今日の食HOME

今日の食

ときがわ町 とうふ工房 わたなべ

食べるものは食べたし
見るものは見たし
撮るものは撮ったし
でしたら次は買い物ですね。 
『とうふ工房わたなべ』  へ

20081205090.JPG

店先のテントの下では、地場野菜の販売
まず、ここで引っ掛かりますね。

 

あら? 朝行った慈光寺の名がついたお米
コシヒカリがあるのですね。

20081205091.JPG

キウイ
10個以上入って ¥300-は、お安い。

20081205092.JPG

減農薬栽培ブロッコリー

20081205093.JPG

人参は ¥100-から¥150-で
葉っぱは、天ぷらになるね。

20081205094.JPG  

 12/6(土) 12/7(日)はこの『新豆まつり』が催されるようです。 20081205095.JPG

店内へ

20081205096.JPG  

越生産の無農薬栽培古代米 20081205097.JPG

 

各種豆腐と、湯葉など。
さしみ帯湯葉買いましょう。

20081205099.JPG   20081205100.JPG

お馴染み、おからドーナツは必ず買うでしょう。
20081205098.JPG  

 

脱価格競争、
地産地消でフードマイレージゼロをめざすお豆腐やさんは
埼玉のちから。 20081205101.JPG

 

とうふ工房 わたなべ

比企郡ときがわ町大字番匠372
TEL 0493-65-0070
 

営業時間 9:00-18:00
原則年中無休 

20081205102.JPG 20081205103.JPG 20081205104.JPG
この、料理は
ちから不足。
December 07,2008 09:22 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ときがわ町 小物屋さんの水出しコーヒー

ボン・レギュームでランチのあとは付近探検。
来週も別のメンバーでときがわ方面にやってくる予定なので情報収集しときます。

 

日帰り温泉 四季彩館 都幾の湯
こじんまりした施設で、土日は混雑するらしいけれど、この日は水曜日でお休み。

20081205021.JPG 20081205022.JPG

 

 足湯ですね。

20081205024.JPG

 

山を見ながら 20081205023.JPG

 

都幾川を見ながら 20081205025.JPG

足湯だけでもいいかも。

 

 

さて、西へ向かって、
西平を過ぎ、うどんの『やすらぎの家』、蕎麦の『とき庵』の隣。
地元の方々の小物を販売しているので『とき川の小物屋さん』ですが
8時間かけた水出しコーヒーのお店。       

                                  ↓  ここ。          20081205050.JPG

ときがわ町の商店に置かれている『食品具行楽』 ショッピング&こうらくマップもマスター作。

20081205076.JPG

20081205052.JPG

冬の暖かい日は、都幾川のたもとのテーブル席もいい。
寒い日は、ブランケットを貸してくれるし

                  陽ざしが強ければ、レディーには日傘も貸してくれる ↓ 20081205053.JPG  

連れが喫煙するので
カウンターでいただくことにする。

20081205054.JPG 20081205055.JPG   

 

綺麗ねー。
20081205056.JPG

マスターに、どこかお勧めは?と伺ったら
「そこのもみじの所で、太陽に向かって、写真を撮ってごらん。」といわれて
すぐ、行ってみる。

 

ここですね。

20081205057.JPG 20081205058.JPG

うーん、ドウデショウ。

 

「それからー、ちょうど今いいのは、物産販売所の南、1200年の大銀杏だね。」と、
あ、それなら、来る時に気づいたあの木だわ!
「道からでなく、お家のほうへ声をかけて、廻って見てごらん。」とのアドバイスもいただき
早速行ってみる。

20081205051.JPG

 

そして
樹齢1,200年 樹高33m 大銀杏

20081205070.JPG

お宅のほうに廻ってみる。

20081205071.JPG      20081205075.JPG

だいぶ陽も傾いた時間になりましたが
古い屋敷と、蔵と、鮮やかな黄色が、みごとに美しい。

腕の上がらない写真より、是非実物を見に行ってみて。 20081205074.JPG 20081205073.JPG    

マスターありがとう。

 

では、最後はやっぱりお豆腐やさんで買い物しましょ。

December 06,2008 07:47 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ときがわ町 農園レストラン ボン・レギューム

山の中のお寺
慈光寺、霊山院を散策したあとは
ランチの予約をしていた、畑の中の有機野菜レストラン 『ボン・レギューム』へ

20081205002.JPG

 

生活クラブ生協の友人から聞いていて訪れたいと思っていた場所。
作農料理人とおっしゃるご主人が自ら育てた野菜を使い
それぞれの野菜に合った調理法、味付けで旬の素材を味わえるという。
 

 

本日のランチのコースは ¥2,625
お肉 or お魚の選択に
前菜盛り合わせ、有機野菜ポタージュ、有機野菜サラダ、パンor五穀ごはん、デザートと飲み物。

20081205003.JPG  

他に、ランチ¥1,200~は
有機野菜サラダ、パンor五穀ごはん、飲み物付きで
コロッケ、チキンのバルサミコソース、白身魚のグリルの中から選択する
他に限定5食オムライス、アラカルト料理や、秩父のワイン、小川町の自然日本酒も。

 

窓越しに
ときがわの山々や、ご主人の畑が見えるのも、ご馳走。

20081205005.JPG 20081205004.JPG   

 

ランチコースから
前菜盛り合わせ

白身魚と、野菜のマリネ
スモークサーモンのマリネ 20081205010.JPG

味付けを変えている野菜が並ぶ
中央の人参と大根は微かにカレー味、国産純米酢を使ったマリネはまろやかな酸味でわたし好み。
シェフ手作りのスモークサーモンは、とろっ。

 

 

カブがメインの有機野菜のポタージュも優しい味。
うっかり手をつけてしまい、おかしな写真で失礼。

20081205011.JPG

 

有機サラダ

20081205012.JPG

 

自家製パン 

ふかふかの人参パン
(ライスの場合は、自家栽培米も魅力的) 20081205013.JPG

 

メイン

わたしは、黒豚ヒレ肉クリームマスタードソース 20081205015.JPG

 

連れは、天然金目鯛グリル
20081205014.JPG

山間のレストランなので、お肉が良いかなと思いましたが
お魚は、銚子港直送だそうで天然金目鯛グリルはなかなか美味。
料理のベースダシは、平飼い鶏に加え、その魚からも採っているとのこと。

 

 

自家製アイスクリームとコーヒー。
甘さ控えめでも、ねっとりアイス
もう少しデザートもいただきたくなる。ような。。。

20081205016.JPG

 

 

棚には、店が紹介されている雑誌が置かれていた。
クロワッサンプレミアム10月号の、農園レストラン特集に掲載。
Premiumって文字が光ってますけど
最近、本屋で立ち読みさえご無沙汰なわたしは、雑誌の存在を知らなかった。 

 

表紙のサブタイトルには「上品元気」な50代の話題独占誌
?!? と書かれていましたが
ボン・レギュームに来られていた方は、30代も60代もで様々。

20081205017.JPG

 

壁に並んだ写真は
ボン・レギュームの田畑

20081205018.JPG

食事を終えて
畑を拝見する。
20081205019.JPG   20081205020.JPG

 

 

 

ここの450坪の畑と、他に100坪の畑
ご主人は、小川町の霜里農場で修行されたそうですが
ときがわは、とても暖かく霜の降りることも少ないとお聞きして
わたしは又、ときがわが好きになる。

 

野菜たっぷり
ごちそうさまでした。

 

 

ボン・レギューム

 

比企郡ときがわ町田中 451
TEL 0493-65-5541
営業時間 11:30-15:00 (夜は予約のみ)

木・金休み(作農日)
 

 

 

 

December 05,2008 11:40 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ときがわ町 埼玉青なす

わたしの好きなときがわ町『このところ訪問の機会がないなー』と思っていると
新聞で、旬の青なすが紹介されていた。
今年は、安定した収穫があり東京の市場にも出荷したと書かれていて
新しいメニューで、子供にも好評の『なすのジャム』『なすのゼリー』も紹介されていた。
昨年の『なす田楽』はこちら

 

数日後、ときがわを通りかかったという友人から
青なすと、その新メニューのレシピ集をいただく。
グググッドタイミング
aonasu001.JPG  

レシピ集には
ジャムに、ゼリーに、パイに、マリネラ、いや、マリネと並ぶも
予測可能な、なすのカレー痛め、いや、炒めをレシピ通~りに作ってみることにする。

 

 

ヘタを落としたナス一個を縦八等分に切り、1cmのいちょう切りにし、水でアク抜き(水でOK)
油を熱したフライパンで炒めて取り出しておく。 aonaku002.JPG

次に、油を熱したフライパンで、
玉ねぎ一個の薄切り、豚ひき肉200gを炒める。

aonasu003.JPG

そこに、
カレー粉:大匙1、ケチャップ:大匙2、しょうゆ小匙1、塩:小匙1/2、こしょう少々をまぜ
炒めておいた青なすを戻し、炒めあわせる。 aonaku006.JPG

はい、
ご想像通りの出来上がりですが、結構あとひく美味しさで、ビールにぴったり。

 

 

ところで、
ときがわ町の事を話すと
「私も好きよー。」というファンのご要望に応えて
新そばが出来た頃には、ツアーを企画中。
秋が楽しみな、勝手にときがわ町特産品宣伝担当のわたし。

 

ふれあいの里たまがわ 
にて販売(8月上旬~10月上旬)

 

埼玉県比企郡ときがわ町玉川 4359-2
TEL 0493-65-1171

August 30,2008 07:36 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ときがわ町の野菜直売所 たまがわ

すっかり春になった週末。

 

5年訪問を終え
ときがわ町に立ち寄る。

 

夏に青なすを買った
http://www.chintaiyanavi.com/000273.php
ふれあいの里『たまがわ』へ

 

『のらぼう菜』ののぼりが旗めく。
3月~4月が旬の葉物で
春の葉っぱの味がして大好き!
http://www.tokigawa.org/
0322001.JPG   

お彼岸なので、花も豊富に並んでいる。
店先の行列は、焼き団子
しょうゆやみたらしが、出来立てで、
こちらは、花より団子?!

 

今日も新鮮な野菜や、地域の特産が並ぶ
のらぼう菜、かぶ。
新種の野菜も目に止まる。
プチブェール、芽きゃべつ、エシャロットなど
生産、販売しているところが、嬉しい。

0322005.JPG

野菜のほかに
和菓子、ケーキ、パン、
お肉屋さんのコロッケメンチ、うどんそば
とうふ工房わたなべの豆腐類、李さんの無添加キムチなど
地元のおいしい産物も豊富に並ぶ。

0322004.JPG  

おやつに、いちご大福。
中の白餡にもほんのり苺の味、
ドーンと載ったいちごが、とても新鮮!

0322006.JPG  

行ってみて!

 


埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川4359-2 

 

TEL 0493-65-1171

 

9:30~18:00
無休(年末年始を除く)

March 22,2008 07:15 PM | コメント(2) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages