今日の食HOME

今日の食

学芸大学 note cafe

オーブンミトン・カフェで美味しいケーキをいただいた後は
敷地内のはけの庭園へ
ここは、小説『武蔵野夫人』のモデル地となった場所と言われています。
今は緑に囲まれていますが
もみじもあるので秋も良いかもしれません。
 

湧き水の池、澄んだ水が細かい波紋を静かに描いていています。 

oven18.JPG  

oven19.JPG  

段差を下り

oven30.JPG

 

はけの小路へ。
路の脇には、野川へと続く小さなせせらぎが流れています。

oven31.JPG  

 

あじさいの仲間でしょうか?

oven33.JPG

小路に似合う一輪です。

oven32.JPG  

 

さて、武蔵小金井駅方面へと歩きます。
立派な塀の隙間から中を覗いてみると。。。

oven35.JPG

わっ! 凄い数のキウイが実をつけていました。

oven36.JPG  

秋になると、もぎ取り収穫も出来る
はけの道果樹園さんでした。

oven37.JPG

続いて
武蔵小金井駅の北側に出ます。
バスを利用して、東京学芸大学正門に到着。

note01.JPG  

大学生でなくても自由に通行できます。
6月に図書館の1階にカフェが出来たと聞きました。

 

無限に伸びそうな欅が凄いです!
この大きな木陰のウッドデッキで、老若男女が様々なちょっと一休みをしています。
右手の建物が図書館です。

note04.JPG


「地域と大学の垣根を越えて、人と情報が行き交う場所にしていきたい。」というコンセプトのノートカフェ。

note03.JPG  

note06.JPG


おかずパン、おやつパンが並んだベーカリーカフェになっていて
パンを温めるオーブンも用意されていました。
学生がちょっと焼き過ぎたパンのいい香りを漂わせていました。

note05.JPG  

 

メニューの中には、こんなものも!
ポットサービス 約10杯分 店頭渡し 2400YEN
ポットサービス 約10杯分 学内デリバリー 3000YEN
ゼミに持ち帰ってみんなで飲んだらおいしそう。

note07.JPG  

この冷蔵ケースには、
山形のサクランボサイダー、パインサイダー、つや姫玄米茶やジュースが置かれていて
こだわりが感じられます。
下の方に置かれたクリームパンも気になります。 

note08.JPG

東京牛乳と、高野養鶏場の卵で作った自家製カスタードクリーム。
「これ、いただいてみましょう。」

note09.JPG  

欅(下の方だけ)を眺めてお茶するもよし。 

note10.JPG


この大きな地図のホワイトボードには地域情報を書き込めるようになっています。

掲示物を眺めて楽しむのもよし。

note11.JPG  

note12.JPG

 

しまうま ?  (^_^)

note14.JPG

シェアノートにほほ笑むのもよし。  

note13.JPG

「クリームパン おいしい!」

同意! 

note15.JPG

シュークリームに入っているような柔らかカスタード、あっさり系で美味しいです。
パンもなかなか味があります。
飲みものはカスタードに合わせて東京牛乳にしました。

note17.JPG

いろんないいこと思いつきそうなカフェでした。                                 pana

note cafe

東京都小金井市貫井北町 4-1-1
日・祝休み

July 27,2015 06:07 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

小金井市 オーブンミトン

珍しく木曜日が定休の日には
いつもは行かれないところへ。  

oven01.JPG  

JR中央線の、武蔵小金井駅南口から
コミュニティバスに乗車、歩いても行けます。  

oven02.JPG  

野川・七軒家循環ココバスは、すごくミニでした。

oven03.JPG  

ドアに
「立ち乗りでのご乗車は出来ません。」とのシールが、、、
途中で満席になったらどうなるのだろうかと思ったら
何のことは無い、乗車できない人が発生するのには驚きでした。

 

誰かさんちの前を通って行く「野川・七軒家循環」は、
道幅が狭く、この大きさのバスで限界な事が良~くわかりました。

oven04.JPG  

 

11番バス停 はけの森美術館で下車。
緑がこんもりした方を目指します。

oven05.JPG  

はけの森美術館 

oven25.JPG  
美術館の所蔵展
画家 中村研一氏の「けんぼしゃんの夏休み」を観て、夏を涼しむ事が出来ます。

oven07.JPG  

美術館の奥は、はけの、豊かな緑の森。
昭和34年に建設された中村研一氏のアトリエが残されており、
そこが、カフェ オーブンミトンになっています。
以前、駅近くの工房でケーキを買ったことはあるけれど
漸くここを訪れる機会に恵まれて嬉しいです。

oven24.JPG    

 

oven23.JPG  

室内は、木造の柱や梁が現れる吹き抜けのリビング
そこがカフェになっています。

oven12.JPG

入り口で履物を脱いで
「おじゃまします。」
先ずは、目の前のケーキケースに釘付けになります。 

oven09.JPG

焼き菓子も美味しそうです。
「はけのパウンドケーキ」も良い色をしています。 


oven11.JPG

 

「日経新聞NIKKEIプラス1で紹介されました。」とメッセージが書かれています。
2013年の記事です。この時はオークウッドに行きました。
きっと秋もすぐ来ますね~。

oven50.JPG

オーブンミトンのガラスケースの中には、有名なチーズケーキやシュークリーム、プリン、シフォンケーキ、
抹茶のロールケーキ、
クレープフルーツゼリー、フォンダンぺカン。

その中で、食べたいケーキは、直ぐに決まりました。

oven10.JPG  

 

7月23日夜には、NHKBSプレミアム
~ リアル ”まれ” の女神達 ~ で、パティシエの小嶋シェフも出演されていました。
”まれ”とは朝の連ドラのことです。

oven13.JPG  

ランチの
キッシュセットから 

レンズ豆のキッシュセット
サラダと、おかわりできる全粒粉のパンにバター、バターサクサクのキッシュは優しい味です。

oven14.JPG

ランチデザート
ポットで
ミトンズティー、ウバ
少しミント?の香りがします。

oven15.JPG

ケーキは
この日バレンタインデー以来のお目見えという
ノッチョーラショコラを選びました。
ヘーゼルナッツ、杏、オレンジに濃厚チョコレート、其々がぴったり寄り添う味で、好みです。

oven16.JPG

はけのパウンドケーキをお土産に。

oven34.JPG  

oven26.JPG

バター、小麦粉、卵、クラニュー糖、を同量で作るシンプルな素材で丁寧に作られ、、
焼き上がりにはたっぷりのバニラビーンズ入りのシロップをうっているそうです。
美味しい逸品でした。 

 

敷地内には
国分寺崖線による湧き水の池もあります。
緑深いこの坂を上がれば連雀通りに出ます。

oven17.JPG

はけの庭を愛で、はけの径へ向かってみます。 つづく。                     pana 

 

oven mitten   

東京都小金井市中町 1-11-3
定休日 月、火、水、第3日曜日

July 25,2015 06:21 AM | コメント(0) | トラックバック(0)