今日の食HOME

今日の食

錦秋の和菓子 東松山 清晨庵

御生菓子   

『初霜』 色付いた葉の色をした中に包まれているのは栗餡で栗の香りが引き立っています。
『木枯し』 イチョウ色した餅に包まれた中は黄身餡です。 

2015112107.JPG

お土産用の「ほんわらび」を用意するために 

東松山市へ向かいました。 

生菓子司 清晨庵

2015112101.JPG  

秋も深まり、しっとりと和菓子の似合う季節になりました。

2015112103.JPG

店内の掛軸には『錦秋』の文字
そして、老鴉柿が生けられています。

2015112102.JPG  

お茶席に用いられる生菓子も、秋色です。

2015112104.JPG

 

2015112109.JPG

栗羊羹は1か月くらい、(栗蒸し羊羹もありました。)

お土産用の、ほんわらびは、翌日までの賞味期間です。 

2015112105.JPG

 

柔らか大福の中は漉し餡です。

2015112106.JPG  

 

飲み会に持参した、『ほんわらび』
「美味しい!」と「東松山まで行ったの?!」の声多数。
はい、
行った甲斐がありました。

2015112110.JPG

清晨庵

東松山市本町 1-1-9
朝8時から営業、お休みは無いようです。

 

そしてこの日、通り道に賑わう場所がありました。

11月13日にオープンしたという
東松山市農産物直売所
『いなほてらす』

この日は農業祭が行われていて賑わっていましたが
駐車場の案内をいただき、通り過ぎるだけにしました。

2015112108.JPG

清晨庵の女将さんによると、土日は混雑するそうですので
平日に行ってみることにします。 

 

November 23,2015 06:25 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

東松山 Prunus

小高い草原の大きな木。
印象的な景色に佇む、カフェ プラナス。

prunus01.JPG   

 

prunus03.JPG

カウンター席の窓からの眺めを切り取っても
絵のように美しい。 

prunus13.JPG

オーナーは
東松山まるひろ前にある
アトリエかれん
という花屋さん、と言うだけあって、店内も外も、しゃれた色合いの花を合わせていらっしゃる。

prunus04.JPG  

prunus05.JPG

みぞれ降る寒い日
まだ先客が無かったので
ソファー席を選ばせていただく。
グラスの白湯が温かく嬉しい。

prunus06.JPG  

バラ咲プリムラ 

prunus07.JPG

 

レイウシア 

prunus08.JPG

ジュリア

prunus09.JPG  

 

どれも色合わせが素敵! 


豆乳とお豆腐のチキンライスドリアのランチ。

prunus11.JPG

 


デザートには
現在店舗での販売はされていないという
東松山レガールさんのいちごのシフォンケーキを選ぶ。
見た目も綺麗でとても美味しいです。

prunus12.JPG

   


草原の庭にそびえる2本の大木は
左が山桜、右が榎
その先はソメイヨシノの並木となっているそうです。
春の姿を思い浮かべ、忘れないように訪れようと思う。

prunus14.JPG

 

Garden & Cafe

Prunus  

東松山市大谷 1549-3
定休日:火曜

 
February 17,2015 06:43 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

生菓子司 清晨庵

急きょ東松山方面に出かける事になった。
約束の時間までに間があったので
久しぶりに、和菓子の清晨庵に寄ってみようと思う。

 

seishinan201501.JPG  

女将さんが、品物を包んで下さる間に、お茶をいただきました。

 

お!(^_^)

seishinan201502.JPG

「京都で買い求めました。」と仰るその湯呑は、
誠に目出度い茶碗で、思わず笑顔になってしまいます。 

  

百福と書いて、おふくと読む?
素敵な縁起茶碗ですね。

seishinan201503.JPG  

今年は百も福があるなんて?!
と勝手に解釈して、あぁ有難い有難い。 

 

そして買いましたのは、もちろん「ほんわらび」

seishinan201505.JPG  

一箱8個入りです。
2個消化済み(^^;)

seishinan201506.JPG  

柔らかなわらび餅と
上品なこし餡。

seishinan201507.JPG

年末年始も無休という店のほんわらびは
やはり美味しかったです。

 

生菓子司 清晨庵

東松山市本町 1-1-9

January 09,2015 06:26 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

東松山 中華 天真

以前この辺りを通った時に
おいしそうな料理が出てきそうな店構えの中華料理店を目にしていた。
この日は、ランチ時間になったので、重厚な木の扉を引いてみる。
と、もう一枚重厚な扉があり、少し緊張する。 

tenshin01.JPG

優しい女性に迎えられ、ほっ。

あいにくテーブルが満席でしたので
一旦、円卓回転席の方に案内していただき、お冷とメニューを前に一息つく。 

tenshin02.JPG

ランチメニュー

 

麻婆豆腐(辛さ調節OK)、
回鍋肉(自家製北京味噌使用)、
カレー肉丁(豚ロースのカレー炒め)、
海鮮米粉(ビーフン)、
炒不酔(7種野菜の塩炒め)、
には、それぞれ、スープ、白飯またはおかゆ、香の物、デザートがつく。
他に、海鮮たっぷりの涼製天真麺にも惹かれる。

tenshin03.JPG

 

自由にいただける
温かいプーアール茶とごぼう茶、冷たい麦茶が用意されている。


tenshin04.JPG

暑くても
温かいプーアール茶が美味しい。


tenshin05.JPG

やがて窓際の席が空き
外の緑多い景色が見渡せるテーブルに移動。

tenshin06.JPG

 

麻婆豆腐とかなり迷って
回鍋肉を選択。 

tenshin07.JPG

自家製北京味噌の味も優しく、油もさっぱり。
しっかりしているのに柔らかく食べやすいキャベツは、本日虫歯が疼くわたし(失礼)に、嬉しい。

tenshin08.JPG  

コーンのスープ 

tenshin10.JPG

緑のブロッコリーと白いカリフラワー。
いい味が染みているこの作り方をうかがったら
茹でた野菜に
ネギ、生姜、調味料をゴマ油で風味良く作ったたれと混ぜているそう。

tenshin09.JPG

 

柔らかくてよかった杏仁豆腐には、小梅の自家製ジャム。

tenshin11.JPG

思ったとおり美味しい店でした。
土日は飲茶ランチとなるそうです。
そちらも試してみたい天真。

ごぼう茶をいただきご馳走様でした。


tenshin12.JPG

 

中国料理 天真

東松山市殿山町 32-8
火定休日
ディナーは予約制

 

近くには
日本一の横穴墓群吉見百穴があります。
丘陵の斜面を利用して作られた横穴の数は216基確認されているという。
まだ穴を見たことが無い方には、一見の価値ありです。                          pana

tenshin13.JPG

July 28,2014 06:54 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

東松山市 満つ乃

東松山市立図書館、下沼公園、本町二丁目、本町一丁目、上沼公園と続くバス通り
その通りを行くたびに気になっていた店構えの蕎麦店へ

 

matuno01.JPG  

本町二丁目バス停目の前で
そこに駐車スペースもある。


町屋風?のアプローチ

matuno02.JPG

料亭風?の引き戸 

matuno03.JPG

立派な蔵造の店舗

 

matuno30.JPG

と緊張しても、右手のサッシ窓の向こうでは、こっちを見ながら天ぷらを揚げるお母さんが見える
庶民的な店。  

 

matuno05.JPG

 

新しい蔵の中には
100年は経っているという、以前の小屋組みや、時代を感じるガラス戸がいい雰囲気。


matuno06.JPG

と、洒落ていても
そこには、手に取りたい雑誌が置かれていたり
日曜昼のテレビは
のど自慢だったりする。 


matuno07.JPG

「えー、っとお名前忘れましたけれど、、、」と話すお母さんに
「ええ、初めて伺いました。」と話しながら

天盛りうどん + 肉汁の場合は増し を選ぶ。

 

ちょっと何のお茶か思い当たらない美味しいお茶は、ウーロン茶で
茶葉から煮出しているというので納得。 

matuno08.JPG

 

そしてお母さんは他のお客さんとも沢山喋っているように見えるが
いつの間にか天ぷらは揚がっている。


matuno09.JPG

ブレンドという粉の色のいいうどん。


matuno10.JPG

 

甘めの肉汁には、
ネギとミツバが香る。


matuno13.JPG

そして
すごい野菜天ぷら
人参、インゲン、かぼちゃ、ナス

matuno11.JPG

すごい天ぷらは
人参や、インゲンはきっちり揃えてパリッと揚げられていて
かぼちゃの厚さは4cmほどもあり、中は、ほっくり。


matuno12.JPG

東松山には、そう頻繁に来ることはないけれど
お母さんに名前を憶えてもらえるよう
次回もまつの 


満つ乃 (まつの)

東松山市本町2-2-36

金曜と、月、木曜の夕方休み。

October 13,2013 06:54 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  | All pages