今日の食HOME

今日の食

八王子 カキノキテラス

この秋一番の寒さを迎えた日
雨降りの予報なので
電車はやめて、車で八王子方面へ向かいました。

 

京王沿線のフリーペーパーに掲載されていたこちらのお店
カキノキテラスでランチです。

古民家リノベーションカフェだそうで、楽しみです。

kakinoki01.JPG  

 

敷地に入ると、
店の名の通り
大きなカキノキが迎えてくれます。
枝には、2、3個の柿が残っている様子です。

kakinoki02.JPG  

 

予約をして伺い、一番乗りでしたが
続々とお客さんが入店され
店内の全容を撮る間もありませんでした。
天井が高く、白い壁と木の色と家具と、
落ち着きます。
こんな空間では、「カフェごはん」のような軽めのランチがいただけるのでしょうか。。。

kakinoki04.JPG  

ランチのカレーは、夫々、ご飯に乗っている具が違います。

カツ、野菜、牡蠣の燻製などなど
カレーの辛さや、ご飯の量も選ぶ事が出来ます。


それに、野菜サラダか、本日のお惣菜を選びます。 
ドリンク付きです。 

わたしは、カツカレー、
友人は揚げ茄子&カツカレーを選びました。

kakinoki05.JPG kakinoki06.JPG

ゆっくり店内を眺めていると、

kakinoki07.JPG  

kakinoki08.JPG  

 

予想を超えた「ガテン系」カツカレーが来ました!

kakinoki09.JPG  

ライス小(150g)を選んでいるためか、カツでご飯が見えません。

kakinoki10.JPG  

20種以上のスパイスや野菜などでじっくり煮込んだという欧風カレー。
ご飯に十分な量です。

kakinoki11.JPG  

わたしは、サラダを

kakinoki12.JPG  

 

揚げ茄子&カツを選んだ友人の

kakinoki13.JPG

お惣菜は
かぼちゃのサラダ。 

kakinoki14.JPG

ランチの紅茶。
わたしは、バーブティ(+300円)を選びました。
爽やか~。 

kakinoki15.JPG

デザートも、

沖縄黒糖バナナケーキ、わらびもち、ティライスなど、充実していたようですが
流石にお腹一杯で、いただけませんでした。

そこは残念でした。 

kakinoki03.JPG  

カキノキテラス

東京都八王子市田町 5-1
不定休

October 29,2016 06:43 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

八王子 パンとおかしの工房 グルヌイユ

福生の フレンチSAKULA で教えていただいた店に早速出かけた一軒目は
八王子の 『パンとおかしの工房 グルヌイユ』
(と言っても、友人が行ってくれたのですが。。。)

 

 

パンと画像をおみやげにいただく。  

grenouille01.JPG

 

場所は下恩方
う~ん、
一軒家民家のパン屋、玄関先で大きく育っているのはオリーブの木かな?
雰囲気あるわー。

grenouille02.JPG

全体の色のトーンに
パンの香りが漂ってくる。

 

grenouille09.JPG  

grenouille04.JPG

 

そして友人からいただいたパンたち。
几帳面なラインが描かれた、これはデュラムの香りがするので
カムットパンかな?

grenouille05.JPG

はみ出し加減がユニークな
ハードなフランスパン生地の中に餡のパン。

grenouille06.JPG grenouille07.JPG

おもしろ。

 

友人が、「お酒に合うらしいわよ。」とメールをくれた
クミンパイ。

grenouille08.JPG

あ~ホント!
甘みはないし、噛むとクミンの香りが弾けて、合うわ~。  
ビールのつまみに食べ中。。。ナウ(夜ですよ)

全粒粉入りスコーンも、ほろっと砕けて自然派な味。

 

グルヌイユは
『自家製酵母パンとおかしのお店です。
干しブドウからおこした自家製酵母に国産小麦、天日塩と水を加えてこねた生地に
有機栽培の木の実やドライフルーツを入れて素朴なパンを作りました。
噛めば噛むほど粉や素材の味が楽しめます。
お菓子には、国産小麦、平飼いの有精卵、よつ葉バターを使用しております。』  ショップカードより  

grenouille03.JPG

 

ごちそうさま
今度は、自分で行ってみたい。

 

パンとおかしの工房 グルヌイユ

東京都八王子市下恩方 215
TEL 090-2753-2018

金・土・日営業 昼頃~夕方まで。

April 24,2012 06:52 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ア・ポワンのケーキ持って、多摩森林科学園へ 

市場寿司のあとは
国道20号甲州街道の、いちょう並木を西へ。

 

そろそろ色づく季節。

 

一週間ほど前。
八王子駅付近ではまだ青々としている葉も

tamaforest01.JPG

 

高尾駅近くでは少し黄色くなっていた。

tamaforest02.JPG

八王子いちょう祭りは
2011年11月19日(土)、20日(日)開催。
 

 

途中
追分町交差点から入った、フランス菓子の有名店ア・ポワンで、ケーキを買って行く。

apoint01.JPG

apoint02.JPG  

apoint03.JPG

 

メロンのショートケーキ、ビスキュイショコラ、プランス

apoint04.JPG

ショコラフォンダンはチョコレートが濃厚でしっとり。
りんごのパイ、クロワッサン

apoint05.JPG    apoint06.JPG

 

ア・ポワン

東京都八王子市追分町23-15
TEL 042-622-0333

11月の営業日は、毎週木・金・土・日と、23日(祝) 10:00~17:00

 

 

ケーキは、魚と別のクーラーボックスに入れて
森林科学園を目指す。

園に駐車場は無いので、高尾駅近く、
たましん裏手のコインパーキングに停める。 tamaforest03.JPG

駅から徒歩でも10分ほどの上り坂。    

tamaforest04.JPG

多摩森林科学園
tamaforest05.JPG

ここで有名なのは、桜。
次々と咲いていく色々な品種の約1、500本の桜に、春は大変賑わう園内。
(お花見は出来るけれど、酒類の持ち込みは禁止!)

 

 

今咲いている桜は、小春桜や10月桜くらいですが
何よりもひっそりと散策できるというのが、見所でしょうか。

tamaforest06.JPG

高木樹木の間を歩く。 tamaforest10.JPG

 

園で最も高いメタセコイア(40.6m)のある第2樹木園。

tamaforest09.JPG  

カツラ

tamaforest11.JPG  

木の根元をみると
凄い株立ちになっていた。

tamaforest12.JPG tamaforest13.JPG

tamaforest14.JPG   tamaforest15.JPG  

北斜面を歩いてしまい暗いので、尾根の道まで、這い登る。

tamaforest16.JPG

くっつき、まくる。

tamaforest17.JPG  

暖かな尾根道に出る。
他にも、尾根沿いの道はあるようなので、園の方に詳しく聞いてみるといい。

tamaforest18.JPG

すり鉢状になった、ここが春の桜のステージ。

tamaforest19.JPG  

ポットに淹れてきたコーヒーと、ア・ポワンのフレッシュケーキでひと休み。

tamaforest20.JPG tamaforest21.JPG   

● 食事はベンチのある所でお願いします。 (園のパンフレットより) 
  ですので、暖かな陽の差すベンチで、いただきます。

 

 

腰をあげて歩き出すと
園の方が、いらして
色々と説明をいただく。

tamaforest22.JPG  

森林科学園の傍には多摩御陵がある。
この園も宮内庁の林業試験場であったことから、皇室の方々がお見えになる機会もあるそうだ。
その際にはこの辺りまで、御車を使われることもあるという。 

 

などなど。かれこれ。30分くらい。。。すでに連れは見えなくなっている。

<青の76番杭>から見渡す八王子駅方面 tamaforest24.JPG

41階建てサザンスカイタワー八王子と、煙突との間あたりに、東京スカイツリーが見えるという。
(この日は見えない。) 

tamaforest23.JPG   

秋の日は、つるべおとし。
そろそろ失礼して、下山する。

tamaforest25.JPG

 

入口近くの
森の科学館。

木を活かした落ちついた造り。

tamaforest26.JPG

ずらっと並んだ、桜の花の標本

tamaforest30.JPG tamaforest29.JPG   

  

タネの引き出し

tamaforest34.JPG tamaforest36.JPG   

きのこ

tamaforest38.JPG  

 

木と葉の標本

tamaforest32.JPG

メタセコイアは、かつて(大大・・大昔)は、多摩川流域にも生えていて
約200万年前に絶滅したと伝えられている。 
メタセコイアの化石

tamaforest37.JPG

しかし、1945年に中国四川省で生存木が発見され、化石とそっくりだったため「生きた化石」と
言われている。

その後、種子がアメリカへ送られてから、世界各地に配布され
日本には、1949年、 吹上御所に植えられ、
翌年1950年、
アメリカから入ったメタセコイア100本の苗木のうちの3本が、園内にあるという。

tamaforest33.JPG

 

高木メタセコイアの実は、意外に小さい。(下段、手前、左端の丸いの。)

tamaforest39.JPG  

出口でいただいた、素敵なおみやげ。

tamaforest40.JPG    

そろそろ、リース作りの季節が訪れる。                                                                   pana

tamaforest41.JPG  

 

独立行政法人 森林総合研究所
多摩森林科学園 tamaforest42.JPG

東京都八王子市廿里(とどり)町 1833-81
TEL 042-661-0200

開園時間 9:30~15:30 (4月は、9:00~15:30) 閉門は16:00
入園料  4月     大人400円
5月~3月 大人300円
休園日  毎週月曜日(3月~5月連休は無休)
月曜が休日の場合はその翌日
12月26日~1月15日まで。
※研究施設ですので入園に際しての注意事項あり、詳細はホームページでご確認を。 

November 10,2011 06:47 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

八王子市場寿司 たか

普段出かけたことの無い、市場へ

 

八王子総合卸売センター

hachiichi01.JPG

 

この日は、高尾の多摩森林科学園に出かけるのを目的に
プランを組んでみた。
なので、
市場で大量の買い物は想定していないけれど、一応クーラーボックスは積んである(二つ)。

 

 

 

市場めぐりの前に、腹ごしらえ。

市場寿司 たか

 

susitaka01.JPG

本日のコレ!は
『かごかき鯛』 がんばろう日本!!  susitaka02.JPG

たかの大将の話では
エンジェルフィッシュのような魚で身が薄く、捌くのが大変とのこと。 味は絶品。

 

 

 

こちら
『一押し! おまかせにぎり。』 
(連れのわがままでで、巻物をにぎりにしてもらった一皿。) susitaka03.JPG
『本日のコレ!かごかき鯛』 の片身がこの一貫に、もう片身は、わたしの一貫にで、
一匹で二枚しかネタにとれないという。 
手をかけていただいた二貫をごちそうさま。

 

 

市場鮨のネタは、新鮮で美しく美味しい。 
たまご焼きは、市場時間の早朝からご主人が焼く一品。

 

 

 

 

わたしは
本日のお勧め 一つ150円を全種類握っていただく。

susitaka06.JPG susitaka05.JPG

味噌汁の出汁もいい香り。

 

かんぱち こち いさき ほうぼう かごかき鯛 生ほたて こはだ 煮あなご 。 susitaka04.JPG

白身ネタで、色白ですが
身が締まって、脂がのって、艶がよくて、と、それぞれの持ち味の競演。 う~ん、満足!

 

くわえて、大将は気さくで、おかみさんの相槌も優しくて、
自分も市場の常連さんのように寛いで、ごちそうさま(*^。^*)   

市場寿司 たか  ←市場魚介類図鑑さんのHPです。
定休日は市場と同じ、朝6時半からネタがなくなるまで営業。(概ね、ランチ時間はまだ開いていると思う)

 

 

 

 

 

さて、すでに11時頃になった市場を歩く。
この時間になると。殆どが一般客と見える。 

hachiichi02.JPG  

  

市場慣れしていないわたしは
その価格に、いちいち感激する。

 

コハダかな?一ツ100円へー!  天然デスえび一皿298円ホー!

hachiichi04.JPG

ホッケの一夜干199円  ハー!

hachiichi05.JPG  

と、100円台の商品が沢山並んでいる事から驚きが始まる。

  

 

 

どっちも廉い、明太子。
130円のにするか、250円のにするか 、そこを思案中!

hachiichi11.JPG  

もちろん、一本ものも魚色々市場ですから。
釣サワラ    

hachiichi07.JPG

 

朝締めカンパチ  

hachiichi08.JPG

新さんま、一山300円

hachiichi20.JPG

威勢のいい声で
売り切りタイムが始まると
更に、価格破壊が起こる。 

天然カンパチ刺身。 2パック190円!  !

hachiichi12.JPG

 どんどん売れていくので、のんびり写真を撮ってはいられない。

hachiichi13.JPG  

鮮魚以外にも、肉、野菜、菓子、衣類、靴、文具、花、、、、と全てが揃いそう。

 

とうふ店では、おからドーナッツの揚げたても。 

hachiichi14.JPG      

わたしは、干納豆や、味噌を買ってみる。

hachiichi16.JPG  

 

結局250円の方を選んだ明太子を含む
市場での買い物。 

hachiichi17.JPG hachiichi18.JPG

夕食で、カンパチの刺身と、干納豆は、特に好評。

& 市場の前のリカーキングで
半額ワイン中心の買い物。 

hachiichi19.JPG

八王子総合卸売市場 ←市場の定休日はこちらから。

癖になりそう。。。                                                             pana 

八王子市北野町 584-21  

November 08,2011 06:56 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

なんとよむ? 東維珈琲 珈朋

八王子市南大沢  
和風の佇まいの東維珈琲 珈朋

とういこーひー かほう

kaho001.JPG  

天井が高くて開放的、
和もだん、という雰囲気のつくり。

kaho002.JPG

花の名がついた、ストレートコーヒーや、
各種紅茶葉が用意されている。  

 

kaho006.JPG kaho004.JPG

デザート

kaho007.JPG  

さらに、オリジナルフレッシュジュースを見ると

kaho009.JPG

パイン・シャリシャリ大根とか、房ごとクレープフルーツ・ピーマンミルクとか
ちょっと想像がつかないオリジナルぶり。

 

 

 

でも、無難に
本日のお薦めコーヒー 桔梗をいただく。

 

 

 

 

kaho008.JPG  

 

すっきりと飲み易い一杯は、500円という価格なので
用意された雑誌を読みながら、日本庭園をゆっくり眺めて静かに過ごす。。。

 

と言いたいところですが、

kaho005JPG.JPG

回りも、自分達もお喋りで賑やか。

 

友人の頼んだ、抹茶○○(忘れた)

kaho010.JPG

 

てづくりわらびもち には
気が利く彼女が頼んだのか
取り皿と箸が人数分来たので、取り分けていただく。

kaho011.JPG  

わらび粉を使っていて、柔らかく美味。 
小食なわたしたちには、三人でちょうど良いボリュームだわ。。。。。?!             pana

 

 

東維珈琲 珈朋

東京都八王子市南大沢2-207-1
TEL 042-653-9598

 

 

July 10,2011 06:18 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  | All pages