住まいのエリア情報HOME

住まいのエリア情報

2014年 六義園の枝垂れ桜

3月28日

六義園のしだれ桜は、見ごろを迎えていました。

わたしの今年初花見。

rikugien201401.JPG  

rikugien201403.JPG  

rikugien201402.JPG  

rikugien201404.JPG  

一年ぶりのしだれ桜は、「はふぁ~。」やはり感動もの。 

rikugien201405.JPG  

rikugien201407.JPG  

 

今年の春は、新しい場所へも花見に行ってきます!(予定)                      pana

rikugien201408.JPG

六義園

東京都文京区本駒込6丁目
4月6日まで、「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」中。

 

藤代峠からの眺め

rikugien0330.JPG  

いくつか咲いている つつじ

rikugien0331.JPG  

開き始めの 染井吉野

rikugien0332.JPG

 

 

池の キラキラ

rikugien0333.JPG
March 30,2014 03:07 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

新緑とつつじの六義園 

巣鴨駅前の高木家デザート工房でスイーツ補給を完了して
つつじが見頃の六義園へ

 

この新緑!
画像処理はしていません(^.^)

rikugien0401.JPG   

そして、
つつじが見頃。 

rikugien0402.JPG

3月に撮影した、このしだれ桜   rikugien0403.JPG   

今は緑の葉が枝垂っている。

rikugien0404.JPG  

 

 

今回はちょうど11時から、
園内をガイドしてくださる庭園ボランティアガイドの方に色々と教えていただきながら、
和歌の庭を散策するとこにする。

よろしくお願いします。

rikugien0405.JPG  

長い黒髪の彼女は
わたしレベルに合わせた説明を心がけて下さり、終始楽しい散策となる。
そんなわたしに、「花の名をよくご存知ですね~!」と言われると、結構うれしい(^_^)。

 

 

緑が茂り
3月下旬に来た時よりも狭く感じる出汐湊の先に、藤代峠のつつじが鮮やかに見える。

rikugien0406.JPG  

吹上茶屋付近も色とりどり。

rikugien0407.JPG

その吹あげの松まで到着。
「この赤松は樹齢300年以上、このお庭のことを一番知っているのですよ。」
『なるほど、とてもいい表現だわ~。』

rikugien0408.JPG  

真っ赤な
八重霧島

rikugien0409.JPG

染井吉野の大木を改めてよく見る。

rikugien0410.JPG

rikugien0411.JPG

 

吹上茶屋を過ぎて


3月撮影のつつじ茶屋      rikugien0301.JPG

 

そして今の季節のつつじ茶屋。
この時期の一ヶ月は、こんなにも変化。 

rikugien0412.JPG  

 

しかし、これだけもみじの木があるのに、なぜつつじ茶屋と言うのかが不思議だった。

その理由を、ボランティアガイドの方にうかがい知る。
明治年間建てられた茶屋の
内側の柱が、つつじの木で作られているため、その名が付けられているという。
似ているように見える外側の柱は百日紅の木だそう。

rikugien0413.JPG  

現在、震災の影響でこれ以上は立ち入れない。 

その先、
一人で回ったのでは見過ごしそうな案内板で
今日一番印象深い歌に会う。
『蛛の道』
古くはクモのことを蛛(ささがに)と呼んだそうで、
この小道が蜘蛛の糸のように細いことから名付けられたそうだ。
そして、この印象的な和歌。

rikugien0414.JPG  

わがせこが
来べきよひなりささがにの
蜘蛛のふるまいかねてしるしも <衣通姫>

衣通姫(そとおりひめ)
絶世の美女で、日本書紀の中では、美しさがその着物を通して輝く姫と描かれているという。

rikugien0415.JPG

 

『今夜、愛しい帝が、来てくださる気がする。
ほら、クモがわたしの着物について、そう教えてくれている。』 
と、ボランティアガイドさんから教えていただき、
しっとりと美しい衣通姫の姿と心のときめきを想うのだった。 

 

続いて
標高35mの藤代峠に登る。 

 

 

 

rikugien0416.JPG

これも、3月撮影の藤代峠   rikugien0330.JPG   

今は、ツツジが彩っている。

rikugien0417.JPG

rikugien0418.JPG  

rikugien0419.JPG

rikugien0420.JPG  

そして
ここも、初めて来てみた芦辺茶屋跡
そこから渡月橋を見る景色もいい。

rikugien0421.JPG

 

月宿湾(つきやどるわだ)        rikugien0422.JPG

水面に月を映してその姿を愛でたといわれる
風情のある場所。

 

大泉水を眺める。
出汐湊辺りに咲く鮮やかなピンク色のサツキの時期は、もう少し先のよう。 

rikugien0423.JPG

 

そろそろ出口に近づいた頃
ガイドさんが興奮した様子で
「藤が咲いている!」と叫ぶ。

rikugien0424.JPG  

この山藤
近年開花したことはなく
なんと、10年ぶり位と言う。
それなら、その驚きにも納得。 本当にいい日に来たものだ。

rikugien0425.JPG  

柔らかな色合いは品があり美しい。

 

rikugien0426.JPG

 

最後に庭園ボランティアガイドさんに
「今日はお二人にお会いできて良かったです。」と言っていただき
いつか再会することを楽しみに、六義園を後にする。
ながせさん、こちらこそありがとうございました。とても楽しかったです。                 pana

 

特別名勝 六義園

文京区本駒込 6-16-3
休園日 年末年始

May 02,2013 12:00 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

巣鴨 高木家デザート工房

よく晴れたGWの一日に
駒込の六義園へ向かう。

 

この日は、巣鴨駅で下車し
先ずは、駅傍のケーキ店で腹ごしらえ。

takagiya20.JPG

 

高木家デザート工房

takagiya01.JPG  

イートインスペースもある店内で、

takagiya02.JPG  

ガラスケースからケーキを選び、お茶する。

takagiya03.JPG  

フルーツ系のケーキが多いのは
以前ご主人がフルーツ店にいらしたからとのこと。

takagiya04.JPG  

ストロベリーシフォン
プリントライフル
モンブラン が特に人気のよう。
旬のとちおとめトライフルにも惹かれる

takagiya05.JPG  

メニューを開くと、

takagiya07.JPG

パフェも。 

takagiya06.JPG  

けれども、しっかりランチを予約しているわたしは
ここは泣く泣く我慢して、
『すがも美人』という名も美しい、杏仁豆腐にする。
さっぱりと美味しい。

takagiya09.JPG

友人は、チョコシフォン。  羨ましい。。。

takagiya08.JPG  

 

takagiya10.JPG  

店の方も明るく親切で、なんだかいつも寄っているようなひと時を過ごことができた。

ちっちゃいケーキとコーヒーが可愛らしいトレイで精算を済ませ

takagiya11.JPG

緑いっぱいの街へ。

takagiya21.JPG takagiya22.JPG

高木家デザート工房

 

豊島区巣鴨1-17-8 野崎ビル1F
定休日は無いそうです。 

April 30,2013 05:55 AM | コメント(0) | トラックバック(0)

六義園のしだれ桜 ✿ 満開

 

3月20日(春分の日)
予定通り早起きすると
予報とは違って陽射しが差し込む朝。
それなら! と朝食を作り、洗濯を済ませて、2013年初桜を楽しみに出かける。
駒込 六義園(りくぎえん)、8時50分に正門到着。

 

 

 

入口には、しだれ桜開花状況
✿✿✿✿✿満開
と掲示がある。
こちらも今年は、10日以上早く開花した様子。

rikugien02.JPG  

そんな想定外でも
開園の9時前に門を開放してあり
周りの皆さんも、「気が利いているわね。」 と、話している。

rikugien01.JPG

 

内庭大門の
目の前にしだれ桜  

rikugien04.JPG

 

おみごと!!!

rikugien05.JPG

係りの方が、
「9時までは、桜に近づかずに、お待ちください。」とアナウンスするお陰で
人が見切れることなく撮影できる。
わたしも含めて、皆、遠まきにして写真を撮っていいる、早く来た人限定(^_^)


rikugien08.JPG

 

そして9時になる。

rikugien09.JPG

天気予報では☁ ?でも、
朝の澄んだ青空に、咲き誇る桜は清々しい。

rikugien07.JPG  

 

rikugien10.JPG

 

rikugien06.JPG  

存分に堪能して
園内への門をくぐる。 

rikugien30.JPG  

大泉水を臨む。

rikugien11.JPG

 

向こうに見える茶屋も気になる。。。

rikugien12.JPG


辛夷の大木も、白い花を咲かせる。

rikugien13.JPG

園路を歩き、趣の変わる景色を楽しむ。

 

rikugien14.JPG  

こちらは、しだれ桜Ⅱと名付けられた
吟花亭跡の高木。

rikugien15.JPG

rikugien16.JPG  

そして吹上茶屋にて一服。

rikugien17.JPG  

rikugien18.JPG

rikugien19.JPG

お抹茶
お菓子は本郷通りの『こうさぎ』製。→ 帰りに寄る。

rikugien20.JPG

茶屋の裏には
染井吉野が咲き始めている。こちらはこれからが見頃。

rikugien21.JPG rikugien22.JPG

つつじ茶屋 

 

rikugien24.JPG  

この辺はまだ春の気配が無いかなと思って見上げると
もみじの小さな葉が青々と芽吹いていた。
紅葉も見事だろう。

 

rikugien23.JPG

藤代峠のツツジ
咲いたら艶やかだろう小高い丘を35m登って

 

rikugien27.JPG

頂上から眺める六義園。

rikugien28.JPG

再び藤代峠を下りて
渡月橋(危険なので立ち止まってはいけません。(>_<)

 

rikugien31.JPG  

回遊式築山泉水の大名庭園を一周して入口に戻る。

 

rikugien33.JPG

ゆっくり散策して小一時間。
朝よりもっと開花したようなしだれ桜を前に
続々と笑顔の花が開いていくのだった。

rikugien34.JPG

 

六義園

東京都文京区本駒込6丁目 
2013年3月22日から予定しているライトアップは、3月20日、21日から特別先行公開とのことです。

March 21,2013 06:50 AM | コメント(4) | トラックバック(0)