今日の食HOME

今日の食

赤坂 割烹丈太郎

ミッドタウンから、赤坂駅方面へ歩いていくと

途中の陽だまりには、だいぶ開花している枝もあり、綺麗です。 

jotaro01.JPG

駅近くのフルーツパーラーへ行く予定でしたが
氷川公園の前にある和食メニューの看板に足を止めることになりました。

 

赤坂 丈太郎
友人と少し考えて、、、ランチはこちらに決定します!

jotaro02.JPG

友人とわたしとの間では、表札、垣根、露地口風の趣が「美味しそうな店」を予感させるポイントでした。

 

打水された階段を上がると
スチール焼き付け塗装のドアが。。。
「ここでいいのよね~。。。」と言いながら、ノブを引きます。 

jotaro03.JPG

はい
正解ですね。 

jotaro04.JPG

わたしたちは、カウンターの席へ案内され
お茶をいただき料理を待ちます。 

jotaro05.JPG

友人が選んだのは
旬菜セット
空豆、あじのフライ、茶碗蒸し、胡瓜の塩もみ、炊き込みご飯、味噌汁
友人のお膳から、少し分けていただきました。
 

jotaro06.JPG

空豆の炒めですが
こちらのご亭主は、中国料理もされていたそうで、どこか美味しさが違います。
材料と作り方を伺うと快く教えてくださいました。

 

茹でたそら豆に、塩、ホワイトペッパー、スープ、油で炒め
ザーサイと万能ねぎを加えて風味を増しているそうです。
最後にマッシュ感を出すのがポイントとのこと。
もちろん、そら豆の風味が残りながらも味のある一品。 あじのフライもふっくら美味しかったです。

jotaro08.JPG  

瓶が気になってしまいましたので、
珍しく梅酒をいただきます。
わたしは焼酎、友人はブランデーで漬けた自家製梅酒、甘い美味しさです。 

jotaro12.JPG  

そしてわたしは、お造りセット
鶏ささみと胡瓜の塩もみごま油風味、茶碗蒸し、お造り、
炊き込みご飯、味噌汁  

jotaro07.JPG  

甘えびと鯛のお造り、どちらも切れのあるお刺身で美味。
それに搾菜の細切り 山葵が添えられています。

jotaro09.JPG  

深い海に生息する高級魚
めぬけの炊き込みご飯、(小・中・大盛の中から選べます、これは中です。)
味噌汁はあさりとあおさたっぷり、万能ねぎと一味がほんのり効いています。

jotaro10.JPG  

茶碗蒸し

jotaro11.JPG  

たいへんご馳走様でした。

jotaro13.JPG  

 

店の窓からも、公園の桜が見えますが、見頃にはまだもう少しかかりそうです。

jotaro14.JPG

わたし達は、又ご亭主にお伺いしました。

 

「何処か桜は咲いていますでしょうか?」
そんなことにも又快くお答えいただきました。

 

「河岸の帰りに、日比谷公園を通った時に咲いていましたよ。」 

jotaro20.JPG

はい、日比谷公園に向かいます!

赤坂 丈太郎

東京都港区赤坂6丁目6−29  
日定休

 

仰るとおり

暖かな日差しのもと、ソメイヨシノが開花していました。 

jotaro21.JPG

 

jotaro26.JPG  

jotaro22.JPG  

jotaro23.JPG  

jotaro24.JPG  

 

jotaro25.JPG

 

綺麗です。

jotaro27.JPG  

嬉しいいです。

そしてこの後、なぜか蔵前に行くことにしました。つづく。。。


  

March 31,2017 05:42 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

白金台 ルカンケ

師走ですが、
師走だから、
ひと時ランチでゆったりします。
白金台のフランス料理ルカンケへ、予約してうかがいました。 

requinquer1202.JPG  

 

メニューを拝見して
メインは魚と決めまして
お薦めの白ワインをいただきます。

requinquer1203.JPG  

始めは
お馴染みの
石に見立てたパンとリエット。

requinquer1204.JPG  

炭を用いた石色のパンに豚のリエット、ラディッシュの新芽
それを摘まむわたしの指の黒い部分は
朝方、小学校の読みきかせで間違って油性サインペンで汚したもので、(^^;)
やはり師走はバタバタしています。

requinquer1205.JPG

2品目もお馴染みのフォアグラを使ったお菓子仕立てです。
STAUBのココットに入ったクレームブリュレ
表面はカリッと焼かれているので
熱いのかと思いきや、冷たいものでした。
フランスの星付きレストランシェフの多くが使っているというストウブ
わたしの場合は先ずは形から、、、この器、欲しいです。。。 

requinquer1206.JPG

続いてスープ
ふんわりランティーユの温かいスープ
ランティーユとは、レンズ豆のことだそうです。ほっこり。

requinquer1208.JPG

前菜
わくわくの一皿には、様々な味が。
燻製したサーモンのコンフィ、そば粉のガレットとキュウリのレムナード、香ばしい皮目のチップス、
お月様のような卵黄のサヴァイヨン。 
美味しくて楽しいです。

requinquer1209.JPG  

 

そしてメイン
わたしの魚は、
黒そいのポワレ、ソースブイヤベース。
冬ねぎとうるち米のリゾット、春菊のピューレ。
ルイユをのせたイカスミのコカが、ちょっとツリーっぽいですし
勢いのある一皿に元気をいただきます。

requinquer1211.JPG  

友人は肉料理を選びました。

牛タンのプレゼ、ドライトマト風味のオニオンソテーとともに
キャベツのヴァリエとリガトーニ添え。

requinquer1212.JPG  

 

フリューレージュ(赤い果物)のデザートは
温かいフォンダンショコラと、ラベンダーのグラス、カカオのメレンゲ。

requinquer1213.JPG  

 

さらに、マドレーヌとコーヒーで満足のごちそう様でした。

requinquer1214.JPG  

 

ランチは3,000円(税サービス料別)で、素晴らしいコストパフォーマンスです。
当然ですが、わたしのように何杯もワインをいただくと
結構目が覚める価格になります(^^;)

requinquer1201.JPG  

 

REQUINQUER

東京都港区白金台 5-17-11
定休日 月(祝日の場合は火休み)

December 23,2016 08:28 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

カニのちクルーズ

お台場で夜のクルージング

kani36.JPG

その前に、おとうさんの街、新橋で一杯。

kani02.JPG  

駅前のニュー新橋ビル
名前はニューでも、昭和46年竣工、築45年。
思ったよりも若いですが、この辺りは再開発も予定されているようです。

kani03.JPG  

kani04.JPG  

「憩いの地下街味な店」を歩き。

kani05.JPG  

目的の蟹料理店へ到着。

kani06.JPG

kani07.JPG  

蟹のメニューに
飲み放題関係も充実です。

kani08.JPG  

kani11.JPG

さあ、お兄さんに付いて行って
蟹を選びます。

kani12.JPG  

kani13.JPG

 

kani16.JPG  

kani20.JPG

 

kani21.JPG

蟹の種類大きさを選び、計測、
焼きか茹でかを決めて、待ちます。 

 

お通しの、チキンカツ。

kani22.JPG  

つまみに、鮪切り落とし。

kani23.JPG

たたき胡瓜。

kani24.JPG  

そして
アブラ蟹は焼きでいただきます。

kani25.JPG

kani26.JPG  

kani27.JPG  

右手が、
美味しい頃合いを、今か今かと待っていますね。

kani29.JPG  

本ずわい蟹は、茹ででいただきます。

kani30.JPG  

断然、焼きが結構でございました。

kani32.JPG  

kani33.JPG  

kani34.JPG  

かに地獄
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビルB1  

 

続いて
お台場へ向かいます。 

kani35.JPG

 

お台場海浜公園

kani37.JPG  

フローティングクルーズ Jicoo (ジクウ) に乗船します。

kani38.JPG  

お台場と日の出桟橋の間を行き来している宇宙船のような船上バーは、バブリーな雰囲気です。

kani39.JPG

レインボーブリッジ下。

kani40.JPG  

船内は賑やかですが
波と夜景を眺めてゆらゆらしていると、

kani41.JPG  

今宵も月が出てきてくれました。                                        pana

kani42.JPG

Jicoo
木・金・土 運航

October 09,2016 06:26 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

白金台 ルカンケ

雨の6月。
白金台のフレンチレストラン ルカンケ へ。
前回は4月に伺っています。

re201601.JPG  

本日は上の階に案内していただきました。
テーブルセッティングも前回と違いますね、素敵です。

re201602.JPG  

アルザスのワインを一杯。

re201603.JPG  

 

石に見立てたパンとリエットから始まります。

re201604.JPG  

フォアグラのお菓子仕立て
今回のフォアグラはマスカルポーネチーズとのムース、ほんのりの甘さにココアの苦みと塩の花
スポンジはコーヒーがしっとり。
べっ甲色のフォークもいいですね。

re201605.JPG  

 

ホームページで拝見した
初夏のメニュー
枝豆、鮎、メロン

など、とても楽しみです。

 

冷たい枝豆のスープ
ローズマリー風味のパンが添えられます。

re201606.JPG

前菜は、鮎のコンフィ
店のスペシャリテだそうですよ。

 

低温のオイルの中でじっくりと揚げられた鮎は、頭から尻尾までいただけます。
胡瓜とキウイフルーツのマリネ エストラゴン風味のクスクス フロマージュブランのエキューム
泡で川辺をイメージしているそうです。

re201607.JPG  

大胆で楽しいです。

 

友人の選んだ魚料理は
すずきを
緑鮮やかな豆と、トマトのムースを詰めたコンキリエで飾っています。
ソース・デュグレレ

re201608.JPG  

わたしは肉にしました。
仔鴨のロースト
米ナスのコンフィとローストしたらっきょう
玉葱とオレンジのマーマレードソース

re201609.JPG  

肉はもちろん、米ナスのとろみや、皮を煮込んだ(黒いの)のも味わいがあります。

 

デザートは
バニラのエスプーマとメロンソーダ
ライチのグラス ココナッツのチュイル フレッシュメロンとミントの氷 で爽やかでした。

re201610.JPG  

 

 

ミニマドレーヌ

re201611.JPG  

 

コーヒーで、ごちそうさまでした。

re201612.JPG  

 

REQUINQUER

東京都港区白金台 5-17-11
定休日 月(祝日の場合は火休み)

次回は真夏に来てみたいと、また思うのでした。 re201620.JPG  

 

 

June 28,2016 07:42 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

Mercedes-Benz UPSTAIRS

銀座でパスモ事件に一応の解決をして?
気を取り直して移動した場所で更に事件発生!(こちらも後日解決しました。)

 

それでも再び気を取り直して 
お茶にします。

 

向かった先ではこんな光景

m00401.JPG  

六本木のMercedes-Benz Connection NEXTDOORでは、
このオフロードコースの試乗が行われています。

m00402.JPG  

始めの傾斜は、30度

m00403.JPG  

最後の傾斜は、45度

m00404.JPG  

わたしは、飯能市にある激急坂を思い出しました。
「これは、ちょっとわたしには無理です!」
と思ったら、さすがにこちらは運転できる訳ではなく クルーの方の助手席に乗せていただくそうです。

「同乗されませんか?」とお誘いいただいても、それでも無理です。
見ているだけでもドキドキですから。

 

2階でホッと、お茶します。 
UPSTAIRS  

m00405.JPG  

陽が延びた心地よい春の夕暮れに
遅いおやつにいたしましょう。

m00406.JPG  

 

メルセデスパフェ
季節の桜。

m00407.JPG  

 

本日のデザート

レアチーズと青リンゴのソルベ、バジルのグラニテ
だったかな。。。詳細忘れました。
今日一日の出来事にまだ動揺が収まっていないのか。。。

m00408.JPG

色合いが爽やかで、美味しかったです。

  

m00409.JPG  

コーヒーとデザートで1,200円くらいからいただけるので、
意外とリーズナブルです。階下のDOWNSTAIRS CAFEも。

さ、気を付けて帰ろ。 pana

 

Mercedes-Benz Connection

東京都港区六本木 7-3-10  

April 23,2016 06:26 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages