の向こうに、吉永小百合さんはいらした。

kamasaki0006.JPG

 

駅から、宿泊する旅館のバスに乗って山を上る。
途中の町もひっそりとしていて、寂しい。

kamasaki0032.JPG

宿の手前の駐車場でバスを降り
自家用車に分乗して旅館の玄関まで向かうという所を、歩く事にする。
自家用車は、ベンツ、レクサス、プリウス等というラインアップ(多分、選択は不可)
最近、こういう演出も流行りだと聞くけれど
『レクサスに乗れば良かったかな。。。』と少し後悔。

 

 

たった5件の宿の、鎌先温泉。
来た事のある人に薦めて貰わなければ、一生知る事は無かったかもしれない。と思いながら
雪の残る坂道を上る。

kamasaki0007.JPG

kamasaki0008.JPG  

日本秘湯を守る会の宿、最上屋旅館
kamasaki0036.JPG

 

そして、
湯主一條に泊まる。 1428年創業 600年近く湯を守っているそうだ。

 

湯治客を迎えていた頃の本館玄関

kamasaki0009.JPG

趣のある昔の建物は、現在は朝夕の個室の食事場所となっている。 (のちほど)

kamasaki0010.JPG

宿泊は、向かいの別館
kamasaki0011.JPG

 

お薄とずんだもちで迎えていただく。
kamasaki0013.JPG  

 

 

こちらの希望で、予約した部屋から変更も、直ぐに対応いただく。
木の香り漂うモダン和洋室(平日一泊2食付き ¥18,000)は、お得感がある。
                                                  
kamasaki0016.JPG

                                                 

 

 

早速温泉に入り 浴衣、羽織の上に、ポンチョも着て、装備完了。
夕食場所へ案内していただく。

kamasaki0020.JPG  
廊下は寒いけれど、障子の向こうの個室は暖か。  kamasaki0028.JPG  

 

 

夕食   暗いので上手く撮れませんでしたが。

・フルーツビネガー ざくろ
・先附 宮城県産100%豆乳から作る汲み上げ湯葉(後で豚しゃぶに)
・前菜 葉山葵絹酢和え焼き雲丹
     子持ち昆布糸がき
     春野菜(筍 独活 たらの芽 根三つ葉 人参 蕗とう)と、あおり烏賊の白子和え
     よもぎ豆腐 (芋茎 海老 黒豆)
     うるい蛤酢味噌和え
kamasaki0022.JPG

・造り 鮎魚女炙り 鮪 カルパッチョ仕立て 香味野菜いろいろ

kamasaki0023.JPG


・蓋物 慈姑ひろうす(筍 鴨ロース 海老芝煮 百合根 菜の花)
・焼物 最高級仙台牛ステーキ (または真鯛のポワレ)

kamasaki0024.JPG


・鍋物 地元白石三澤屋で飼育した宮城野ポークの豆乳しゃぶしゃぶ
    (または、出汁で金目鯛のしゃぶしゃぶ)   kamasaki0025.JPG

 豚を選ぶべし!

kamasaki0026.JPG

 


・ご飯 山菜ごはん
・留椀 秋刀魚のつみれ汁
・香物 三点盛
・水菓子 アールグレイのムースとラフランスのジェラート

kamasaki0027.JPG

 

A5ランクという仙台牛は、味わうよりとろける。
早くも春野菜と、東北のうるい、地元の豆乳豚しゃぶしゃぶが良かった。
宿泊代を考えると、納得できる内容と思う。

 

 

 

 

食後の時間を置いて
ミセスのための雑誌?1月発売のミセス2月号などで紹介されたというオイルマッサージエステを予約。

kamasaki0029.JPG

 

 

うつ伏せっている自分を、お願いして撮っていただく。

                                         撮影:ゴッドハンドの佐藤さん

kamasaki0030.JPG  

                                                 リラックスしてます。
                                                 とどと言わないで。。。

つま先から、ヘッドマッサージまで
張っているという背中は念入りに手をかけていただく。
体のことをとてもよく勉強されている彼女は
とてもきちんと心配りをされますが、明るく気さくで、体を預けるのも安心。
わたしの場合、運動後のストレッチやマッサージが不足らしく
ひざや肩甲骨の下に老廃物が溜まっているとのこと
その通り、今まで何もしていませんでした。
これからは、運動後も気をつけよう。  ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

又、雪が降ってきた 。

kamasaki0021.JPG

記事は途中ですが、宿泊した率直な印象
新幹線の駅からそう遠くは無いものの、わざわざ訪れるには遠い鎌先温泉で
古い建物と、心地良い新しい部屋とで寛ぎ
突発的なお願いにも精一杯応えてくださるサービスなどが有難かった旅館一條。
階段が多いので、不自由に思われる方は、温泉付きの部屋が良いかと。

                                                        pana

 

湯主 一條

 

宮城県白石市福岡蔵本字鎌先一番48番地
TEL 0224-26-2151

 

January 19,2010 07:30 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

気仙沼湾に浮かぶ 小島 大島

この日は、気仙沼港から
朝8時台(早いし、寒い)のフェリーに乗って、大島にむかう。

20090227900.JPG

 

港の船が、朝の陽射しを浴びている
お互い隙間無く、綺麗に並ぶものですねー。

20090227901.JPG  

湾の中には、
牡蠣や、帆立、海草などの筏が、賑やかに浮かんでいる。

20分ほどで、大島に到着。

『陸中海岸国立公園』
良く勉強した? 子供時代に記憶した気がする。

20090227920.JPG

大島の全容を写す前に、気付いてしまたのが
大漁旗が掲げられた朝市場。 
嬉しい! 吸い込まれるように進む。

 

 

20090227902.JPG

 

 

地元の方々が、野菜や 魚、乾物や、炊き込みご飯などを販売。
夏は海水浴客も多いそうですが
今は地元の方が買っている様子。

20090227903.JPG

 

オス・メス・タラ

20090227905.JPG 20090227904.JPG

 

わたしは、乾物のお土産をいくつか選ぶ。

20090227906.JPG   

この朝市 『島っこ市』は、日曜の朝、7時~10時までの営業。
(写真の日付がずれていて、ごめんなさい。)

 

 

国民休暇村のある高台まで20分ほど歩いて登り
眼下を見下ろすと

田中という入り江の浜
美しいなー。

20090227907.JPG  

 

浜に下りてみると、
船で作業をしている家族を見つけたので、近くまで行ってみる。

20090227929.JPG

 

めかぶ だ。

20090227931.JPG

 

おかあさんは、「うちのお嫁さん撮ってやってよ!」と言うけれど
恥ずかしそうに微笑む可愛らしいお嫁さんよりも
やっぱり、おかあさんの方が撮りたいの。

20090227930.JPG

北の海は、まだまだ、寒い日も多いだろうから体に気をつけね。

 

 

浜には、昨日までの荒れた海とは違って
優しい波が寄せてくる。

 

波に気持ちをあずける。
200902276908.JPG 20090227909.JPG

美しい。

 

さらに、隣の小田の浜まで歩く

20090227910.JPG 20090227912.JPG

20090227911.JPG

足跡の向こうに、かもめ

20090227913.JPG

ここで、タクシーを呼んで(こういう所で携帯を使うのこそ、助かるわー)
竜舞崎ー大島小・中学校(島唯一の信号を通り)港に戻ることにする。

夏場は観光客で混雑するらしい島も、冬はひっそり、
静かな島もいいものだ。

 

と、思えば
サスペンス2時間ドラマみたいな
断崖絶壁 竜舞崎
小さな大島でも、色々な景色を楽しめる。

20090227914.JPG  

 

 

港で船を待つ間に
おつぎやで、かっぱえびせんを買う。
「中で暖まりなさいよ。」と言っていただくも
¥40-のかっぱえびせんを買っただけでは流石に申し訳ない。

20090227915.JPG  

実は店の外も、楽しめる。
ここを訪問した方々の写真がずらりと並ぶ。

 

にしおかすみこ、エド・はるみ
本上まなみ。片岡鶴太郎。ホリケン。氷川きよし。さとう宗幸。梅宮辰夫。
石塚英彦。モンキッキー。内山信二。
凄く、来てますねーーー。  
『ホリケンさん』 が、いいです!            20090227917.JPG

 

 

さあ、フェリーで気仙沼に戻ろう。

20090227918.JPG

船の中は、日曜日の買い物や遊びに、気仙沼方面へ出かける島の人たち。
小学生もいれば、その先生も乗っていて、教室のような会話が聞こえる。
まるで、NHKのニュースを見ていたのに、そのままつけっ放しで次の番組になってしまった
ひるどき日本列島とか、鶴瓶の家族に乾杯とかの、
番組の一場面を見ているようだ。

20090227919.JPG

 

気仙沼に着いたら
今度は、有名店 あさひ鮨本店の方で
気仙沼さんまの姿寿しと、あなご寿しを買おう。

20090227921.JPG  

さんま寿しは、1~2日の日持ち。
あなご寿しは、冷凍になっている。

  20090227922.JPG

待っている間に
お茶をいただく。

20090227923.JPG

 

お土産にも、家に帰ってからの夕食にもなる。
味はふつう。

20090227924.JPG 20090227925.JPG

そして気仙沼から、大船渡線に乗る。
行きも帰りもですが、北上川の鉄橋を渡る景色がとても美しかった。
のに、なぜかこのとき二度とも気付くのに遅れて、
カメラに収めていないのが悔やまれる。地図を読んで もっと研究しておかなくちゃ!

 

 

一関から東北新幹線に乗車
駅の売店で、急いで買った岩手の岩谷回進堂ひとくち羊羹が
また、景色と合うし、美味しいし。。。


20090227926.JPG

 

旅はいいけど、少しでもはやく帰りたい気持ちもあるので、仙台で、はやてに乗り換え、
吾妻連峰を見ながら大宮へ。

20090227927.JPG

 

予定通り早く大宮に着いたので
エキュートでケーキを買って
わたしの日常に戻る。   

やっぱりケーキも無くっちゃね!             つづく

 

 

帰宅してから、書店に行くと
いまや、桜情報本が文字通り花盛り
買っちゃって、見ちゃって、行っちゃったりして。。。

20090227933.JPG

 

(仕事もしています。)

March 12,2009 06:39 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages