今日の食HOME

今日の食

羽村市 焙煎喫茶 豆香

立川市のゼルコバ・鈴木農園から
羽村市に移動
焙煎喫茶 豆香へ。 

touka01.JPG

入り口の扉を開けると
いい香りがする。
焙煎豆の? ストーブの? 木の椅子の? 暖かい日差しの?
どれも温かい香りの中
素敵な女性お二人に迎えていただく。

touka02.JPG  

この写真は雑木林の方を撮っていますが
店は羽村街道に面していて、動物園東交差点すぐですので
うっかり見過ごしてしまいそうです。駐車場は隣地にあります。

 

さて、コーヒーのメニューを眺めて
名前を聞いたことがある(すみません、詳しくなくて。。。)
「カルモ下坂」
自然完熟を選ぶ。

touka03.JPG

 

そして焼き菓子から
「 Muji 」 青梅の、あの石柱を通って行く山道のパン屋さんですね。

「中村さん、、、」 どなた様かは存じませんが、そのベイクドチーズケーキをいただきます。  

touka04.JPG

この日は、サンドイッチもありました。

火曜、木曜は、限定10食のランチもあるようですよ。詳しくは店のHPを。

touka05.JPG

「ヨーグルトを加えてさっぱりとしたケーキですので
アイスクリームを添えてあります。」 という一皿。

 

touka06.JPG

 

壁の掛け時計が
「♪チクタク♪チクタク♪」 と、時を刻むなか
完熟コーヒーの不思議なまったり感で寛ぐ。 

touka07.JPG

 

豆香

東京都羽村市富士見平 3-1-8
定休日 水  

March 05,2015 06:53 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

羽村の堰 カフェ茱茰でランチ

 

武蔵野桜めぐりの日

JR青梅線羽村駅方向から南へ、羽村の堰に向かって坂を下る。

gumi0401.JPG

 満開桜
玉川上水にかかる橋の袂に 

gumi0403.JPG

カフェ 茱茰 (ぐみ)

gumi0404.JPG  

月曜、火曜のみ営業
前回は11月に来ていたけれど
この時期、満開の桜の頃となれば早々に席が埋まるので
苦労して予約してくれた友人に感謝!

 

上水の桜を眺められるのは、北側の部屋ですが
掘りごたつ式のこの和室も落ち着く。

gumi0406.JPG  

奥のキッチンで揚げ物が出来ると
次々と運ばれてくる野菜たっぷりのコース 
こちらに、デザートとコーヒーが付く。 

gumi0407.JPG

 

アスパラ、独活、シシャモの胡麻揚げ。 

gumi0409.JPG

サラダほうれん草の生ハム巻き

gumi0410.JPG

京芋、たけのこ、菜の花の煮付け

gumi0411.JPG  

のらぼう菜のお浸し

gumi0412.JPG

わらび
次々と季節の食材を味わう。

gumi0413.JPG

女性が嬉しい、甘めの定番惣菜。

gumi0414.JPG

gumi0415.JPG

gumi0416.JPG

gumi0417.JPG

 

野菜と思っても、

麦入りご飯と味噌汁をいただいたら
お腹一杯。

gumi0418.JPG

 

本日のデザートは
さっぱりと、蕎麦アイス。

gumi0419.JPG

gumi0420.JPG

その都度挽いてくれる コーヒーも美味しい。
完全予約制 2、000円のコース。

 

開き始めのこの花は?

gumi0421.JPG


庭に大きく花開いているのと同じ、木蓮だそう。 
そばのハナミズキにも目をやると、早くも小さな花びらが空に向かって開き始めていた。   pana

gumi0423.JPG

Cafe 茱茰 ぐみ

東京都羽村市玉川 1-1-1
TEL 042-554-1691   予約制です。電話は繋がり難いかもしれません。

月・火の昼、営業

April 16,2012 06:48 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

欧風料理 セレンディップ

羽村動物公園のすぐ目の前の、セレンディップ

一度車で通り過ぎたら
メニューが表に出ている気配。
一画をぐるっと回って再び店の前に来ると確かに。

 

思いもかけず正月3日にOPENしていたのは、
まさしくserendipity
偶然な幸運!

serendip02.JPG  

住宅の1階がレストラン。
『今年もどうぞお気軽にお立ち寄りください。辰』のメッセージに
ZOO帰りのお気楽な?気分でお邪魔する。

 

わたし達が新年初の客かしら?! 

 

 

窓際の、動物園が見える明るい席で
渡り蟹の丸ごとスパゲティ(ランチ限定一日10食)にしようと思う。
(サラダ、スープ、パン、デザート、ドリンク付き) ¥1、400

serendip03.JPG  

連れの嗜好とかぶったので
一つは、本日の日替わりパスタ、エビとキャベツのスパゲティにする。
(サラダ、スープ、パン、デザート、ドリンク付き) ¥1、250

 

シンプルなサラダでも、ドレッシングは好み。

serendip04.JPG

野菜の入ったコンソメスープ。

serendip05.JPG

そうとう軽い
フランスパンとフォカッチャ。 自家製とあったと思う。。。

serendip06.JPG

パスタは

おっと、ちょっと待って頂戴よ~。 serendip09.JPG
ま、このブログを見たことが無い連れなので、協力は無い。

 

 

改めて、
渡り蟹の丸ごとスパゲティ。
殻もそのままいただくソフトシェルクラブの旨みソースは
パスタによく絡んでいい。

serendip07.JPG

春を迎えたような
エビとキャベツのスパゲティ。 わたし的には柔らかめなパスタ、ま、好みですけど。

serendip08.JPG  

2つのスパゲティを取り分けると、ちょうど味のバランスがいい。

出来立ての 、とてもホットな状態で運ばれてくるので
その湯気のせいで、写真は少し霞んで見えるかもね。 

 

 

外観の雰囲気から
ご夫婦で営業されているのかと想像したけれど
意外にも男性お二人でした。 

serendip10.JPG  

ランチのデザート
プチケーキと、バニラアイス。 

 

デザートは、他にも別注文で色々と用意されている様子。
又、要らない場合は、ランチ価格から¥250引きとのこと。 

serendip13.JPG

アメリカンな熱~いコーヒー。
三日から営業してくださって、ごちそうさま。

serendip12.JPG

お隣にいらしたパパとママと坊やのご家族は、ハンバーグを召し上がっていました。

 

 

セレンディップ

東京都羽村市富士見平 1-19-12
TEL 042-537-8733

木休み

January 09,2012 06:43 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

羽村の堰 cafe茱茰 

多摩川

羽村の堰あたり。

gumi01.JPG

この日は
川よりも、秋の空が清々しく高く、吸い込まれそう。 

gumi03.JPG gumi02.JPG

 

友人が見つけてくれた
堰のすぐそばにある隠れ家風の店でランチ。

 

庭先に、百メ柿

gumi25.JPG

毎週、月・火のみ営業の、茱茰 (ぐみ) へ

gumi05.JPG

古民家風に設えられた室内には
個室など、4室ほどあり、それぞれに趣あるつくりで、本日満席のようす。 

gumi06.JPG  

わたしたちの座った長いテーブル席に
次々に、野菜料理が運ばれる。

gumi34.JPG

メインの一皿。 

gumi10.JPG

大きな桑の葉の上に揚げ物。
三角の高野豆腐のはさみ揚げは、中に甘い味噌が入った熱々。 

gumi11.JPG

椿の花に見立てた、赤カブの酢の物。

gumi12.JPG

キウイのシロップ漬、エリンギ、ずいきの甘酢漬け 

gumi13.JPG

しっかりと味のしみた焚き合わせをいただくと、お正月が来たよう。

gumi14.JPG

ねぎぬた

gumi16.JPG

茄子の胡麻よごし

gumi17.JPG

 

白和え
gumi18.JPG

おから 

gumi19.JPG

里芋のおまんじゅう

gumi20.JPG

ふろふき大根 

gumi21.JPG

ごはんと汁物 

gumi22.JPG

デザートは栗のアイスクリーム

gumi23.JPG  

コーヒーでごちそうさま。

gumi24.JPG  

丁寧に調理された野菜を、沢山いただいて満足。

 

gumi04.JPG

茱茰 ぐみ

東京都羽村市玉川 1-1-1
TEL 042-554-1691   予約制です。電話は繋がり難いかもしれません。

月・火の昼、営業

  

玉川上水は、豊富な水をたたえて、ゆったりと流れる。
もちろん、春には桜の名所。

gumi27.JPG

奥多摩街道側に目を移すと
崖際に立つ、
都天然記念物 羽村橋のケヤキの壮観な姿。

gumi28.JPG   gumi32.JPG

幹回り約5.5m、高さ約23.5mは、力強い。

 

歩道橋からの眺め。

gumi29.JPG   gumi30.JPG

 

いよいよ、寒さを感じる季節になってきた今日この頃。  
お身体ご自愛くださいませ。                                       pana  

gumi33.JPG

November 18,2011 06:49 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

羽村市 茶房きると

友人から話を聞いていた
羽村市の一軒家カフェ 『茶 きると 房』 へ

 

 

定休日もわからないまま出かけて見たら
『商い中』 でよかった。

 

quilt0001.JPG

 

5月開店という姉妹の店は
お姉さんがキルト担当
妹さんが料理担当という。 

 

玄関では
お孫さんの絵を、キルティングした作品が迎えてくれる。
近くの羽村動物園の様子かな?

 

いるか きりん ちーた 
お鼻が長ーい、 ぞさ ん。  ふふ。

quilt0006.JPG

ちょうど昼頃、
ひとつ空いていた「丸いテーブルにどうぞー。」と妹さんが笑顔で案内してくださる。

 

一軒家カフェとはいえ、広々とした空間に
きるとの沢山の作品でほっこりと温もりを感じる。
どれも和風なデザインなので、店の名前も、ひらがなで 『きると』 なのかな。
値段が付けられて販売しているものもある。

壁に掛かる大きな作品は、半年間かかって仕上げられたものだそうだが
それでも、先生の手仕事は速いそうだ。

わたしにとっては、気が遠くなるような話。

quilt0003.JPG

 

柔らかい綿の座り心地のいい座布団が暖かい。
いよいよそんな季節になってきた。  

quilt0007.JPG

 

ランチメニュー
野菜中心のお膳に、デザート、飲み物つきで1,300円。

 

入間市宮寺の畑で採れた野菜を使った身体に優しいお料理。

quilt0008.JPG

栗ごはん、揚げ茄子が隠れた野菜の鶏そぼろあん、浅漬け、こんにゃくの煮つけ、サラダ、吸い物

小ぶりの焼き茄子は、しっとり甘い。

quilt0009.JPG  

もみじを散らして、秋の色。

quilt0010.JPG

 

これらの色鮮やかな野菜も皆、宮寺産という。
大っきなさつま芋! 

quilt0011.JPG

 

暫くすると
熱心な生徒さんが集まり、キルト教室が始まる。

 

 

quilt0012.JPG

生徒さんの宿題だったのか、
お持ちになった作品が、あまりに可愛らしいので、ぱちり。

 

 

猫好きとしては
ベッドで一緒に眠りたい~ ニャー。

quilt0013.JPG

濃くて美味しいコーヒーと、フレッシュな柑橘系のババロア 

quilt0014.JPG

おかわりもいただいて、ごちそうさま。

 

 

 

 

駐車場の場所はとても解りやすい (^.^) 

quilt0017.JPG

 

 

 

 

茶房 きると

東京都羽村市神明台 2-3-33

TEL 042-555-2044

日、月、休み

October 23,2010 06:17 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  | All pages