スタッフの一言

リトアニア料理

駅に置いてあったフリーペーパー。「外国人が教える家庭料理教室tadaku」という記事があり、面白そうだったので行ってみました。

参加したコースの先生は、リトアニアの方。リトアニアで良く食べられているというお料理を教えて下さいます。

201708301.jpg


ピンクのスープは「冷たいビーツスープ」酸味があってきゅうりの食感も楽しい、夏のスープです。

201708302.jpg


ひき肉のポテトパンケーキは、マッシュルームソースをかけて暖かいうちにいただきます。

201708303.jpg


ひき肉炒めをマッシュポテトで包んでいます。お腹にたまる一品。

海外のお料理だと、食材が手に入らなかったり高かったりする心配がありますが、先生は手に入るスーパーや代わりの食材も教えてくれました。

デザートはチョコレートケーキとハーブティー。

201708305.jpg


ご実家が農家で、お婆様が料理家だという先生。ハーブティーは、実家の森で摘んだものだそう。バルコニーのプランターでも様々なハーブを育てていらっしゃいます。

3時間のコースでしたが、英語だけの空間にいると慣れるものですね。他の参加者と日本語が話せるところも気楽で良いです。

食事の間には、リトアニアの事を色々と教えて下さいました。

リトアニアは山が無く、森と湖の国だそうで、写真集には霧がかかる森の写真が沢山載っていました。世界遺産の町並みや、お城や教会等の建物もとても綺麗で、いつか現地に行ってみたい気持ちになりました。

先生の母国のお話も聞けるお料理教室はとても興味深く、また参加してみたいと思いました。

全国多くのエリアで受けられます。(2)

  

  

  


"料理を通して異文化を楽しむ、一日ホームステイの様な料理教室"
Tadaku
August 30,2017 06:41 PM
この記事へのコメント

リトアニアとは北国だろうと想像はつきましたが、はっきりとした場所が分からず地図で確認しました〜ポーランドの隣国ですね。ビーツのピンクは北国の短い春の様ですね〜鮮やか✨✨素敵な出逢いを見つけられましたね。

投稿者 うさ子 2017年09月10日 07:18
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :