今日の食HOME

今日の食

千石 モンプチコションローズ

六義園で有意義な散策を過ごしたあとは
もうひとつの楽しみ
ランチ。

千石まで歩いて
プチなフレンチの店を目指す。 

mon01.JPG

モンプチコションローズ
私の小さなピンクの豚

mon20.JPG

カウンター8席のみの素敵な店
予約は1ヶ月前には取っておいた人気店。

メニューはシンプル

mon03.JPG

本日のバリューグラスワインは、500YEN  

自家製の美味しいパンとともに。  mon04.JPG

 

半熟加減が美味しい
玉子の中のカニのムース

mon05.JPG  

 

やがて先客の
芋豚のロースのオーブン焼き(奥)と
仔羊のオーブン焼き(手前) が美味しい香りとともに出来上がる。 お、大きい!

mon06.JPG

同行の友人は、飲んでもいないのに
お隣の先客さまに色々と話しかけて絶好調。
先に料理が運ばれる度に
「召し上がりますか?」と話に乗ってくださるのもうれしい。
・・・ゆっくり過ごせましたか???

 

写真OKとのことでしたので mon07.JPG
若いブルースウイルス似(友人談)という、話しも上手なシェフにも写っていただく。
わたしは、この前行った『○○バーみたいな。。。(近々アップ)』と話したら、3/8人がその店を知っていた。 

 


更に友人が
店内の全員を巻き込んでご近所のお勧めカフェを伺ったら、この辺りは不毛地帯と言われるも
さっき通ってきたここの店の名が出る。 フレンチパウンドハウス。

 

mon18.JPG  

そのうちに話に出た店は
目白のエーグルドゥース田中屋、この2店は寄ったことがある。
千駄木のひみつ堂
+荒木町のちゃわんぶ
は行ってみたいな~。

 

「お強そうなので」とサービスの一杯もいただいてしまう。
ほんとはそんなに飲めませんから。

mon09.JPG

ホタテのカダイフ焼き
しっかり太いアスパラが潜む。

mon08.JPG  

赤に変えて                   mon12.JPG

 

メインに選んだ
芋豚のロースのオーブン焼き
千葉県旭産のジューシー豚は、ボリュームある350g
にあうシェリービネガーとフォンドボーのソース。

mon11.JPG

食べきれない時は、お持ち帰りもOK。

 

この飴細工のデザートに
「ガシャポンみたい。」との声も

mon13.JPG

ガシャポンをクリストフルシルバーでトントンしていただく、モンプチコションローズ。

mon16.JPG  

最後にマカロンとサブレ

mon15.JPG

シェフが丁寧に包んでくださり、お持ち帰りにする。

 

mon17.JPG

お食事も、お話も、た~っぷりごちそうさまでした。

Mon Petit Cochon Rose
東京都文京区千石 4-40-3
火曜と第2・4月曜休み 

 

 

May 04,2013 01:00 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

文京区 手打そば 舞扇

シビックホールでの師走の公演に誘っていただき

 

後楽園で下車。
都会の冬って、そう寒くはないし
散歩や町巡りにはとてもいい。
maisen0001.JPG

午後の公演の前に、春日通り富坂上バス停そば
洒落たそばやで昼にする。 

maisen0002.JPG

手打そば  
舞扇 ・まいせん・

maisen0003.JPG

 

大都会の大通りに面していても店内は静か。
入口の大きなぶ厚い引き戸と、簾越しに見える外の風情と

 

その隠れ家な雰囲気は、とても落ち着く。

maisen0004.JPG

まいせんセット 通常2,300円 → 1,800円
(でも、結構いつも、この価格とのこと。)

そば焼酎そば湯割り(玄庵) もしくは
アサヒ熟撰生ビール中
お新香
そば焼味噌
籠清 板わさ
野菜かき揚
せいろ

もしくは、の、熟撰で、お願い。
maisen0006.JPG

物腰の柔らかい接客の男性が、丁寧に注いでくださった感激の一杯。

maisen0007.JPG

他の男性客が
「日本酒を注文してもいいのかな?」と聞くと、
嬉しそうに
「もちろんですよ。」と応えている優しい声も心地よく響く。

 

 

 

 

あっさり漬かったお新香
籠清の板わさに、甘ささえ感じる山葵
そして、生中もいいけど、お酒に合うだろう そば焼味噌をちびちびいただく。
香ばしい香りは、京みそに、揚げた蕎麦の実、胡桃など、加えてあると言う。

maisen0008.JPG

ごろごろ野菜のかき揚
長葱、玉葱、人参、南瓜、薩摩芋
箸を入れると、ころころと解れて、それぞれの野菜の味が楽しめる。

maisen0009.JPG  

そばは頃合いを見て声を掛けてくれる。 

 

 

 

茨城県常陸産及び、栃木県永野産の石臼挽きそば粉のみを使ったという
せいろ

緑色がかった美しい、細い麺

鹿児島県枕崎産、本枯節の最高級品を使った
旨みのある出汁は、ほどよい甘辛さ。

maisen0011.JPG

艶々と輝き
きりっと涼やか。

maisen0012.JPG  

ビールを飲んだせいもあるけれど
麺の量もわりとあると感じる。

 

 

 

とろっと白濁の蕎麦湯も
濃い目のそば茶もたっぷりいただいて、すっきり。

maisen0013.JPG

 

ちなみに
天せいろは、こちら

maisen0010.JPG
なんだか
わたしだけ
済みませんでしたねー。

 

maisen0005.JPG

 

わたしも
舞う扇のように、来年は、ストレッチを念入りに?、しなやかに舞いたい。

maisen0014.JPG  

その後
そうとうウトウト出来そうも無い公演なのに、やっぱり、眠ってしまってゴメン。
先ずは、睡眠時間の確保が必要か?!                              pana

 

 

きょうは大晦日、佳い年をお迎えください。

 

 

 

小石川 手打そば 舞扇

東京都文京区小石川2-7-2
TEL 03-3816-8633

日・祝日休み

December 31,2010 08:01 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

師走な一日 文京区 レストラン コクリコにて

定休のある日、出かける前にPC前。
Nortonのリスクが解決しないので
Symantecのサポートを受ける。

 

電話をしてみると、ネットを通じて遠隔操作をするという。

gokokuji0100.JPG     

以前、パソコンメーカーで、リモートサポートしてもらった時には
片手に電話で、会話しながら指示を貰って操作したけれど

 

シマンテックは、電話を切り、チャット形式で進めるらしい。

 

始まってみると、チャットをする必要もなく
画面の向こうで、サポートセンター側のポインターが勝手に動いて進んで行き
中身を覗かれ始める
マイコンピューターを開いて、Cドライブの空き容量を見ている。 (一杯で恥ずかしい。。。)

 

 

自分のパソコンなのに、変な感じだ。
全て操作してくれるので
この間に、化粧も出来たし、ネイルも塗れた。
(これは、見られていない筈。。。)

gokokuji0101.JPG

ノートン無事完了! ありがとうございました。

さて、出かけよう。

 

電車内で爆睡した後は、池袋東武百貨店で買い物。
目に留まってしまうのは、通路に伸びるガトーフェスタ・ハラダのラスク買いの行列。
店は右手奥の小さなスペースなので、どんなにか待つことでしょう。

 

それにしても、こんなに長い列は初めて見たわ。(平日)
ハラダのホームページを見てみたら、注文殺到でオンラインショップは一時休止ですって!
でしたら、並ぶしかありませんね。

gokokuji0102.JPG

 

次の用事で、護国寺駅で降りる。
豆大福の群林堂
今日のこちらの列は、そう長くはない。

gokokuji0103.JPG

 

 

そしてわたしは、音羽の坂をちょっと登ったコクリコで遅いお昼。

gokokuji0104.JPG

gokokuji0113.JPG   

現在は、土曜のランチも営業している。

gokokuji0111.JPG

午後1時過ぎ
店と、お客様の雰囲気がしっとりと合っている空気を感じる店内。
どなた様も、会話は結構賑やか。

gokokuji0106.JPG

わたしも、やっと落ち着いた。。。と思ったけれど
次の約束の時間まで少ないので
熱い、焼きカレーは多分無理、ランチビールも、ランチデザートも無理。

gokokuji0112.JPG

即、テーブルに置かれたメニューに決めて待つ。
gokokuji0115.JPG  

 

ランチセットのサラダは、パリッと冷たい
デパートを早歩きして喉が渇いたわたしには、お冷も美味しい。

 

gokokuji0107.JPG  

 

オムハーフ
通常の2/3の量のオムハヤシと、ビーフ、ドライ、チキンの中から1種選ぶカレー。 

トマトライス、オムレツ、ハヤシソースと、向こう側がドライカレー
オムレツは、トロッとはしていないタイプ。(載っていないハーフもあり。)

gokokuji0108.JPG

優しい味のソースと、しっかりキーマな欲張りワンプレート。
手づくり出来立ての温かさがたまらない。

 

 

 

ランチセットについている
デミタスカップに並々と注がれたコーヒーを飲み干して
ごちそうさまでした。

gokokuji0109.JPG  

 

 

 

あら? テレビでお見かけした事のある方が、坂を下りてくる。
髪染められたのですね。  gokokuji0114.JPG

                                                            pana 

コクリコ

 

TEL 03-3945-6761

東京都文京区大塚1-10-14

December 24,2009 06:45 AM | コメント(3) | トラックバック(0)

護国寺 群林堂の豆大福

あぁ  小雨降る、
あぁ    この日も行列出来ている。

gunrin0001.JPG   

講談社、大塚警察署の向い
意外に路駐が多いけど、お巡りさんからも見えている筈。。。 大目に見ている? かは知らない。

わたしは、『ど・う・し・よ・う・か』と、迷いながら通り過ぎ
小一時間ほどの所用を終えて、又、通りかかる。
『折角・だ・か・ら、、、』と、心の中でうんうん頷きながら並んでしまう。

 

和菓子 豆大福の群林堂
待っている間も、蒸かしている餅の香りが購買意欲を更に高める。

gunrin0002.JPG

店内のガラスケースの前はひらけていて
左と右にお客さんが立ち、注文の品が包装されるのを待っている。
大体のお客さんは、大量に購入されるので、この場所では結構な待ち時間がある。
何を買おうかゆっくり考えたり、
作業場から運ばれる次の豆大福にホッとしたり
右の画面に映し出された、テレビ放映のビデオを眺めたり、
写真を撮らせていただいたり。。。

 

 

しかし、店の方は猛烈に忙しい!!!

gunrin0003.JPG gunrin0004.JPG

自分の番になったなら、
「みたらし、最後?」 なんて言う店の方の呟きは聞き逃さないようにして
素早く注文したい。

 

 

帰宅
金木犀の香りが<もう夏には戻れないよ>と囁いているような秋の庭を眺めて
しっとり和菓子と温かい日本茶にひたる。

gunrin0005.JPG

宮城産もち米
北海道産小豆
堂々95g(1個)の豆大福147円(1個)は、沢山買うと本当に重いよ。。。
gunrin0006.JPG

一個でお腹一杯。
残りの豆大福は、一個づつきっちりラップして冷凍。

 

みたらし派には、
粋な焼き目の、みたらし団子147円(一本) gunrin0009.JPG

店のおかみさんが、
ラスト2本のみたらしの串を回して回して
塗番重に残ったたれを何度も何度も付け足してくれた貴重な2本。
やはり少し硬くなり始めていたので軽く暖める。

 

 

 

初めて買ってみた、栗むし羊かん157円(一個)

gunrin0008.JPG

栗羊かんは好きでも、蒸してあるのは苦手なわたし
これは、その独特の香りが少なく餡もあっさり。       


           

 

 

 

やがて冷凍庫の豆大福は、日に日に 減っていく。。。 あぁ、もっと買って置けば良かった
ラストワン
自然解凍後、ほんのり炙ったのも、当然美味し。

gunrin0012.JPG

一度、
店で買って直ぐの、ほかほか温かいうちに頬張ってみたいんだ!そういう人、見たこと無いけど。
                                                      pana

 

 

 

いつもは日曜休みですが、
彼岸の入りの9月20日(日)は営業とのこと。  21日(月)~23日(水)のシルバーウイーク中も営業。

 

群林堂

文京区音羽 2-1-2

September 16,2009 06:37 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

お花見散歩 護国寺~茗荷谷

西武池袋線で池袋へ
電車で隣に座っていた若い男性が
池袋に着く頃、ため息をついたかと思ったら
バッグから箱のティッシュをおもむろに取り出し、鼻をかんでいた。
花粉症なのですねー可愛そうに。。。
家にも花粉症の家族がいて
「お花見行く?」と誘っても
「悪いけど、全然行きたいと思わないし、羨ましいとも思わないの。」ですって
花見どころでは無いようで、お気のどくさま。

 

池袋から2駅で護国寺。 0330001.JPG
いきなり、ですが
お花見散歩に備えて、お手洗いへ。
ぴかぴかに綺麗なので驚いていると
この駅を利用している連れが
「そう、いつも綺麗なの、本当に感心する。」と
素晴らしい 。

 

さあ、お花見散歩スタート!

 

外に出ると、音羽通り
豆大福で行列の群林堂は、日曜日なので定休日。
0330002.JPG
0330003.JPG

江戸川橋方面に向かう。
左に、鳩山会館の桜。
0330012.JPG
午後からは雨の予報で曇り空
写真うつりがいまひとつなのが残念 。

 

神田川まで下り
江戸川公園のさくらを愛でる。
0330004.JPG  

駒塚橋からの眺め
建物は椿山荘。
ここに着く前、目白坂を通っただけなのに
椿山荘の係りの方に丁寧なお辞儀と
「おはようございます!」と
元気で気持ちのこもったご挨拶をいただきました。
さすが。
0330005.JPG
胸突坂を上り、目白通りへ
0330006.JPG  右手は、野間記念館

 

上りきったらその先に、東京カテドラル教会
連れは、中に入ったことが無いというので
ちょうど行われている、日曜礼拝に参加させていただく。 0330007.JPG
0330008.JPG
しばし、厳粛な雰囲気の中で
心洗われる。

 

目白新坂を下り
右に、関口パン http://www.sekiguchipan.co.jp/
まだ、早い時間なのに、店内は随分混んでいる。
0330009.JPG
少しお腹が空いたので
散歩のお供に、
アールグレイ入り生地の香りがいいミルクティーパンと
クリームパンダ (クリームパン だ?)
食事用には、やっぱり関口フランパン。

結構素朴なおやつパンと
正統派フランスパン
ふたつのタイプは違うけど、どちらも美味しい!
0330010.JPG  
0330011.JPG  

護国寺方面に戻り
音羽坂を上る。
0330013.JPG
校門の桜
0330018.JPG     
公園の桜
0330014.JPG
そして春日通りに出る。
さくらまつりで盛り上がる、播磨坂
0330015.JPG  
播磨坂を下ったところからの眺め
0330017.JPG  
0330016.JPG
やはり、提灯は飾られる。。。

 

丸の内線の茗荷谷に向かう途中
お菓子調進所 和菓子の一幸庵へ
0330111.JPG   

本来は、日曜お休みですが
今日は、臨時営業。 

 

みたらしだんごと
花の友という季節の和菓子を。

お店のチラシには
『作るものから言えば、お菓子はすぐ口にしてほしいのです
‘すぐに‘・・・・・・が無理ならばせめてその日のうちに』と書かれていて
みたらしだんご、すぐに食べなくっちゃ!と焦る。
ちょうど用意されたばかりの毛氈の所で召し上がってくださいと
親切な配慮が嬉しい。

 

では、お言葉に甘えていただきます!
0330020.JPG

七つ連なったおだんごは柔らかく
小ぶりなので、さらっといただけます。
嬉しそうに頬張っていると道行く人と会話が始まったりして、結構楽しい。

 

こうして、ぐるっとお花見散歩をして帰宅すると
雨がポツポツ。
近所の桜も、綺麗に撮らなくっちゃ!
0330021.JPG
0330023.JPG  
花の友という名の、煉りきり。
中は餡ではなく道明寺で、見た目も味も春爛漫。
結局、やっぱり、
花より団子なお花見でした。

 

一幸庵

 

文京区小石川5-3-15

TEL03-5684-6591

March 30,2008 08:26 PM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  | All pages