エコ・クッキングスタッフの一言HOME

スタッフの一言

エコ・クッキング

東京ガスのお料理教室が面白かったので、今度は近場のキッチンランドの教室に行ってきました。
2017072013060000.jpg
教室のコースは様々なものがあり、男性向けやキッズ向けのコースも多いです。
今回受けたのは「エコ・クッキング」
複数のメニューの調理に、同じフライパンを使いまわしたり同時グリル調理をしたりして、洗い物に使う水の量や調理に使うガスの量を少なくする工夫がされています。
その他にポイントとして
1.鍋底の水滴を拭く(水を蒸発させるために余計なエネルギーが使われてしまうため)
2.鍋から炎がはみ出さないようにする(はみ出した分は全て無駄になる)
3.鍋蓋を利用する(使いまわしのお湯の保温等)
水栓には計測メーターが付けられていて、最後に使用量の発表があるというので、洗い物の順序にも気を使います。素材の下ごしらえにも工夫があって、少量の油で早く火が通るようにと茄子にはあらかじめ切れ込みを入れたりしています。
コンロの温度設定や調理時間設定を利用して、熱ロスが無い様に調理していきます。
しかし・・・操作盤には表示が出るのですが、ガスの炎が全く見えず。
自分の目がおかしいのかと思いましたが、同じグループの人達皆炎が見えていない。実際はきちんと炎が出ていて、光の加減で見えていないんだそうですが、バーナーが綺麗だからでしょうか。ガスコンロで炎が見えない状態で調理するというのが、何とも妙な感覚でした。
夏バテ知らずのスタミナメニュー完成です。
2017072012440000.jpg
最後にグループごとのガス・水の使用量の発表がありました。
A班4名・B班3名・C班3名
2017072013060001.jpg
私達C班は途中ミスした割にはまあまあな結果で、「意外だわね~」と声を合わせてしまいました。
今回のグループは、50代の主婦・40代の私・20代の妊婦さん。
一緒に作った料理を同じテーブルでいただくので、会話が弾みます。妊婦さんは初めての妊娠で不安も多いらしく、50代の主婦の方が相談を聞いたりアドバイスをしたりしていました。初対面なのに楽しく過ごせて今回も参加して良かったです。またいつか、教室で会えると良いなと思いました。
お天気が良かったので、帰り道も気持ちよかったです。
P7200624.JPG
途中、壊れた御守を納めに神社に寄りました。
P7200626.JPG
神社では、夏祭り用の舞台の設営が始まっていました。
P7200627.JPG
梅雨も開けて、いよいよ夏祭りの季節ですね。(2)




  

July 20,2017 07:36 PM
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :