12月の鎌倉 円覚寺 如意庵 茶寮安寧今日の食HOME

今日の食

12月の鎌倉 円覚寺 如意庵 茶寮安寧

明月院の後庭園
もうひとつ

行きたかった所は
円覚寺 如意庵のお寺カフェでした。
 

annei01.JPG

 

 

円覚寺は北鎌倉の駅からも近いので
紅葉の綺麗な門前から、拝観者がとても多いですが
緩やかな坂を登るにつれて、青い空と山々の色付きも拡がり、だんだんと小路になります。


annei12.JPG

その右手
如意庵の石碑から、急な階段を上ると
茶寮 安寧があります。 

annei02.JPG  

ライトアップされたもみじと
立派な襖絵が迎えてくれます。
呼び鈴を鳴らすと、店の方が迎えに来てくださいます。

annei03.JPG

縁側には
庭を眺めながらお茶をいただけるテーブル席が並んでいます。
このような所で、お茶をいただけるとは、とても有難いです。

annei04.JPG  

お品書きには
あんみつや、抹茶ババロア、コーヒーなどもありましたが
やはり、こちら、12月のお菓子をいただきましょう。

annei05.JPG


美しく愛らしい柚子餡の上生菓子は
逗子の「こよみ」という和菓子店の品とのこと。 

annei06.JPG

安寧の方はどなたも物腰が柔らかく
そして、気軽に声をかけてくださいます。
「こよみ」は、開店から1年ほどの店だそうですが、やっと見つけた素敵な和菓子屋さんとのことでした。
柚子餡もお上品でとても美味しいです。

 

席に着いて始めに温かいほうじ茶をいただきました。
今までの中で一番美味しいと思えるお茶でした。
こちらは、ご住職の選ばれた
京都 柳桜園茶鋪のほうじ茶だそうです。
お抹茶の後にも、ポットで出してくださいます。

annei08.JPG  

 

他にはテーブル席と、お茶室もありました。
遠慮なくお邪魔して、座って茶花を眺めてみると、
蝋梅でした。
ライトアップされているので枝の影も、何かを語るように美しいです。
少し顔を近づけていると、
「葉が付いているの珍しいでしょう?」 と声をかけていただきました。

 

甘い香りが、これから来る冬を、そしてその先の春を感じさせる 一輪でした。

annei10.JPG  

 

お味も雰囲気も接客も、至極の安寧(あんねい)でした。

営業日
水・木・金・第2土曜日 10:00~16:00
ランチは、第2土曜日11:30~
(シーズンオフは営業日に関わらずお休みの場合があるそうです。)

 

円覚寺の奥まで楽しんで
大満足です。

annei16.JPG  

annei13.JPG

実に優雅にのんびり過ごしているようですが
実は大変時間に追われていまして、駆け足で回った北鎌倉の2時間でした。 ふぅ~。

annei14.JPG 次回こそ、ゆっくり巡りたいです。 

December 12,2015 06:41 AM
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :