今日の食HOME

今日の食

吉祥寺 Tea clipper 

タイトルに反応した貴方?
そうですペニーレーン通りの地下にあった、あの名店のことです。


 

吉祥寺で所用

時間までどこかのカフェでゆっくりしたいと、検索する。
ど・こ・に・しようかな・・・。
あてのないまま
昔の名店を入力・・・すると思いがけない情報が現れる。
「え?」 「復活?」

インターネットが無かったら、
埼玉までは
風の噂にも乗ってこなかったであろう吉祥寺の情報が手に入る。

その店は、以前よく出かけた
紅茶の店 『Tea clipper』
外国名の石油会社にお勤めの綺麗なお姉さんに色々と教えていただいたうちの一軒だったが
最後に訪れた時には違う店に変わっていて、とてもとてもショックだった。

 

その店が、もう4年も前に、ここに復活していたなんて!

tea clipper01.JPG

 

こう見えても
吉祥寺はとても混んでいる。

その北口駅前、右手の2階、黒い外壁がティークリッパー
不二家との間の路地ハモニカ横丁を入って直ぐ、ドアを開けて2階へと上がる。

 

 

tea clipper02.JPG

 

一番窓際のカウンター席から
改装中の駅や、そこから止めど無く溢れ出る人たちの動きを眺める。
意外に外からこちらを見ている人は少ない。

tea clipper03.JPG

 

店主が
「長く地下に居ましたので、今度は明るいところがいいかなと思いまして。」と話す。

 

地下時代に、いつもそれと決めていた
ヌワラエリヤ を。  

tea clipper04.JPG  

『ふわぁ~・・・※○・・・。』

 

広くはない店をゆっくりと眺める。

「そのテーブルや椅子は以前の店で使われていた物では?」と店主に伺うと
「はい、大きなテーブルが二つと、これと、もう少し大きいのとありました。」

tea clipper05.JPG

 

そうそう、普通だったら
一緒に来た人とは、このテーブルを使いたいと思うだろうけれど
ティークリッパーに限っては
奥の大きなテーブルの大きな花が活けられた相席が
どうしても座りたいと思う特等席だった。

 

さて、現ティークリッパーの 軽い食事には
キュウリのサンド と
ソーセージサンドが用意されている。

 

店主の手で
期待を裏切らない綺麗な色彩のサンドイッチが出来上がる。 
きゅうり、そう、只のきゅうりのサンドイッチです。 

tea clipper06.JPG  

けれども
KINOKUNIYAの(多分ライ麦)サンドイッチパンと、マヨネーズと
ポメリーの粒マスタードを使われている流石の仕上がりで、紅茶にぴったり。

 

以前は、洋ナシのタルトを良く頂いた記憶が、、、
こちらは、リンゴのタルトタタン、しっかり甘いですが、カラメルの苦味が大人っ。   

tea clipper07.JPG  

 

Tea clipper
東京都武蔵野市吉祥寺本町 1-1-2
月曜定休  

 

懐かしさの気持ちを抱え
ハモニカ横丁に潜入すると 

tea clipper09.JPG

 

料理店が多くなっていた。 

tea clipper08.JPG

 

そしてこの日
小学校で読み聞かせを始めたわたしにぴったりのお誘いメールをいただいていたので
アップル吉祥寺ストアで参加。

Happyデジタル主催
人気の絵本アプリ『森のえほん館』の体験会。  

tea clipper10.JPG  

スマートフォンやタブレットを使って読む電子絵本は
なかなか使い勝手良さそう。

 

詳細はUSTREAM
後半ちらっと喋ってます。。。                                       pana    

August 31,2013 05:44 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ヘイチンロウ、漢字で書くのは難しい

親戚に誘われ、吉祥寺『聘珍樓』
話を聞いたときには、奢って貰えるのは嬉しいけれど
『ヘイチンロウ』 が、漢字に変換できるのかどうかが不安だった。
『聘珍樓』 部首で探して大丈夫。 店のHPコピペでも大丈夫だわ。。。

 

 

 

 

豪華だ。

20090404900.JPG  

 

豪華だ。

20090404901.JPG

 

豪華だ。

20090404902.JPG   

 

 

中華か?

20090404904.JPG

 

 

でも、向いの部屋の方が、好きだなー。  
・・・奢ってもらうので文句は言わないけど。

20090404903.JPG

何かの集まりという方が多いようで
迷路のように入り組んで設けられた部屋は、満室の様子。  

 

 

 

 

この日のオーダーは、一番若い人が担当なので
オーソドックスなメニューが選ばれる。

 

 

 

わたしはさて、何を飲もうかな~。   

桜ほのかという梅酒をロックで
『葉が香り付けに、、、』 とのことでしたが、葉の香りはわからなかった (>_<)
でも、綺麗な桜色。

20090404906.JPG

 

室内が暗めなのですが
前菜から 

これにくらげがあった筈。

20090404907.JPG

 

海鮮入り豆腐のとろみスープ

 

20090404908.JPG

 

彩り四季野菜炒め
あっさり塩味の炒め

 

20090404910.JPG

 

大海老の炒め

20090404911.JPG

 

 

わたしは、これが一番美味しかった
牛 肉の炒めXO醤

20090404913.JPG  

 

 

本格釜焼き北京ダック
遠慮して半羽
20090404915.JPG
貧弱っ
一羽にすればよかったな。


更に、1/4羽 というのもある。

20090404916.JPG 20090404917.JPG 20090404918.JPG    

 

焼きそば

20090404921.JPG

 

 

 

これは、控えめな味。
麻婆豆腐は、やっぱり花椒の効いた四川のほうがいいわ。

20090404920.JPG

 

 

何のお粥だったか、、、

20090404922.JPG

 

完食!

でも、女性たちは、まだ食べられるので
器にたっぷりの、マンゴーと杏仁の二色豆腐は
予想通りにおいしい。

20090404923.JPG

 

美容のデザート?
はちみつ亀ゼリー
ゼリー自体は苦め。

20090404924.JPG

 

ふー、お腹一杯。

 

 

 

聘珍樓 吉祥寺 

武蔵野市吉祥寺本町1-13-6
TEL 0422-21-0188 

 

毎年迷う母の日に、カーネーションの花のお茶を送ってみようかな。

 

 

 

 

 

 

 

April 18,2009 06:29 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ギャラリーのようなベーカリー ダンディゾン 吉祥寺

「吉祥寺に行くなら、買ってみたらいいよ!」と
友人のNさんから聞いていたパン屋さんは、Dans Dix ans ダンディゾン
ランチした、アルトゴットの次の角を入り
このビルの地下、近づくとパンの香りが漂ってくる。

隣は小さな大正通り北公園で、
テイクアウトした焼きたてパンを頬張る仲良しカップルもいる。
いいな。
20090118701.JPG  

 

折り返しの階段を下り

20090118702.JPG 20090118703.JPG

 

ガラス窓の向こうに見える厨房の様子。
スタッフの白い後姿を拝見すると、未来のファクトリーみたい。
20090118704.JPG

 

左の大きな木の
自動の引き戸が開き
ギャラリーのような広い空間へと導かれる。

 

 

 

棚に並んだのが、食パン。
ショーケースの様々なパンも
透明なガラスで仕切られた厨房から次々と運ばれる。

20090118705.JPG

 

そんな、クールでストイックな雰囲気のベーカリーで
保存料、添加物を一切使用せず、
素材の持ち味を大切にして作られたパンはこちら。

 

 

 

あんぱん3種
左から
アカネ
きび砂糖+小豆のこしあん  ¥160-
ココ
白ザラメ糖+白いんげんのつぶしあん  ¥150-
ランティーユ
きび砂糖+レンズ豆のつぶあん+緑こしょう   ¥170-

 

どれも、パン生地にバターの風味があるので
こしあんのアカネが合う、と思う。

20090118712.JPG

クルスティヨン
きび糖の角砂糖入りブリオッシュ
優しいきび糖の味。時折、しゃりしゃりとするきび糖の食感。   ¥120-

 

 

ラヴショコラ
カカオのブリオッシュ+コーヒーのガナッシュ
カカオの苦味がひろがる。    ¥200-

20090118713.JPG

 

 

卵、乳製品、砂糖を使っていない。
ニームと、グラッパ

ニーム
発芽小麦、黒小麦、ライ麦、そばの実、白ごまの入った雑穀パン
穀物の甘みがパン生地にもしみ出ている。   小¥420-

 

グラッパ
スペイン産サルタナレーズン150%
、、、って凄いですねー。   小¥210-

20090118715.JPG

 

断面はこちら
左から
150%のグラッパ。   きび角砂糖が溶けたクルスティヨン。   カカオのラブショコラ。

20090118716.JPG

 

そして
ダンディゾンのベーシック食パンとのことで
BE20を選びました。
フレッシュバター20%+水    ¥310-

20090118711.JPG
でも、我が家では
もっと、さっぱりが好みなので
次回は、S77という豆乳77%(砂糖、油脂なし)を食べてみたいと思う。

 

 

 

 

 

このお洒落な紙袋
帰り道の吉祥寺の街や、中央線でも、
あちらこちらで見かけました。

20090118717.JPG


Dans Dix ans  ダンディゾン            20090118708.JPG

武蔵野市吉祥寺本町2-28-2
TEL 0422-23-2595

11:00-19:00
水曜、第1・3火曜休み

 

January 20,2009 12:03 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

吉祥寺北欧料理 アルトゴット 

吉祥寺在住の友人で
正統派マダムのお薦め店。

 

スウェーデン国旗が風にはためく北欧料理アルトゴットへ

20090118600.JPG

店は、東急百貨店裏、大正通りに。
昨年から、何度も予約のタイミングがはずれ
今年は早々に電話をして、念願の訪問が叶い、嬉しい!


この日のランチも予約で満席とのこと。 20090118602.JPG

階段を上り、2階へ
厨房をL字型に囲むテーブル席
店の方と一体となれるようなフロアは、明るく楽しい。

 

セーター姿のご家族や、グループなど、
皆、思い思いの一時を過ごす。

20090118603.JPG 20090118604.JPG   

 

ランチコースは 3種類
わたしたちは、Aコース+本日のスープをいただく。
20090118614.JPG    20090118615.JPG

 

 

前菜
ノルウェー産スモークサーモン
紫オニオンと合わせたサワークリームでいただくのは美味。

20090118605.JPG  

 

連れは
にしんのディルマリネ北欧風マスタードソース
甘めの穏やかな酸味。

20090118606.JPG

 

アニスフェンネル入り自家製ライ麦パンと
スウェーデン産未醗酵パン、クネッケ
ハーブの効いた美味しいライ麦パンは、おかわりいただきました。

20090118607.JPG  

 

少し暴れちゃいましたが
かぼちゃのクリームスープは
程よい甘さが優しい。 20090118608.JPG

 

キャベツのサラダ
細かく刻まれたキャベツに
自家製アンチョビドレッシングがよく絡んでいて
色合いも綺麗。

20090118609.JPG  

 

わたしのメイン料理は
スウェーデン風スパイシーミートボール
きのこのブラウンソースで
赤いベリーが可愛らしく甘く、スパイシーなお肉とぴったり。

20090118611.JPG

 

 

連れは
甘鯛のムニエル、オランデーズソース(卵黄、酢、バターで作る)
デンマーク産小海老添えに、ラタトゥイユとポテトが添えられる。

20090118610.JPG

 

 

最後に、メイプルプリンとコーヒーをいただいて
幸せ!

20090118612.JPG

 

客席を見渡せる忙しい厨房に入る電話にも
受話器を肩に挟んで明るく元気に応対するシェフ。

 

 

わたしも、電話で気さくにお話しいただいたことを思い出して
(この時間帯ではありませんでしたが。。。)
しみじみ、いい店だなーと感じる。
20090118613.JPG

この日も満席で、それでも待っている方が数名。
テーブルでは、新たなお客様の為にクロスが掛けかえられる。
料理、サービス、雰囲気とも好みのお店で、次回はトナカイ肉のディナーをいただきたい!

 

ALLT GOTT  アルト・ゴット            20090118616.JPG

吉祥寺本町2-28-1 シバタビル2F
TEL 0422-21-2338
月休み

January 19,2009 06:29 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

吉祥寺 洋食レストラン シャポールージュ

定休日、久しぶりの吉祥寺へ
所沢方面からですと、国分寺まで西武線→JR中央線吉祥寺という経路ですが
雨上がりの気持ちの良い朝
ちょうど到着した急行に乗り西武新宿線の上石神井駅で下車して、
吉祥寺まで3kmほどの距離を歩いて行くことにする。

20081219100.JPG

 

青梅街道を横断し
20081219101.JPG

 

吉祥寺通りに出た辺りで、温かくなりコートを脱ぐ。
この日の予想最高気温は18℃でかなり暖かい。
20081219103.JPG

もし、途中リタイヤしたければ、頻繁に来るバスに乗ればOK!  (※土日祝日は混むので×)

 

 

 

八幡神社まで来ると五日市街道
どうやら、東急デパート前11:20分集合にピッタリ間に合いそう。
20081219104.JPG  

到着!
自分の足はかなり頼りになる。

20081219105.JPG

豊6定例会の他の2人は既に到着
残りの一人はいつも遅れるので、先に店に行くことにする。

 

 

 

吉祥寺の友人に聞いておいたお勧めのお店は、さすがにこの時期は既に予約でいっぱい。
そちらは、来年のお楽しみにして
今日は予約なしで、11:30頃 シャポールージュ へ
この時間なら、席は大丈夫。
20081219106.JPG   20081219107.JPG

 

吉祥寺で40年以上愛されている
洋食レストランの趣は深い。

20081219108.JPG

 

3階へ案内され、織田廣喜氏の絵画を見ながら細い階段をあがる。

20081219110.JPG

この後すぐに満席となる。
お一人で来られた淑やかに美しい女性が多く、この店によく似合う。 20081219111.JPG

こちらも織田廣喜氏の綺麗なメニュー表は
カーテン越しの陽ざしと写す。
20081219112.JPG

Kさんが、わたしのビールに付き合ってくれるというので
結構合いそうな『メンチカツビクトリア風チーズ入り』を選ぶ。

一足お先に、「今年もおつかれさまでした。」
20081219113.JPG

 

コーンスープ  パン
20081219115.JPG   20081219119.JPG

 

それぞれの選択は
ハンバーグ・海老フライ・カニコロッケ盛り合わせ
20081219118.JPG

 

ポークジンジャー 20081219116.JPG

 

ロールキャベツ・トマトソース

20081219117.JPG

 

メンチカツ・ビクトリア風チーズ入り

20081219120.JPG

 

ナイフを入れると
とろけだすチーズ (ワインでも良かったかもね。)

20081219121.JPG  

 

セットメニューを頼んだ人は
オレンジソースのババロア

20081219122.JPG

 

 

わたしのビクトリアがきっと一番。   by ベッカム?

20081219123.JPG

 

食事の後は、井の頭公園を歩こう。

20081219124.JPG    

 

大きな大きな木を見上げる。

20081219126.JPG

 

可愛らしい丸い実は見当たりませんでしたが
落ち葉を見ると モミジバスズカケノキ でしょうか。

  20081219127.JPG

ここは、全く変わらないな~。

 

 

ジブリの森美術館のほうへ向かって歩くと、森の昆虫たちにも目が留まる。

20081219128.JPG  
ゆるゆる歩いて ケーキ屋さんへ             20081219129.JPG

  

 

シャポールージュ

武蔵野市吉祥寺本町2-13-1
TEL 0422-22-4139

December 20,2008 06:00 AM | コメント(2) | トラックバック(0)