飯能 ブルワリーレストラン カールヴァーン今日の食HOME

今日の食

飯能 ブルワリーレストラン カールヴァーン

飯能河原にオープンした

ブルワリー&レストラン カールヴァーンへ行ってみました。

緑の中にある店の外観からして、特徴があります。 

car0701.JPG

「アラビアンスタイルのエキゾチックなインテリアは、訪れる人を遥か異国の地へと誘います。」
という案内の通り
広々とした空間、調度品、料理も普段は馴染みのないものばかりです。
大きなガラス窓から外の緑も眺めることが出来るので、ゆったり落ち着きます。

car0702.JPG

2階へ案内いただきました。 

car0703.JPG

入間川を眺める事が出来る窓際の席
春の新緑、秋の紅葉も美しい事でしょう。

car0704.JPG

階下を眺めると
黒系のインテリアの中に、爽やかなユニホーム姿のスタッフの方々の動きや、キラキラの食器が
映えますね。 

car0705.JPG

1階席 

car0709.JPG

さらに、テラス席。 

car0710.JPG

 

わたしたちは、カウンター席にしました。 

 

こちらの会社では、他にも都内にレストランなどを多く展開されているそうで
色々と気配りして下さる彼女は、渋谷ヒカリエのファーイーストバザールの店長さんとのこと。
お話を伺っていたらそちらへも行きたくなってきました。
彼女が店に戻る予定の、1か月後以降ですね。 

car0706.JPG

カールヴァーンでは、室内のブルワリーで作られる飯能初のクラフトビールがいただけます。
さらに、飯能市下直竹の自家農園でホップも栽培されていて
秋にはそのホップを使った新酒がいただける予定となっているそうです。

car0708.JPG

 

クラフトビールは4種、他にも酒類は様々用意されています。
 

car0712.JPG

 

ランチにはセットメニューがあります。

car0711.JPG

また、ディナーの席には
キャンドルが灯され、それも素敵な雰囲気だそうです。
料理も、牛肉のプラム煮や、レバノンのデザートもあるそうで、興味深いです。

car0713.JPG

さて、ランチ
友人は、パエリアのセット (魚介の風味が良く、美味しかったですが画像撮り忘れ、残念。)

car0714.JPG

こちらは、セットに共通の
フムスと、レンティルスープ

car0715.JPG

 

わたしは、スズキの ナッツクルート焼き
フムス、エイジ(ナンみたいの)、レンティルスープ

聞き慣れない料理ですが、 柔らかな味付けのレンズ豆のオンパレードで、身体にも良さそうです。

car0716.JPG

そして4種のビールの中から
ファーイースト・ベルジャンホワイトを選びました。 

car0717.JPG

エジプト産のコリアンダーと国産柑橘ピールを使用している爽やかな香り。 

car0718.JPG ○○○泡が~生きている○○○

 

最後は、サイフォンで淹れていただけるコーヒーにしました。

カップも豪華です。 

car0719.JPG

 

これは、オープン日のサービス?

砂糖を使っていない、花蜜のjジェラートをいただきました。 

car0720.JPG

ごちそうさまでした。



非日常な雰囲気の店を出ても
ここは一体どこなのでしょうか。。。


car0721.JPG

この赤い橋(割岩橋)を渡って直進方向にずっと進むと、
西武池袋線飯能駅北口に行けるそうです。(徒歩約12分) 

car0722.JPG

 

car0724.JPG CARVAAN埼玉県飯能市大河原32-1 

お時間には余裕を持って行かれることがお薦めです。

July 26,2017 07:35 PM
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :