今日の食HOME

今日の食

まったり秩父 おまけ

PNB-1253 cafeでまったりのあと
再び秩父鉄道に乗って、長瀞駅へ

nagatoro0701.JPG  

 

このあたりは、春になると桜がとても美しいので
その頃又来たいねと、話す。

nagatoro0702.JPG

 

わたしと違って友人は、当然、遠足では来ていない関西人なので
一応岩畳も案内する。

 

nagatoro0707.JPG

 

帰りに、豆の大沢屋に寄り 

 

nagatoro0703.JPG

nagatoro0704.JPG

試食して
甘納豆を買う。

nagatoro0705.JPG

 

おかみさんの勧めで、36種の薬草が入った冷たいお茶も頂いてごちそうさま。 

 

nagatoro0706.JPG

 

帰りは、あえて冷房の無い車両に乗り
風をビュンビュン受けて、秩父路を後にする。                            pana

 

nagatoro0708.JPG

 

 

・・・・・後日・・・・・

お盆で実家に行く。

nagatoro0709.JPG

 

そこで母に「ヤギって庭で飼えるかな~。。。」と話すと 

さして驚いた様子もなく
「あら、いいじゃない。」と言う。   マジ?

わたし 「昔近所で飼ってなかった?」

母 「そうよー、あなたはヤギの乳で育ったのよ。」

わたし 「え! うそ、そのまま飲むの?」

母 「まさか、沸かすわよ。でも、乳は雄雌いないとダメよね~。」

そうなんだ、あ、いやそこまでは、、、草を食べて欲しいだけなんだけどね。。。

 

それからは、
朝、カーテンを開けるたびに、『庭にヤギがいる』 という景色を想像し、
結構まったり気分になっている。

 

July 26,2013 06:39 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

まったり秩父 PNB-1253 cafe

阿左美冷蔵天然氷で涼んだ後は、
10分ほど、ゆらゆら歩いて

ランチと決めていたカフェへ。 

やってるよ。

pnb01.JPG

 

PNB-1253

というカフェの、あえて全景はナイショ。  

pnb02.JPG  

 

入り口付近は、ギャラリー

pnb15.JPG

その奥が、ブックカフェ。

 

pnb04.JPG

 

窓からは、秩父の山の緑が一望。
&  ↓  ここに何かいる。  

pnb03.JPG

 

手づくりのメニューにも、庭の写真が使われている。

 

pnb087.JPG

 

早速、自家焙煎オーガニックコーヒー ブレンドを一杯。
挽きたての豆ををネルドリップで丁寧に淹れてくださる。
 

pnb10.JPG  

北欧風なカップも素敵
久しぶりに美味しいコーヒーに出会えて、嬉しい まったり。

 

メニューの一部に
庭、というか山というか原っぱにいる、ヤギのブッチー君が紹介されている。
仕事は草を食むこと。
食事の前に挨拶してこよう!

 

pnb09.JPG  

いいな~。ヤギ。

ブチってのもかわいいよ。
さすが草食動物、足細っ!(友人談) 

pnb05.JPG

 

食べてる食べてる。 pnb06.JPG

 

毛並みもよろし。
可愛くて まったり。  

 

さて
わたしたちもランチ食べましょ。

秩父産そば粉を使っているという
B.L.T.C.ガレット
レタスとトマトたっぷりでびっくり! そのトマトも甘い。 

pnb11.JPG  

 

額縁に丁寧に作られた絵画のような
武州豚のロースハムガレット 

pnb12.JPG

長瀞の隣町、寄居で飼育されているという武州豚で作られたこだわりのハムの旨みと
グリュイエールチーズ、半熟卵で美味!

 

他に季節のガレット、この時期は夏野菜のラタトゥイユもありました。

 

 

とろ~んと、外を眺める
本気で、家の広大な???庭でヤギが飼えないかと考えて、まったり。

 

pnb16.JPG

 

していると、
ガレットに平日限定で付いてくるという、
ちょこっとデザートがお目見え。(年末年始、GW、夏休みを除く)
思いがけないサービスのプラムシャーベットは、嬉しいし美味しい。

 

pnb13.JPG

 

コーヒーをもう一杯
またまた、カップもいいね! 

 

pnb14.JPG

だいぶゆっくりまったりしてほっこり。

 

てくてく歩いて、かわいらしい親鼻駅を目指す。                            pana 

pnb17.JPG

  

PNB-1253

埼玉県秩父郡皆野町下田野 1253-1

 
July 24,2013 06:57 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

まったり秩父 天然氷阿左美冷蔵 

秩父へ
電車で向かう。

まったり 池袋線武蔵横瀬駅のヤギたち。 

asami01.JPG

西武秩父駅で下車し
秩父鉄道に乗り換え。 

asami23.JPG

まったり 御花畑駅

 

まったり パスモ スイカは使えない。 

asami03.JPG

まったり ホームに布団が干してある。

asami05.JPG

そして熊谷行きの秩父鉄道に乗り込む。

意外に人が多いけれど
この方達 皆さん わたしたちと 同じ目的?だと困る。。。

asami04.JPG

荒川を渡って

asami06.JPG

上長瀞駅で下車
5分ほど歩いて
本日の目的地、阿左美冷蔵に到着。 

 

asami07.JPG

 

平日の10時半頃
待ち時間は40分ということ、
想像以上に混んでいる。。。

 

asami08.JPG

わざわざ3時間かけて来た友人と一緒だから
もちろん、まったり 待つ。
この日は猛暑日でなくて良かった。

 

以前来たのは何時だったろうかと ブログを見返すと、
ジョニー・デップぶりぐらいだった。約7年、月日の経つのは早い。
(容量一杯で画像消えていてすみません (>_<)

 

待ってる間に、メニューを見て選ぶ。
迷う。。。

asami09.JPG

並び始めてから約50分
いよいよ中へ

asami10.JPG  

asami19.JPG  

緑が覆う涼しい庭を通って
室内へ案内される。 

 

asami12.JPG

asami13.JPG

外の混雑と比べて
中は、とてもゆったりで、まったり。

迷って決めたわたしは
『メロン王子のミルクリッチ』
メロン王子、、、って誰なんだろう?の みつに、練乳もついてくる。

asami15.JPG  

 

迷わない友人注文の
氷の美味を楽しみたい方!!
『蔵元秘伝みつのかき氷』
秘伝みつ+白あん(なめらか)+梅干(すっぱ) ですって。

asami14.JPG

盛られた真っ白の天然氷

 

シロップは
どうやったら上手くかけられるのだろうか。
上からかけた絵。

 

asami16.JPG

「あ~涼んだ。」 

 

帰りに庭に回ってみると
足湯(大人限定)が作られていた。
そこでまた、まったりして 店が紹介された書籍を眺める。

蒼井優 『今日もかき氷』 というのが楽しくて可愛くて まったり。

 

関西人で氷好きの友人によると
その本(古い方)の中で紹介されている京都の茶寮ぎょくえんのかき氷は、
ふっわふっわで忘れられないという。
けれども残念ながら閉店しているそうだ。

asami20.JPG

 

阿左美冷蔵は、本店も宝登山店も行列だけれど
食べた後は、爽快でやっぱり夏は並んでも 氷。

 

asami17.JPG  

 

阿左美冷蔵金崎本店

埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
※現在駐車場は、付近の有料駐車場を利用するようになっていました。

 

続いてランチの目的地へ歩く。
荒川の橋で立ち止まる。
『ポットホール?』  

asami21.JPG

 

かつてここが川底だった頃
硬い岩石が岩のくぼみに取り込まれ激しい流れによって回転し削られて出来たものだそう。

asami22.JPG

人が入れるくらい大きいんだ!!!

まったり と言うより びっくり。

 

さて も少し歩いてカフェ
ま っ た り 。                                             pana

July 19,2013 06:11 AM | コメント(2) | トラックバック(0)

秩父 珈琲道 ぢろばた

蔦の絡まる外壁の、クラッシックな外観。
自家焙煎 珈琲専門店 『ぢろばた』
以前、平日午前中店の前で立ち止まった事はある。
(12時からの営業だったのでまだ閉まっていた。)

今回は、開いている時間なので、一杯。 

ziro001.JPG

店内も、アンティークな雰囲気
静かに時を刻む時計。
温かな光を灯すスタンド。

ziro002.JPG    ziro005.JPG

メニューは、コーヒーのみ。

ziro003.JPG ziro004.JPG

 「ぢろばたブレンド(タイプⅡ)を4つお願いします。」

「・・・う~ん、あ~そうですか・・・いや、いいんですよ、いいんですけれど・・・なんと申しますか・・・
 皆さん同じと言うのは、いや、いいんですよ、いいんですけれど、ねぇ・・・」

 

マスターは決して怒っているわけではありません。
一度会ったら忘れられないお顔で、穏やかに笑顔で珈琲道を説くのだった。
マスターの世界感は、珈琲以上に印象的。

 

 

そして、バラけて頼んで
わたしは、何だったっけ?

ziro007.JPG

いつもの通りブラックだけれど、
『こういうコーヒーの愉しみ方は初めてだな』 という時間を過ごす。

 

 

でも、気になったのは、ミルク
スジャータのポーションなのは何故? ・・・ 
小心者のわたしは、結局マスターには聞けなかった。

 

 

何を写したいのか解らない写真。 

ziro006.JPG ziro009.JPG

珈琲道は深い。

 

 

ぢろばた

埼玉県秩父市 東町 9-14
TEL 0494-24-3377
木休み

『いい旅夢気分』とは微妙にずれた長瀞、秩父の一日でした。                   pana

 

June 10,2011 06:36 AM | コメント(4) | トラックバック(0)

長瀞 豆の大沢屋

岩畳通りを長瀞駅のほうに歩くと、土産物屋が並ぶ。
その中でも、人気の『豆の大沢屋』には寄って行きたい。

mame010.JPG  

ちょうど、高校生の列が途切れないので、どうしても写ってしまう楽しそうな青のジャージ。

 

 

大沢屋には、豆

mame011.JPG

えごま、きな粉、きび、各種お茶など
日本古来の身体に良さそうな素材ばかり。

mame012.JPG  

mame013.JPG

なかでも
店頭で試食ができる、自家製甘納豆や煮豆は外せない。

mame014.JPG  

きな粉をまぶしたそら豆の甘納豆・グラニュー糖をまぶした花豆の甘納豆
「甘納豆、毎朝9時~10時に仕上がります、無添加で仕上げます。」
た~っぷり入って450円。

「煮豆、毎朝9時~10時に煮あがっております、無添加で仕上げます。」
150円。

どちらもお廉い。
以前友人にいただいた時の記事は、こちら

 

お、おかあさん、、、両手に楊枝とは
食べる気満々です!

mame015.JPG

それで、ここ ↑ には、しば漬けだから、
甘辛の法則で、なかなか止まらないでしょう。

 

 

 

我が家は買って帰っても、自分ひとりだけで食べる事になると思いながら
控えめに
花豆の煮豆を買う。
mame016.JPG

ところが、写真に撮っただけで、豆は消えた。
それならもっと買ってくればよかった。

 

大沢屋

埼玉県秩父郡長瀞町長瀞 454-2
TEL 0494-66-1863

  

 


秩父市内のちちぶ道の駅もちらっと寄る。
『ちちぶまゆ』というお菓子。

mayu010.JPG

mayu011.JPG

なかなか、まゆっぽい。

mayu013.JPG  

真っ白なマシュマロ
その中に入っているのが
秩父カエデ糖なのね。

mayu014.JPG

高い、甘い、けど、一瞬して食べ終わる。

 

 

 

帰りに珈琲を一杯。
昨夜のいい旅夢気分でも紹介されていた、ぢろばたへ。                      pana

June 09,2011 06:18 AM | コメント(4) | トラックバック(0)
 1  |  2  |  3  | All pages