今日の食HOME

今日の食

登戸 ヒッコリーファーム

友人たちと、登戸駅近くでランチ。
この辺りは全く詳しくないので、ネット情報で決めた店は、想像とは違いまして残念でした。

 

そのあと、お茶する店を探します。

 

友人の一人は長く小田急線沿線に住んでいるので
登戸の店にも詳しく、「歩く食べログ」さんと言えます。
ランチの店も初めから彼女に決めて貰ったらよかったのかもしれない。

 

そんなことを思いながら最初に彼女が立ち止ったのが、昔からありそうな喫茶店
「喫煙可な雰囲気ですが。。。」
あぁやはりそうでしたね~。 残念です。 

noborito01.JPG

次に「歩く食べログ」さんが立ち止ったのは
こちらのカフェ。
「開いている???」
あぁやはり定休日でした。

noborito02.JPG  

それなら、と、
更に歩き進んで、こちらの店へ。 

noborito03.JPG  

ママチャリも沢山止まっていて、

noborito04.JPG

お子様連れのお母さん達で賑わっていました。

noborito05.JPG  

ピザの店 ヒッコリーファーム 

noborito20.JPG

「歩く食べログ」さん曰く、登戸と言えばココ。

 

お母さんからも見える場所にあるキッズコーナーには、
滑り台も置かれていて子供達が楽しそうに遊んでいます。
こういうお店はなかなか無いと思うのですが、親子連れにも優しいお店で温かい雰囲気です。

noborito06.JPG

やがて、わたし達は店内の奥の席へ案内いただきました。
店員さんも皆さん親切です。

noborito07.JPG  

ケーキも自家製との事で、どれにしようか迷います。

noborito08.JPG

アールグレイと

noborito09.JPG

アップルパイを選びました。 

noborito10.JPG

結局皆、アップルパイになりました。

noborito11.JPG  

子供達が帰ってしまい、ひっそりしているフロアでは、このあとピザ教室が開かれるそうです。

noborito12.JPG

 

noborito30.JPG   次回はこちらでランチしようと皆の意見が一致しました(^_^)

ヒッコリーファーム

神奈川県川崎市多摩区登戸 3253
しかも年中無休

 

今日の一枚

友人が出かけた、国営ひたち海浜公園「ネモフィラの丘」 の、青と人が印象的な画像です。
(今年の見頃は過ぎています。)

noborito14.JPG
May 28,2017 09:51 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

山北駅の桜 (爆笑編)

JR御殿場線 山北駅舎と
手前は、町内循環のボンネットバスです。

yamakita2.JPG

駅の桜並木を楽しんだ後は、どうしようかと友人と考えます。
奥に見える観光案内所内の女性が、山北町の桜を観てまわるなら
この循環バスがイイと親切に教えてくださいます、200円ですし(^_^) 

 

次に来たこちらのバスに乗る事にして
出発を待ちます。
これから想像以上のバスの旅が始まることになるのです。
ナンバープレートは「1122 いいふうふ」なんですね。。。

yamakita20.JPG  

さてと、乗車します。

このバスの運転手の大林さんは
多分60歳代の方です。
制服の青いストライプ柄のYシャツと笑顔が大変お似合いです。

 

出発して暫くすると
マイクで何やら話し始めます。。。
「何て言った?」と友人に訪ねると
「右手に一本ばっかし咲いてます。」って言ったよ。

yamakita23.JPG  

 

え~?本当に桜めぐりのバスになるわけ?と思いながら
循環バスは回って行きます。

 

「はい右の桜。」


yamakita26.JPG

「はい左にも咲いてます。」

yamakita27.JPG

ってガイドされるので、わたしが座席の右へ左へ移動して写真を撮ります。
勿論、一番後ろの座席です。※危険ですので真似しないでください。
  

「中央右の山は金時山です。」

yamakita29.JPG  

時にわたしがモタモタしていると
大林さんは、ウインカーを出して一瞬バスを停車させてくださいます。

yamakita33.JPG

 

このようなまさかの状況で、わたしたちは二人爆笑しています。
途中酒匂川の桜が綺麗なので、下車しようとしましたら
どうやらまだ桜の見所があるようで、、、

yamakita34.JPG  

わたしたちは、又最後尾座席に戻ります。
「すみません、すみません」と、他の乗客の方々に謝りながら。。。

   

「奥は東名高速道路です。」
yamakita35.JPG

よく交通情報で、山北バス停渋滞何キロと聞いたことがあるのがこの辺りのようです。
因みに、大林さんは「山北バスストップ」とガイドされていました。

綺麗な花と、長閑な町の風景を楽しんで、山北駅に戻りました。

大林さんに感謝の気持ちを伝えて
わたしたちは、バスで通った道を少し歩いてみることにしました。

 

駅前のレトロな建物。 

yamakita37.JPG

蔵や商家の建物も歴史を感じます。 

yamakita38.JPG

yamakita39.JPG

 

山北中学校の桜

yamakita40.JPG  

 

yamakita41.JPG  

 

yamakita42.JPG

今年のソメイヨシノもいよいよ見納めでしょうか。
開花が遅れた年でしたが、存分に堪能する事が出来ました。

 

帰り道
高松山入り口バス停で、猪最中を食べながら新松田駅行きのバスを待ちます。

yamakita43.JPG

 

yamakita44.JPG

 

バスが来ました!

まさかの!!!!
運転手は!!!!!
大林さんでした(@_@)

「はい、今度はパスモ使えますよ~」とマイクで呼ばれ、再び爆笑しながら乗車するわたしたちでした。

 

ルームミラーに映る、真剣な表情で運転する大林さんと景色を眺めながら
新松田駅到着です。

大林さん、本当にありがとうございました。

yamakita45.JPG

「ちょっと、リチャードギアに似てるように思うんだけど。。。」と友人に話すと
「えーーーーーーーー。」と言うことでした。

 

初めて訪れた山北は、とてもいい町でした。

神奈川県足柄上郡山北町
April 14,2017 09:50 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

トラットリア ビコローレ ヨコハマ

以前行ったことのある
横浜のイタリアン、トラットリア ビコローレ ヨコハマへ。

寒~い風吹く日でした。

bic01.JPG  

 

席は窓際で
写真では、落ち着いたレストランに見えますが
明るく賑やかで楽しい雰囲気が満ちています。

 

bic02.JPG  

前菜、パスタ、メイン料理、ドリンク のBコースをいただきます。


  

色とりどりの一皿は、ひとつひとつが美味しいです。

bic03.JPG  

 

16か月熟成 パルマ産生ハム
お~いしいです~。

bic13.JPG  

bic30.JPG ブロッコリーとパプリカのピクルスアンチョビ風味・イタリア風オムレツ

bic15.JPG 天然鯛のフレッシュトマトソース・渦巻きビーツ豚タンの下は蕗のとう 

bic11.JPG   bic16.JPG

パン2種                   温かい、紫人参のスープ オレンジのフレーバーソース

 

 

パスタは、
サルデーニャ産からすみ 三浦産キャベツ レモンのペペロンチーノ

bic05.JPG  

やっぱり選んでしまうからすみのスパゲティ。
フレッシュです。

 

 リコッタチーズ入り生ハムとサラミのラグー トマトソース

bic06.JPG  

こちらはこってり。
二人だとシェア出来て嬉しいです。

 

メイン
わたしは、森林鶏もも肉と野菜のロースト ローズマリーのソース 塩レモンジャムと温野菜添え。
  

bic08.JPG  

ソースと美味しい鶏。野菜はインカのめざめ、赤皮カブ、黒皮カブ、ロマネスコ
塩レモンは自宅にもあるのですが、冷蔵庫で眠っています。
鶏と合わせて見ましょ。

 

友人は、山形県産平牧金華豚のロースト エシャロットと粒マスタードのソース サラダ添え。

bic09.JPG

お肉もですが、ソースが美味しいです。

 

最後に
テーブルまで運んでいただくのもひとつの技と言える?
マキアートをいただきごちそうさまでした。

bic10.JPG  

  ♪ 綺麗に撮れたました ♪ 

Trattoria BiCOLORE Yokohama

神奈川県横浜市西区平沼 1-40-17
月休み

これからどうする???
近くにケーキ店もなさそうなので
帰り道の自由が丘で下車してみます。
全然詳しくはありませんが、ネット頼りで探した店は。。。つづく。

 

February 14,2017 07:19 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

小田原 天史朗鮨

吾妻山公園で早咲き菜の花を眺めた後は
二宮から、JR東海道本線普通電車に乗って約13分、小田原に到着です。

ten01.JPG  

西口の天史朗寿司でお昼ご飯にします。
小田原が詳しい訳ではありませんが、地魚に惹かれて行くことにしました。

ten02.JPG  

後日知ったのですが、こちらは、西村京太郎先生ご贔屓の店だそうです。
暖簾の右側にお名前が染め抜かれていました。

 

内部の様子はわからないので、少し緊張して 引き戸に手をかけます。
こんにちは~。

7席ほどのカウンター席と、テーブル席がひとつ。
2階にも席があるようです。

お隣さんとの席も近く、袖すり合うも多生の縁って感じで 親近感が沸いてきます。

初めはわたしのような観光の方ばかりでしたが
やがて隣に、常連のお母さんが座られました。

 

さて、ホワイトボードには、美味しそうな魚介の名前が並んでいます。

ten04.JPG

 

 

お目当ての地魚鮨のボリュームをお聞きすると
握りが7貫と巻物とのことでしたので、想像してみたら、わたしにはちょうど良いように感じました。 

 

小さい生ビールもお願いして楽しみに待ちます。
隣の常連のお母さんも同じビールを頼んでいらっしゃいました。
大将に心配されながらも、「大丈夫、大丈夫」って、
わたしもいずれ、そんな風になりたいです。

ten03.JPG  

シラスの飛び出した巻物や、中が茶色い巻物が、目の前のカウンターに並んで行きますが
それがこれからいただく絶品とはわかりませんでした。

 

 

そして地魚寿司が出来上がりました。

ten05.JPG  

ネタは近海ものの地味な色目です。酢飯は少し赤味がかっています。

それに白身の魚のあら汁のお澄まし。

 

店の若い職人さんが、丁寧にネタの名前を教えてくださいます。

アジ イナダ しめ鯖 
「ブリの小さいイナダ」って説明されちゃいました。。。意外に若く見られたことにします(^^;)
あっ、玉子焼きもあります。

ten06.JPG  

 

スズキ スルメイカ 目鯛の昆布締め ヒラメは塩とスダチで仕上げてあるのでそのままでとのこと。

ten07.JPG  

どれも新鮮で地魚を満喫できます。う~ん 幸せ(^_^)

 

さて、あの巻物もあります。。。
(何が巻かれているのでしょうか。。。)

 

しらす
スルメイカの軟骨に、塩辛と、酒盗!!!


ten08.JPG


わ~! すごいです、甘くない巻物塩辛と酒盗なんて初めてです!

 

地魚握りも美味しいのですが
塩辛と酒盗の巻物が凄すぎて、
大変おいしくいただきました。
菜の花もいいけれど、お寿司も好いです。

 

天史朗寿司

神奈川県小田原市城山 1-6-80

 

January 22,2017 07:55 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

リリエンベルグ

美しく落ち着いた街並み。
目的地のリリエンベルグへは
最寄り駅の小田急線新百合ヶ丘駅からは、ゆっくり歩いて15分ほど。
バスも頻繁にあるようです。 

20161031010.JPG

 

手前の建物がカフェ、奥がケーキ店です。
駐車場も車が一杯、誘導の方もいらっしゃいます。

20161031017.JPG  

 

ケーキ店のほうはメルヘンな建物です。

20161031013.JPG

沢山のスタッフの方々が
次々にケーキを作り上げていらっしゃいます。


20161031012.JPG   

20161031014.JPG  

20161031015.JPG

順々に店内に誘導していただくと
フレッシュケーキを購入の方と、焼き菓子を購入の方の列になっています。
両方の方は、焼き菓子をトレイに選んでフレッシュケーキのガラスケース前に並ぶという流れでしょうか。

わたしは、支払い後取り置きをしていただきカフェに向かいました。
ケーキの撮影は無しですよ(^_^)

 

カフェのほうは、ウッディーで落ち着きがあります。
歴史ある別荘のようなインテリアです。

20161031018.JPG

いただけるケーキの見本から、また 

20161031019.JPG

季節のデザートのスケッチから、どれにしましょうか。。。 

20161031020.JPG  

20161031021.JPG  

 

友人の選んだ、この時期ならではの
モンブラン。
熊本から空輸で届く栗を使っているそうです。

20161031022.JPG  

わたしは
モンブランはお土産にしているので
思い切って
これにします!

20161031024.JPG  

 

栗のパフェ ~ 。
写真大き目(^^;)

20161031023.JPG  

尖がったリーフパイが印象的です。
甘さ控えめのパフェは
栗のアイス
栗のクリーム
抹茶アイスなどで作られています。


秋のデザート、満足です(^_^)  

20161031026.JPG   新商品のメレンゲ菓子もいただきました。

 

さて、わたしのお持ち帰りは
これも大好きなタルトタタン。
ガレットの上に、甘くパリッとしたカラメルを纏ったたっぷりの焼きりんご、
キャラメル入り生クリームとバニラスライスとで、シックで美しい姿です。

20161031027.JPG  

お持ち帰りのモンブランは
カップでしっかりと包まれ固定されていまして、完璧な形で帰宅です。
それではいただきます。
・・・・・
何なんでしょう!栗のシロップ煮と生クリームを包み込む栗ペーストが、
一本一本ほろっと解れていきます。
フレッシュの成せる業ですね。

20161031029.JPG

杏のタルト
こちらも酸味のある杏が美味しい一品でした。
焼き菓子ももちろん(^_^)

20161031030.JPG

 

あ~今年のうちにもう一度、行っておきたいです~。    

20161031032.JPG  

 

リリエンベルグ

神奈川県川崎市麻生区上麻生 4-18-17 

November 03,2016 09:11 PM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | All pages