今日の食HOME

今日の食

ときがわ町 都幾川温泉 

まだ肌寒い3月のある日
山峡の温泉に、母と出かけました。

 

メディアでも多く紹介されている
ときがわ町の都幾川温泉 旅館とき川。

 

 

tokigawa0301.JPG  

周りには、柚子の木が多く
仄かに香っています。

 

tokigawa0302.JPG  

こちらは、一日4組限定の日帰り温泉。  
昼の部(11:00~15:00)2組
夕の部(16:00~20:00)2組
の予約制です。

 

昼の部、

貸切のあじさいの部屋に案内していただきました。

tokigawa0303.JPG

木のむら ときがわらしく
木をふんだんに使った和室と、備品には柚子色が多く使われています。

tokigawa0304.JPG  

 

窓の外には、ミツバツツジが満開でした。  

tokigawa0306.JPG  

先ずはお風呂の前に
柚子羊羹と抹茶のおもてなしをいただきます。
お手拭きも柚子色。

tokigawa0330.JPG  

 

用意して行くものはありません。
好みの浴衣を選び貸し切り岩風呂へ向かいます。

 

さて、こちらの温泉は
高校の教科書でも紹介されている
日本一の強アルカリ温泉だそうで。

tokigawa0310.JPG  

 

ぬるっとした美肌の湯とは、楽しみです。

tokigawa0311.JPG  

透明で匂いの無い温泉は、本当にとろっとしていて
肌に良さそうです。

tokigawa0312.JPG  

tokigawa0313.JPG  

一回目の入浴を終えたら

弥生の柚子薬膳料理が始まります。

tokigawa0307.JPG

tokigawa0314.JPG    

 

先ずは
食前酒のゆずワイン
前菜に
5色きんぴら、のらぼうお浸し、山芋とくこの実のとき川まんじゅう、ゆず豆腐
凌ぎには、あさりの茶碗蒸し。

tokigawa0316.JPG  

tokigawa0319.JPG

tokigawa0317.JPG

tokigawa0318.JPG  

 

岩魚の塩焼き
イイです~。

tokigawa0320.JPG  

 

春野菜のドレッシングサラダと、ゆずの器には

tokigawa0322.JPG

ゆず寒天

tokigawa0321.JPG  

 

精進揚げと
きび、あわ、ひえの薬膳ごはん。
お吸い物と、香の物は味噌漬け。

tokigawa0323.JPG  

レンコン、マイタケ、カボチャ、ナス、スナップエンドウ、インゲン、かき揚げ。

tokigawa0324.JPG  

水菓子は
ゆずシャーベットと、
フルーツは、いちごと、はまさきという甘いみかん。
たっぷりです。

tokigawa0325.JPG  

 

 

残りの時間でもう一度温泉に浸かって。  

tokigawa0333.JPG    

部屋に戻ると
ゆず茶と柚子菓子で、これでほんとうに
ごちそうさまでした。

tokigawa0329.JPG

 

 

肌に優しい温泉と、身体に優しい料理で
とても寛げました。 pana

tokigawa0332.JPG

都幾川温泉

埼玉県比企郡ときがわ町大野中力 537

 

tokigawa0327.JPG   tokigawa0328.JPG

プラス料金で、お祝い用に、ゆずドリンク、ケーキと、花束を用意していただけます。

April 11,2016 06:43 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ときがわ町 イル・チエロ

 そのつ森パンやさんで教えていただいたイタリアンの店は

ilcielo01.JPG

 

おしゃれだった。

 

ilcielo04.JPG

 

 入口はどこかしら ?

ilcielo02.JPG  

 

ilcielo11.JPG

 

ilcielo03.JPG  

 

イタリア式食堂 イル・チエロ

ilcielo12.JPG


おすすめパスタランチB
1、300円を選ぶ。

サラダとパン

ilcielo05.JPG  

 

友人は、トマトと小海老の冷製スパゲッティ

ilcielo06.JPG

 

わたしは店一番のお薦めを伺って
自家製パッパルデッレ仔羊のラグーソース

 

ilcielo07.JPG  

 

幅広の生パスタに「北海道茶路めん羊牧場の仔羊を赤ワインで柔らかく煮込んだソースです。」
が絡んで、味加減もちょうど良い。
「美味しいです。」と話すと
優しく静かなご主人から、中の肉はその時々で変わる事をお聞きできた。

 

ランチについている
飲み物と 

ilcielo10.JPG

 

黒板メニューの自家製デザートは200円からと、お廉いので追加。

ilcielo14.JPG

ティラミス

ilcielo08.JPG

チーズケーキ 

ilcielo09.JPG

 

大好きなときがわで、また一軒発見で嬉しい。


ilcielo13.JPG


trattoria il Cielo

比企郡ときがわ町玉川 2778-4

木曜定休

September 12,2014 06:12 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

ときがわ町 古民家カフェ枇杏

ときがわ町
JR八高線明覚(みょうかく)駅
関東の駅百選認定駅でもある。

bian1000.JPG  

 

この穏やかな街を通り、たまたま見つけた看板に誘われて訪れたのは
もう4年も前、店がオープンした年のことだった。
看板に屋根もついて変化している。

bian1001.JPG

 


築180年の古民家は、ときがわの季節ごとの景色を見つめているような佇まい。

bian1002.JPG

bian1003.JPG

すっかり繁盛店になり
美しいオーナーとゆっくりお話をする時間はなさそうだけれど
若い女性スタッフ達が、揃いのTシャツ姿でしっかりと接客してくれる。 

bian1004.JPG

 

一日15食限定の枇杏ランチ 1,500円
ブログを見返すと、以前は限定10食だったようだが、価格は4年前と変わっていない(立派!)。 


bian1005.JPG

ときがわは水も美味しいよ(^_^)

 

さて、始めに運ばれたのは
野菜サラダ。
マカロニもドレッシングも美味しい。

bian1006.JPG

 

次に
香り立つ春菊の胡麻和えと、湯気の立つ高野豆腐の含め煮
枇杏では、身近なところで採れた新鮮旬野菜を使っている。

bian1007.JPG

 

こうしていただくと
オープンの頃よりも、更に充実した料理に発展していることに感動。


bian1008.JPG

 

主菜の肉団子の黒甘酢野菜あん。
直径4cmはありそうな大~きな肉団子は
和風かと思いきや
八角の香りが程よく、木耳にも黒酢あんがよ~く絡んでいて美味!

bian1009.JPG

隣のテーブルの方は常連さんなのか
メニュー以外の主菜を聞いている。
頼まれたのは鮭の塩麹漬け。それも大きい切り身(遠目にチェック済)で良心的だな~。

 

そしてわたしは
ちりめん山椒と浅漬けを

bian1010.JPG

埼玉県認証減農薬米を使った黒米ごはんと味噌汁でいただく。

bian1011.JPG

デザートには、白玉小豆を選んで

bian1012JPG.JPG

飲み物は緑茶で、あぁごちそう様。


bian1013.JPG



bian1014.JPG

枇杏びあん

ときがわ町番匠640-1
月と、第一・第三火休み(祝日は営業) 


ときがわは、木々の色づく頃もまた好し。                          pana

bian1015.JPG

October 25,2013 12:12 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

都幾の湯 四季彩館

わたしが とうふ工房わたなべで買い物をしている間に
同行者は日帰り温泉に入っていた。

都幾川 四季彩館
真っ昼間の温泉はどうも調子が上がらないわたしは、残念ながらここは未体館。

shiki002.JPG

 

民家風で寛げそうな四季彩館のお風呂は
清潔で、なかなか良いらしい。

shiki005.JPG

 

風呂上りに、ゆっくり寛ぐ人の姿を見ると
少し羨ましい。
冬になったら、体館して見ようかな。。。

shiki004.JPG shiki001.JPG

都幾の湯 四季彩館

埼玉県比企郡ときがわ町大字別所556-1
TEL 0493-65-5515

 

このあたりは、三波渓谷と言うのですね。 

shiki003.JPG

都幾川の流れ。

shiki006.JPG

ときがわ町はいつ訪れても、ほっとする景色が迎えてくれる。 

ときがわ町

 

June 24,2011 06:08 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

ときがわ町 とうふ工房わたなべ

ときがわに来たら
寄っておきたい場所のひとつが、
地元の大豆などを使った、とうふ工房わたなべ。

watanabe0100.JPG

土日は混んでいる。

watanabe0101.JPG  

先ずは店頭の野菜から
ここでも並んでいる 『こしあぶら』

watanabe0103.JPG

この下に
「新潟まで行ってとってきました。今日しか出ません。」の貼紙あり。 1PC 500円

watanabe0104.JPG  

揚げるのが難しいコシアブラ。
天健のご主人に伺ったら、「薄衣につけて揚げてみてください。」とアドバイスいただきました。

 

野菜やお菓子の生産者の顔が見える。

watanabe0102.JPG watanabe0105.JPG

100円~で販売されている『ファリンアドーレ』のハーブ野菜類。
わたしは、初めて見かけた名前だけれど、実は有名な農園だった。

 

 

さて、どの豆腐を買おうか迷う、店内へ 

watanabe0106.JPG watanabe0107.JPG

土日限定のおからコロッケ。 

watanabe0108.JPG

夏越豆腐? 

watanabe0120.JPG watanabe0109.JPG    

「半年間の邪気を祓い、夏を乗り切る!」
それなら勿論買わなくっちゃ。  藻塩付き。 

本年の夏越しの大祓いは、6月26日(日)10:30から開催とのこと。

 

店舗の庭にある仕込水は
自由に汲んで持ち帰れる。勿論検査済みで安心。

 

 

watanabe0123.JPG    watanabe0124.JPG

豆腐も、豆乳も、濃厚味。
おからコロッケはヘルシー。

watanabe0122.JPG

 

 

 

香りの良い、タイム
この生産者、ファリンアドーレは、
都内の催しなどにも出店する小川町の農園のようだ。

パンや菓子類にもこだわりがあるようなので、次回もっと試してみたい(日曜だけの出店かも。)
ときがわ町は、
無農薬などにこだわった産品が、観光客の目にも触れるように紹介されているところが嬉しい。
watanabe0125.JPG

 

 

 

 

夏越しといえば
わたしは最近、もうひとつスポーツを始めた。
この夏をしっかりと乗り切れますように!

 

とうふ工房 わたなべ

埼玉県比企郡ときがわ町番匠 372
TEL 0493-65-0070

June 23,2011 06:06 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages