今日の食HOME

今日の食

新橋 小川軒

割烹ひろ作 → たいやき神田達磨 と来て
この日の新橋、最後は小川軒です。

IMG_7102.JPG  

 

新橋駅直ぐの新橋駅前ビル1号館1階
第一京浜から見て、右側がショップ、左側がカフェです。

 

いただくものはほぼ決まっていますが
ビールもあるのですね~。

IMG_7086.JPG  

 

カップとカトラリーはロイヤルコペンハーゲン。

 

IMG_7092.JPG

 

友人はコーヒーとミルフィーユ  

 

IMG_7094.JPG  

 わたしは、ショートケーキをいただきます。

IMG_7123.JPG

何かで聞きましたが

苺と乳製品を一緒にいただくのは、栄養の吸収に良いそうです。

例えば練乳とか、こうした苺ショートケーキとか。 美味しくて栄養価が上がるのでしたら
、、、
ということを理由に、どしどしいただきたくなります。

 

第一京浜を眺めながら(車あまり走ってないですが。。。)

IMG_7088.JPG  

 

もちろん
隣で、レイズン・ウィッチも買って帰りました。

IMG_7122.JPG

小川軒

新橋店
東京都港区新橋 2-20-15
定休日 日・祝日は不定休 

January 27,2018 08:45 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

新橋で神田達磨

ひろ作さんで、お昼の後
新橋の繁華街を歩く交差点の向こう側の「たい焼き」に誘われていきます。 

IMG_7079.JPG

 

神田達磨の支店がここにもあるのですね。 

店のHPを拝見したら
小川町本店のほかには
上野、神保町、秋葉原、新橋とありました。
たい焼きに似合ういい字ずらの地名ですね~。 

 

IMG_7083.JPG

 

IMG_7080.JPG     

名物の羽根つきたい焼き、他にかりんとうまんじゅう、みたらし団子、大福、

わらびもちも並んでいます。 

IMG_7082.JPG  

 

たい焼きお持ち帰りです。

IMG_7105.JPG  

いっただきま~す! 

IMG_7108.JPG

塩豆大福も購入しました。

やっぱり、和菓子はいいですね~。

 

IMG_7112.JPG  

とか思っても、次に向かう先ではケーキをいただきます。 
どちらも好きですから。

 

たいやき神田達磨

新橋店
東京都港区新橋 2-15-15

 

January 24,2018 05:47 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

新橋 割烹 ひろ作

昨年予約しておいた
新橋の「ひろ作」さんで
友人との新年会ランチです。

 

開店は12時
少し前に到着して、待ちます。

hirosaku0101.JPG

予約は必須です。

hirosaku0102.JPG

ご主人様と奥様が手際よく調理をされる前で提供される品々を楽しめる
カウンター席のほかに

1階にはテーブル席と、2階にも席がある様子です 。

hirosaku0103.JPG

とても楽しみなお昼ごはんは

鴨ロースから始まりました。
柔らかくほんのり甘いたれが柔らかな鴨肉を引き立てています。

hirosaku0104.JPG

お酒は、浦霞禅をいただきました。

聖護院大根
とろみと柚子があいまった美味しさです。

hirosaku0105.JPG  

 


辛味大根のおろしがたっぷり。

hirosaku0106.JPG  

平目の昆布締め

hirosaku0107.JPG  

 

天ぷらは
白身魚、空豆、そして筍です。
天つゆには、ほんのり一味が効いています。

hirosaku0108.JPG  

綺麗な蓋付きの器の中は、、、

 

hirosaku0109.JPG  

穴子のおこわでした。

hirosaku0110.JPG  

 

蕎麦

驚きでした。 

hirosaku0111.JPG  

 

ひたち産との事ですが
それはそれは美しく光り輝き、清々しいお味です。

 

hirosaku0112.JPG  

後で知りましたが
ご主人が挽いて打つこの蕎麦も、やはり店の逸品だそうです。 

 

蕎麦湯もたっぷりいただいて、ご馳走様でした。

hirosaku0113.JPG  

 

奥の七輪で、お餅が焼かれています。 それは・・・

hirosaku0115.JPG  

おぜんざいとなりました。
甘みを抑えた餡と
塩昆布も添えられます。

hirosaku0114.JPG  

 

身体も清くなりそうな
とてもよいお昼でした。

hirosaku0116.JPG  

ということで
しっかり次回の予約もしてまいりました。

 

ひろ作

東京都港区新橋 3-6-13
定休日 土・日・祝

January 21,2018 06:22 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

どうしても ルカンケ

白金台 フランス料理店 ルカンケのホームページで
8月のメニュー見たら、どうしても行きたくなるっ!

 

 

空席のある日と、わたしの定休日が、なんとか一致して8月中に出かける事が出来ました。

r0801.JPG

わたしが惹きつけられる食材は、鱧と桃です。  

 

ランチのコースは、お馴染みのこちらから

r0803.JPG  

小石に見立てた小さなパンと豚のリエット
炭を練り混んだパンに豚のリエットほうれん草パウダーで仕上げてありました。

r0804.JPG  

何時にも増して、小石になっているように見えます。

 

フォアグラのお菓子仕立て
早くも秋色の一皿ですね。

r0806.JPG

フォアグラを混ぜ込んだアイスに メープルシロップ ショコラクランブル
デザートのようでした。

 

次の料理は。。。    

r0808.JPG

 

冷たいとうもろこしのスープ
とうもろこしの味が濃くとても美味しいです。 

r0807.JPG  

ローズマリー風味のパンとともに。 

r0810.JPG


鱧と焼き茄子のフリット
これが、楽しみでした!

 

香ばしいさが、ふわ~~~。
さっくり鱧鱧しています。

r0811.JPG

横には、くるくる渦巻きビーツ 蕎麦の実、胡瓜、枝豆のサラダ 茗荷の香り付けと、
細かい野菜が仲良く並び、ソースは緑の大葉と赤いビーツです。
フリットの黒い部分は、ナスの皮の炭だそうです。
さらに皿の右側に盛られた黒いものは、ナスの皮の炭の塩だそうです。


穴の開いたこの野菜は?、初めて見ました
ハスイモだそうです。

r0812.JPG

接写してみると、蓼(タデ)も発見しました(^_^)

 

お隣の方は食事を終えて帰られましたが、
友人の話では、TVで見たことがある!
どちら様かわかりませんが、可愛い大人の女性で、確かに一般人とは雰囲気が違いました。

r0813.JPG  

 

メインで選んだ肉料理は、
牛ハラミのロティソースリヨネーズ、玉葱と小松菜のフォンデユとともに
じゃがいものガレットと緑鮮やかな野菜をあしらって。

r0815.JPG  

赤味肉の色が印象的です!
玉葱の下にもブロックが一つありますよ。

r0814.JPG

お腹一杯です。

 

後はデザートの桃尽くしを待つばかりです。 

桃のデグリネゾン
可愛らしいピンク色、インスタ映え系のデザートですね。


r0816.JPG


一番上はふわふわの桃とヨーグルトのムース

桃のグラニテやパルフェ、ジュレ コンフォートが重なっています。 ミントを散らして

r0820.JPG

お皿に乗った桃たちを想像しましたが、とてもキュートなスイーツでした。
でもそんなに甘くなくさっぱりとしていました。

 

小さなお菓子と、飲み物。

r0821.JPG

 ローズヒップを選びました。

r0823.JPG  

幸せな8月のごちそうでした。 

r0802.JPG

シェフが階段を急いで降りて、見送ってくださいます。
わたし達、今日は通りと反対方向へ行きますという展開です(^_^)  ときのもりへ

REQUINQUER

東京都港区白金台 5-17-1 1

August 27,2017 08:01 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

赤坂 割烹丈太郎

ミッドタウンから、赤坂駅方面へ歩いていくと

途中の陽だまりには、だいぶ開花している枝もあり、綺麗です。 

jotaro01.JPG

駅近くのフルーツパーラーへ行く予定でしたが
氷川公園の前にある和食メニューの看板に足を止めることになりました。

 

赤坂 丈太郎
友人と少し考えて、、、ランチはこちらに決定します!

jotaro02.JPG

友人とわたしとの間では、表札、垣根、露地口風の趣が「美味しそうな店」を予感させるポイントでした。

 

打水された階段を上がると
スチール焼き付け塗装のドアが。。。
「ここでいいのよね~。。。」と言いながら、ノブを引きます。 

jotaro03.JPG

はい
正解ですね。 

jotaro04.JPG

わたしたちは、カウンターの席へ案内され
お茶をいただき料理を待ちます。 

jotaro05.JPG

友人が選んだのは
旬菜セット
空豆、あじのフライ、茶碗蒸し、胡瓜の塩もみ、炊き込みご飯、味噌汁
友人のお膳から、少し分けていただきました。
 

jotaro06.JPG

空豆の炒めですが
こちらのご亭主は、中国料理もされていたそうで、どこか美味しさが違います。
材料と作り方を伺うと快く教えてくださいました。

 

茹でたそら豆に、塩、ホワイトペッパー、スープ、油で炒め
ザーサイと万能ねぎを加えて風味を増しているそうです。
最後にマッシュ感を出すのがポイントとのこと。
もちろん、そら豆の風味が残りながらも味のある一品。 あじのフライもふっくら美味しかったです。

jotaro08.JPG  

瓶が気になってしまいましたので、
珍しく梅酒をいただきます。
わたしは焼酎、友人はブランデーで漬けた自家製梅酒、甘い美味しさです。 

jotaro12.JPG  

そしてわたしは、お造りセット
鶏ささみと胡瓜の塩もみごま油風味、茶碗蒸し、お造り、
炊き込みご飯、味噌汁  

jotaro07.JPG  

甘えびと鯛のお造り、どちらも切れのあるお刺身で美味。
それに搾菜の細切り 山葵が添えられています。

jotaro09.JPG  

深い海に生息する高級魚
めぬけの炊き込みご飯、(小・中・大盛の中から選べます、これは中です。)
味噌汁はあさりとあおさたっぷり、万能ねぎと一味がほんのり効いています。

jotaro10.JPG  

茶碗蒸し

jotaro11.JPG  

たいへんご馳走様でした。

jotaro13.JPG  

 

店の窓からも、公園の桜が見えますが、見頃にはまだもう少しかかりそうです。

jotaro14.JPG

わたし達は、又ご亭主にお伺いしました。

 

「何処か桜は咲いていますでしょうか?」
そんなことにも又快くお答えいただきました。

 

「河岸の帰りに、日比谷公園を通った時に咲いていましたよ。」 

jotaro20.JPG

はい、日比谷公園に向かいます!

赤坂 丈太郎

東京都港区赤坂6丁目6−29  
日定休

 

仰るとおり

暖かな日差しのもと、ソメイヨシノが開花していました。 

jotaro21.JPG

 

jotaro26.JPG  

jotaro22.JPG  

jotaro23.JPG  

jotaro24.JPG  

 

jotaro25.JPG

 

綺麗です。

jotaro27.JPG  

嬉しいいです。

そしてこの後、なぜか蔵前に行くことにしました。つづく。。。


  

March 31,2017 05:42 PM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages