住まいのエリア情報HOME

住まいのエリア情報

紀尾井町通り 関山桜

友人が、出かけてみたいと話していた、紀尾井町の八重桜満開と聞き、
朝までの雨も止んだ定休日に出かけてきました。

 

ランチを済ませて、電車に乗り込み一時間ほど。 

 

kioi0401.JPG  

赤坂方面から、 弁慶濠を渡り
左側がホテルニューオータニ、右側が東京ガーデンテラス紀尾井町の両側 が桜並木です。

 

kioi0402.JPG

 

kioi0403.JPG  

 

ホテルニューオータニ

kioi0404.JPG

 

オーバカナルカフェの前がとても綺麗です。 

kioi0405.JPG

八重桜のピンクが、降るようですね~。 

kioi0406.JPG

テラス席が好い季節になりました。わたしはここで明日のパン購入。

フランスパンに有塩バターの、フィセルオブールが美味しい kioi0417.JPG

 

そして八重桜の葉を見ていると、、、どうも桜餅が頭に浮かんでしまいます。。。

kioi0407.JPG


続いてザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町の上階に行ってみることにします。

kioi0408.JPG

36階から
東京タワー側の眺め。 

kioi0410.JPG

皇居、スカイツリー側。 

kioi0411.JPG

コーヒーとオアシスガーデンスカッシュ。 

kioi0413.JPG

店の方々はディナーのテーブルセッティングにお忙しそうでした。 

kioi0415.JPG

 

帰りは四谷の土手を歩きました。
たった一日で新緑の季節になりましたようで、
葉桜の下も気持ちが良いものですね。


kioi0416.JPG

April 18,2017 09:43 PM | コメント(0) | トラックバック(0)

千代田区永田町1-1 日本水準原点

雨が降り、暗く寒い日5/30
有楽町線桜田門駅で降りて
20080530002.JPG  
 

警視庁へ
20080530003.JPG  
ではなく。

 

 

最高裁判所へ 20080530005.JPG
でもなく。

 

 

国会議事堂 20080530009.JPG
前庭の憲政記念館構内にある
今日だけ公開の催しへ向かう。 20080530007.JPG
20080530008.JPG   20080530010.JPG
6/3の測量の日を前に、5/30一日限りの内部の特別一般公開。
この建物の中に
『日本水準原点』の目盛りがある。

つまり
日本の全土の高さ(標高)の基準となる目盛りのある場所なのです。
この場所はもちろん海面ではないので
実際の海面を測る場所は油壺にある験潮所。
その海面から、ここまでの高さは、24.4140mで、
現在も年一回の水準測量を実施し、さほど誤差は無いそうです。
そして、ここを基に、
全国の国道や県道沿い約2kmごとに高さの測量のための水準点が
あるそうです。
そんなに沢山設けられていたのですねー。


少し、専門的になりましたが、下図を参考に。(国土地理院資料より)
20080530016.JPG  
それでは、原点目盛りに近づいてみます。
20080530012.JPG   20080530014.JPG

『0』と書かれているのが解りますか?
ここが、海面から24.4140mの日本の全土の標高の基準点 『日本水準原点』
20080530015.JPG

建物も、明治時代からのもので、東京都の歴史的建造物に指定されている。
20080530013.JPG
比較的地盤の良い場所とのことですが
 基礎もしっかりと、地下10mほど設けられています。
20080530019.JPG

雨にもかかわらず、熱心に見入る方々。
私は、授業で測量をしましたが、
確か小金井公園で、ほとんど遠足気分だったことしか覚えていないのです。
測定器具は変わりましたが、基本的な高さの測量方法は、
明治時代から変わっていないそうです。
それに比べて、平面的な位置の測量は、GPS衛星が使われていて
こちらは、全国1,200地点に受信点があるそうです。
20080530011.JPG

国土交通省国土地理院の方々
興味深い企画をありがとうございました。

 

お勉強の後は、お昼ご飯
憲政記念館内にレストランを発見!
『今日の食』でご紹介します。 20080530017.JPG

 

 

今日は、おみやげもいただきました。
メガネを掛けると、わーーー。
ドーン!!!と立体的に見える『関東地方余色立体地図』 20080530020.JPG
そして、国土のパズル
20080530021.JPG   
できるかしら?!

 

日本水準原点の建物
憲政記念館構内
千代田区永田町一丁目一番地

May 31,2008 12:20 PM | コメント(0) | トラックバック(0)