今日の食HOME

今日の食

CAZE CAFE

行ってみたいと思っていた場所へ
意外な機会に訪れることが出来ました。

 

武蔵野の冬木立には、黄色い西武線が似合います。

IMG_5523.JPG  

小平市にある
風カフェ

IMG_5497.JPG  

小さな小路を抜けて

IMG_5498.JPG

カフェは建物の2階のテラス席です。

IMG_5499.JPG   


木々はすっかり葉を落としています。
運よく暖かな日でしたのでテラス席でもゆったり寛げそうです。   

IMG_5504.JPG

「紅茶はポットでお出ししますよ。」と伺いましたので
紅茶とホットケーキをいただきます。

IMG_5505.JPG  

冬が過ぎ、春が来て、新緑の季節になったら
綺麗でしょうね~。

 

CAZE CAFE

東京都小平市中島町 3-8

営業日 月・火・木・金・第3土曜  

 

& おとなりには、こもれびの足湯があります。

IMG_5520.JPG  

  

December 27,2016 06:23 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

花小金井 猿狗楽

仕事帰り。
花小金井で寄り道しようと、職場の女性と下車してみると

南口には、遊歩道が続いていて夜もいい感じです。
確かこの辺り、、、と目的の店はなんとお休みでした。

さて、どうしましょう。
とりあえず新宿線の踏切を渡り、北口に。。。 

sakura0101.JPG

少し歩くと
花に囲まれた中に灯りが見える賑やかな店を発見。
この店はわたしたちにとって光明なのか?

sakura0104.JPG  

うろつくわたしたちを見て店から出てきてくれた店員さんが
この店、笑猿場は本日開店であいにく満席だと告げる。
いよいよ、夜の難民になるのかと思っていると
その方が店長をしている姉妹店があると教えていただき
ひと安心してその場所を目指すことにしました。
レトロな感じの中華料理店と、履物屋さんの間の道を行くらしい。
結構ディープな感じになってきて
どこなのどこなの???

sakura0130.JPG

こ こ ?

sakura0136.JPG

猿狗楽
古民家の造りで
元は食べ物屋さんで、2階は住居だったそうです。

sakura0119.JPG  

今、2階は宴会スペースになっている様子です。

sakura0118.JPG  

落ち着いたところで
お通し

sakura0106.JPG  

セロリ浅漬け

sakura0107.JPG  

 

山芋フライ塩辛のっけ盛り

sakura0122.JPG   

初めての店で
わたしはこの炉端の真ん前に座って、次々並ぶ素材や炭の色をうっとりと楽しんでいます。

牛肉たたき おまかせ5串 下仁田ねぎ

sakura0109.JPG

ネギはどうなっていくのだろう。

sakura0111.JPG    

こころ せせり レバー こころのこり 砂ぎも

ネギ山椒とねぎみそ

sakura0112.JPG  

 

牛肉のたたき

sakura0113.JPG  

やがて下仁田ネギは、手早く捌かれ

sakura0114.JPG

とろりとなって出来上がり。

sakura0115.JPG

 

 

突然のファイヤー!

  

ここからは、よそ様の注文を
かぶりつきで楽しませていただきます。 sakura0123.JPG

もも炭火焼でした。

sakura0124.JPG

豚巻き、いいですね~。
ニラ巻と山芋巻 にお子様オーダーの焼きおにぎり

sakura0116.JPG

ホッケ の向こうに
豚巻き
中身は、タケノコ、 アボカド、ミョウガ、オクラなど
するめいかもスタンばっていました。 

sakura0125.JPG

特注でサーロインもあるらしいです。 

sakura0128.JPG

そしてわたしは
地味に
おでん大根 

sakura0126.JPG

最後に
玉とろコロッケ(中に半熟卵が入っている。)と迷って迷って
デザートにしました。

パンアイス 

sakura0134.JPG

フランスパンにアイスを入れて揚げているそうですが
冷たいです。

油がじわーっと
高カロリーで、ご馳走様でした。 

sakura0129.JPG

 

猿狗楽さくら

東京都小平市花小金井1-16-3 

 

January 23,2016 05:55 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

喫茶店ぽえむ

お昼時間に小平の駅を利用したので、懐かしの喫茶店を探してみた。
学生時代に好きで利用した喫茶店。
ありました!
ぽえ4.jpg
駅前の西友から続きのビルにある「ぽえむ」
ぽえ2.jpg
ウインナコーヒーと自家製コーンスープが好きで、そればかり注文していた10代の頃。
ぽえ1.jpg
コーンスープはもうずっと前に無くなっていたけれど、お店の感じは変わってないみたい。
店内は年齢層高めで落ち着いた雰囲気。
好きだったお店が、何十年経っても営業してくれているのは、嬉しいものですね。

駅のホームから看板が見えたのでパチリ。
ぽえ3.jpg
December 07,2013 06:17 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

小平市 こもれびの足湯のお隣のCAZE CAFE

『こもれびの足湯』 は、ネット検索で見つけたのだけれど

『CAZE CAFE』は、『散歩の達人1月号』の記事で見かけた。
場所は、すぐ、お隣さんだったのね。

 

でも、あいにくこの日(水曜)はお休み。
ashiyu0016.JPG

『あさやけ風の作業所』 建物は開いていたので、中に入ってみる事にする。

入り口に、自家製クッキーが置かれていたので
どれにしようかと考えていると

 

ashiyu0017.JPG

事務所の方が、急いで2階へ向かい
スコーンを取りに行く。 

ashiyu0018.JPG   

いい焼色のスコーンと、パウンドケーキ
わざわざ持って来てくれるという事は、カフェの自信作なのかもしれない。

 

すでにパンを買っているので 
控えめに購入し、東大和市駅方面へ戻る。

 

街には、よい子チャイムが流れているが、少しは陽も長くなってきた。
途中の公園には
足湯で見かけた親子が、まだまだ元気に遊んでいる。
 

ashiyu0020.JPG

 

さて、帰宅して暫くしてからスコーンを食べてみたら
美味しい!

表面は薄く香ばしく焼かれ、バターの香りがいいし
中はずっしりと密で、ほんのり甘い粉もほっこり。 

 

今回、わたしの写真は少ない。
『散歩の達人』で、紹介されていた丸い写真と記事も、とても小さいのだけれど
上出来スコーン。                ↓

ashiyu0019.JPG  

建物に入らなければ
そのまま巡り会わずにいたかもしれないと思うと
何事も、積極的に行ってみるのは大事だと思った。 ズンズン行こう!

 

 

あさやけ風の作業所内
CAZE CAFE  2階テラス

東京都小平市中島町3-8
TEL 042-349-2366

<営業日>月・火・木・金・第3土曜
ショップカードによると、雨天休業のようです。

January 26,2011 06:40 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

こもれびの足湯でまったり

西武拝島線 東大和市駅から、

南西方向へ10分ほど歩いた雑木林の中に
ごみ焼却炉の余熱を利用した足湯に浸れる場所がある。 ashiyu0001.JPG ashiyu0002.JPG

小平・村山・大和衛生組合
こもれびの足湯  無料!(駐車場は無し)

ashiyu0003.JPG

幼稚園帰りの、母と子
日課の散歩途中の人達など、常連さんが温まり大賑わい。

ashiyu0004.JPG

文字どおり
こもれびを浴びて輝く水面で
早速、ひと足湯する。

ashiyu0005.JPG  

あちち!!!
初めはとても熱く感じる。

番頭係り? の
<敏子さんによると>
地下水を利用した湯は、38℃~43℃を基本に
こまめに調整されているらしい。

ashiyu0006.JPG

足つぼコースを通って、長方形の足湯へも行ってみる。

ashiyu0007.JPG  

 

お母さんの足は、随分あったまって、いい色。
<敏子さんによると>
浸かる時間は、15分、長くて30分くらいと言う事だ。

ashiyu0008.JPG

読書にもいい

・・・  わたしは、まどろむ。 (-_-)zzz

ashiyu0009.JPG

飲み物も販売されている。

ashiyu0011.JPG

ここで、たまいろはで買った
あんぱんとクリームぱんを食べる。
※足湯の外のスペースでならOK。

ashiyu0015.JPG

足湯常連さん製作のトトロ

ashiyu0013.JPG

<敏子さんによると>
足湯の効能は、血流が良くなり、冷えやストレス、不眠などにも良いという。
敏子さんのように美しくなれるかと聞いてみると
やはりそれは、ナカナカ難しいということだった。  窓口の敏子さん激写!

ashiyu0010.JPG

楽しくて、温かかった。

 

 

武蔵野美術大学生デザインの手ぬぐい  210円 も粋。

ashiyu0014.JPG

 

こもれびの足湯

小平市中島町3番5号
TEL 042-341-4345

木休み

January 24,2011 06:23 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

小平市 そば・うどん 松根

むさし野ミューで映画を見る前にお昼ごはん。
西武線の駅に置いてあるお出かけ情報誌
ゆうゆうゆう(遊悠優)8月号に載っていた。
玉川上水沿いにある小平のめん処、松根へ
20080917034.JPG

 

この、武蔵野の風景が続く上水に沿って東へ向かうと
学生時代に『ささやきの小路』と呼ばれていた鷹の台付近。
今もそう呼ばれているかしら?
20080917025.JPG

国分寺に住んでいた頃、
実家への往復に使ったこの辺りの道などは久しぶり
以前より、車の通行量が多い気がする。
車で行く場合は、この幟 を目印に。

 

手打ち そ
どうやって、幟を直してみても絡まっちゃうよ。
手打ち そば

20080917001.JPG   
建物までは
お花畑を、ちょこっとまわり道 するように作られているのが楽しい。
隣には、森田ガーデンの畑があり
朝採り野菜も販売している。

 

ここもまた、手打ち そ

20080917002.JPG

20080917003.JPG

忙しく働くお母さんを呼び止めて
せいろ+野菜天ぷら盛り合わせ と
そばランチを頼む。

20080917004.JPG   

20080917005.JPG

陽差しの強い日でしたが
窓を開け放った室内には畑からの風が抜ける。
待っている間も、とっても気持ちがいい。 20080917006.JPG  

せいろと野菜のてんぷら  20080917010.JPG

そばランチ

20080917011.JPG

細めの二八蕎麦
つけ汁は、辛過ぎない家庭的な味

20080917012.JPG

抹茶塩が添えられた、森田ガーデン朝どり無農薬野菜天ぷら
向こう側には、かき揚げが隠れている。

20080917013.JPG   20080917014.JPG

 

豆の味が清々しい極み豆腐
大豆は佐賀県小城の特上フクユタカ
にがりは奄美大島の天然塩造りの極上品とのこと
今日は、車にクーラーBOXを積んであるので、これ買って帰ろう。 

 

& 浅く漬かったぬかずけ。

20080917016.JPG

新潟産こしひかり

20080917017.JPG

テーブルの脇にあった小梅干しも、見逃さないでいただく。

20080917020.JPG  
どれをとっても、体に優しく無理していない味が嬉しい。

 

 

鮮やかな夏色の花々が咲く中でススキの穂が揺れる、
正真正銘、武蔵野の秋。
ぼーーー、と眺めていると
「映画の時間に間に合わない!」と言われ
現実に引き戻される。 20080917021.JPG

  

めん処 松根 

 

小平市小川町1-423
TEL 042-345-2116

 

11:00ー14:30 (売り切れ次第閉店)
木休み 

 

 

「うちの豆腐は高いのよ~。」と、ちょっと売りたく無さ気のお母さんは、
何かにつけて結構面白い。
暫~く考えているので、いったい、いくらと言うのかなと思ったら、
¥350でしたので買えました。
豆の濃厚さが際立つタイプではなく
あっさりとした旨みが美味しいお豆腐で、おすすめ!   高いけど。。。
20080917027.JPG

September 20,2008 12:10 AM | コメント(2) | トラックバック(0)
 1  |  2  | All pages