住まいのエリア情報HOME

住まいのエリア情報

変化する街

去年秋に豊洲駅前にオープンした豊洲シビックセンター。
201612101.jpg  
ロータリーからの正面入り口。隣のマンションは、共用部分がクリスマス色の照明で照らされていました。
201612102.jpg
反対側の駐輪場上から景色を見ると、晴海通りの向こうに豊洲センタービル群。
201612107.jpg
ららぽーと方面はタワーマンション。
201612103.jpg
晴海通りを背にすると、東京湾にレインボーブリッジが見えます。
201612104.jpg
レインボー色にライトアップされていました。
シビックセンターの4.5階にはホールがあるのですが、そのステージの奥とららぽーと側の壁は開閉式遮光設備になっていて、全開放するとレインボーブリッジ方面の景色が見られます。
201612108.jpg
ファツィオリというイタリア製のグランドピアノの向こうにウォーターフロントの夜景が見えるのは、かなり豪華。
当日はお天気が良かったので、リハーサルの際には綺麗な夕焼けの景色が見られたそうで、演奏する方も「私、今日はテンションが上がっています。」と話していました。
夏ならば、全開放の夜公演で夕焼けから夜景まで眺められるのかと思うと、出来れば一度その瞬間を体験してみたいです。ただ、演奏会の予定は少ないようですし遮光設備が全開放になるのかも分からないので、見られる機会はなかなか難しそう。
ららぽーととの間の敷地は現在開発中で、2020年に3棟のビルが完成予定。
A棟(180M)・C棟(80M)・B棟(145M)の建物が建つと、ららぽーと側の景色は変わってしまう。
201608173.jpg
ららぽーとからのこの眺めも、あとわずかなんですね。(2)

December 25,2016 12:50 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

日本科学未来館 The NINJA

銀座 クラッティーニで冷たい桃のスパゲッティのあとは
ゆりかもめに乗ってテレコムセンターで下車、日本科学未来館へやってきました。

この日は夏休みちょい前で、子供達よりも外国からの観光客の方々が、多くいらっしゃいました。

ninja01.JPG  

 

シンボルゾーンの大きな吹き抜けが印象的です。

 

ninja02.JPG   

 

スロープを上まで登ると
また、ダイナミックな空間を感じます。
※注 1階で寝そべっている人々はこの巨大地球ジオコスモスに映し出されるプログラム上映を観ます。
また、稀にお昼寝の方もいらっしゃいます。

ninja29.JPG

さて、本日は、
10月10日まで開催の企画展 「The NINJA 忍者ってナンジャ!?」を楽しみます。 

ninja04.JPG

忍者道場で
心 技 体 三つのステージで修行し忍者を目指します。 

ninja05.JPG  

その1
<体を鍛えよ>
【主な修行体験】 「忍び足」で歩く、なんば歩き、跳躍力をきたえる 手裏剣を打つ、五感をきたえる
先ずは、手裏剣(ゴム製)を的に当てます。
2/5当たり。

ninja06.JPG  

ninja07.JPG  

 

続いて


ninja10.JPG   

 

忍び足で進み → クリア!

ninja11.JPG  

 


は棄権。
この子も残念ながら、ブブーです。

ninja12.JPG

 

視る 

ninja14.JPG ninja15.JPG

嗅ぐ

ninja16.JPG ninja17.JPG

 

触る

ninja18.JPG ninja19.JPG  

 

味わう

ninja21.JPG ninja22.JPG

 

その2
<技をきわめよ>

ninja25.JPG  

【主な修行体験】 天気を読む、道を教える、身を隠す 時間を知る、情報を聴きとる、情報を伝える  

 

 

その3
<心をみがけ>

【主な修行体験】 印を結ぶ、呼吸・瞑想

 

ninja33.JPG

ninja30.JPG  

 

滝に向かって決めポーズ!

ninja31.JPG  

ninja34.JPG   

呼吸は大事ですね。
ご一緒にいかがですか?

 

ゆっくり、ほそくながく鼻から吸い、そして息を止め、その「気」を全身に巡らせます。
行きを吐くときも同様に、鼻からゆっくり吐き出しましょう。天地と一体化するような感覚を体感します。

 

リラックスー。

 

でもやや、やり遂げていない感はありますが、「忍者認定証」は、いただけます。

ninja32.JPG  

 「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」 

 

そして
子供達の夏休みになりました、たのしんでね~。
わたしは、所沢駅で、ポッポ ゼニガメ トサキント                        pana 

 

July 26,2016 06:17 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

深川東京モダン館

職場の女性の案内でプチブラリ深川。

深川東京モダン館というレトロな建物からスタートです。

fukagawa01.JPG  

 

文化庁 『登録有形文化財』 に指定されている建物は
昭和7年に東京市営食堂としてオープンしたそうです。

fukagawa02.JPG  

84年を経た建物の
2階への階段や、モザイクタイルがレトロです。

fukagawa04.JPG  

fukagawa03.JPG  

1階は展示スペースになっています。

fukagawa06.JPG  

 

2階にはカフェがありますが
カフェの休業日には、1階で百圓コーヒーがいただけます。

fukagawa07.JPG  

 

では、一杯。

 

そうそう、この時の『タモリ倶楽部』観ましたよ!
ミュージシャンでもある(と、アナウンサーの方が紹介された)
マキタスポーツさんと、レキシさんが(ミュージシャンです)出演し
江東区歌を作ったのですが。その後どうなったのでしょうか。。。

fukagawa08.JPG  

 

モダン館の女性によると
「曲は良かったですね。」
あらら。。。

fukagawa09.JPG  

 

さて、モダン館では
深川の街歩きガイドをしてくださる方がいらっしゃいます。
運よくお時間があるとの事でしたので

 

お願いして、深川公園方面へ案内していただきました。

江戸っ子!法被がお似合いです(^_^)

fukagawa10.JPG  

 

清澄通りを渡り
辰巳新道というちょっと怪しげな路地を通ります。
全長50mほどの路地に32件ほどの店がある飲み屋横丁。
軒を連ねる店の名は

りんご ゆき 梓 たんぽぽ

fukagawa11.JPG  

おみつ

夜の灯りを想像しながら通り過ぎます。

fukagawa12.JPG  

 

そして深川公園 石造燈明台に到着。
こちらは、明治31年の竣工だそうです。

fukagawa13.JPG

素敵な街歩きになりました。ありがとうございました。  

 

深川モダン館

東京都江東区門前仲町 1-19-15  

 

& ランチは、お魚料理の美味しい
芳志で。

fukagawa14.JPG

焼き魚と煮つけ。 

fukagawa15.JPG fukagawa16.JPG

芳志 

東京都江東区門前仲町 1-7-5   

街良し、人良し、味良し深川。

June 02,2016 06:01 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

桜 深川

 

201603302.JPG  

舟で桜を愛でる。
風情がありますね~。

 

3月の上旬に職場の女子が予約してくれたお花見クルーズ船は、
門前仲町駅から徒歩3分ほどの、大横川黒船橋乗船所から出航します。
手漕ぎの和船や、私たちが乗る動力船で水上からお花見と洒落ましょう。
3月30日 あんまり咲いてません。。。

201603303.JPG  

行ってきま~す!

201603304.JPG  

わたしたちが乗った「がれおん船」では
お茶やお菓子、そして半纏も用意されていて
デッキでも少しも寒くありません。

 

意外にも、川沿いの桜はまだまだ蕾が多く、天気も花曇りでしたが
柔らかい風と潮の香りが何とも心地よく、心も身体も『とろ~ん』としてきました。

201603305.JPG  

 

201603306.JPG  

ゆっくりと川面を行く船。
景色もゆっくり移り変わります。

古い倉庫が続く道にも桜並木。

201603307.JPG  

 

そして、この日は特別に?
隅田川にまで出ることになりました。
波を受けて揺れ、ちょっぴりスリルがあります。

201603308.JPG  

橋の向こうの右端に、スカイツリー

201603309.JPG  

 

河口側は
佃島です。

201603310.JPG  

再び
大横川に戻って
いくつもの橋の下を潜ります。

201603311.JPG  

 

ちょうど昼時
ランチに出かけたサラリーマンの方々が、桜を、船を眺めています。

201603315.JPG  

 

こっちからも眺めます。

201603313.JPG  

201603312.JPG  

 

30分ほどのお楽しみも、そろそろおしまいです。
カメラを落とさないようにパチリ!

201603314.JPG  

来年、次は満開の桜を見たいです。 

201603301.JPG

 

お江戸深川さくらまつり 

わたしたちが乗車した動力船の運航はこちら →下町探検クルーズ「がれおん」

 

 

April 02,2016 06:34 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

現代美術館「ここはだれの場所?」

オスカー・ニーマイヤー展のお隣では
こんな展示

 

友人が「見てみよう!」と話すのでチケット購入しまして
入ってよかった展覧会でした。 

mot1050.JPG

先ずは
デザイナー、ヨーガンレールの世界から。
ー 地球はだれのもの?
移住先の石垣島の海岸にどこからか流れ着くゴミによって
この数年間に無残に荒らされてしまったことに心を痛め
それらを使って美しいものを作りだすことで
地球環境に対する人々の意識を喚起し、子供たちの未来を憂いた彼のラストメッセージです。
パンフレットより抜粋

カラフルなこの山はペットボトルのキャップです。

mot1051.JPG  

壁面は、ヨーガンレールのスケッチ。

mot1052.JPG

カーテンを開けて進んでください。という説明がありましたので開けていきます。

mot1053.JPG  

すると
誰もが
「わー!!!」っと

mot1054.JPG

思わず声をあげる
色と光の輝きの空間が現れました。

mot1058.JPG

mot1055.JPG   

mot1056.JPG

暫くこの世界に浸っていると

mot1057.JPG   

踊りたい気分になります。

mot1059.JPG  

次の部屋には

mot1060.JPG

これは何でしょうか?

mot1061.JPG  

ヨーガンレールが海で拾ったもの
ビーチサンダルでした。

mot1062.JPG

次の部屋は
ー 美術館はだれのもの?
子供達だけが入場できる美術館、岡崎乾二郎 作や
ー 社会はだれのもの?
会田家の部屋など

mot1063.JPG  

最後は
ー 私の場所はだれのもの?
段ボールで出来た家の塔

mot1064.JPG

江東区の地元の小学生と
アルフレド&イザベル・アキリザンとのワークショップで作られた作品だそうです。

mot1065.JPG  

ひとつひとつのお家も楽しいですが
積みあがるとすごい迫力です! 

mot1066.JPG

mot1067.JPG

 

mot1068.JPG

mot1069.JPG

現代美術館とその展示、
サードウエーブコーヒ―で知られる清澄白河の、街ぶらりと併せての秋の一日を楽しめます。
この展示は10月12日(月・祝)までです。

mot1070.JPG  

mot1071.JPG

東京都現代美術館

江東区三好 4-1-1

 

影響されて
ヨーガンレールのババグーリに寄ってきました。 

mot1072.JPG

mot1078.JPG

 

美術館で観たオブジェですね。

mot1073.JPG  

なかなか高価なものばかりで。。。
ほんの小さなお土産買いました。

mot1074.JPG

Babaghuri

江東区清澄 3-1-7

October 08,2015 06:03 AM | コメント(0) | トラックバック(0)
 1  |  2  | All pages