今日の食HOME

今日の食

西荻窪 Khanam と trim

秋のかき氷めぐりの間に
西荻でお菓子とお茶を挟む。
南口仲通り商店街の路地路地には興味深い店が多く、
あっちもいいし、こっちも素敵と寄り道しながら
かわいいイラストのお菓子屋さんに辿り着く。  

 

カナム 

khnam01.JPG

午後の柔らかい陽ざしのこの写真は、何となく冬の暖かさを感じる。(いやいやこの日はまだかき氷日和。)
引き戸を開けてそこにいらっしゃる店の方の笑顔も温かい。
「写真撮ってもいいですか?」と聞きすると「ありがとうございます(^_^)」と言ってくださる。
わたしはとても嬉しいです。

khnam02.JPG

テイクアウトのお菓子は
マフィン、スコーン、クッキー、ケーキ。 

khnam03.JPG

どの焼き菓子もいい色している。
ケーキの日持ちは短いというので、ひとつだけ購入。
友人は各種購入、その夜すべて完食して満足だった様子。

khnam04.JPG

 

きちんとした材料で、丁寧に作られているバナナシナモンケーキは、しっとり美味しい。
後味の余韻もとても穏やか。

khnam05.JPG

Khanam

東京都杉並区松庵 3-38-20
月、火定休(祝営業)

 

続いてトリムへ向かう。
カナムの姉妹店でも
どこかな、どこかな、と探しながら歩く。ちょこっと離れている距離が楽しい散歩になる。

khnam06.JPG

こちらは、イートイン。

trim01.JPG  

今年オープンしたというトリム
荻窪マダムや、お子様連れの若いママなど
ご近所さんの人気カフェなのがうかがえる。

trim03.JPG

 

メニューにはKhanamの商品もありますが、フレッシュスイーツ主体。
こちらのスタッフさんも丁寧で温か。

trim04.JPG

穀物コーヒーは麦茶みたいな飲みやすいコーヒー
ガトーショコラに添えられたクリームは、ホントおとうふだそうだ。

trim05.JPG

 

わたしは
店のおすすめ「小花模様のワルツ」と名付けられた
栃木ラリシェスボタニクのオーガニックハーブティーをいただく。

trim06.JPG

秋を穏やかに過ごすためのお茶でたっぷり3杯分穏やか。

秋の
巨峰プリン。
豆乳プリンに甘く煮た巨峰がお似合い。

trim07.JPG

心も身体もたっぷり温まったら
荻窪までの一駅を歩いて、またかき氷の秋の一日でした。                       pana

trim

東京都杉並区西荻南  1-19-20
月、火定休(祝営業)

 

September 26,2014 06:24 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

上井草 サンドイッチとコーヒーの店 カリーナ

所用があり、西武新宿線上井草駅で下車。

 

高架でもなく、跨線橋も無い駅は、木のベンチ。
都会の駅とは思えない、あったかレトロな雰囲気が和む。

karina01.JPG     

用事を済ませて
上井草商店街のホームページ を見ながら

karina02.JPG

やっぱりレトロな雰囲気の目的の店に向かう。

サンドイッチとコーヒーの店
カリーナ

karina03.JPG

ずらりと並んだサンドイッチ
どれを食べようかなと考えながら、喫茶スペースへ

karina04.JPG

朝5時50分から営業とは、凄いですね!

karina05.JPG

店内の壁や建具が、年月を経た、渋い色合い。
従業員の女性、その奥でサンドイッチを作る男性は、『どう見ても店より若く見えるが。。。』
 (?・?) という顔をしているわたしに、女性が「店主です。」と話してくださる。
2代目さんなのかな。

karina06.JPG

カウンターの奥で食事を済ませた男性が去り
自然な笑顔がとても素敵な女性店員さんと話しながら

karina07.JPG

カツと生野菜サンドを注文。
「ひとつずつ焼きにしてみましょうか?」 というアドバイスで、三角の半分ずつはオーブンへ
(焼きは+20円)
『でも、野菜を焼いて大丈夫なのかしら。。。』 ふと思いながら
テーブルに残されたサンドイッチからいただく。

 

厚切りでも柔らかいカツはヒレ肉で、意外にも軽~くいただける。
「パン粉は、このパンの耳をつかっているんですよ。」と話す具は手作り。
各々の具は、冷蔵庫で出番を待っているようだ。


karina08.JPG

サイフォンで淹れられたコーヒーも出来上がる。

karina09.JPG

オーブントースターで焼かれたサンドは
やがて、いい焦げ具合で出てくる。
カツだけでなく、ちょっと心配した生野菜も、更に美味しくなっていただけるのだった。

karina10.JPG

会計を済ませてから
表に出て
持ち帰り用のサンドイッチを選ぶ。

karina11.JPG

「わたしは、具がコールスローのようになっている野菜が好きです。」と女性店員さんお薦めの
野菜×1、フルーツ×1、と、やっぱり、カツ×2を、テイクアウト。

右端のカツサンドは、長旅で具のカツの重さに耐えられなくなっていた。 おつかれサンド   pana

karina12.JPG

カリーナ

東京都杉並区井草5-19-6
TEL 03-3301-3488

OPEN 5:50~14:00

月・第3火 休み

November 05,2012 06:38 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

西荻窪 散歩

美味しいランチをしたし、パンも買ったし。

 

駅まで、てくてく歩いて戻る。
西荻と言えば、骨董店の多い事が知られていますが
他にも駅から歩ける辺りに、美味しそうな店や、面白そうな店がある。
吉祥寺のように、混雑していないところもゆったり散歩気分になれる。

 

 


nomado0001.JPG

 

旅の本屋

のまど

nomado0002.JPG

引き込まれる。

nomado0003.JPG

混んだ店内を見て回ると、
旅と、食、建築、文化、音楽、生活、雑貨など
国内外、各国、各地域に関する本がセレクトされている。

 

例えば、韓国の棚には
良く見る雑誌のガイドブックから、ディープな単行本、又、韓国料理本と言う感じに
新旧各種の韓国に関する本がひとまとめになって並んでいる。

 

散歩の達人などの雑誌のバックナンバーや
遠い国の料理の本が、ふと置かれていたりするのにも惹かれる。
もの凄く楽しい!!!

 

20分くらい経過、、、どの本を選ぼうかと嵌っている時に、携帯メールが呼んだ。

 

「なにしてるの?」母からだった。

 

放って置かれた母は、先の銀行の建物の一部を椅子代わりにして座っていた。
「ごめん、ごめん。」
わたしはいつもこんなペース、 って事は。。。
『わたしに付き合ってくれる友人達も苦労してたのか。。。』 と、少し反省した。

 

けれど、これからも変われないと思うので宜しくです!

のまどではもっとゆっくりしたかった~ 。又行く!

 

 

西荻窪駅に戻り、こけし屋でケーキを買って帰ると言う母に、今度はしっかり付き添う。

 

 

中央線を利用していた頃、車窓から見えるこけし屋の建物を眺めては
『食べたい。。。』 気分になっていた。
外観よりも、内部はレトロな感じ。

kokesi0002.JPG

入り口に近いほうのショウケースには
焼き菓子とクラシックなケーキが、1カット200円台で並んでいる。

kokesi0003.JPG

 

奥には、
ちょっと豪華な姿の300円台のケーキと、惣菜が置かれている。

kokesi0004.JPG  

kokesi0005.JPG   

 ピーチの乗った、ソレイユ?   220円
ラム酒の効いた、ナショナル?  170円
木苺ゼリーの、フランボワーズ  220円ですね。             お廉いほうを選んだようだ。

kokesi0006.JPG  

昔食べたケーキというシンプルな姿ですが、味も懐かしいのでしょうか。
わたしは食べなかったので解らなくてごめんなさい。

 

こけし屋別館のテラスレストラン。
毎月第2日曜日には、グルメの朝市で、料理や飲み物がいただけるそうです。

東急吉祥寺店舗は、 2月24日で閉店し
秋にリニューアルする荻窪駅ビルタウンセブン地下1階に移転とのこと。

 

変化もあるけれど
土、日、祝日の中央線快速が止まらないのは変わらない。西荻窪でした。                pana

 

February 26,2010 09:06 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

西荻窪 えんツコ堂 製パン

西荻窪 サン・ル・スーでの美味しいランチの後は、
明日のパンを買いに、北口のパン屋へ向かう。 (又、パン) 

 

 

すると、行こうと思っていたパン屋の手前の路地に人が集まっている。
近づいてみると、そこもパン屋だった。     ENTUKO ?

entuko0001.JPG

可愛らしいお店、、、入ってみよう!

 

 

木が使われたインテリアが気持ちよい店内、日曜の2時過ぎに並んでいたパンは僅か。。。
焼きたての山型パンと
くるみといちじくのカンパーニュと、揚げベーグル。

entuko0002.JPG entuko0003.JPG

店の奥のカウンター席では、
ベーグル、サンドウィッチ、ワイン、コーヒー、おやつ などもいただけるようだ。

 

 

忙しくても親切で笑顔の優しい店のご夫婦と、ひと言ふた言お話して
パンのお味を楽しみに帰宅する。                      

entuko0004.JPG

ところで、
パンに興味が無く、店の外で待っていた母は
ご近所のお子様連れのママをつかまえて情報を聞き出していたらしい。
それによると、ここ、えんツコ堂は、開店して一年少しくらい経つとのこと。
「今日は日曜だから混んでるね、又来ようね。」と子供に言い聞かせていたよ。と
わたしも買ってしまって、ごめんなさい。

 

 

 

国産小麦
白神こだま酵母、レーズンの入ったベーグル。
シナモンシュガーが香る揚げベーグルは、弾力の噛み応え。
目の詰まったベーグルなので、あまり油が染み込まないそうで、さっぱりといただける。

entuko0005.JPG

山型パン
店の説明には、少し酸味があると書かれていましたが
それは殆ど感じない。

 

 

皮はパリッ
中は伸びのいいしっとり生地。
翌日もおいしくいただけた。

entuko0006.JPG

 

皮の側面がまた可愛らしい。 

entuko0007.JPG entuko0009.JPG

えんツコ堂のトレードマーク、ふくろうの焼印だ。

 

 

それにしても、『えんツコ』 って???

 

 

ネットで調べてみたら
All Aboutのページにヒットした。  

「えん」は、ご縁の意味を込めたそうですが
「えんつこ」とは、畑仕事の際に赤ちゃんを入れておく嬰児籠(えいじかご)の東北訛りの呼び名とのこと。
あ!それ、テレビで見たことがある。
勿論、まだ寝返りもしない赤ちゃんのための籠でしたが
可愛らしいのと珍しいので印象深かった。
「えんツコ」 ほっこりするね。

 

 

 

 

場所は、西荻窪駅北口から、吉祥寺方面へ向かって5分ほど歩き、この看板を右に入ったところ。
お姉さんも、食べている!                                        

entuko0030.JPG   

わたしの寄り道が激しいので、母は少し呆れる。。。                           pana

 えんツコ堂 製パン                   entuko0010.JPG

 杉並区西荻北 4-3-4
TEL 03-3397-9088

月曜・第1、3火曜休み

February 25,2010 07:24 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

西荻窪 ビストロ・サン・ル・スー

有楽町の東京国際フォーラムで、いけばなを愛でた後は、東京駅?銀座?ではなく
普段は行きにくい中央線沿線でランチをしようと、
西荻窪駅近くの、ビストロ・サン・ル・スーを予約した。

 

 

お店は、
木の段板に暖かみのある階段を昇った2階。

sanslesou0002.JPG  

 

入って直ぐは、キッチンとカウンター席、素敵なおじ様が楽しそうにランチ中。
窓がわの空間には、7テーブルほど、席は近いけれどホッと寛げる。

 

やがて、満席になりました。

sanslesou0003.JPG

美しく快活なマダムが
ランチの説明をして、さっと退く。
この姿に母が「素敵!」と喜んだので、連れてきて良かったなと思う。

ランチは
前菜、パン、メイン、デザート、コーヒーor紅茶 2,200円
または
前菜、パン、スープ、メイン、デザート、コーヒーor紅茶  2,600円

「本日は色々な根菜をメインにしたポタージュスープです。」と仰るので
それは楽しみとスープつきの、コースに決める。

 

 

前菜の7種類の中から
本日の前菜
サーモンの燻製と、カンパチのサラダを選ぶ。  10種くらいの野菜が盛られていて嬉しい。
(・・・馬込三寸人参のムース ズワイガニとキャべツのマリネ添えというのも美味しそう・・・)

sanslesou0004.JPG  

 

向こうは
田舎ふうおそうざいサラダ キッシュロレーヌ・お肉のテリーヌ入り

sanslesou0006.JPG

サラダに隠れたお肉もキッシュも、ボリュームあり。 

 

 

本日のスープ
ほのかにごぼうの香りがする、いろいろな根菜のポタージュ。

sanslesou0008.JPG

飲み頃の温かさが嬉しい。 

 

 

続いてのパンは、
ニンニクとアンチョビ(香る程度)のパンと、白いパン。  バターは別に注文可。

sanslesou0009.JPG

 

 

メインディッシュ7種類の中から
牛すじ肉の煮込みのパートブリック包み焼きを選ぶ。
柔らかい肉がスパイスの香りに包まれた下には
ポテトとキノコが沢山。
(・・・豚すね肉のコンフィ・・・にも惹かれた)

sanslesou0010.JPG

 

 

向こうは
牛バヴェット(ハラミ)のステーキ エシャロットとにんにく風味  

sanslesou0011.JPG

オーダーの時に、適度に噛み応えがあると言うこと、で
母が好んで決めた一皿は、焼肉とは違うハラミの美味しさを味わえる。
後で、「硬さは大丈夫ですか?」と聞いてくださった若い男性も、最後までとても印象が良かった。

 

 

 

デザートは、見かけはシンプルだけれど
ミルクアイス       ココナッツ風味のブラマンジュ
チョコレートムース
それぞれの味が、美味しい。

sanslesou0013.JPG

sanslesou0014.JPG

 

母は、前菜もメインも肉で、完食。
わたしは、前菜は魚だったので、母よりカロリーは少ないかもと喜んだけれど
よく考えたら、あぁ美味しい赤ワインも飲んでいたのだった。                   pana

 

 

BISTROT SANS LE SOU ビストロ サン・ル・スー sanslesou0001.JPG

 

杉並区西荻南 3-17-4
第2篠ビル2階

TEL 03-3247-1408

月曜・第2、4火曜休み

February 24,2010 07:31 AM | コメント(5) | トラックバック(0)